« 1995年6月 | トップページ | 1995年8月 »

1995年7月

1995年7月31日 (月)

(株)夢インターナショナル[札幌市]

破産宣告(平成7年(フ)第577号)

(株)夢インターナショナル(札幌市北区北22条西8丁目1番12号)は7月31日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉原美智世弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年9月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年10月4日午後1時30分。

1995/08/18
札幌地方裁判所民事第4部

東聖建設(株)[留萌市]

業績不振

土木工事の東聖建設(留萌市明元町5丁目37番地1)は6月30日と7月31日、留萌信金本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

近年受注はピーク時の半分以下に落ち込み、その後も受注は挽回できず、採算的に苦しい推移が続き、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/09/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)丸三小林商店[釧路町]

業績不振

水産加工の丸三小林商店(釧路郡釧路町北見団地6丁目54番地)は7月19日と31日、釧路信金木場支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

近年は市況低迷と原魚不足で扱い高は大幅に低下し、採算面も低調な推移で累積赤字を内包するなど厳しい経営状態であり、支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/08/28
http://www.tsr-net.co.jp/

ナンバ産業(有)[札幌市]

業績不振

建築金物工事・資材販売のナンバ産業(札幌市白石区北郷4条2丁目1番1号、登記上=札幌市白石区北郷4条13丁目8番5号)は7月5日と31日、札幌信金北都支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

平成7年2月期は受注が減少し赤字に転落、手形ジャンプと市中金融利用で切り抜けていたが今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/08/21
http://www.tsr-net.co.jp/

ホクシン興業(株)[札幌市]

業績不振

配管工事のホクシン興業(札幌市中央区南1条西17丁目1番地)は7月28日と31日、道銀新川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

原因は業績不振。平成7年3月期は春先の受注につまずき収益も低調であったため支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1995/08/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)日誠社[札幌市]

業績不振

電気工事の日誠社(札幌市中央区南10条西12丁目2番7号)は7月5日と31日、あさひ銀行札幌支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億5000万円。

バブル崩壊に伴い商業施設の受注が大幅にダウン、マンション工事の扱い比率が増加したことから利幅が低下、加えて焦げ付き発生などもあり経常損失を余儀なくされていた。業績は低下傾向をたどり、元来他人資本依存も高かったこともあり支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/08/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1995年7月28日 (金)

エイト産業(株)[札幌市]

エイト産業が任意整理へ 負債は約20億円

帝国データバンク札幌支店によると、ディスカウントチェーンのエイト産業(本社・札幌)は二十八日、債権者集会を開き、任意整理する方針を確認した。負債総額は約二十億円。

同社は一九八一年の設立で、道内の大型ディスカウントストアの草分けとなる「安売王8(エイト)」を札幌市内に開店。最近は札幌や岩見沢などで「トップスエイト」四店を営業していたが、価格破壊の浸透などで客足が落ち、九四年七月期の売上高は三十六億四千三百万円と前期実績を割り込んだ。

昨年の秋に一店舗を閉鎖したが、業績は回復せず、二十五日に一回目の不渡り手形を出し、店舗を休業した。

北海道新聞
1995/07/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/

テージー建設(株)[札幌市]

業績不振

建設業のテージー建設(札幌市手稲区曙2条3丁目533番地7)は6月12日と7月28日、北洋銀手稲前田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億円。

近年、受注単価の低下から収益面は厳しく、平成4年8月に建設した自社ビルの設備負担も重なり、今回の事態となった。なお、事後処理を弁護士に一任した。

東京商工リサーチ
1995/08/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1995年7月25日 (火)

(株)山下コーヒー札幌[札幌市]

弁護士に一任

コーヒー豆・食品雑貨卸小売の山下コーヒー札幌(札幌市西区山の手3条1丁目2番15号)は7月24日と25日、札銀琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

近年は食品雑貨販売と喫茶店の経営が不振となり、高利資金の導入で切り抜けていたが支え切れず今度の事態となった。任意整理の予定。

東京商工リサーチ
1995/08/07
http://www.tsr-net.co.jp/

佐藤建設工業(株)[千歳市]

佐藤建設工業 事実上の倒産 負債総額42億円

【千歳】建築業の佐藤建設工業(本社・千歳、資本金三千万円)は二十六日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。帝国データバンク、東京商工リサーチ両苫小牧支店によると負債総額は四十二億円で両支店管内では過去最大規模。

同社は一九七六年設立。マンション、倉庫などの建築、内装工事で急成長し、新千歳空港建設工事にも参入。ピークの九二年三月期の売上高は三十九億六千万円に達した。しかしバブル経済崩壊で受注が減り、資金繰りが悪化した。

同社が東京の大手ゼネコンと組んだ共同企業体は昨年十月、同市営住宅建築工事を、過去の同規模の工事より一億二千万円安い二億六千万円で落札し、同市議会で問題になっており、関係者は「同社が採算を無視して受注を拡大していた」と指摘している。

北海道新聞
1995/07/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1995年7月21日 (金)

(株)興和[札幌市]

破産宣告(平成7年(フ)第566号)

(株)興和(札幌市西区西町南13丁目1番41号)は7月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は斎藤陽子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年8月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年9月18日午後3時。

1995/08/14
札幌地方裁判所民事第4部

1995年7月20日 (木)

(株)ヴェティープロダクト[札幌市]

業績不振

自動車用品販売のヴェティープロダクト(札幌市中央区南11条西21丁目1番7号、登記上=札幌市西区八軒6条東5丁目1番43号)は7月17日と20日、道銀八軒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

昨今の市況低迷から業績は悪化し、資金面は厳しい状況が続き、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/07/31
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)大和信宅[札幌市]

業績不振

不動産の大和信宅(札幌市中央区南1条西11丁目327番地)は7月17日と20日、道銀南一条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億8837万円。

平成元年12月にカラオケボックスの経営に着手したが、競合が激しく、加えて設備投資負担も重なり業績は悪化、カラオケは閉店し跡地を再利用すべく計画を進めていたが、思うように進まず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/07/31
http://www.tsr-net.co.jp/

1995年7月18日 (火)

旭栄運輸(株)[旭川市]

他社倒産の余波

運送業の旭栄運輸(旭川市北門町19丁目2172番地1)は7月10日と18日、名寄信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

2月に系列会社が倒産したことで、ついに支え切れず行き詰まった。

東京商工リサーチ
1995/08/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1995年7月17日 (月)

きくや商事(有)[旭川市]

業績不振

インテリア用品販売のきくや商事(旭川市2条通4丁目左8号)は7月10日と17日、紋別信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

年々同業他社との競合が激しく最近の売り上げもジリ貧傾向となっていた。なお、事務所とは連絡が取れない状態にある。

東京商工リサーチ
1995/07/31
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)大中中村組[小樽市]

既往のシワ寄せ

土木・建築工事の大中中村組(小樽市錦町18番21号)は6月30日と7月17日、小樽信金手宮支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

赤字拡大から金融依存も限界に達し、代表者は事業意欲の喪失から一時所在を絶っていた。不渡り前に従業員は退職し、休業状態になっていたもので廃業した。

東京商工リサーチ
1995/07/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1995年7月 6日 (木)

(株)エフ・ケイ・スチール工業[石狩町]

業績不振

鋼構造物工事業のエフ・ケイ・スチール工業(石狩郡石狩町大字樽川村461番地1、登記上=札幌市手稲区手稲前田513番地51)は7月3日と6日、北門信金手稲前田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億5000万円。

近年の受注減少と単価の下落により、利益は大幅な欠損を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
1995/07/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1995年7月 5日 (水)

太平洋リース(株)[苫小牧市]

太平洋リース倒産

【苫小牧】鋼材リースなどの太平洋リース(本社・苫小牧、資本金四千万円)は五日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。東京商工リサーチ苫小牧支店によると負債額は約十二億円、帝国データバンク苫小牧支店によると同約十五億円。両支店の管内(東胆振、日高、石狩南部)では、今年最大の倒産という。

同社は一九七九年の設立。大手ゼネコンを相手に生コンを中心に土木資材の卸売りやリースを行い、九二年八月期には四十六億五千万円の売り上げがあった。しかし、生コン市場の価格低迷で九四年八月期には売上高が四十億二千万円と業績が落ち込み、資金繰りが悪化した。

北海道新聞
1995/07/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)鉄基[苫小牧市]

設備投資過大

オフィス家具・一般スチール製品販売の鉄基(苫小牧市双葉町1丁目21番20号)は7月4日と5日、千歳信組緑ヶ丘支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億円。

原因は店舗拡大に伴う設備投資の圧迫。急激な事業拡大に資金繰りが追いつかず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/07/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ハシバ工業[札幌市]

負債30億円超え自己破産申請へ 札幌・ハシバ工業

東京商工リサーチ道支社によると、ガラス・サッシ工事のハシバ工業(本社・札幌)は、七日までに一回目の不渡り手形を出し事業所を閉鎖した。担当弁護士によると、週明けにも自己破産を札幌地裁に申請する。負債額は三十億円を超える見込み。同社は一九七四年設立。ビルやマンションのガラス・サッシ工事を手掛け、日本工業規格認定工場になるなど技術的に高い評価を受け、九四年十二月期は二十四億七千七百万円を売り上げた。しかし、他社に融通した複数の手形が回収困難となった。

北海道新聞
1995/07/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1995年7月 4日 (火)

札伸建設工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成7年(フ)第519号)

札伸建設工業(株)(札幌市中央区北1条西19丁目緒方ビル6階)は7月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は田村智幸弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年8月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年9月12日午後3時。

1995/07/27
札幌地方裁判所民事第4部

1995年7月 3日 (月)

(株)パロス[函館市]

売掛金回収難

機械販売・水産物販売のパロス(函館市末広町22番26号)は6月30日と7月3日、北洋銀函館支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

平成6年12月、取引先に焦げ付きを発生し資金繰りは急速に悪化、さらに回収金のズレ込みなどから資金ショートを起こした。

東京商工リサーチ
1995/07/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)イチクラ[札幌市]

放漫経営

食肉卸売のイチクラ(札幌市豊平区西岡4条2丁目4番6号)は6月16日と7月3日、空知信金白石支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

近年、輸入品との価格競争による利幅低下に加え、代表者経営の別海町の肉牛牧場への資金流出もあり、今回の事態となった。事後処理は弁護士に一任し整理入りのもよう。

東京商工リサーチ
1995/07/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)長井商店[旭川市]

業績不振

漬物製造販売の長井商店(旭川市1条通19丁目左6号)は6月30日と7月3日、北陸銀行旭川四条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

近年は同業他社との競争激化により販売量はジリ貧を余儀なくされ、規模縮小などで対応していきたが今期業績が著しく悪化していた。1回目不渡りと同時に代表者が所在不明となり営業をストップした。

東京商工リサーチ
1995/07/10
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1995年6月 | トップページ | 1995年8月 »