« 1994年11月 | トップページ | 1995年1月 »

1994年12月

1994年12月30日 (金)

(株)三藤建設[深川市]

他社倒産の余波

建築工事の三藤建設(深川市文光町14番12号)は12月29日と30日、北空知信金西支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

繰越欠損を抱え苦しい経営が続き、さらに主要取引先の北創建設が自己破産を申請したために、先行きの目途が立たず連鎖的に行き詰まり、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/01/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年12月27日 (火)

(有)新興拓建[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第997号)

(有)新興拓建(札幌市東区東雁来9条1丁目6番13号)は12月27日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は桶谷治弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年1月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年3月8日午後3時。

1995/01/25
札幌地方裁判所民事第4部

太洋建設(株)[岩内町]

岩内 太洋建設が倒産

【岩内】民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社によると、土木建設の太洋建設(本社・後志管内岩内町)は二十七日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は二十億円。同社は十月末に臨時を含む全従業員四十二人を解雇し、営業を停止していた。

バブル崩壊の余波で手がけていたゴルフ場造成が中断や撤退に追い込まれ、資金繰りが悪化。主取引金融機関の岩内信用金庫が九月二十八日に支援停止を通告し、行き詰まった。

同社は一九四五年創業、六二年に法人化した。資本金は三千万円。当初は地元官公庁の公共工事が主体だったが、ゴルフ場など民間リゾート開発に進出、ピークの九三年三月期には売上高が三十五億円あった。グループ企業十社のうち二社は今秋、倒産している。

北海道新聞
1994/12/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(学)篠路光真学園[札幌市]

和議開始(平成6年(コ)第1号)

(学)篠路光真学園(札幌市北区篠路3条7丁目8番15号)は12月27日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は成田教子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年1月27日まで、債権者集会の期日は平成7年2月23日午後2時。

1995/01/24
札幌地方裁判所民事第4部

(株)道東自動車興業[釧路市]

破産宣告(平成6年(フ)第71号)

(株)道東自動車興業(釧路市鶴丘7線140番地5)は12月27日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成7年1月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年3月13日午前10時30分。

1995/01/25
釧路地方裁判所

1994年12月26日 (月)

(株)東邦住設[釧路市]

業績不振

不動産の東邦住設(釧路市貝塚3丁目7番22号)は12月19日と26日、釧路商工信組緑ケ岡視点で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億7000万円。

近年売り上げは大幅に低下、そのため資金面は多忙を来たし、平成5年5月には丸豊石田工務店への焦げ付きもあって、資金繰りを圧迫し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/01/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)門脇自動車販売[旭川市]

放漫経営

車輌販売の門脇自動車販売(旭川市北門町22丁目2169番地2)は12月19日と26日、札銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

高価格な下取りで安価な販売という薄利多売となっていたため収益性は乏しく、特に豊富な在庫車と平成3年3月に取得した現本社、展示場の資金固定化も資金繰りを圧迫して今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/01/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年12月22日 (木)

笠木木材(株)[遠軽町]

和議申請

製材・チップ製造の笠木木材(紋別郡遠軽町西町2丁目3番地3)は11月30日、遠軽信金本店で不渡りを出し、12月22日までに釧路地裁北見支部に和議を申請し、行き詰まりが表面化した。負債総額は約5億2000万円。

木材不況のなか、経営体質の改善が進まず、実質は赤字を内包してその後好転せず、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/01/16
http://www.tsr-net.co.jp/


東京商工リサーチ
1995/01/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)本間鉄工所[釧路町]

破産宣告(平成6年(フ)第70号)

(株)本間鉄工所(釧路郡釧路町中央2丁目10番地)は12月22日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は塚田渥弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成7年1月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年3月8日午前10時。

1995/01/19
釧路地方裁判所

1994年12月21日 (水)

(有)ウエストカラー[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第983号)

(有)ウエストカラー(札幌市西区発寒13条14丁目1079番地2)は12月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は樋川恒一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年1月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年2月21日午後3時。

1995/01/19
札幌地方裁判所民事第4部

(有)佐藤鉄工[旭川市]

放漫経営

鉄工業の佐藤鉄工(旭川市永山町1丁目)は12月20日と21日、旭川商工信組四条東支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

減収傾向となり実質赤字経営を余儀なくされていたなか、12月に新工場を工業団地に取得し、引越しを終えた矢先に今度の事態となった。不渡り後、営業はストップしており、弁護士に会社整理を一任している。

東京商工リサーチ
1995/01/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年12月20日 (火)

(株)ワタナベ[苫小牧市]

和議開始(平成6年(コ)第1号)

(株)ワタナベ(苫小牧市字沼ノ端18番地の87)は12月22日、札幌地裁苫小牧支部から和議手続開始決定を受けた。

管財人は壬生賢哉弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成7年2月17日まで、債権者集会の期日は平成7年3月16日午後1時30分。

1995/01/30
札幌地方裁判所苫小牧支部

1994年12月19日 (月)

(株)沼田金属商会[函館市]

既往のシワ寄せ

スクラップ・古紙回収の沼田金属商会(函館市浅野町5番7号)は12月16日と19日、札銀亀田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約10億円。

過去三期連続赤字決算となり多額の繰越欠損を抱えるに至った。この間債務の棚上げなど関係筋の協力で最悪の事態は免れてきたが、今回一部関係筋の協力打ち切りによって今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1995/01/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年12月17日 (土)

山口木材(株)[美深町]

山口木材が自主廃業

【美深】山口木材(本社・上川管内美深町、資本金一千万円)は十九日までに、自主廃業の通知を取引企業などへ送った。二十二日に関係人集会が開かれる。

同社は創業四十一年の地元有力企業。一九九三年九月期決算では、売上高は二十三億円に上ったが、八九年の札幌工場(江別市)建設などの設備投資が負担となり、負債総額も十四億円(東京商工リサーチ旭川支店調べ)に達していた。

北海道新聞
1994/12/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1994年12月16日 (金)

(有)サン・オフィス[函館市]

破産宣告(平成6年(フ)第226号)

(有)サン・オフィス(函館市昭和4丁目7番3号)は12月16日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大巻忠一弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成7年2月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年2月21日午前10時。

1995/01/27
函館地方裁判所

1994年12月14日 (水)

(株)アーサー[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第977号)

(株)アーサー(札幌市東区北17条東20丁目4番7号)は12月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小坂祥司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年1月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年2月14日午後4時。

1995/01/13
札幌地方裁判所民事第4部

1994年12月12日 (月)

トコロ船舶(株)[常呂町]

業績不振

船舶修理のトコロ船舶(常呂郡常呂町字常呂661番地)は12月8日と12日、網走信金常呂支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

近年の売上高はジリ貧で繰越欠損を抱え苦しい状況にあった。売り上げの絶対量の不足から毎期赤字の連続で今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/26
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)平和電設[旭川市]

放漫経営

電気工事の平和電設(旭川市春光台5条3丁目15番20号)は12月2日と12日、旭川商工信組錦町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3500万円。

外注依存による収益悪化で資金面は多忙となり、特に今期は無理な受注拡大で資金不足に拍車がかかり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/26
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年12月 6日 (火)

(株)エニックスフーズ[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第944号)

(株)エニックスフーズ(札幌市東区北丘珠5条4丁目732番地61)は12月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は橋場弘之弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年1月6日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年2時15分午後2時。

1994/12/28
札幌地方裁判所民事第4部

1994年12月 5日 (月)

伊藤組鉄工(株)[石狩市]

業績不振

鉄骨加工組立の伊藤組鉄工(石狩郡石狩町新港南1丁目28番地63、登記上=札幌市西区発寒13条3丁目7番5号)は12月5日、北洋銀発寒支店で1回目の不渡りを出し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約5億円。

受注増に伴い工場を新築していたが、不況の影響により売り上げはジリ貧状態で設備投資が次第に重荷となり、リストラなどで経営改善を図っていたが支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/26
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)キャメルコーポレーション[札幌市]

業績不振

自動車販売のキャメルコーポレーション(札幌市豊平区美園5条6丁目3番13号)は12月2日と5日、拓銀南郷通支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

次第にジリ貧となり資金繰りが悪化していったため、市中金融を利用し切り抜けていたが、この金利負担も重荷となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)丸忠マエダ工業[苫小牧市]

業績不振

鋼構造物工事の丸忠マエダ工業(苫小牧市字錦岡20番地2)は11月30日と12月5日、千歳信組苫小牧支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億2000万円。

完工高が激減、工事単価のダンピングなどで採算割れの状態にあり、脱却を図るべく焼却炉の製造販売を手掛けていたが軌道に乗るまでには至らず、借り入れ負担の重圧もあって今度の事態となった。すでに事務所、工場も閉鎖されている。

東京商工リサーチ
1994/12/19
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年12月 2日 (金)

北口電工(株)[帯広市]

業績不振

電気通信工事の北口電工(帯広市西17条南3丁目27番地5)は1月30日と12月2日、帯広信金柏林台支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

管理面の甘さなどから収益性は妙味なく、累積欠損を抱え苦しい運営を強いられていた。市中金融、寸借などで凌いでいたが今事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/12
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年12月 1日 (木)

(有)棟鳳[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第948号)

(有)棟鳳(札幌市西区琴似2条6丁目1番23号琴似2条グランドハイツ1003号室)は12月1日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大久保誠弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成7年1月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年2月15日午後3時。

1995/01/13
札幌地方裁判所民事第4部

« 1994年11月 | トップページ | 1995年1月 »