« 1994年10月 | トップページ | 1994年12月 »

1994年11月

1994年11月30日 (水)

(株)田上砂利[愛別町]

赤字累積

砂利採取販売・土木工事の田上砂利(上川郡愛別町字金富81番地)は11月10日と30日、札銀当麻支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

昭和53年6月に倒産し58年に再開したが、旧債重圧のところに販売先の倒産で焦げ付きが発生し、再度行き詰まった。

東京商工リサーチ
1994/12/26
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)東洋住宅[札幌市]

放漫経営

建築工事の東洋住宅(札幌市北区篠路町上篠路14番地13)は11月29日と30日、共同信組北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

代表者に倒産歴もあり、放漫経営が続き急激に資金繰りが行き詰まった。

東京商工リサーチ
1994/12/26
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)サン・ハウジング[釧路町]

他社倒産の余波

不動産のサン・ハウジング(釧路郡釧路町桂1丁目4番地1)は10月31日と11月30日、網走信金釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

資金力弱体に加えて関連会社丸清渡辺製作所が11月28日に和議を申請し事実上の倒産に至ったため、支援を得られず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)コクピット帯広[帯広市]

業績不振

自動車用品販売のコクピット帯広(帯広市稲田町南8線西14番地30)は10月31日と11月30日、拓銀帯広支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

設立時より資金力は過小で売上高もジリ貧傾向をたどって今度の事態となった。店は閉鎖され任意整理のもよう。

東京商工リサーチ
1994/12/19
http://www.tsr-net.co.jp/

北広運輸(有)[広島町](11年ぶり2回目)

北広運輸が倒産 負債総額14億円

東京商工リサーチ道支社によると、建設骨材販売・運送の北広運輸(本社・石狩管内広島町)は一日までに二度目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は十四億円とみられるが、同社の田中忠義社長は「現在は六億円強に縮小している。今後、再建を模索したい」と話している。

同社は一九五九年設立。生コン事業にも進出したが、バブル不況で業績が悪化して資金繰りが行き詰まり、九四年三月期決算で約七千六百万円の当期損失を計上していた。同社は八三年に和議を申請し、九三年に終結している。

北海道新聞
1994/12/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1994年11月28日 (月)

(株)丸清渡辺製作所[釧路町]

釧路町の丸清渡辺製作所が和議申請 負債総額13億円

【釧路町】家具建具製造の丸清渡辺製作所(本社・釧路管内釧路町、資本金四千九百万円)は二十八日までに釧路地裁に和議を申請し、事実上倒産した。帝国データバンク釧路支店によると負債総額は約十三億六千万円の見込みで、釧路・根室管内では九四年の最大規模。

景気低迷で受注が落ち込み、取引先の釧路市内の建築会社の倒産で焦げ付きが発生。十月には子会社の不渡り手形発生で苦境に立っていた。一九四七年創業、ピークの九二年二月期には約十二億三千五百万円の売上高があった。

北海道新聞
1994/11/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1994年11月25日 (金)

(有)函館ホープ宅建[函館市]

販売不振

不動産の函館ホープ宅建(函館市梁川町1番3号)は11月7日と25日、道銀函館駅前支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

売り上げは市況の低迷により減少、また同時期に行った産業廃棄物処理関連の事業が計画どおりに進まず、この資金負担も重荷となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/12
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年11月22日 (火)

(株)知床岬ホテル[斜里町]

知床岬ホテルが自己破産を申請 負債総額17億円

【斜里】民間信用機関の東亜リサーチ(本社・北見)と帝国データバンク北見支店によると、網走管内斜里町ウトロの知床岬ホテル(従業員五十六人)は二十二日までに釧路地裁網走支部に自己破産を申請、同支部の財産保全命令を受け、二十二日から休業に入った。負債額は東亜リサーチ調べで約十六億五千万円、帝国データバンクによると約十七億円。

同ホテルは今年八月に約二十一億円で新館建設と旧館改築に着手、九五年五月開館予定だったが、資金調達につまずき十一月初旬に中断。借入金が膨らんで営業中止に追いこまれ、業績も不況で伸び悩んでいた。

北海道新聞
1994/11/23
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1994年11月17日 (木)

(株)丸幸山元[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第923号)

(株)丸幸山元(札幌市西区八軒6条西1丁目7番22号)は11月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は柴田誠一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年12月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年1月24日午前11時。

1994/12/14
札幌地方裁判所民事第4部

1994年11月15日 (火)

(株)サポート[札幌市]

業績不振

惣菜加工販売のサポート(札幌市北区北29条西12丁目849番地86)は11月14日と15日、道銀新川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

直営店の経費負担が重荷となり2か所を閉鎖し縮小再建に努めていたが、資金繰りが好転せず取引先に支援を要請していたが、不調に終わり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年11月14日 (月)

東邦研材(株)[札幌市]

未収金の発生

研磨工具販売の東邦研材(札幌市北区北32条西5丁目2番12号)は11月10日と14日、専和信組元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

収益は低調で余裕のない状態が続いていた。今年受注した取付工事でクレームが発生し、工事代金が未収となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年11月11日 (金)

(株)アイ・スキャナー[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第904号)

(株)アイ・スキャナー(札幌市西区西町北12丁目1番2号)は11月11日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は奥泉尚洋弁護士(札幌市西区)。

債権届出の期間は平成6年12月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成7年1月12日午後3時。

1994/12/08
札幌地方裁判所民事第4部

1994年11月 7日 (月)

(有)進藤ホーセー[小樽市]

自己破産

被服縫製の進藤ホーセー(小樽市若松2丁目2番9号)は11月7日、札幌地裁小樽支部に自己破産を申請した。負債総額は約3000万円。

平成3年11月、現在地に工場を新築移転した。しかし、受注減により工場への資金投下が負担となり今事態となった。

東京商工リサーチ
1994/12/12
http://www.tsr-net.co.jp/

ドーワテコム(株)[広島町]

開成建設工業に連鎖

建築資材販売のドーワテコム(札幌郡広島町字大曲172番地723)は10月31日と11月7日、札幌信金南郷支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

今期に入り主力販売先の取引が大幅に減少、また開成建設工業に焦げ付きが発生し資金難に陥った。

東京商工リサーチ
1994/11/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)阿部建設工業[札幌市]

未収金の発生

建築工事の阿部建設工業(札幌市東区東苗穂4条1丁目7番29号)は10月31日と11月7日、道銀元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億2000万円。

売り上げが伸び悩んでいたところに未収金が発生、債権者の支援を受けて再建に努めていたが今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年11月 1日 (火)

(株)丸ヨ建設[札幌市]

赤字累積

建築工事の丸ヨ建設(札幌市豊平区月寒東5条17丁目1番1号)は10月31日と11月1日、札幌中央信組東北通支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

平成5年3月に一度不渡りを出し、債権者の協力により営業を続行したが、出血工事による赤字や資金の流出もあり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/21
http://www.tsr-net.co.jp/

日伸建業(株)[札幌市]

焦げ付きの発生

土木工事の日伸建業(札幌市北区拓北2条3丁目6番8号)は10月31日と11月1日、札幌信金栄町支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

工事単価の低迷により収益は悪く、資金繰りにも余裕のなかったところに、10月に倒産した取引先に焦げ付きが発生、資金難に陥り今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/14
http://www.tsr-net.co.jp/

開成建設工業(株)[札幌市]

業績不振

型枠工事の開成建設工業(札幌市東区中沼西2条1丁目16番16号)は10月31日と11月1日、札幌信金元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億1000万円。

不況の影響により工事量が減少、単価も低迷しジリ貧状態となり実質赤字経営が続いていた。このため支払にトラブルが発生、ゼネコンが直接労賃を支払った事により資金繰りが狂い今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/14
http://www.tsr-net.co.jp/

ロッコー(株)[岩見沢市]

販売不振

菓子・食料品卸売のロッコー(岩見沢市大和2条8丁目2番地)は10月24日と11月1日、北門信金岩見沢支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億円。

元来収益性が低く、繰越欠損を内包しての運営であったところに今年の夏以降、消費低迷で売り上げは落ち込み、資金繰りは急速に悪化し今事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/14
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1994年10月 | トップページ | 1994年12月 »