« 1994年9月 | トップページ | 1994年11月 »

1994年10月

1994年10月31日 (月)

平成建設(株)[札幌市]

未収金の発生

建築工事の平成建設(札幌市東区北31条東4丁目4番10号リトル札幌ビル2階)は9月30日と10月31日、札銀札幌北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

日光企業から受注したパチンコ店(BIG1銀次郎・4月完成)の工事代金についてトラブルが発生し未収金となっていた。同社が10月に倒産したことにより回収が困難となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)中欧ハウジング[札幌市]

焦げ付きの発生

建築工事の中欧ハウジング(札幌市西区西野1条2丁目8番10号)は10月7日と31日、北洋銀手稲前田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

受注先である丸興興亜建販が6月に倒産したため焦げ付きが発生し、資金繰りが行き詰まった。

東京商工リサーチ
1994/11/14
http://www.tsr-net.co.jp/

サンヨー工業(株)[札幌市]

業績不振

建設資材販売のサンヨー工業(札幌市白石区本通4丁目北6番20号)は9月30日と10月31日、共同信組厚別支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

平成5年以降売り上げは低調で、収益性も乏しく資金繰りは悪化していた。1回目の不渡り後、取引先に支援を要請していたが不調に終わり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)サッセツ工業[札幌市]

石岡工務店に連鎖

管工事のサッセツ工業(札幌市白石区栄通11丁目5番8号)は10月11日と31日、空知商工信組札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2500万円。

主力受注先の石岡工務店の業績不振から受注がダウンし完工高がジリ貧となり、10月には同社が倒産したことにより多額の焦げ付きが発生、資金繰りが悪化し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/11/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)日光企業[札幌市]

日光企業(札幌)が倒産 パチンコ店経営 負債47億円

民間信用機関の帝国データバンク札幌支店によると、パチンコ店経営の日光企業(本社・札幌)は三十一日、二回目の不渡り手形を出し、経営が行き詰まった。負債額は約四十七億円。負債規模は、道内で今年五番目、道内パチンコ業界では六五年の同支店の集計開始以来最大となった。

同社は札幌市内で、パチンコ店の「BIG1(ビッグワン)」を経営し、九三年十二月期決算の売上高は四十五億三千六百万円を計上。今年四月には、同市内に二店目の「BIG1・銀次郎」を出店したが、土地買収、建設などの資金計画が甘かったうえ、支払い上のトラブルもあり、資金繰りに窮した。なお、両店の営業権は他社に譲渡し、いずれも営業を続けている。

今年に入って道内のパチンコ業界では日光企業以外に四件、全国でも三十四件発生しているが、負債規模では同社が最大という。

北海道新聞
1994/11/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1994年10月26日 (水)

錦運輸(株)[恵庭市]

放漫経営

運送の錦運輸(恵庭市戸磯345番地20)は10月25日と26日、札幌信金恵庭支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

赤字の内包で厳しい状況が続き、一部手形操作の失敗もあって今事態となった。すでに車輌は引き揚げられ事務所は閉鎖されている。

東京商工リサーチ
1994/11/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年10月25日 (火)

菱興都市開発(株)/(株)菱興千歳カントリー/(株)菱興苫小牧カントリー[札幌市]

札幌・菱興関連3社 債権者が破産申請 負債は300億円超す

不動産への過剰投資が原因で深刻な経営難に陥っていた菱興都市開発(本社・札幌)とゴルフ場経営の子会社二社の計三社に対し、一部債権者が二十五日までに、札幌地裁に三社の破産を申し立てた。民間信用調査機関などによると、菱興都市開発は債務超過に陥っており、三社の負債総額は約三百億円を超えるもようだ。同地裁は、申し立てに基づいて審理するが、破産宣告されれば、道内では戦後有数の大型倒産となる上、ゴルフ場経営などにも大きな影響が予想される。

申し立てを受けたのは、菱興都市開発のほか、菱興千歳カントリー(本社・札幌)、菱興苫小牧カントリー(同・苫小牧)。

破産申し立てを行った債権者側は「裁判所の正式決定が出るまで何もコメントできない」としているが、菱興側の弁護士は「菱興が破産状態にあることは確か。申し立て書の中身をよく読んでいないが、二十六日にも関係者を集めて対応を協議したい」と話している。

 

バブル後経営ズタズタ ゴルフ場 破産なら運営支障

一部債権者から破産の申し立てを受けた菱興都市開発(本社・札幌)は、バブル景気に乗って道央圏で急速に事業を拡大し、一時は急成長企業として業界の注目を集めていた。しかし、バブル崩壊後は中核の不動産事業が完全にストップ。経営は「脳死状態」(業界関係者)が続いており、札幌地裁が破産宣告すれば、ゴルフ場運営などに混乱も予想される。

民間信用調査機関や関係者によると、菱興都市開発は、一九九一年秋ごろから経営難となり、有力債権者と経営再建策を話し合っていたが、昨年秋から経営が一段と悪化。

同年九月には一回目の不渡り手形を出す事態となり、一部債権者による破産申し立てに至ったという。

また、同社が暴力団幹部から億単位の融資を受けていた事件が昨年十一月、道警に摘発されたことや、子会社の菱興アビエーションを舞台とした「ヘリコプター事故保険金詐欺事件」でこの子会社の元役員らが有罪判決を受けたことも、債権者の不信感を増幅させたらしい。

一方、子会社二社が経営する苫小牧と千歳のゴルフ場の会員は、合計約二千七百人。現在、プレーそのものに支障は出ていないものの、クラブの理事会が機能していない上、昨年八月には、両社の役員が突然、全員交代するなど不安定な状態が続いている。二つのゴルフ場をめぐっては昨年二月、ゴルフ場の経営権も所有権もない別会社名義で会員権が発行されていたことが判明しており、破産宣告が出されれば、ゴルフ場の運営や会員の権利保護などに大きな影響が出そうだ。

菱興都市開発は八二年設立で、資本金三千二百万円。九二年春には、後志管内余市町で「北海道航空専門学校」の経営にも乗り出したが、同校はわずか一年一カ月で事実上の閉鎖に追い込まれている。

北海道新聞
1994/10/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1994年10月20日 (木)

亀山建設(株)[釧路市]

破産宣告(平成6年(フ)第57号)

亀山建設(株)(釧路市双葉町9番3号)は10月20日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成6年11月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年12月21日午後1時30分。

1994/11/10
釧路地方裁判所

1994年10月19日 (水)

梶原(株)[斜里町]

破産宣告(平成6年(フ)第16号)

梶原(株)(斜里郡斜里町ウトロ香川238番地)は10月19日、釧路地裁網走支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は荻原怜一弁護士(北見市)。

債権届出の期間は平成6年11月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年11月16日午後2時。

1994/11/04
釧路地方裁判所網走支部

1994年10月18日 (火)

建興建設工業(株)[札幌市]

赤字累積

建築工事の建興建設工業(札幌市北区北30条西12丁目1番20号)は9月28日と10月18日、札銀新川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

景気後退の影響を受け低迷、多額の累積欠損を内包し資金繰りは悪化していた。また今期に入り主力取引先発注量の減少や新規開拓の不調により業績が好転せず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/10/31
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年10月13日 (木)

(株)東谷工務店[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第806号)

(株)東谷工務店(札幌市西区西野4条2丁目4番8号)は10月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は三木明弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年11月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年12月8日午後3時30分。

1994/11/02
札幌地方裁判所民事第4部

(株)ハナブサ[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第756号)

(株)ハナブサ(札幌市南区澄川6条4丁目3番17号)は10月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は赤渕由紀彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年11月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年12月8日午後1時30分。

1994/11/02
札幌地方裁判所民事第4部

(有)スーパーマルヒコ[帯広市]

売り上げ不振

食料品・日用雑貨小売のスーパーマルヒコ(帯広市稲田町東1線2番地)は10月12日と13日、帯広信金南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

近年は量販店に客足は流れジリ貧の一途で、売上高が落ち込んでいた。そのためクリーニングの取次店も手掛け売り上げの回復にも努めたが、一向に改善されず今事態となった。

東京商工リサーチ
1994/10/31
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)永岡運輸[旭川市]

赤字累積

運送業の永岡運輸(旭川市永山1条2丁目)は10月11日と13日、旭川商工信組永山支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

最近は売上高のジリ貧から、高利資金の利用などで切り抜けていたが支え切れず今度の事態となった。すでに営業はストップし、事後を弁護士に一任している。

東京商工リサーチ
1994/10/31
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)レースグラス[札幌市]

業績不振

婦人服卸のレースグラス(札幌市中央区北2条西17丁目1番地マルタビル2階)は10月11日と13日、札幌信金ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億円。

余裕のない状態に加え、関連会社である洋服のマルタが倒産したことにより、仕入先の決済条件が厳しくなり、資金繰り悪化に追い打ちをかけた。債権者集会を開催し任意整理を行う予定であると説明した。

東京商工リサーチ
1994/10/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)カスタム・サロン武田[釧路町]

破産宣告(平成6年(フ)第55号)

(有)カスタム・サロン武田(釧路郡釧路町桂3丁目1番地10)は10月13日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は稲澤優弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成6年11月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年12月21日午前11時。

1994/11/08
釧路地方裁判所

1994年10月 6日 (木)

ハウスインテリアヨネザワ(有)[札幌市]

既往のシワ寄せ

内装工事のハウスインテリアヨネザワ(札幌市豊平区月寒東2条5丁目5番13号)は9月30日と10月6日、北洋銀月寒支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5500万円。

売り上げは伸び悩み、また平成2年9月に倒産した三敬工務店に焦げ付きが発生したことや、近年の出血工事により資金繰りが悪化、市中金融などを利用し切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1994/10/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)マツモト資材[旭川市]

孝和興業に連鎖

建設資材・工具・保安用品販売のマツモト資材(旭川市豊岡1条7丁目1番14号)は10月5日と6日、富良野信金東光支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

主力販売先の孝和興業の倒産で数千万円の焦げ付きが発生し、行き詰まった。代表者および家族ともに連絡が取れない状況にある。

東京商工リサーチ
1994/10/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)サンビジネス[函館市]

業績不振

OA事務機器用品販売のサンビジネス(函館市桔梗町372番地331)は10月5日と6日、みちのく銀行美原支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3370万円。

市況悪化と競合激化から売上高は落ち込む一方、実質赤字経営が続いていた。資金繰りは慢性的に苦しく、恩借、一部市中金融を利用して切り抜けていたが支え切れず、今度の事態となった。事務所は閉鎖され代表者は所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1994/10/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)孝和興業[旭川市]

土木工事の孝和興業(旭川市春光台4条1丁目)は9月30日と10月6日、富良野信金旭川北支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2200万円。

代表者が兼務する関連事業に対する資金流出から資金繰りが悪化し今事態となった。

東京商工リサーチ
1994/10/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)アイワ商会[札幌市]

アイワ商会が事実上の倒産 札幌、負債12億円

事務機器・事務用品販売のアイワ商会(本社・札幌、資本金一千八百万円)は、六日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。先月末に開いた債権者集会で、近く破産申請することを決めた。東京商工リサーチの調べでは、負債総額は約十二億円。

一九八二年の創業で九〇年から不動産業務にも進出し、九一年十月期の売上高は約十四億五千万円。エイペックスリゾート洞爺に輸入家具を納めるなど、カブトデコム関連企業との取引で急成長した。

しかし、賃貸ビルなど不動産への過剰投資が響き、九二年以降、資金繰りが悪化していた。

北海道新聞
1994/10/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産宣告(平成6年(フ)第815号)

(株)アイワ商会(札幌市中央区大通東8丁目1番地)は10月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は伊藤隆道弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年11月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年12月16日午後1時30分。

1994/11/15
http://kanpou.npb.go.jp/

司土建(株)[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第777号)

司土建(株)(札幌市豊平区里塚124番地21)は10月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐々木泉顕弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年11月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は12月13日午後3時。

1994/10/28
札幌地方裁判所民事第4部

(株)アジュバン北海道[札幌市]

特別清算開始(平成6年(ヒ)第40号)

(株)アジュバン北海道(札幌市南区澄川4条2丁目5番5号)は10月6日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

1994/10/06
札幌地方裁判所

1994年10月 5日 (水)

(株)高田企業[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第755号)

(株)高田企業(札幌市東区北50条東7丁目8番5号)は10月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は薄木宏一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年11月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年12月6日午後3時。

1994/10/27
札幌地方裁判所民事第4部

(株)大槻店舗設計[札幌市]

赤字累積

内装設計施工の大槻店舗設計(札幌市白石区菊水4条2丁目1番8号)は9月30日と10月5日、北洋銀菊水支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

同業者との受注競争により値引き受注を強いられ累積欠損を内包、資金繰りが悪化していた。このため市中金融を利用し切り抜けていたが、この金利負担も重荷となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/10/24
http://www.tsr-net.co.jp/

通運荷役(有)[釧路市]

業績不振

貨物運送取扱の通運荷役(釧路市鶴野58番地5497)は8月31日と10月5日、道銀西港支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億8000万円。

今年に入り売り上げ低下に加えて、売掛金の回収難もあり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/10/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)花田工務店[江別市]

既往のシワ寄せ

建築工事の花田工務店(江別市朝日町3番地28)は10月5日、石狩中央信金本店で不渡りを出し債権者集会を開催、任意整理を決定した。負債総額は約3億3600万円。

収益は低調で実質赤字経営となっていた。また工事量の増加による人件費の負担や、立替金の負担が次第に重荷になり、取引業者に支援を要請していたが不調に終わり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/10/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年10月 4日 (火)

(株)山商[札幌市]

業績不振

民芸品販売の山商(札幌市中央区北3条西20丁目2番16号)は9月30日と10月4日、共同信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億500万円。

売り上げはジリ貧状態で赤字経営に陥っていた。現在店舗は閉鎖され債権者集会を開催、任意整理を行うと説明した。

東京商工リサーチ
1994/10/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年10月 3日 (月)

(株)マルワ渡辺商店[旭川市]

売り上げ不振

呉服卸のマルワ渡辺商店(旭川市3条通2丁目右8号)は9月30日と10月3日、道銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

ここ数年売上高はジリ貧をたどり、先行きを見通しての各種イベント企画業へ進出。近時は同事業への資金流出により資金面は多忙を極めていた。

東京商工リサーチ
1994/10/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)丸考池田建設[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第767号)

(有)丸考池田建設(札幌市東区北38条東15丁目2番30号)は10月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は舛田雅彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年11月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年12月7日午後4時。

1994/10/27
札幌地方裁判所民事第4部

(株)札幌インターフエイス[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第754号)

(株)札幌インターフエイス(札幌市東区北33条東6丁目2番26号)は10月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は原洋司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年11月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年12月7日午後3時。

1994/10/27
札幌地方裁判所民事第4部

« 1994年9月 | トップページ | 1994年11月 »