« (株)伊豆電器[札幌市] | トップページ | (株)祥美堂[札幌市] »

1994年9月19日 (月)

余熱団地生産組合[札幌市]

「余熱団地」が解散 農家一戸当たり負債4千7百万円 札幌・北区

五億千九百万円の負債を抱え経営が行き詰まっていた札幌市北区篠路の余熱団地生産組合(十一戸)は十九日までに、解散の方針を固めた。支援策を模索してきた札幌市も再建を断念。ごみ焼却場の排熱で冬野菜を供給するというアイデアは、十三年で挫折することになった。

同団地は一九八一年度、総事業費十億千九百万円で建設スタート。市の公募で入植した農家十一戸が、篠路清掃工場の排熱水(年間五・七万トン)を市からトン当たり三百五十円で買い、温室八十六棟、合わせて六・四ヘクタールでトマト、キュウリなどを栽培してきた。

しかし、青函トンネル開業による本州産冬野菜の安定供給などから経営が悪化。現在一戸当たりの負債額は平均四千七百万円。八八年には、市が熱料金を八割値下げし、組合も野菜からメロン、花など高級品に栽培を転換するなどで再建を図り、九一年には三億五千万円を生産したが、景気後退による需要減で経営が立ち行かなくなった。

北海道新聞
1994/09/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (株)伊豆電器[札幌市] | トップページ | (株)祥美堂[札幌市] »

0020 札幌市北区」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/42974147

この記事へのトラックバック一覧です: 余熱団地生産組合[札幌市]:

« (株)伊豆電器[札幌市] | トップページ | (株)祥美堂[札幌市] »