« 1994年1月 | トップページ | 1994年3月 »

1994年2月

1994年2月28日 (月)

(有)渡邉組[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第104号)

(有)渡邉組(札幌市北区北27条西13丁目3番5-103号)は2月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉原美智世弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年3月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年5月11日午後3時。

1994/03/23
札幌地方裁判所民事第4部

(有)ナカノ建装[帯広市]

受注不振

塗装工事のナカノ建装(帯広市西19条南2丁目12番地4)は1月31日と2月28日、道銀帯広支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

原因は受注不振から資金難に陥ったため。市中金融や恩借などの利用で切り抜けていたものの支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1994/03/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)中田コンクリート[室蘭市]

設備投資過大

コンクリート二次製品・生コン製造の中田コンクリート(室蘭市石川町53番地)は1月31日と2月28日、室蘭信金白鳥台支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

近年管内生コン需要の減少から業績は低迷し、資金面は圧迫されていた。以後仕入先の支援を得ての稼働であったが、トラブル発生により支援を絶たれ今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

八木産業(株)[京極町]

赤字累積

農産物卸・砕石販売の八木産業(虻田郡京極町字京極18番地)は1月31日と2月28日、北海信金京極支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

農産物の扱いの不振が続き、売上高はジリ貧となり連続欠損が続き、資金操作は多忙で資金調達も限界に達し、支え切れなかった。生産農家に対する支払も滞っており、営業続行は流動的である。

東京商工リサーチ
1994/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)花田工業[浦幌町]

受注不振

とび土工・土木の花田工業(十勝郡浦幌町字帯富114番地32)は1月31日と2月28日、帯広信金浦幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

原因は受注不振から資金難に陥ったため。平成5年に入っても受注は回復せず、重機などの設備負担も加わり資金難の状態が続いていた。

東京商工リサーチ
1994/03/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年2月25日 (金)

エルム通商(株)[北見市]

他社倒産の余波

建設機械リースのエルム通商(北見市北2条東2丁目16番地)は2月21日と25日、網走信組北見支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6500万円。

平成5年3月、建設業者に大口焦げ付きが発生、一部機械類は引き揚げたものの資金繰りに狂いが生じ、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1994/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年2月24日 (木)

中菱菊谷建設(株)[札幌市]

中菱菊谷建設が破産 札幌地裁宣告 負債総額は130億円

帝国データバンク札幌支店によると、道内中堅の建築・不動産会社、中菱菊谷建設(本社・札幌、資本金六千万円)は債権者から破産を申し立てられ、一日までに同地裁の破産宣告を受け、事実上倒産した。負債総額は、道内の建築・不動産業界の経営破たんでは過去最大級の百三十億円前後とみられている。

同社は一九五三年に中菱(なかびし)建設として創業、九〇年四月、土木業の菊谷(きくや)建設を吸収して現社名に変更した。工事部門のほか、建売住宅や分譲・一棟売りマンションなど不動産部門も積極的に手掛け、ピーク時の九一年三月期には約六十八億円の年商があった。

しかし、バブル経済崩壊後は、不動産取得のための借入金が経営を圧迫。昨年から従業員の大半を解雇して借入金の返済に努めていたが、物件の売却が進まないことなどから最終的に経営が行き詰まった。

北海道新聞
1994/03/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)伸栄建設[札幌市]

受注不振

建築業の伸栄建設(札幌市手稲区西宮の沢2条1丁目531番地)は2月21日と24日、札銀琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

原因は受注不振から資金難に陥ったため。利益面は低調で、土地がらみの手形決済ができず今事態となったもので営業は続行している。

東京商工リサーチ
1994/03/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)池田工機[釧路市]

破産宣告(平成6年(フ)第17号)

(有)池田工機(釧路市鶴野58番地5037)は2月24日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小笠原寛弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成6年3月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年5月16日午前10時30分。

1994/03/23
釧路地方裁判所

1994年2月21日 (月)

(株)エヌズオペレーションシステム[札幌市]

業績不振

婦人服販売・飲食店のエヌズオペレーションシステム(札幌市中央区北5条西27丁目13番地4)は2月15日と21日、北洋銀宮の森支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

ブティックを経営していたが、売れ行きが思わしくなく飲食店の経営に転換した。しかし売り上げが上がらず、ブティック時の債権、飲食店の工事代金が重荷となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/02/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ケイ・アール・シー[登別市]

赤字累積

観光ホテルのケイ・アール・シー(登別市登別温泉町60番地15、登記上=東京都港区新橋2丁目2番3号)は2月15日と21日、札銀登別支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約36億円。

原因は赤字累積に集客数の減少から資金難に陥ったため。「ホテルロイヤルヤコウ東館」「ホテルロイヤルヤコウ西館」「山翠荘」を経営、平成に入り観光ブームも加わり増収を続けてきたが、グループ数社が平成3年11月に倒産、加えてブームの終焉から集客のため低料金を設定したことで、資金難には拍車をかける結果となった。なお、2月21日で営業はストップしている。

東京商工リサーチ
1994/02/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年2月17日 (木)

(有)太田商店[当別町]

破産宣告(平成6年(フ)第100号)

(有)太田商店(石狩郡当別町字西小川通55番地)は2月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

債権届出の期間は平成6年3月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年4月27日午後1時30分。

1994/03/14
札幌地方裁判所民事第4部

道建工業(株)[札幌市]

既往のシワ寄せ

土木・造園業の道建工業(札幌市厚別区厚別西5条5丁目4番26号)は2月7日と17日、札銀新さっぽろ支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

昭和63年に茨城県で行った工事が赤字となり、その後の受注も同業者との競争から収益は悪化していた。このため市中金融、友人知己よりの借り入れで切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1994/02/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年2月15日 (火)

(株)鈴木屋商店[札幌市]

赤字累積

建築金物卸の鈴木屋商店(札幌市白石区菊水上町3条3丁目52番地414)は2月7日と15日、北洋銀本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

売り上げはジリ貧が続き、決算上は黒字を公表していたが、実質は累積欠損を内包していた。このため再建を図り社屋の売却、人員削減を行ったものの支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/03/07
http://www.tsr-net.co.jp/

ヤマトガレージ(株)[旭川市]

旧債が重圧

ガレージ製造のヤマトガレージ(旭川市永山6条3丁目)は2月7日と15日、富良野信金永山支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

計数管理の甘さから平成4年に不渡りを出すなど資金操作は多忙であった。以後もその旧債を抱えたままの運営で、さらに工場建設に資金投下したことで資金面は圧迫され、市中金融、恩借でしのいでいたものの支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1994/02/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年2月14日 (月)

(株)デザイン制作舎[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第87号)

(株)デザイン制作舎(札幌市中央区南18条西14丁目1555番地17)は2月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山口均弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年3月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年4月19日午後3時。

1994/03/09
札幌地方裁判所民事第4部

北栄建機興業(有)[札幌市]

放漫経営

杭工事の北栄建機興業(札幌市北区篠路5条5丁目6番13号)は2月10日と14日、専和信組元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

小口の焦げ付きが散発し、平成5年4月に貸手形で一度不渡りを出したことが資金繰りに影響し行き詰まった。

東京商工リサーチ
1994/03/07
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)丸政牧野工務店[札幌市]

赤字累積

内装工事の丸政牧野工務店(札幌市北区新川678番地37)は2月10日と14日、道銀東豊支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

無理な受注を行っていたため欠損を内包し、経理面のズサンな点や外注工事による経費増加も資金繰りを悪化させていた。

東京商工リサーチ
1994/03/07
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)グリュック[札幌市]

破産宣告(平成6年(フ)第77号)

(株)グリュック(札幌市白石区中央1条3丁目2番35号)は2月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は原敦子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年3月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年3月28日午後3時。

1994/03/09
札幌地方裁判所民事第4部

1994年2月10日 (木)

明伸工業(株)[釧路市]

赤字累積

建築業の明伸工業(釧路市入江町3番19号)は2月7日と10日、北陸銀行釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

原因は赤字累積から資金ショートしたため。資金繰りは常時多忙で手形ジャンプなどで切り抜けていたが支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1994/02/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1994年2月 7日 (月)

(株)ナカムラ[様似町]

破産宣告(平成6年(フ)第11号)

(株)ナカムラ(様似郡様似町大通2丁目1番地)は2月7日、札幌地裁苫小牧支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は岡田秀樹弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成6年3月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年4月7日午後3時。

1994/03/04
札幌地方裁判所苫小牧支部

« 1994年1月 | トップページ | 1994年3月 »