« 1993年10月 | トップページ | 1993年12月 »

1993年11月

1993年11月30日 (火)

(株)北木[旭川市]

一回目不渡り

家具卸の北木(旭川市東旭川南1条1丁目)は11月30日、旭川信金東支店で1回目の不渡りを出し、経営悪化が表面化した。負債総額は約8300万円。

旧債を抱えて苦しい運営で、加えて不良債権の発生が追い打ちをかける形となった。代表者は11月16日以降所在を絶っており、整理入りの公算が大きい。

東京商工リサーチ
1993/12/20
http://www.tsr-net.co.jp/

三村建設(株)[札幌市]

代表者が所在不明

建設・不動産の三村建設(札幌市豊平区平岸3条6丁目1番17号)は11月末から事務所を閉鎖し代表者が連絡を絶った。負債総額は約1億8000万円。

平成3年に仕入れた土地の販売がうまく行かず、5年5月期に売却が終わったが、長期に及んだため金利負担が重荷となり、実質赤字を出して今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/12/20
http://www.tsr-net.co.jp/

大成木材(有)[帯広市]

過小資本

造材の大成木材(帯広市西21条南5丁目25番地23)は9月30日と11月30日、帯広信金開西支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

設立当初から資金不足のところに請負単価の低迷、機械・車両などの設備負担や外注経費の膨張で経営ぶりは苦しかった。

東京商工リサーチ
1993/12/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)コシノエンジニアリング[札幌市]

音響・映像システムのコシノエンジニアリング(札幌市中央区南7条西25丁目4番3号)は11月30日、あさひ銀行札幌支店で1回目の不渡りを出し経営悪化が表面化、事務所を閉鎖して事後処理を弁護士に依頼した。負債総額は約1億6000万円。

実質赤字経営で、大手ホテルのシステム管理業務が今年8月に打ち切られ、この人材経費負担も重荷となって今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/12/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ホテルロイヤル江別[江別市]

ホテルロイヤル江別 2回目の不渡り出す 負債額は約12億円

【江別】民間信用調査の帝国データバンク札幌支店によると、ホテルロイヤル江別(本社・江別市野幌町)は八日までに二回目の不渡りを出し経営が行き詰まった。負債額は約十二億円。

同社は江別市内の総合ホテルで一九八一年に創業。売上高は九三年三月期で約一億三千四百万円あったが、協力関係にあった奈良県の村本建設や江別市内の塚本建設が十一月に相次いで倒産。さらに設備投資負担や売り上げの伸び悩みなどが重なった。十一月末から休業している。

北海道新聞
1993/12/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1993年11月29日 (月)

(有)くるまや三九[旭川市]

販売不振

中古車販売のくるまや三九(旭川市永山3条16丁目68番地1)は11月22日と29日、道銀永山支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

原因は販売不振のため。後発で資金力に乏しく低迷していた。代表者は所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1993/12/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)東名自動車[札幌市]

設備投資が裏目

自動車販売の東名自動車(札幌市豊平区清田2条2丁目3番25号)は11月25日と29日、札銀平岸支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億8000万円。

原因は新築した社屋の借り入れ負担と、子会社への投資資金が重荷となったため。

東京商工リサーチ
1993/12/06
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年11月26日 (金)

ヒタチビルド(株)[石狩町]

破産宣告(平成5年(フ)第894号)

ヒタチビルド(株)(石狩郡石狩町新港南2丁目3722番地12)は11月26日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は伊藤隆道弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年12月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年2月1日午後3時。

1993/12/16
札幌地方裁判所民事第4部

(株)アークス[札幌市]

不動産のアークス 2回目の不渡り

民間信用調査機関によると、札幌市内などでマンション分譲を手掛けていた不動産業のアークス(本社・札幌)は三十日までに二回目の不渡りを出し、経営が行き詰まった。負債総額は、東京商工リサーチ道支社によると約十五億円。営業は続行している。

同社は八九年五月設立。手稲区で分譲マンション「アークス稲積公園」の販売をはじめ、ファミリータイプのマンション販売や一棟売りで昨年三月期には十五億五百二十二万円の売り上げがあった。しかし、高級物件の売れ行き不振などで今年は九億円台に落ち込み、小樽で計画していたマンションの建設中断なども手伝い、資金繰りが悪化した。

北海道新聞
1993/12/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1993年11月25日 (木)

(有)富井建設[帯広市]

赤字累積

土木工事の富井建設(帯広市西17条南4丁目33番地15)は7月30日と11月25日、北見信金しらかば支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

原因は過年度からの赤字累積のため。ずさんな経営ぶりから多額の累積赤字を抱え、余裕のない繰り回しであった。

東京商工リサーチ
1993/12/06
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年11月24日 (水)

(有)渋谷呉服店[赤平市]

業績不振

衣料品小売の渋谷呉服店(赤平市大町1丁目3番地)は11月24日、店舗を閉鎖し整理入りを表明した。負債総額は約6000万円。

原因は売り上げ不振から赤字に陥り、資金繰りが悪化したため。仕入先に対して整理入りする旨の通知を出し営業を停止した。

東京商工リサーチ
1993/12/13
http://www.tsr-net.co.jp/

石村商事(株)[小樽市]

破産宣告(平成5年(フ)第88号)

石村商事(株)(小樽市新光2丁目20番18号)は11月24日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は亀田成春弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成6年1月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年2月16日午後3時。

1994/01/11
札幌地方裁判所小樽支部

1993年11月18日 (木)

塚本建設(株)[江別市]

村本倒産で道内初連鎖 塚本建設が破産申請

【江別】帝国データバンク札幌支店によると、建築土木工事業の塚本建設(本社・江別)は十九日までに札幌地裁に自己破産を申請、経営が行き詰まった。負債約十億円。今月一日に戦後最多の五千九百億円の負債を抱えて会社更生法を申請、事実上倒産した奈良県の中堅ゼネコン村本建設に道内で初めて連鎖した。

塚本建設は大正十五年(一九二六年)創業。江別市の官庁工事を手掛けたほか、村本建設とビジネスホテルの経営にも当たり、完工高は昨年三月期の約八億四千万円から今年約九億七千万円に伸び、わずかだが黒字計上だった。しかし、村本建設から受注や資金面で援助を受けていた。

北海道新聞
1993/11/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1993年11月15日 (月)

(有)高橋デザイン事務所[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第858号)

(有)高橋デザイン事務所(札幌市中央区北1条西18丁目2番1号)は11月15日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小嶋保則弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年12月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年2月4日午後3時。

1993/12/09
札幌地方裁判所民事第4部

1993年11月12日 (金)

(株)北海道経済情報社[函館市]

本業外へ資金流出

出版の北海道経済情報社(函館市中道2丁目24番15号)は11月8日と12日、函館商工信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億3000万円。

原因は代表者が本業外の資金調達で手形を発行したため。手形決済が個人では処理できず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/12/06
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年11月11日 (木)

(株)ボブキャット[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第856号)

(株)ボブキャット(札幌市西区山の手3条8丁目3番1号)は11月11日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は赤渕由紀彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年12月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成6年1月21日午後3時。

1993/12/06
札幌地方裁判所民事第4部

1993年11月10日 (水)

(有)北創[室蘭市]

未収金が響く

建築工事の北創(室蘭市八丁平1丁目18番7号)は11月8日と10日、室蘭信金本輪西支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

工事未収金などが発生し資金面は多忙で、今年に入ってからは受注が激減して支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/11/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)クリエート[札幌市]

焦げ付きが響く

調理設備・内装工事のクリエート(札幌市豊平区北野3条4丁目2番60号)は11月1日と10日、共同信組清田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億6000万円。

原因は今年に入り不良債権が相次いで発生したため。倒産関連防止基金の導入で急場はしのいだものの、受注先を失ったことが響き、業況は回復しなかった。

東京商工リサーチ
1993/11/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年11月 5日 (金)

(有)大田建材産業[小樽市]

赤字累積

重機賃貸・土木工事・運送の大田建材産業(小樽市入船4丁目24番11号)は9月30日と11月5日、道銀入船支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億8000万円。

重機、車両の設備投資が先行したため、償却、金利負担が大きく実質赤字経営で余裕のなかったところに、今年に入り受注が減少したため、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/11/15
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年11月 4日 (木)

(株)七丁目ストアー[江別市]

江別最大手スーパー 七丁目ストアー 事実上の倒産

【江別】帝国データバンク札幌支店によると、江別の地元最大手スーパーの七丁目ストアー(本社・江別)は、四日までに二回目の不渡りを出し経営が行き詰まった。負債総額は約十二億円。

同社は昭和四十一年の創業。鮮魚と精肉、青果の生鮮三品を中心とするスーパーで、江別と石狩管内当別町に四店舗を構える。しかし、道内外の大手スーパーが相次いで進出。同社は店舗増設などで対抗したものの、昨年九月期売上高は約二十五億円と前期比約二億四千万円減少、三千七百万円の当期欠損を計上した。店舗営業は一日からいったん休み、二日の大口債権者への事情説明会で再建の意向が示されたが、先行きは流動的という。

北海道新聞
1993/11/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1993年11月 2日 (火)

(株)オホーツク新聞社[北見市]

「オホーツク新聞」廃刊

新聞発行のオホーツク新聞社(北見市北8条東1丁目10番地)は10月29日、北見信金本店で1回目の不渡りを出し、10月30日付で日刊紙「オホーツク新聞」は廃刊となり、11月2日に債権者会議を開催、整理入りを表明した。負債総額は約9400万円。

原因は販売部数、広告収入が低迷し、資金難に陥ったため。平成元年4月に廃刊した北見毎日新聞の施設と従業員の一部を引き継ぎ設立したが、同業他紙との競合から低迷し、資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
1993/11/15
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年11月 1日 (月)

(有)北宝[江別市]

破産宣告(平成5年(フ)第836号)

(有)北宝(江別市野幌代々木町40番地の2)は11月1日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は愛須一史弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年12月1日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年12月21日午後3時。

1993/11/26
札幌地方裁判所民事第4部
 

破産管財人変更(平成5年(フ)第836号)

平成5年11月8日、破産管財人愛須一史弁護士は辞任し、橋場弘之弁護士(札幌市中央区)を選任した。

1993/12/07
札幌地方裁判所民事第4部

(株)札幌スィート[札幌市]

ル・モルフェさっぽろに連鎖

菓子卸の札幌スィート(札幌市東区北30条東19丁目3番10号)は10月20日と11月1日、北洋銀元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

原因はル・モルフェさっぽろに連鎖したため。同社の倒産により操作していた手形が焦げ付き、資金繰りに行き詰まった。

東京商工リサーチ
1993/11/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)三宝[札幌市]

ル・モルフェさっぽろに連鎖

菓子製造販売の三宝(札幌市東区北30条東19丁目3番10号)は10月27日と11月1日、北洋銀元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

原因はル・モルフェさっぽろに連鎖したため。同社との間に手形操作があり、同社倒産のあおりを受けて資金繰りが行き詰まった。

東京商工リサーチ
1993/11/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)北海道中販[江別市]

販売不振

中古車販売の北海道中販(江別市豊幌88番地)は10月5日と11月1日、空知信金江別支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

原因は販売不振により赤字経営となっていたため。平成4年9月に1回目の不渡りを出し業績悪化が表面化、他社支援のもとで一時的に乗り切ったが売り上げは伸びなかった。

東京商工リサーチ
1993/11/15
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1993年10月 | トップページ | 1993年12月 »