« 1993年7月 | トップページ | 1993年9月 »

1993年8月

1993年8月31日 (火)

成興運輸(株)[札幌市]

経営多角化に失敗

運送の成興運輸(札幌市白石区川北2332番地1)は7月15日と8月31日、札銀白石支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

運送業が不振のため、本社隣接地に温泉ボーリングや土地買収で健康センターを計画、広島町に産業廃棄物処理場の計画など多角化を図ったが資金不足となり、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/09/27
http://www.tsr-net.co.jp/

上島新冠バット(株)[新冠町]

親会社倒産で信用低下

バット・木製品製造の上島新冠バット(新冠郡新冠町字高江47番地1)は6月30日と8月31日、日高信金静内支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億6000万円。

原因はウエシマグループの破綻から信用不安説が流れて業績が低迷、資金繰りが悪化したため。上島建設などの破綻から資金援助も途絶え、以後業務を縮小して営業を行ったものの支え切れず、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/09/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ホクユ機工[札幌市]

既往のシワ寄せ

内装工事のホクユ機工(札幌市豊平区水車町8丁目4番28号)は8月10日と31日、札幌信金豊平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

運送業界の不況や内装工事単価の低下から赤字となり累積欠損を内包、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/09/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年8月26日 (木)

(株)小林配管社[江別市]

既往のシワ寄せ

配管設備の小林配管社(江別市大麻96番地)は8月25日と26日、道銀大麻支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

実質赤字経営が続き資金面は悪化、市中金融を利用し切り抜けていたものの支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/09/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年8月25日 (水)

道南化学(株)/(有)池田プレス工業所/(有)函館ゴム工業所/(有)八進ゴム工業所/函館地区ゴム(協)[函館市]

ゴム長製造 道南化学が倒産 連鎖4社 負債総額30億円

【函館】ゴム長ぐつ製造販売の道南化学(本社・函館、資本金三千六百万円)は二十五日、二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。負債額は約二十億円で、今年に入り道南では二番目の規模となる。関連四社も二十五日までに二回目の不渡りを出し事実上倒産。グループ全体の負債総額は約三十億円に上る。

民間の信用調査機関、東京商工リサーチなどによると、同社は一九五六年、道南ゴム製作所として設立。六九年一月に倒産したが、労働組合が主体となり同二月、現社名で再建した。長ぐつ製造販売では道内五番目の売り上げだった。ここ数年、売り上げは年間十一億円前後を維持していたが、収益は百万円台を低迷、昨年十二月期に赤字に転落した。ゴム長ぐつの需要低迷で在庫が膨らみ、借入金利が経営を圧迫していた。

関連四社は、池田プレス工業所、函館ゴム工業所、八進ゴム工業所、函館地区ゴム。

北海道新聞
1993/08/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)オカベ[北見市]

北見衣料品問屋オカベも事実上倒産

【北見】民間信用調査機関・東亜リサーチによると、衣料品卸のオカベ(本社・北見市、資本金二千万円)は、二日までに釧路地裁北見支部に和議申請して、事実上倒産した。

負債総額は五億二千万円。同社は一九二三年(大正十二年)創業。

昨年二月期の売上高は三億四千万円と同管内のトップだったが、大手卸業者の攻勢の前に経営が悪化、七三年の本社移転費用なども負担となって行き詰まった。

北海道新聞
1992/11/02
http://www.hokkaido-np-co.jp/

 

和議開始(平成5年(コ)第2号)

(株)オカベ(北見市卸町1丁目7番地1)は8月25日、釧路地裁北見支部から和議手続開始決定を受けた。

債権届出の期間は平成5年9月20日まで、債権者集会の期日は平成5年10月18日午後1時30分。

1993/09/13
釧路地方裁判所北見支部

1993年8月23日 (月)

(有)ハウジング高野[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第606号)

(有)ハウジング高野(札幌市厚別区上野幌2条2丁目4番1号)は8月23日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は奥泉尚洋弁護士(札幌市西区)。

債権届出の期間は平成5年9月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年11月5日午後3時。

1993/09/07
札幌地方裁判所民事第4部

1993年8月20日 (金)

板野鉄工(株)[根室市]

業績不振

船舶用機械修理・販売の板野鉄工(根室市汐見町2丁目87番地)は8月2日と20日、道銀根室支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

近年は漁業環境が厳しく売上高もジリ貧傾向で、採算性も低く資金操作は多忙であった。加えて今期に入っても受注不振が続き今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/09/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)丸福美巧堂[札幌市]

販売不振

皮革製品製造販売の丸福美巧堂(札幌市東区伏古11条3丁目3番7号)は8月16日と20日、北洋銀東苗穂支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7500万円。

原因は経費の増加と販売不振から資金繰りが悪化したため。主力取引先の支援で営業は続けられている。

東京商工リサーチ
1993/08/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年8月19日 (木)

花坂商事(株)[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第613号)

花坂商事(株)(札幌市中央区北9条西17丁目2番地1)は8月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は中村隆弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年9月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年10月21日午後3時。

1993/09/03
札幌地方裁判所民事第4部

1993年8月18日 (水)

(株)エスアールイー企画[札幌市]

業績不振

不動産のエスアールイー(札幌市白石区菊水3条1丁目5番3号)は6月22日と8月18日、道央信金山鼻支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

バブル崩壊後、不動産市況の低迷で業績が著しく低下し、以前購入した販売用不動産の処分ができず資金繰りが悪化し、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/08/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年8月17日 (火)

(有)畠電設[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第603号)

(有)畠電設(札幌市北区屯田1条1丁目3番21号)は8月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は田中智幸弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年9月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年10月22日午後1時30分。

1993/08/31
札幌地方裁判所民事第4部

1993年8月16日 (月)

札幌油業(有)[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第589号)

札幌油業(有)(札幌市豊平区清田5条2丁目31番22号)は8月16日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は中尾天弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年9月16日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年10月5日午後2時。

1993/08/31
札幌地方裁判所民事第4部

1993年8月12日 (木)

(有)カーショップサンエイ[釧路市]

破産宣告(平成5年(フ)第35号)

(有)カーショップサンエイ(釧路市大楽毛1丁目9番18号)は8月12日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成5年9月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年10月13日午後1時30分。

1993/08/27
釧路地方裁判所

1993年8月11日 (水)

(株)巧工務店[札幌市]

カブト下請け 巧工務店行き詰まる

経営再建中の建設・不動産会社、カブトデコム(本社・札幌)の下請けである内装工事業の巧工務店(本社・札幌)は十一日までに二回目の不渡りを出し、経営が行き詰まった。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店、東京商工リサーチ道支社などによると、負債総額は約六十億円に上るとみられる。

同社は昭和二十七年に法人化され、札幌・薄野地区の飲食店の内装工事を手掛けた。六十年ごろから拓銀の仲介でカブトと結び付きを深め、カブトの建築物件の内装工事を請け負ってきたほか、カブトと拓銀から役員の派遣も受け、平成三年一月期に売上高約二十四億八千万円を上げた。

しかし、二年にカブトの第三者割り当て増資で八万株(十二億四千万円)の割り当てを受けたのに続き、その後もカブト株を買い増し、株式購入のための借入金が約三十億円に上って金利負担が重荷になっていた。さらに、カブトが三年後半からデベロッパー事業を凍結したため受注も減少。昨年後半からは胆振管内虻田町の「ホテルエイペックス洞爺」の内装工事を請け負い、五年一月期の売上高は約二十六億八千万円に増えたが、一億五千万円の当期損失を計上、今年七月に拓銀が融資を打ち切り、資金繰りに行き詰まった。

巧工務店をめぐっては、同社から「ホテルエイペックス洞爺」などの仕事を請け負った中小業者が工事代金が未払いになっているなどとして、巧工務店に融資してきた拓銀に対し、代金支払いを求めて交渉する動きを見せるなど、波紋が広がっている。

北海道新聞
1993/08/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1993年8月10日 (火)

小熊水産倉庫(株)[函館市]

小熊水産倉庫が倒産、負債49億

【函館】民間の信用調査機関、帝国データバンク函館支店によると、冷凍鮮魚・塩干魚類卸、倉庫業の小熊水産倉庫(本社・函館、資本金五千万円)は十日までに函館地裁に自己破産を申請し、事実上倒産した。負債総額は、約四十九億円。水産物関連の大型倒産は今年に入り、道内では初めて。

同社は明治四十三年(一九一〇年)の設立。売り上げは、一九八四年十二月期には約百七十六億円に上っていたが、一九八九年十二月期以降は毎年、百億円台を割り込み続けていた。

ここ数年、原魚価格の下落に伴う市況低迷が続いていた上、昨年は近海スルメイカの記録的な豊漁で製品価格が暴落。約十五億四千万円を融資していた神奈川県の不動産業者が六月に倒産し、資金回収が図れなくなったことも追い打ちをかけた。

同支店によると、同社は一九九一年十二月時点で、鮮魚類卸では道内四百九十五社中十九番目の売り上げがある業界の大手だった。

北海道新聞
1993/08/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

瀬川重機工業(株)[旭川市]

受注不振

土木工事の瀬川重機工業(旭川市忠和5条5丁目250番地)は8月2日と10日、稚内信金神居支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

原因は受注不振が続き、資金繰りが行き詰まったため。建設重機の売却などで資金をつないでいたものの支え切れず、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/08/23
http://www.tsr-net.co.jp/

クリエイトフーズ(株)[札幌市]

過小資本

総菜販売のクリエイトフーズ(札幌市北区新琴似5条14丁目3番12号)は8月6日と10日、北門信金新琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

資金不足のうえ採算性は低く資金繰りが悪化、取引業者と話し合いをしていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/08/23
http://www.tsr-net.co.jp/

第一生コン(株)[旭川市]

販売不振

生コン製造の第一生コン(旭川市永山町2丁目125番地45)は8月5日と10日、北空知信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億2000万円。

採算性が低く、協力体制にあった金富砂利が倒産したこともあり、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/08/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ヤマショウ桑田船舶砂利[天塩町]

桑田船舶砂利 事実上の倒産

【天塩】砂利販売、海運業のヤマショウ桑田船舶砂利(本社・留萌管内天塩町)は十一日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債額は約八億円とみられている。

民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店などによると、同社は昭和二十七年に個人で開業し、四十八年に法人化した。当初は利尻、礼文など離島への砂利運搬業務を中心にしていたが、最近は札幌圏への販路拡大を目指して石狩湾新港に砂、砂利のたい積場、焼き砂工場を開設し、平成四年十二月期には六億七百万円の売上高をあげた。しかし、在庫管理の不手際による販売価格の下落、砂利運搬船の建造や焼き砂工場の建設などで資金ぐりが悪化し、ここにきて経営が行き詰まった。

北海道新聞
1993/08/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

道北リース(有)[旭川市]

道北リースが倒産 ハニックス連鎖 負債は23億円

建設機械販売、賃貸業の道北リース(本社・旭川市、資本金一千万円)は十日、二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約二十三億円。

同社は一九八一年設立。売上高は今年三月期決算で約十一億円。埼玉県の小型建設機械メーカー、ハニックス工業の地区代理店として旭川を中心に札幌、滝川にも支店や営業所を開設するなど業務を拡大してきた。しかし、ハニックスグループ四社が五月末、総額千八百五十五億円の負債を抱えて倒産したことで多額の焦げ付きが生じた。

道北リース関係者によると、小口債務についてはすでに処理済みで、ハニックス関連を除く大口債権者に対しては、旭川市内の別の建機リース会社が営業権や従業員を引き継ぐことで同意を得ているという。

北海道新聞
1993/08/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)マルハナ花井商店[八雲町]

破産宣告(平成5年(フ)第96号)

(有)マルハナ花井商店(山越郡八雲町出雲町60番地)は8月10日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小林紀一郎弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成5年9月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年10月12日午前10時。

1993/09/01
函館地方裁判所

1993年8月 9日 (月)

(株)塩浜[斜里町]

和議申請

ホテル経営の塩浜(斜里郡斜里町ウトロ香川297番地)は4月30日と7月30日、拓銀斜里支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受け、8月9日釧路地裁網走支部に和議を申請した。負債総額は約9億6000万円。

横浜市で設立後、昭和55年5月にホテルアルバトロスを建設、本社も現在地に移転していた。同業ホテルが相次ぎ増改築を行うなど競合が厳しくなってきたため、新築計画を進めてきたが不調に終わり、資金計画が狂って今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/08/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年8月 6日 (金)

(株)栄和機工[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第572号)

(株)栄和機工(札幌市中央区南1条東5丁目1番地)は8月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は坂原正治弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年9月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年10月15日午後3時。

1993/08/27
札幌地方裁判所民事第4部

丸友三友工業(有)[札幌市]

過小資本

鉄骨加工組立の丸友三友工業(札幌市白石区中央3条3丁目5番4号)は8月5日と6日、北洋銀白石支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

原因は慢性的な自己資金不足で行き詰まったため。今期に入り受注が低迷し、仕入先に支援を申し入れていたが話し合いがつかず、今度の事態となった。業務を縮小して営業を続けている。

東京商工リサーチ
1993/08/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年8月 5日 (木)

(株)大商[釧路市]

系列会社に資金流出

青果物卸の大商(釧路市新富士町6丁目1番23号)は7月16日と8月5日、拓銀新橋支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

業績は低迷し、系列会社に多額の資金が流出、資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
1993/08/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)菊地組鉄工所[小樽市]

受注不振

鉄骨工事の菊地組鉄工所(小樽市銭函3丁目273番地4、登記上=札幌市北区新琴似12条1丁目4番46号)は7月5日と8月5日、専和信組発寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8億円。

原因は受注不振に設備投資負担が重荷となったため。今年に入り急激に受注が低下、出血工事などもあり資金面が悪化して支え切れず、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/08/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年8月 4日 (水)

(株)ファッションレディース深川[深川市]

破産宣告(平成5年(フ)第175号)

(株)ファッションレディース深川(深川市深川町字メム5046番地の56)は8月4日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は清水一史弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は平成5年9月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年10月20日午後1時30分。

1993/08/24
旭川地方裁判所民事部
 

フォト海道(道新写真データベース)
【写真説明】解雇された76人の生計の場だった縫製工場 掲載 1993/10/27

 

(株)幸和エンジニアリング[札幌市]

過小資本

空調機器設備工事の幸和エンジニアリング(札幌市豊平区里塚46番地117)は8月2日と4日、札幌中央信組平岡支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

原因は資金不足のうえに赤字経営に陥り行き詰まったため。

東京商工リサーチ
1993/08/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年8月 3日 (火)

(有)成田設備工業所[音更町]

放漫経営

給排水工事の成田設備工業所(河東郡音更町緑陽台北左17番地7)は7月8日と8月3日、北洋銀木野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は3000万円。

工事見積の甘さから赤字工事が多く、不足資金をノンバンクなどからの借り入れでしのいでいたものの、金利負担の重圧から支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/08/30
http://www.tsr-net.co.jp/

北栄建設運輸(有)[美唄市]

放漫経営

運送の北栄建設運輸(美唄市東明五区)は8月2日と3日、空知信金美唄支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

取引先と手形操作を行っていたが、倒産で資金繰りが悪化し、今度の事態となった。現在も債権者の協力で営業は続けられている。

東京商工リサーチ
1993/08/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)道都ファミリークラブ[札幌市]

未収金が発生

CD・テープ販売の道都ファミリークラブ(札幌市中央区大通西12丁目4番地)は7月28日と8月3日、道銀南一条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

音響工事も行ったが工事代金が回収できず資金繰りが悪化、今度の事態となった。営業は続行中。

東京商工リサーチ
1993/08/23
http://www.tsr-net.co.jp/

金富砂利(株)[旭川市]

放漫経営

砂利採取・販売の金富砂利(旭川市東旭川町桜岡24番地)は8月2日と3日、名寄信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億円。

従来過小資本で借り入れに依存した運営を余儀なくされていたところに不良債権も発生し、支え切れなかった。代表者は所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1993/08/16
http://www.tsr-net.co.jp/

リマーク(株)[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第515号)

リマーク(株)(札幌市西区西野3条7丁目150番地15)は8月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小坂祥司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年9月3日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年10月7日午後3時。

1993/08/23
札幌地方裁判所民事第4部

1993年8月 2日 (月)

(株)銀鈴荘[斜里町]

会社更生法の適用申請

ホテル業の銀鈴荘(斜里郡斜里町ウトロ西111番地)は7月29日、釧路地裁網走支部に会社更生法の適用を申請、8月2日に財産保全命令が出て事実上倒産した。負債総額は約4億円。

平成4年6月から本格的営業を開始したが、観光ブームが一段落したことと後発業者であることが重なり、客足は低調で資金繰りが悪化、設備投資も負担となり支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/09/06
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)あさひ測量設計社[旭川市]

業績不振

測量設計のあさひ測量設計社(旭川市7条通20丁目)は6月18日と8月2日、北洋銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

原因は受注不振から新規事業に活路を求めたが失敗したため。地形の立体模型の製作などに力を注ぎ業況の回復を求めたが、依然として事業不振から抜けだせなかった。

東京商工リサーチ
1993/08/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)アイオ[札幌市]

放漫経営

鮮魚販売のアイオ(札幌市北区北32条西9丁目5番1号)は7月30日と8月2日、札銀札幌駅前支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

ロシアからの鮮魚の輸入を始めたが、取引は現金払いのため自己資金が不足し、市中金融を利用していたものの、輸入商品の品質に問題が発生、回収が予定どおりに進まず、資金繰りが悪化して行き詰まった。

東京商工リサーチ
1993/08/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)三和製作所[札幌市]

放漫経営

建築金物製作・板金の三和製作所(札幌市白石区北郷2368番地5)は7月30日と8月2日、北門信金北三十五条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

営業間もないため資金繰りは多忙、このため市中金融を利用するなど悪循環を繰り返し、資金面が悪化した。代表者は連絡を絶っているが、営業は続けている。

東京商工リサーチ
1993/08/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)邦商[札幌市]

放漫経営

不動産の邦商(札幌市中央区南2条東2丁目9番地)は6月30日と8月2日、拓銀札幌東支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

原因は最近手掛けた浄水器販売が不振に終わったため。製品を返却したが先方との話し合いがつかず資金の回収が遅れ、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/08/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)日研工業[函館市]

一回目不渡り

建設業の日研工業(函館市乃木町5番25号)は8月2日、函館商工信組十字街支店で1回目の不渡りを出し、経営悪化が表面化した。負債総額は約2億7000万円。

完工高の伸びに資金面が追いつかず操作は多忙であった。加えて地震の影響で施工中の建物が手直し工事となり、回収の遅れも重なって今度の事態となった。代表者は不渡り以後、連絡を絶っている。

東京商工リサーチ
1993/08/16
http://www.tsr-net.co.jp/

丸〆急行運輸(株)[稚内市]

赤字累積

一般区域貨物自動車運送の丸〆急行運輸(稚内市萩見5丁目7番8号)は7月28日と8月2日、稚内信金東支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

近時は同業他社との競合が激しく、赤字が累積し資金面は多忙であった。

東京商工リサーチ
1993/08/09
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)片川工業[札幌市]

赤字累積

建築業の片川工業(札幌市豊平区清田8条3丁目24番24号)は7月30日と8月2日、札幌信金清田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億8000万円。

値引き工事が多く、外注工事も増加して赤字が増大、資金繰りに行き詰まった。

東京商工リサーチ
1993/08/09
http://www.tsr-net.co.jp/

井晃開発(株)[札幌市]

井晃開発が事実上倒産 不動産売買 負債総額は百億円

不動産売買、仲介、あっせんの井晃開発(本社・札幌市)は二日、二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。帝国データバンクと東京商工リサーチによると、負債総額は大半が金融債務で約百億円。今年最大で九○年五月に倒産した不動産売買の秀高(同・札幌)と並び、道内では過去八番目の規模となる。

同社は八六年に設立。八八年六月期決算では四億二千九百万円の売り上げだったが、バブル景気下の不動産投資ブームと地価高騰の追い風を受けて、札幌、函館、小樽など道内各地に事業を拡大。売上高は八九年が十九億二百万円、九○年八十九億七千七百万円と、急速に業績を伸ばした。

だが、バブル崩壊後は不動産売買の停滞により売上高が九一年三十八億円、九二年二十三億四千四百万円と急減、ノンバンクからの借り入れに依存していた土地購入資金の金利負担が重荷になっていた。このため石原プロモーションと共同で計画していた小樽の石原裕次郎記念館建設からも撤退。函館の旧茶屋邸を買収、高級マンションとして事業化する計画は、住民の反対で中止に追い込まれた。

北海道新聞夕刊
1993/08/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1993年7月 | トップページ | 1993年9月 »