« 1993年2月 | トップページ | 1993年4月 »

1993年3月

1993年3月31日 (水)

(有)湯峯工務店[江別市]

受注不振

建設業の湯峯工務店(江別市緑町東3丁目)は3月1日と31日、札幌中央信組豊平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3500万円。

原因は受注不振により資金繰りが悪化したため。クレーム工事などにより受注がストップ、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/05/10
http://www.tsr-net.co.jp/

札幌ハモンド(株)[札幌市]

業績不振

靴下卸の札幌ハモンド(札幌市中央区南10条西9丁目)は3月25日と31日、拓銀桑園支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

競合による売り上げの伸び悩みと収益低調から苦しい運営を余儀なくされていたところに、焦げ付き発生も重なり、資金難に陥った。

東京商工リサーチ
1993/04/26
http://www.tsr-net.co.jp/

ヨコタ工業(株)[札幌市]

放漫経営

配管工事のヨコタ工業(札幌市北区新川2条6丁目2番12号)は3月25日と31日、札銀新川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

最近、工事代金の未収発生もあり、資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
1993/04/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)恵庭自動車整備工場[恵庭市]

設備投資負担

自動車修理の恵庭自動車整備工場(恵庭市北柏木町3丁目)は3月5日と31日、千歳信組有明支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

原因は設備投資負担に売り上げ不振が重なったため。従業員の退職もあって売り上げは伸び悩み、借入金の返済に追われて資金繰りが悪化し、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/04/19
http://www.tsr-net.co.jp/

豊浦電設(株)[豊浦町]

放漫経営

電気工事の豊浦電設(虻田郡豊浦町字大岸98番地)は3月1日と31日、伊達信金豊浦支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

下請け主体から収益は妙味に欠け、加えて設備負担、未収金の発生などから資金繰りは悪化し、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/04/12
http://www.tsr-net.co.jp/

サカエ産業(株)[札幌市]

既往のシワ寄せ

建設業のサカエ産業(札幌市東区伏古9条1丁目1番3号)は3月5日と31日、室蘭信金札幌北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

原因は赤字工事による累積赤字内包のため。急激に資金繰りが悪化し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/04/12
http://www.tsr-net.co.jp/

十勝海陸輸送(株)[更別村]

放漫経営

運送の十勝海陸輸送(河西郡更別村字北1線55番10)は2月1日と3月31日、北見信金帯広南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

原因は売り上げ不振に設備投資負担が重なったため。1回目不渡り以後、関係先と善後策を協議していたが状況は好転せず、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/04/12
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)まるだいスポーツ[帯広市]

一回目不渡り

スポーツ用品小売のまるだいスポーツ(帯広市西2条南7丁目20番地)は3月31日、北陸銀行帯広支店ほかで1回目の不渡りを出し、経営悪化が表面化した。負債総額は約3億5000万円。

原因は売り上げ不振に加え、代表者の事業外への資金流出により資金難に陥ったため。最近は量販店の進出などで競合が激しく、この間市中金融の利用や融手操作などで急場をしのいでいたものの支え切れなかった。すでに店舗は閉鎖されて、営業は休止している。

東京商工リサーチ
1993/04/12
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年3月29日 (月)

(株)石狩興産[鶴居村]

放漫経営

生コン製造の石狩興産(阿寒郡鶴居村字雪裡原野北16線西15番地、登記上=旭川市末広4条6丁目206番地158)は2月8日と3月29日、士別信金旭川支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

設立当初から資金不足のため、市中金融を利用し切り抜けていたものの、取引先との不明朗な手形操作も聞かれ、資金繰りは逼迫していた。

東京商工リサーチ
1993/04/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年3月26日 (金)

(有)ノード[旭川市]

破産宣告(平成5年(フ)第70号)

(有)ノード(旭川市3条通8丁目1293番地2)は3月26日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は八重樫和裕弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は平成5年4月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年5月31日午前10時。

1993/04/20
旭川地方裁判所民事部

1993年3月23日 (火)

豊瀬木工(株)[旭川市]

既往のシワ寄せ

家具・建具製造の豊瀬木工(旭川市南7条通22丁目1975番地)は3月1日と23日、旭川信金南六条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

原因は大浅パネル製作所(平成3年9月倒産)に発生した不良債権が重荷になっていたため。以後、市中金融などの利用で繰り回してきたが、売り上げの回復はならず、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/04/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年3月17日 (水)

丹野開発興業(株)[羅臼町]

放漫経営

土木工事の丹野開発興業(目梨郡羅臼町礼文町234番地1)は3月15日と17日、根室信金羅臼支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億7000万円。

収益低調で資金繰りが多忙に推移していたところに、本業外への資金流出もあり、資金難に陥って今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/04/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年3月16日 (火)

(有)サンケン工業[苫小牧市]

受注不振

重機賃貸のサンケン工業(苫小牧市三光町2丁目20番19号)は10月15日と3月16日、千歳信組緑ケ丘支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

受注量は慢性的に不足がちで、加えて過年度の重機購入負担や土地取得に伴う資金の固定化を招き、資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
1993/04/05
http://www.tsr-net.co.jp/

名寄通運(株)[名寄市]

業績不振

運送の名寄通運(名寄市大通南6丁目)は3月16日、紋別信金名寄支店ほかで1回目の不渡りを出し、車両は引き揚げられ営業は停止し経営悪化が表面化した。負債総額は約3億円。

近年業績不振が続き、多額の赤字を抱えるなど多忙な資金操作が続いていた。

東京商工リサーチ
1993/04/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年3月12日 (金)

(有)守屋興産ワールドプランニング[函館市]

焦げ付きと保証債務発生

建築工事の守屋興産ワールドプランニング(函館市旭町7番7号)は3月8日と12日、道銀函館支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

平成4年10月、取引先の工務店が倒産して焦げ付きが発生、加えて同社に対する保証債務が重荷となり苦しい運営が続いていた。

東京商工リサーチ
1993/03/29
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年3月 9日 (火)

キシ・インターナショナル(株)[札幌市]

販売不振

事務機販売・リースのキシ・インターナショナル(札幌市東区北22条東1丁目365番地)は3月8日と9日、札銀札幌北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

平成4年に入り売り上げが急激に低下し、リース収入が主体になるなど苦戦を強いられ資金繰りが悪化、市中金融を利用して切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1993/03/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1993年3月 7日 (日)

功栄鋼業(株)[奈井江町]

破産宣告(平成5年(フ)第196号)

功栄鋼業(株)(空知郡奈井江町字東奈井江117番地11)は3月7日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐々木泉顕弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年4月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年5月21日午後3時。

1993/04/05
札幌地方裁判所民事第4部

1993年3月 5日 (金)

(株)札幌パリ[札幌市]

子会社の札幌パリも

イズヤパンの子会社でパン、菓子製造の札幌パリ(本社・札幌)は五日、札幌地裁に和議を申請、事実上倒産した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は十億円前後とみられる。

同社は資本金八千万円で、イズヤパンが昭和四十七年に設立した。従業員はパートを含め二百三十人。札幌市内と近郊に焼き立てパンや菓子を売る店を十数店展開している。

北海道新聞
1993/03/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)イズヤパン[帯広市]

イズヤパン倒産 大手道東進出で販売不振 負債32億円

【帯広】製パン業の道内大手、イズヤパン(本社・帯広)は五日、釧路地裁帯広支部に和議を申請し、事実上倒産した。同支部は同日午後、財産保全命令を出した。負債総額は三十二億円。同社は道東を中心に販売網を展開、昨年度は年商四十二億円で道内三位だったが、道内製パン会社の道東進出によりシェアが低下、経営不振に陥っていた。

同社は昭和二十七年創業。東京商工リサーチと帝国データバンクによると、五四年度に最高の年商五十七億円を上げたが、ロバパンやとんでん製菓が釧路など道東に進出し始めた昭和五十年代半ばから、シェアが低下。五十九年度以降は経常赤字が続き、昨年度の年商は四十二億円に落ち込んでいた。

このため平成二年、釧路、旭川工場を閉鎖。社員百人を合理化し二百五十人体制に縮小した。同三年には拓銀と日本製粉から役員を受け入れるなど再建に乗り出し、所有地の売却により危機を乗り越えようとしたが、バブル経済の崩壊で買い手がつかず、資金繰りが悪化した。同社は直営二十五店のほかスーパーなど五千店に販売網を持ち、道東では最大手。

北海道新聞
1993/03/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
【写真説明】5日に和議申請したイズヤパン=帯広市 掲載 1993/03/13

 

渡辺工業(有)[赤平市]

既往のシワ寄せ

製缶の渡辺工業(赤平市幌岡町140番地)は1月5日と3月5日、富良野信金赤平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

原因は設備投資の負担と累積赤字を内包していたため。関係筋の協力で営業は続行している。

東京商工リサーチ
1993/03/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)春光スーパー[旭川市]

販売不振

スーパー経営の春光スーパー(旭川市春光町六区2条4丁目228番地)は1月23日と3月5日、旭川信金末広支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

近年は同業者の競合と大型量販店の進出などにより業績は低迷し、打開策として外販に乗り出したものの、それに伴う経費の増加により資金繰りが悪化、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/03/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)前田ガレージ工建[旭川市]

既往のシワ寄せ

ガレージ工事の前田ガレージ工建(旭川市東旭川北2条5丁目4番13号)は3月1日と5日、旭川商工信組北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

創業時での赤字が重荷となり、資金面は多忙で推移してきた。2月28日、代表者は家族とともに所在不明となっている。

東京商工リサーチ
1993/03/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)カサ・インテリア[札幌市]

保証債務発生から

内装工事のカサ・インテリア(札幌市西区宮の沢2条5丁目368番地)は2月5日と3月5日、北洋銀発寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億5000万円。

婦人服販売のドニーズ(本社・東京)が平成3年12月に倒産、同社に対する保証債務が発生していたため、この資金手当てがつかず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/03/22
http://www.tsr-net.co.jp/

永和フーズ(株)[小樽市]

他社倒産の余波

総菜製造業の永和フーズ(小樽市奥沢4丁目22番23号)は2月1日と3月5日、

拓銀小樽駅前支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

原因は親会社栄研(東京)倒産に連鎖したため。収益面は低調で、親会社から借入をしていたが、3月4日に同社が倒産、この余波を受け急激に資金繰りが悪化し、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/03/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)広瀬商事[旭川市]

売り上げ不振

靴・履物卸の広瀬商事(旭川市2条通3丁目右5号)は2月22日と3月5日、遠軽信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

近時は同業他社との競合が激しく、加えて回収の遅延や貸し倒れの発生もあり資金面は多忙であった。

東京商工リサーチ
1993/03/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)高倉建設[函館市]

破産宣告(平成5年(フ)第1号)

(有)高倉建設(函館市美原3丁目44番7号)は3月5日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は藤原秀樹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成5年4月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年5月28日午前10時30分。

1993/04/09
函館地方裁判所

光洋建設(株)[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第149号)

光洋建設(株)(札幌市東区東苗穂8条3丁目9番21号)は3月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は上田勝啓弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年4月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年5月20日午後3時。

1993/03/24
札幌地方裁判所民事第4部

1993年3月 4日 (木)

豊輝建設工業(株)[石狩町]

生コン製造 豊輝建設工業が倒産、負債16億

東京商工リサーチ道支社が四日明らかにしたところによると、生コンクリート製造・骨材販売の豊輝建設工業(本社・石狩管内石狩町、資本金五千万円)は一日までに二回目の不渡りを出して事実上倒産した。負債総額は十六億四千万円。

同社は昭和四十九年の設立。平成元年三月期は三十五億八千三百万円の売り上げがあったが、同四年三月期には十九億四千九百四十万円に減少したうえ大口の不良債権を抱えており、経営が行き詰まった。

北海道新聞
1993/03/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1993年3月 3日 (水)

(有)大雄建設[函館市]

設備投資過大

産業廃棄物処理・土木工事の大雄建設(函館市庵原町103番地6)は3月1日と3日、北陸銀行五稜郭支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

機械・車両など積極的に設備投資を行い機動力を増強したが、平成4年に12月期は受注不振となり、資金面は設備投資負担も加わり余裕のない操作が続いていた。

東京商工リサーチ
1993/03/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)ジョイントワーク[札幌市]

破産宣告(平成5年(フ)第145号)

(有)ジョイントワーク(札幌市中央区北4条西17丁目1番地)は3月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は松村亮哉弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成5年4月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年5月11日午後3時。

1993/03/23
札幌地方裁判所民事第4部

1993年3月 1日 (月)

丸富士(株)富士建[札幌市]

負債76億円で事実上の倒産

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、生コン・セメント卸の丸富士株式会社富士建(本社・札幌市中央区南一東二)は、一日までに札幌地裁に特別清算手続きの開始を申請して事実上倒産し、同日、同地裁から財産保全命令を受けた。

負債総額は九二年三月期(前期)決算で七十六億円あり、同支店は「今期の負債は前期を上回る見通しで、今年の道内最大規模の倒産になりそうだ」としている。同社は七十三年に設立。生コンやセメント、土木資材の卸などで前期の年商は約三十九億円だった。四年ほど前から土地の取得やビル開発にも事業を拡大したが、バブル崩壊で行き詰まり、借入金も膨らんで急速に経営が悪化した。

一方、東京商工リサーチ道支社によると、負債総額は前期末で九十億円。

北海道新聞
1993/03/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

オリエント商事(株)[千歳市]

売り上げ不振

照明器具卸のオリエント商事(千歳市信濃3丁目31番10号)は2月1日と3月1日、道銀千歳支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

業績は低調で資金面は多忙であった。

東京商工リサーチ
1993/03/22
http://www.tsr-net.co.jp/

甲谷建設(株)[札幌市]

受注不振

土木建築の甲谷建設(札幌市豊平区月寒東2条16丁目11番23号)は2月5日と3月1日、北陸銀行豊平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億5000万円。

赤字工事から欠損を計上、苦戦を強いられていた。今期に入りじゅちゅうは低下して資金繰りが悪化し、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/03/22
http://www.tsr-net.co.jp/

淡路プリント(株)[札幌市]

設備投資過大

印刷業の淡路プリント(札幌市西区発寒15条1丁目2番6号)は2月26日と3月1日、札銀札幌南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億1000万円。

収益低調のため繰越欠損が解消できず、加えて平成2年8月に社屋を建設し、借入負担が増加して資金面を圧迫、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1993/03/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)いづみ屋精肉店[札幌市]

放漫経営

精肉卸小売のいづみ屋精肉店(札幌市豊平区西岡2条2丁目4番10号)は2月26日と3月1日、みちのく銀行札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億3000万円。

原因はマンション建設による借入負担と販売不振が重なったため。大半を借入金で賄ったことと赤字を内包していたことから苦しい資金操作が続いていた。

東京商工リサーチ
1993/03/08
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1993年2月 | トップページ | 1993年4月 »