« 1992年10月 | トップページ | 1992年12月 »

1992年11月

1992年11月30日 (月)

菱和機工(株)[札幌市]

販売不振

不動産の菱和機工(札幌市西区八軒6条東2丁目8番10号)は11月25日と30日、専和信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

不動産市況の低迷で業績が振るわず、江別市での土地分譲以後は目立った取り扱いはなくなり、休業同然の状況になっていたため、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)辻興業[札幌市]

業績不振

さく井工事の辻興業(札幌市東区中沼町71番地)は11月2日と30日、道央信金東苗穂支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

過去に発生した不良債権の後遺症から資金繰りに余裕がなく、不動産の処分などで切り抜けを図っていたものの支え切れず、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)松田工業所[札幌市]

業績不振

管工事の松田工業所(札幌市豊平区月寒東5条19丁目13番26号)は11月10日と30日、拓銀月寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3300万円。

原因は受注不振による赤字から資金難に陥ったため。建築業界の市況低迷もあって苦しい運営が続いていたため、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)三和エーコー[札幌市]

売掛金回収難

バッテリー液製造販売の三和エーコー(札幌市手稲区曙2条4丁目3番54号)は8月31日と11月30日、札銀手稲あけぼの支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

設立時に三和ハンソウの設備ほかを引き継ぎ、これをリースと長期支払手形で対処したこともあったところに、先の不良債権と業績不振が重なり、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

丸成共祐建設(株)[釧路町]

本業外に資金流出

建築工事の丸成共祐建設(釧路郡釧路町光和8丁目37番地)は11月24日と30日、釧路商工信組愛国支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億円。

下請主体から収益低調に加え、本業外への資金流出があって今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年11月27日 (金)

(有)エーワン[広島町]

販売不振

紳士・婦人衣料品小売のエーワン(札幌郡広島町白樺町2丁目7番地1)は11月25日と27日、道銀北広島支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

原因は出店による資金負担に加え、販売不振が加わったため。知己筋への保証債務もあって資金面は圧迫されていた。代表者はすでに所在を絶ち、店舗は閉鎖されている。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)魚心佐藤商店[函館市]

販売不振

鮮魚介類卸の魚心佐藤商店(函館市豊川町12番2号)は9月11日と11月27日、北洋銀函館支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億円。

原因は過年度の不良債権が重荷となっていたところに販売不振が加わったため。売上高はジリ貧で連続赤字を計上し、資金難から今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ジャパンオート[釧路市]

破産宣告(平成4年(フ)第66号)

(株)ジャパンオート(釧路市西港1丁目35番地の19)は11月27日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成5年1月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年2月15日午前10時30分。

1992/12/18
釧路地方裁判所

1992年11月26日 (木)

(有)オートハウスほしな[旭川市]

業績不振

中古車販売のオートハウスほしな(旭川市東鷹栖4条4丁目)は11月25日と26日、富良野信金永山支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3800万円。

景気低迷から売り上げも落ち込み、加えて展示場の立ち退きから現地に移転したものの立地条件に恵まれなかったこともあり、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)エーワントレーディング[札幌市]

他社倒産の余波

衣料品卸のエーワントレーディング(札幌市東区北23条東8丁目5番1号)は11月25日と26日、拓銀北広島支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

資金繰りは現代表が経営するエーワンが行っていたが、同社が倒産したため当社も連鎖して今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年11月25日 (水)

(有)カネ長上野商店[釧路市]

販売不振

米穀・燃料小売のカネ長上野商店(釧路市緑ヶ岡4丁目4番3号)は10月9日と11月24日、釧路信金武佐支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

原因は販売不振から行き詰まったため。大型量販店に押されてジリ貧をたどり、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)香雪ビル[札幌市]

他社倒産の余波

不動産の香雪ビル(札幌市中央区南29条西11丁目5番26号)は11月24日と25日、拓銀石山通支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

原因は不動産市況の低迷で業績不振だったことと、平成3年10月に倒産した山鼻建設工業の保証分が重荷となっていたため。資金繰りは余裕のない状況が続いていた。

東京商工リサーチ
1992/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)北幸工業[旭川市]

受注不振

住宅増改築・内装工事の北幸工業(旭川市8条通24丁目353番地101)は11月5日と25日、札銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1500万円。

原因は受注不振で資金難に陥ったため。恩借や市中金融の利用で切り抜けてきたものの支え切れず、代表者は所在を絶ち今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)興福産業[札幌市]

他社倒産の余波

贈答品小売の興福産業(札幌市豊平区美園1条3丁目1番3号、登記上=札幌市豊平区豊平4条9丁目2番11号)は11月20日と25日、道銀豊平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

原因は東栄産業札幌支社の倒産により貸手形が回収不能となったため。当社は任意整理とし、関係会社で債権債務を引き継ぎ営業することで取引先に支援を要請している。

東京商工リサーチ
1992/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

丸井三交建設(株)[札幌市]

他社倒産の余波

建築・土木工事の丸井三交建設(札幌市豊平区美園9条2丁目6番4号)は11月2日と25日、道銀南一条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7億円。

原因は先に倒産した青森の大成技研工業に連鎖したため。工事代金が未収になった上に前払手形を発行していたため、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)金谷商店[釧路市]

破産宣告(平成4年(フ)第64号)

(有)金谷商店(釧路市浪花町9丁目3番地)は11月25日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成4年12月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月18日午前11時30分。

1992/12/15
釧路地方裁判所

1992年11月24日 (火)

(有)クォーター[札幌市]

販売不振

広告業のクォーター(札幌市中央区北6条西15丁目3番7号)は11月20日と24日、北海信金札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

近年は売り上げが低下していたほか、リース・クレジットを利用した設備投資を行っていたため、これが重荷となり市中金融の利用で切り抜けていたものの支え切れず、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年11月22日 (日)

(株)小林鉄工所[様似町]

行き詰まる

船舶用エンジン・船外機販売修理の小林鉄工所(様似郡様似町本町1丁目14番地)は11月22日、代表者が家族とともに失跡し、営業続行不可能となり行き詰まりが表面化した。負債総額は約2億円。

従来の決算内容が相当粉飾されていたもようで、内情は不良債権の内包や高利資金の導入で苦しい経営であった。

東京商工リサーチ
1992/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年11月19日 (木)

(有)アイエムジー札幌[札幌市]

業績不振

中古車販売のアイエムジー札幌(札幌市東区北33条東9丁目6番3号)は11月17日と19日、北洋銀美香保支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

平成3年度以降売上高は大きく減少し、資金繰りは苦しい状態になっていた。このため、市中金融の利用で切り抜けを図ったものの支え切れず、今度の事態となった。代表者は所在不明となっている。

東京商工リサーチ
1992/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年11月13日 (金)

(株)マツイ商会[札幌市]

破産宣告(平成4年(フ)第818号)

(株)マツイ商会(札幌市北区北10条西3丁目3番地)は11月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は太田三夫弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年12月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月14日午後2時。

1992/12/07
札幌地方裁判所民事第4部

1992年11月12日 (木)

中央クレジット(株)[夕張市]

破産宣告(平成4年(フ)第56号)

中央クレジット(株)(夕張市本町3丁目63番地)は11月12日、札幌地裁岩見沢支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は原敦子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年12月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月18日午前11時30分。

1992/12/17
札幌地方裁判所岩見沢支部

1992年11月11日 (水)

(株)樫建[札幌市]

破産宣告(平成4年(フ)第763号)

(株)樫建(札幌市南区澄川1条4丁目7番13号)は11月11日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は原洋司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年12月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月25日午後4時。

1992/12/04
札幌地方裁判所民事第4部

サン商(株)[札幌市]

事務所閉鎖

事務機器販売のサン商(札幌市東区北17条東17丁目3番21号)は11月11日、札銀環状通東駅支店で1回目の不渡りを出し、事務所は閉鎖されている。負債総額は約4000万円。

原因は売上高のじり貧から採算割れし、資金難に陥っていたため。事後を弁護士に一任し、整理入りの意向を表明している。

東京商工リサーチ
1992/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年11月10日 (火)

ソフィア化粧品(株)[札幌市]

破産宣告(平成4年(フ)第803号)

ソフィア化粧品(株)(札幌市中央区南1条西9丁目4番1号)は11月10日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は舛田雅彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年12月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月12日午後3時30分。

1992/12/03
札幌地方裁判所民事第4部

1992年11月 9日 (月)

広文堂印刷(株)[札幌市]

他社倒産の余波

印刷・製本の広文堂印刷(札幌市中央区南10条西16丁目1430番地)は11月2日と9日、みちのく銀行札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

設備投資などは北海道紙工業材料の全面的支援を受け、同社に手形を振出していたため、同社の倒産により連鎖する形で今度の事態となった。営業は続行中。

東京商工リサーチ
1992/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)アスデック[旭川市]

日刊旭川新聞社に連鎖

印刷のアスデック(旭川市永山町1丁目121番地14)は1月2日と9日、札銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億円。

原因は日刊旭川新聞社に連鎖したため。日刊旭川新聞社の印刷を専門にしていたが、社屋取得などの設備負担が大きく多額の繰越欠損を抱え、資金面は弱体であった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年11月 6日 (金)

(株)東栄産業札幌支社[札幌市]

記念品卸の東栄産業札幌支社が倒産 負債額10億円

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、記念品、贈答品卸の東栄産業札幌支社(本社・札幌)が六日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は十億円の見込み。同社は東栄産業(本社・東京)から八二年に分離独立した法人。景気の後退から贈答品の需要が落ち込み、資金繰りが苦しくなり、焦げ付きも発生して行き詰まった。

北海道新聞
1992/11/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)時任ユニフォーム[函館市]

破産宣告(平成4年(フ)第197号)

(有)時任ユニフォーム(函館市時任町7番2号)は11月6日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は前田健三弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成4年12月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月22日午前10時。

1992/12/02
函館地方裁判所

1992年11月 5日 (木)

(株)ドラッグシオタ[札幌市]

破産宣告(平成4年(フ)第798号)

(株)ドラッグシオタ(札幌市中央区北11条西17丁目36番地)は11月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は浅水正弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年12月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月22日午後2時。

1992/12/01
札幌地方裁判所民事第4部

(株)尾崎電気[札幌市]

販売不振

電気工事の尾崎電気(札幌市中央区南13条西9丁目1番26号)は10月12日と11月5日、道銀南一条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1500万円。

原因は業績不振で赤字が累積、資金難に陥ったため。支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)ハロースポーツ[室蘭市]

販売不振

スポーツ用品販売のハロースポーツ(室蘭市中島町3丁目36番10号)は10月5日と11月5日、室蘭信金東室蘭駅前支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

原因は販売不振から資金難に陥ったため。近時、収益面も妙味を欠き資金操作は多忙となり、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

創機工業(株)[札幌市]

販売不振

農機具製造販売の創機工業(札幌市東区本町2条6丁目1番28号)は10月5日と11月5日、道銀美香保支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

原因は業績不振から赤字を内包し、資金難に陥ったため。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ユーホーム[釧路町]

過小資本

建売住宅のユーホーム(釧路郡釧路町光和2丁目24番地1)は10月20日と11月5日、釧路商工信組緑ヶ岡支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

原因は急速な事業拡大に資金需要が追いつかなかったため。当初から資金的余裕が乏しく、常時その操作は多忙で支え切れなかった。代表者は1回目の不渡りと前後して連絡を絶っている。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

五陵建設(株)[旭川市]

放漫経営

土木工事の五陵建設(旭川市神楽5条14丁目)は11月2日と5日、道銀神楽支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

原因は前代表者の事業意欲喪失と受注不振が重なったため。その後前代表者は失跡し経理面の把握ができず今度の事態となった。営業は続行している。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)泰斗プロム[札幌市]

回収不順

鉄骨工事の泰斗プロム(札幌市中央区北2条西13丁目1番地1)は10月5日と11月5日、北洋銀東月寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

原因は工事代金の回収ずれ込みから資金難に陥ったため。回収が約定どおりに進まず分割回収となったため、資金手当てが間に合わず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)渡辺砂利興業[門別町]

他社倒産の余波

砂利・砂採取販売の渡辺砂利興業(沙流郡門別町字緑町170番地1)は10月5日と11月5日、苫小牧信金富川支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億5000万円。

収益性は低調で、加えて販売先も弱小先が多く、焦げ付き発生が絶えず苦しい運営を余儀なくされていた。本年に入り6社に相次いで不良債権が発生し、急激に資金繰りが悪化、1回目の不渡り後ダンプなどは引き揚げられ休業状態であった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)アートプロセス[札幌市]

他社倒産の余波

写真製版のアートプロセス(札幌市西区発寒13条14丁目1079番地2)は11月2日と5日、札幌信金桑園支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

従来、資金面でのつながりが強かった主力仕入先の北海道紙工業材料が営業停止したことで、当社も今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)喜進堂印刷[札幌市]

他社倒産の余波

印刷の喜進堂印刷(札幌市東区北9条東10丁目1番)は11月2日と5日、札幌信金光星支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億5000万円。

主力仕入先での北海道紙工業材料からの支援で営業してきたが、同社が倒産したため、当社も連鎖する形で今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)日刊旭川新聞社[旭川市]

日刊旭川新聞が倒産

【旭川】旭川を中心に新聞を発行していた日刊旭川新聞(本社・旭川)は五日、二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。帝国データバンク旭川支店の調べでは負債総額は十一億円前後。

同社は昭和五十八年、広告業を目的に設立。五十九年四月から新聞発行を始め、今月一日の紙面を最後に休刊(公称三万部)している。創刊当時の負債のほか、支援を受けていた北海道紙工業材料(本社・札幌)が経営危機に陥り、資金不足を生じた。

北海道新聞
1992/11/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1992年11月 4日 (水)

大洋写真印刷(株)[苫小牧市]

他社倒産の余波

写真製版・各種印刷の大洋写真印刷(苫小牧市大町2丁目3番11号)は11月2日と4日、苫小牧信金本店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億1000万円。

過去数度の経営不振から、主力仕入先の北海道紙工業材料から債務棚上げなどの支援を受け切り抜けていたが、同社の不渡りで仕入れがストップしたこともあって資金繰りが悪化し連鎖した。営業は続行する見込み。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年11月 2日 (月)

(有)札幌中央配送サービス[札幌市]

本業外に資金流出

運送業の札幌中央配送サービス(札幌市北区拓北7条4丁目5番13号)は10月27日と11月2日、道央信金本店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

代表者個人でコンピューター商品の販売会社を設立、当社の資金を流用したほか、商品相場に手を出し失敗、穴埋めとして市中金融の利用で切り抜けを図ったものの支え切れず、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ダイホクハウス興業[札幌市]

受注不振

建築工事のダイホクハウス興業(札幌市豊平区清田7条3丁目1番21号)は8月31日と11月2日、札幌信金清田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

原因は資金力弱体のところに受注不振が重なったため。元請け工事の入金が順調とはいえず、受注も減少し支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)マルタカホッコー興産[函館市]

放漫経営

土木工事・重機賃貸のマルタカホッコー興産(函館市桔梗町548番地2)は10月5日と11月2日、北洋銀桔梗支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

活発な設備増強など急速な事業拡大に資金面が追いつかず、一部市中金融の利用で切り抜けてきたものの支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

廣島屋食品(株)[帯広市]

事業外に資金流出

仕出し弁当製造の廣島屋食品(帯広市西22条北1丁目1番地17)は10月26日と11月2日、道銀帯広支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

採算面は妙味を欠く状態が続いていたところへ、事業外への資金流出から今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)藤建設工業[帯広市]

設備投資過大

土木工事の藤建設工業(帯広市西17条北2丁目8番地4)は10月30日と11月2日、北見信金帯広支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

原因は無理な機械設備が重荷となり資金難に陥ったため。収益面は工事管理の甘さから赤字経営が続き、この間恩借、市中からの資金調達で切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

シンヨー印刷(株)[札幌市]

他社倒産の余波

印刷のシンヨー印刷(札幌市中央区南8条西10丁目)は8月31日と11月2日、札幌信金本店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

利益面は低調で資金繰りに余裕は乏しく、支援を受けていた北海道紙工業材料が経営に行き詰まり、仕入れがストップしたため、連鎖倒産した。

東京商工リサーチ
1992/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

北海道紙工業材料(株)[札幌市]

道紙工が経営悪化 焦げ付き拡大で不渡り 負債85億円

印刷用紙と印刷機械販売の北海道紙工業材料(本社・札幌)は二日、一回目の不渡りを出し、経営の行き詰まりが表面化した。紙市況の低迷による販売不振や債権の焦げ付きなどが重なったためで、社長は同日、「商法による整理か破産のいずれかの形でけじめをつけたい」と述べ、現在の会社を存続させて行くことが困難な見通しを明らかにした。これまでのところ負債総額は八十五億円程度とされ、取引先への影響が懸念される。

同社は、戦時中の北海道印刷材料統制組合が戦後になって衣替えした北海道印刷工業協同組合の物資部を、道内の印刷会社が出資し合って独立させ、一九四八年に株式会社として設立した。中小の印刷会社や出版会社などに印刷用紙と印刷機械を販売、特に紙販売では道内業界の上位だった。

しかし、昨年あたりから供給過剰による紙市況の低迷で売れ行きが伸び悩み、今年六月決算期の売上高は約七十五億円と前年実績を下回った。その後も減収傾向が続いた上、取引先の都合で売掛金の回収も滞りがちで、焦げ付きも拡大して資金繰りが悪化した。

北海道新聞
1992/11/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

北海道紙工業材料が倒産 負債総額100億円 大口の焦げ付き響く

印刷用紙・印刷機械販売の北海道紙工業材料(本社・札幌、資本金七千四百七十万円)は九日、札幌地裁に自己破産を申請、事実上倒産した。負債総額は約百億円。道内関連の倒産では今年、上島建設に次いで二番目の大型倒産となる。

民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社によると、同社は一九四八年に道内の中小印刷業界が共同出資して設立した。今年六月期の売上高は七十五億三千八百万円で、道内業界では三位の企業だった。

販売先は道内千数百社に及ぶが、中小印刷出版業界が多く、これらに対する資金援助が多額に達し、資金繰りを圧迫。不良債権も抱えて苦しい経営状況が続いていた。

さらに、紙市況の低迷で売り上げが伸び悩み、販売先の倒産などから今年に入って売り上げが急減。資金援助していた日刊旭川新聞の廃刊から大口の焦げ付きが発生した。その後、大口仕入れ先に支援要請してきたが不調に終わり、行き詰まった。同支社によると、倒産に関連して九日までに日刊旭川新聞をはじめ旭川、札幌、苫小牧の印刷会社合わせて五社が倒産、さらに経営悪化している企業が数社あり、連鎖倒産は当面十社を超える見込みだ。

北海道新聞
1992/11/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
【写真説明】倒産の波紋を広げる北海道紙工業材料本社 掲載 1992/11/10

 

水谷商事(株)[小樽市]

水谷商事が破産 負債総額12億円超す

民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社によると、不動産管理会社の水谷商事(本社・小樽、資本金二千万円)は二日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受け、倒産した。

負債総額は約十二億八千万円。同社は、昭和二十五年の創業。厳しい経営環境のなか売り上げが伸びず、九〇年に小樽市内に建設した賃貸マンションの金利負担も重なり、今年五月、道内菓子卸大手のオグラ(本社・札幌)に営業権を譲渡。六月にオグラ系列の新会社「ミズタニ」を業務と従業員を移して、現在は不動産管理だけの会社になっていた。

北海道新聞
1992/11/03
http://www.hokkaido-np-co.jp/

 

破産宣告(平成4年(フ)第94号)

水谷商事(株)(小樽市花園4丁目5番11号)は11月2日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は関口正雄弁護士(小樽市)。

債権届出の期間は平成5年1月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年2月4日午後3時。

1992/12/02
札幌地方裁判所小樽支部

(株)ジャパンリビングサービス[夕張市]

破産宣告(平成4年(フ)第57号)

(株)ジャパンリビングサービス(夕張市本町3丁目63番地)は11月2日、札幌地裁岩見沢支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は長田正寛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年12月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月18日午後2時30分。

1992/12/01
札幌地方裁判所岩見沢支部

中央観光サービス(株)[夕張市]

破産宣告(平成4年(フ)第55号)

中央観光サービス(株)(夕張市本町3丁目63番地)は11月2日、札幌地裁岩見沢支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は長田正寛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年12月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成5年1月18日午後1時30分。

1992/12/01
札幌地方裁判所岩見沢支部

« 1992年10月 | トップページ | 1992年12月 »