« 1992年6月 | トップページ | 1992年8月 »

1992年7月

1992年7月31日 (金)

(株)星野販売[札幌市]

破産宣告(平成4年(フ)第506号)

(株)星野販売(札幌市白石区川下4条2丁目3番12号)は7月31日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山口均弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年8月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年10月5日午後3時。

1992/08/12
札幌地方裁判所民事第4部

三綜ハウス(株)[帯広市]

放漫経営

建築工事の三綜ハウス(帯広市西2条南21丁目10番地2)は7月30日と31日、帯広信金南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

設計ミスによるクレームが多発し、工事代金の回収が未収となって資金難に拍車を加え、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/08/24
http://www.tsr-net.co.jp/

北光建設(株)[札幌市]

未収金が発生

土木工事の北光建設(札幌市東区北21条東15丁目5番)は7月4日と31日、道銀苗穂支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

原因は工事トラブルから未収金が発生、資金難に陥ったため。7月29日に債権者集会を開催、弁護士に整理を委任した。

東京商工リサーチ
1992/08/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)丸和[札幌市]

業績不振

内装工事の丸和(札幌市西区西野5条3丁目4番12号)は6月30日と7月31日、北海信金西野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

原因は受注不振に赤字工事が重なったため。管理のまずさから赤字工事が続いていた。

東京商工リサーチ
1992/08/17
http://www.tsr-net.co.jp/

三鱗水産(株)[函館市]

販売不振

水産物加工販売の三鱗水産(函館市金堀町1番10号)は7月27日と31日、北洋銀函館支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

原因は技術力の未熟に加え販売不振が続いたため。

東京商工リサーチ
1992/08/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)延命産業[恵庭市]

他社倒産の余波

骨材販売・運送の延命産業(恵庭市緑町40番地)は6月30日と7月31日、千歳信組恵庭支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億1000万円。

赤字受注を余儀なくされ資金面は余力を欠き、主力稼働先が倒産したことで今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/08/10
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年7月27日 (月)

高田林業(株)[苫小牧市]

業績不振から負債増加

シイタケ栽培の高田林業(苫小牧市永福町2丁目7番2号)は5月26日と7月27日、道銀苫小牧支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

売り上げの伸び悩みなどから債務過多を余儀なくされ、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/08/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年7月23日 (木)

(有)東野鑿泉工業[小樽市]

ボーリング道内大手 東野鑿泉工業が倒産

【小樽】道内ボーリング業界の大手、東野鑿泉工業(本社・小樽市、資本金一千万円)は、二十三日までに不渡りを出し事実上倒産した。東京商工リサーチ小樽支店によると、負債総額は約十億円。

同社は昭和五十四年の設立。リゾートブームに乗って温泉や井戸のさく井工事の需要増で順調に業績を伸ばし、平成三年八月期には六億二千八百万円の売り上げがあった。しかし、バブル経済の崩壊から大口受注が急激に減少し、不良債権の発生などで経営を圧迫した。同社は債権者の協力を得て、新会社として業務を続けていく意向だ。

北海道新聞
1992/07/24
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1992年7月21日 (火)

(有)薄田組[小樽市]

放漫経営

土木工事・運送業の薄田組(小樽市祝津2丁目348番地)は7月20日と21日、拓銀手宮支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

資金繰りは多忙で、慢性的な資金不足を手形操作などでしのいできたが、取引先の倒産もあって今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年7月20日 (月)

斉藤(株)[札幌市]

販売不振

事務用品販売の斉藤(札幌市中央区北3条西4丁目1番地)は7月20日、拓銀札幌駅北口支店で1回目の不渡りを出し、同日債権者会議を開催、整理入りを表明した。負債総額は約7000万円。

近年はジリ貧で減収となり、赤字を内包していたため今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)大高建設[様似町]

放漫経営

土木工事の大高建設(様似郡様似町港町1番地)は6月30日と7月20日、北洋銀浦河支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億円。

取引先の倒産で貸手形が回収できず資金繰りが悪化し、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年7月14日 (火)

(有)ニシムラ恵庭店[恵庭市]

放漫経営

菓子小売のニシムラ恵庭店(恵庭市泉町60番地)は7月13日と14日、千歳信組恵庭支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

原因は本業外に資金流出したため。今年に入り仕入先に対してジャンプ、恩借で切り抜けてきたものの支え切れなかった。代表者は消息を絶っている。

東京商工リサーチ
1992/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年7月 9日 (木)

広島建設運輸(株)[広島町]

広島建設運輸 事実上の倒産 負債約36億円

帝国データバンク札幌支店、東京商工リサーチ道支社によると、砂利・砂販売、運輸、土木工事の広島建設運輸(本社・石狩管内広島町、資本金三千五百万円)は十日までに二回目の不渡り手形を出して銀行取引停止となり、事実上倒産した。負債総額は約三十六億円。

同社は八四年、再建中だった同町内の会社の営業権を継承する形で設立された。その後、留萌管内幌延町に砂プラントを新設(九〇年)するなど、砂利・砂販売を中心に業績を拡大、昨年来、取引先に不良債権が多発し、九二年三月期の売上高は約二十八億円あったが、資金繰りが悪化していた。取引先が多岐にわたっていることから、他社への波及が懸念されている。

北海道新聞
1992/07/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1992年7月 7日 (火)

(有)進英工業[鵡川町]

業績不振

砂利・砂販売運搬の進英工業(勇払郡鵡川町福住3丁目21番地)は3月16日と7月7日、千歳信組鵡川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

資力弱体のところに市況悪化による採算割れもあって、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/08/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)カツミトレーディング[苫小牧市]

破産宣告(平成4年(フ)第71号)

(株)カツミトレーディング(苫小牧市表町5丁目1番10号)は7月7日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は岡田秀樹弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成4年8月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年9月8日午後3時。

1992/07/20
札幌地方裁判所室蘭支部

1992年7月 3日 (金)

能登山産業(株)[蘭越町]

破産宣告(平成4年(フ)第40号)

能登山産業(株)(磯谷郡蘭越町昆布町88番地1)は7月3日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は関口正雄弁護士(小樽市)。

債権届出の期間は平成4年9月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年9月25日午後3時。

1992/08/06
札幌地方裁判所小樽支部

1992年7月 1日 (水)

(株)大和産業[上磯町]

放漫経営

チップ製造の大和産業(上磯郡上磯町七重浜1丁目8番1号)は6月30日と7月1日、函館信金上磯支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約10億円。

原因は業績低迷に加え、資金流出が重なったため。系列企業の設備投資を当社振出しの手形で充当していたところ、その分の資金手当てがつかず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1992年6月 | トップページ | 1992年8月 »