« 1992年3月 | トップページ | 1992年5月 »

1992年4月

1992年4月30日 (木)

(株)新倉商産[浦幌町]

放漫経営

土木工事・芝生・原石販売の新倉商産(十勝郡浦幌町字共栄101番地)は3月31日と4月30日、帯広信金で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億3000万円。

ズサンな経営と欠損工事から資金難に陥り、この間一部融手操作、市中金融の利用で凌いできたものの支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1992/05/25
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ユー・アイ第一設計[札幌市]

2回目の不渡り

土地調査設計のユー・アイ第一設計(札幌市豊平区豊平3条3丁目)は3月18日と4月30日、不渡りを出し事実上倒産した。原因は売掛金回収難。負債総額は約3000万円。

東京商工リサーチ
1992/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)陶美堂[札幌市]

2回目の不渡り

茶道具・花器小売の陶美堂(札幌市豊平区豊平3条8丁目)は3月31日と4月30日、不渡りを出し事実上倒産した。原因は売掛金回収難。負債総額は約3000万円。

東京商工リサーチ
1992/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ハウジング吉岡工業[札幌市]

2回目の不渡り

建築工事のハウジング吉岡工業(札幌市北区新琴似12条2丁目)は4月27日と30日、不渡りを出し事実上倒産した。原因は既往のシワ寄せ。負債総額は約5000万円。

東京商工リサーチ
1992/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

千代田建設(株)[札幌市]

既往のシワ寄せ

建築工事の千代田建設(札幌市北区新川5条5丁目1番22号)は4月28日と30日、札幌信金幌北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

原因は販売不振による赤字累積のため。多額の累積欠損を抱えて資金繰りが悪化、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)かね美不二技建[札幌市]

売掛金回収難

建築工事のかね美不二技建(札幌市北区新琴似1条1丁目1番1号)は4月16日と30日、札銀新川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

紹介された店舗付住宅の建築に絡んで多額の未回収金が発生、以後急速に資金繰りが悪化し、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

商和産業(株)[帯広市]

放漫経営

贈答品販売の商和産業(帯広市大通南25丁目16番地)は4月27日と30日、道銀西五条支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

原因は採算を無視したダンピング販売で赤字を重ね、資金繰りが悪化したため。店舗は閉鎖され代表者も所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1992/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)和田技建工業[天塩町]

受注不振

建築・大工工事請負の和田技建工業(天塩郡天塩町字天塩町3669番地20)は4月28日と30日、道銀天塩支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

原因は受注不振から資金繰りが悪化したため。27日代表者が所在を絶ち今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年4月28日 (火)

(有)大豊商事[稚内市]

中古車販売の大豊商事(稚内市中央4丁目15番8号)は4月24日と28日、札銀稚内支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

原因は販売不振による資金ショートから。代表者は所在不明で、再建の見込みは乏しい状況になっている。

東京商工リサーチ
1992/06/01
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)マルゴ企画[池田町]

設備投資負担

医薬品・健康飲料水販売のマルゴ企画(中川郡池田町利別本町2番地6)は4月27日と28日、帯広信金駅前支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億円。

無理な店舗開設による資金の固定化と、宣伝費などの先行投資が負担となり、資金ショートした。

東京商工リサーチ
1992/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)北海道晃粋[札幌市]

既往のシワ寄せ

社員食堂経営の北海道晃粋(札幌市西区二十四軒4条4丁目1番15号)は4月27日と28日、札銀元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

食堂設備にリースを利用していたほか、寸借や市中金融の利用などで資金繰りを行っていたため。経費増を招くなど経営ぶりはズサンであった。

東京商工リサーチ
1992/05/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年4月27日 (月)

(株)邦實カンパニー[札幌市]

放漫経営

電気工事の邦實カンパニー(札幌市中央区北3条西20丁目11番地)は4月20日と27日、北洋銀宮の森支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7億5000万円。

平成元年ごろから不動産投資を手掛けたが、バブル崩壊による売れ残り物件もあって資金繰りは悪化、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/05/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年4月21日 (火)

(株)高林百貨店[稚内市]

高林百貨店負債16億円で倒産

【稚内】稚内市の老舗(しにせ)百貨店、高林百貨店(本社・稚内、資本金二千万円)は二十一日、自主廃業することを公示、債務整理手続きに入り事実上倒産した。民間の信用調査機関、帝国データバンク旭川支店と商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約十六億円。

同社は明治四十三年(一九一〇年)創業、昭和二十六年に法人改組した。稚内市唯一の百貨店として業績を伸ばし平成二年八月期には約二十億七千六百万円の売上高があった。しかし、その直後に道北最大手の西條百貨店(本社・名寄)が南稚内地区に進出したこともあって集客力が激減、三年八月期には十八億二千六百万円と大幅減に見舞われ、約四千万円の赤字を出していた。

また、今年四月には大手スーパー「ラルズ」(本社・札幌)と稚内農協Aコープ稚内店との複合店舗「ララプラザ」が南稚内地区にオープンし、業績悪化に追い打ちをかけた。

北海道新聞
1992/04/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1992年4月20日 (月)

富士金網製造(株)[帯広市]

帯広 富士金網が和議申請

【帯広】帯広の金網メーカー、富士金網製造(帯広市西二十四北一)は二十日、釧路地裁帯広支部に和議を申請した。同支部は同日、財産保全命令を出し、同社は事実上倒産した。東京商工リサーチ帯広支店によると、負債総額は約十二億四千万円。

同社は溶接用金網、落石防止網など建設資材用の金網を製造、平成三年度の年商は約十三億円。しかし、取引先の鉄商(本社・東京)が倒産、資金繰りが行き詰まった。

北海道新聞
1992/04/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)杢保商店[仁木町]

放漫経営

米・食料品小売の杢保商店(余市郡仁木町喜多町2丁目36番地)は4月20日、北洋銀余市支店で1回目の不渡りを出し同日店舗を閉鎖、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億1000万円。

不動産投機による資金流出、借入金の負担が資金面を圧迫し今度の事態となった。債権者から在庫を引き揚げられ、営業不能な状態に陥っていおり、整理入りするもようである。

東京商工リサーチ
1992/05/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年4月17日 (金)

(有)曲サ佐藤組土木工業[旭川市]

「曲サ佐藤組」が倒産 負債総額12億円

【旭川】東京商工リサーチ旭川支店によると、土木工事請負、砂利販売の旭川市忠和五ノ三、曲サ佐藤組土木工業(資本金一千三百万円)は十七日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は約十二億円。

同社は昭和四十四年の創業。平成三年三月期の完工高は十三億五千万円だったが下請け工事主体で収益性が上がらす、系列企業の砂利プラントに元年、四億円余り投資したことが経営を圧迫していた。

北海道新聞
1992/04/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1992年4月16日 (木)

(有)林物産[旭川市]

破産宣告(平成4年(フ)第51号)

(有)林物産(旭川市曙2条8丁目1番地の1)は4月16日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は杉山裕弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は平成4年5月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年6月24日午前10時。

1992/05/06
旭川地方裁判所民事部

1992年4月15日 (水)

(株)北海道文林堂[札幌市]

親会社に連鎖

書道用品販売の北海道文林堂(札幌市白石区南郷通7丁目北5番28号)は3月31日と4月15日、北洋銀白石本郷支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

原因は資金繰りに振出した手形の回収ができなかったため。親会社で主力仕入先の文林堂(広島)の支援を受けていたが、同社は4月18日に和議を申請、事実上倒産している。

東京商工リサーチ
1992/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

戸井建設工業(株)[喜茂別町]

既往のシワ寄せ

土木工事の戸井建設工業(虻田郡喜茂別町字鈴川6番地)は4月10日と15日、北海信金喜茂別支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は3億円を超える見込み。

収益低調で多額の赤字を内包し、苦しい経営を強いられていた。

東京商工リサーチ
1992/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年4月14日 (火)

(株)ホリオ商会[札幌市]

破産宣告(平成4年(フ)第224号)

(株)ホリオ商会(札幌市北区北11条西3丁目1番地1)は4月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は伊藤隆道弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年5月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年6月16日午後3時。

1992/04/30
札幌地方裁判所民事第4部

1992年4月13日 (月)

ランカ・インターナショナル[札幌市]

計画の失敗

宝石・貴金属販売のランカ・インターナショナル(札幌市豊平区西岡2条4丁目3番12号)は4月10日と13日、札幌信金山鼻支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億9600万円。

店舗設備と通信販売開始による経費が大きく、資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
1992/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年4月10日 (金)

(有)菅原工業[滝川市]

事業外に資金流出

コンクリート型枠工事の菅原工業(滝川市東町6丁目1番9号)は4月10日、道央信組本店で1回目の不渡りを出し、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億1000万円。

原因は事業外への資金流出と収益低調から資金繰りが悪化したため。代表者は所在不明で、機械類は引き揚げられており、整理入りの公算が大きい。

東京商工リサーチ
1992/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年4月 7日 (火)

翔拓技建(株)[帯広市]

放漫経営

舗装土木工事の翔拓技建(帯広市西20条南5丁目38番地7)は4月6日と7日、帯広信金駅前支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

下請中心で利益面は乏しく、加えて経理上の不手際もあったようで苦しい運営となり、今度の事態となった。代表者夫婦は所在不明となっている。

東京商工リサーチ
1992/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1992年4月 6日 (月)

(有)本間商会[苫小牧市]

既往のシワ寄せ

港湾荷役作業の本間商会(苫小牧市元中野町2丁目20番2号)は4月3日と6日、苫小牧信金中野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

近年はジリ貧で、この間昭和60年に苫小牧フードサービスの経営を引き受けたが失敗に終わり、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)テクノ[札幌市]

ズサンな管理から

建築請負のテクノ(札幌市中央区北6条西5丁目、登記上=札幌市手稲区稲穂4条2丁目89番地55)は3月31日と4月6日、北陸銀行苗穂支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

人件費を含めた諸経費がかかり過ぎていたため、人員整理などの合理化も逐次行ったものの、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

朝日工業(株)[札幌市]

マンション建設の朝日工業が倒産 負債額10億円

民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社によると、建設業の朝日工業(本社・札幌)は七日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は十億円。

同社は、賃貸マンションの一棟売りを主業務とする関連会社からの工事受注で業績を拡大し、九〇年十月期決算で十五億二千万円の売上高があった。ところが、不動産市況悪化のため、関連会社が札幌市内のマンション二棟を売却できず、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
1992/04/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1992年4月 3日 (金)

(有)ハウジング佐藤[旭川市]

破産宣告(平成4年(フ)第48号)

(有)ハウジング佐藤(旭川市東鷹栖東1条1丁目119番地72)は4月3日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は菅沼文雄弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は平成4年4月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年5月27日午前10時。

1992/04/17
旭川地方裁判所民事部

由崎木材工業(株)[弟子屈町]

横井林業に連鎖

製材業の由崎木材工業(川上郡弟子屈町字テシ4番地)は3月2日と4月3日、道銀釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4500万円。

原因は2月に倒産したカネヨ横井林業に大口不良債権が発生したため。

東京商工リサーチ
1992/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)日弘技建[浦河町]

破産宣告(平成4年(フ)第198号)

(有)日弘技建(浦河郡浦河町堺町東6丁目480番地の10)は4月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は岡田秀樹弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成4年5月6日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年6月5日午後3時。

1992/04/17
札幌地方裁判所民事第4部

1992年4月 2日 (木)

興隆建設(有)[帯広市]

他社倒産の余波

とび・土工工事の興隆建設(帯広市西7条南3丁目14番地)は3月31日と4月2日、十勝信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2500万円。

採算割れとズサンな経営から欠損を抱え、受注は回復せず3月に主力受注先の倒産に連鎖した。

東京商工リサーチ
1992/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)メリット[札幌市]

未収金発生から

土木建築資材販売のメリット(札幌市東区北27条東21丁目3番1号)は12月31日と4月2日、道銀元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5500万円。

原因は販売代金の回収が順調にいかず、赤字を内包し資金繰りが悪化したため。大口販売先であった出資先が離れ、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/04/13
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1992年3月 | トップページ | 1992年5月 »