« 1991年11月 | トップページ | 1992年1月 »

1991年12月

1991年12月31日 (火)

(有)前川興業[平取町]

資金ショート

運送業の前川興業(沙流郡平取町字振内町37番地3)は12月31日、苫小牧信金振内支店で1回目の不渡りを出し、行き詰まりが表面化した。負債総額は約7000万円。

原因は運転手不足に加え、過積載の規制強化から業績不振に陥ったため。不渡り後は車両を引き揚げられ営業の続行は不可能となった。

東京商工リサーチ
1992/02/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)アルナりくべつ[陸別町]

赤字累積

木製窓枠製造のアルナりくべつ(足寄郡陸別町字陸別分線4番地11)は12月2日と31日、帯広信金陸別支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約7000万円。

コスト高と人件費の上昇から採算ベースに乗らず、資金面を圧迫していた。

東京商工リサーチ
1992/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)長屋自動車工業[音更町]

音更陸送運輸に連鎖

自動車修理の長屋自動車工業(河東郡音更町木野大通東13丁目1番地22)は12月2日と31日、北洋銀木野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

原因は12月9日に和議申請した音更陸送運輸に連鎖したため。収益性は妙味なく多額の赤字を抱えていた。

東京商工リサーチ
1992/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)手稲自工[札幌市]

販売不振

自動車整備の手稲自工(札幌市西区発寒16条4丁目942番地)は12月31日、札幌信金発寒支店で不渡りを出した後、弁護士に一任し整理入りを通告、行き詰まりが表面化した。負債総額は約5000万円。

原因は販売不振から資金繰りが悪化したため。前期の売上高は大幅に落ち込み、今度の事態を招いた。

東京商工リサーチ
1992/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)道央[札幌市]

放漫経営

印刷業の道央(札幌市西区発寒1165番地452)は12月2日と31日、札幌中央信組北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

外注費の割合も高く収益面は低調で、加えて事業外への資金流出から今度の事態を招いた。

東京商工リサーチ
1992/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

大沢運輸(株)[苫前町]

業績不振

運送業の大沢運輸(苫前郡苫前町字古丹別173番地)は10月31日と12月31日、留萌信金古丹別支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約2億2000万円。

原因は売り上げ不振から赤字を抱えていたところへ、3年4月に倒産した吉田組の保証債務を抱え、資金繰り悪化に拍車がかかったため。

東京商工リサーチ
1992/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月26日 (木)

(株)北海物流[小樽市]

既往のシワ寄せ

運送業の北海物流(小樽市高島1丁目2番6号)は12月24日、札幌地裁小樽支部に和議を申請、26日保全命令が出され事実上倒産した。負債総額は約3億1000万円。

原因は既往の焦げ付きから資金繰りが悪化していたところに経費増、受注減が重なり資金圧迫したため。水産物の運送から近年は土木関係の受注も増加し積極的に増車していた。

東京商工リサーチ
1992/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ニッケイ地所[札幌市]

札幌 ニッケイ地所倒産 負債総額は70億円

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、不動産売買業のニッケイ地所(本社・札幌)は六日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は約七十億円に上る見込み。

同社は八一年設立。札幌圏や函館方面、仙台市などでビル、マンション用地などの転売を手掛け、九一年三月期には二十四億八千五百万円の売上高があった。しかし、不動産向け融資総量規制の影響などで、資金繰りが急速に悪化し行き詰まった。

北海道新聞
1992/01/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1991年12月25日 (水)

日本住宅機器(株)[札幌市]

破産宣告(平成3年(フ)第506号)

日本住宅機器(株)(札幌市白石区北郷3条11丁目10番20号)は12月25日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年2月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年3月9日午後3時。

1992/01/18
札幌地方裁判所民事第4部

1991年12月24日 (火)

(株)道食[札幌市]

焦げ付き発生

冷凍食品卸の道食(札幌市中央区北12条西20丁目37番地)は12月20日と24日、道銀中央市場支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約1億7000万円。

原因は収益性低調であったところへ、焦げ付きの発生が加わって資金繰りが悪化したため。

東京商工リサーチ
1992/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)輸入左[札幌市]

破産宣告(平成3年(フ)第509号)

(有)輸入左(札幌市中央区南5条西4丁目9番地5)は12月24日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣川清英弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年2月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年3月5日午後3時。

1992/01/18
札幌地方裁判所民事第4部

(株)山小柏木商店[函館市]

破産宣告(平成3年(フ)第156号)

(株)山小柏木商店(函館市湯川町2丁目20番15号)は12月24日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は室田則之弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成4年1月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年2月18日午前10時30分。

1992/01/17
函館地方裁判所

1991年12月20日 (金)

(有)鈴木商会[小樽市]

既往のシワ寄せ

砂利販売・運送の鈴木商会(小樽市末広町35番7号)は12月20日と1月7日、道銀小樽支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億1000万円。

平成元年に札幌市内の業者に大口の不良債権が発生して資金繰りが狂い、市中金融と恩借などで凌いできたが、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1992/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

北日本計測工業(株)[札幌市]

業績不振

計量機器販売の北日本計測工業(札幌市白石区菊水9条3丁目5番19号)は10月21日と12月20日、道央信金東札幌支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約1億7000万円。

近年は業績も低迷し、多額の赤字を抱え資金難に陥った。

東京商工リサーチ
1992/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月18日 (水)

(有)大和厨房[札幌市]

破産宣告(平成3年(フ)第497号)

(有)大和厨房(札幌郡広島町字西の里391番地31、登記簿上札幌市白石区菊水8条2丁目4番1号)は12月18日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大井相石弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年1月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年2月25日午後3時。

1992/01/13
札幌地方裁判所民事第4部

(株)大栄設備工業[札幌市]

破産宣告(平成3年(フ)第501号)

(株)大栄設備工業(札幌市豊平区月寒東3条16丁目6番32号)は12月18日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は鷹野正義弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年1月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年2月26日午後3時15分。

1992/01/13
札幌地方裁判所民事第4部

1991年12月17日 (火)

(有)くすりの川森[釧路市]

業績低迷

医薬品販売のくすりの川森(釧路市新富町9番25号)は12月11日と17日、釧路商工信組鉄北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

原因は業績低迷から。近年はジリ貧を辿り採算面は低調であった。代表者は1回目の不渡り前後から連絡を絶っている。

東京商工リサーチ
1992/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)カトー電商[苫小牧市]

業績不振

家庭電化製品卸のカトー電商(苫小牧市啓北町1丁目16番8号)は9月17日と12月17日、北洋銀苫小牧支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約1億円。

二次卸のため利幅が薄く売り上げも低迷し、1回目不渡り以後は看板を下ろし、10月以降は休業状態にあった。

東京商工リサーチ
1992/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

小倉漁業(株)[根室市]

破産宣告(平成3年(フ)第3号)

小倉漁業(株)(根室市岬町5丁目13番地)は12月17日、釧路地裁根室支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は福岡定吉弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成4年1月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年2月20日午後1時30分。

1992/01/13
釧路地方裁判所根室支部

1991年12月16日 (月)

ヤマト索道(株)[札幌市]

放漫経営

冷凍コンテナ販売・設置のヤマト索道(札幌市中央区大通西5丁目8番地)は12月5日と16日、拓銀本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約1億円。

3年夏から中国からの輸入品である麦飯石の道内独占販売権の獲得のための資金投入が裏目に出て、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1992/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

常陽産業(株)[札幌市]

放漫経営

建設資材販売の常陽産業(札幌市白石区東米里2194番地72)は9月30日と12月16日、道銀平岸支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

原因は10月に倒産した道南開発工業に対する貸手形が回収不能となったため。

東京商工リサーチ
1992/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月13日 (金)

北光建設(株)[旭川市]

放漫経営

土木建築工事の北光建設(旭川市永山10条4丁目118番地95)は12月2日と13日、北洋銀旭川東支店・遠軽信金永山支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約2億円。

原因は受注量の減少に加え、兼業の家庭用浄水器販売で大量の在庫を抱えたため。マルチまがい商法として消費者に突き上げられるなど、近時は官公庁の入札には参加していなかった。

東京商工リサーチ
1991/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月12日 (木)

(株)アークプロジェクト[札幌市]

焦げ付き発生

建設業のアークプロジェクト(札幌市中央区北5条西16丁目2番5号)は12月2日と12日、道銀花川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

不動産市況低迷の影響から受注が低下していたところへ、10月に入って不動産業者に多額の工事代金が焦げ付き、今度の事態を招いた。

東京商工リサーチ
1992/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月11日 (水)

(有)まこと商会[札幌市]

放漫経営

ビル清掃・内装工事のまこと商会(札幌市豊平区平岸2条7丁目2番7号)は12月9日と11日、北門信金白石支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約6000万円。

原因は貸手形が膨らんで焦げ付いたため。

東京商工リサーチ
1992/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月10日 (火)

(株)東商会[札幌市]

破産宣告(平成3年(フ)第472号)

(株)東商会(札幌市東区北25条東14丁目33番地3)は12月10日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は浅水正弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成4年1月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成4年2月18日午後3時。

1991/12/24
札幌地方裁判所民事第4部

(株)東邦エステート[札幌市]

回収遅延

不動産仲介・企画宣伝の東邦エステート(札幌市東区北24条東9丁目22番地2)は11月20日と12月10日、道銀北栄支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

今年に入り営業が一時停滞したこと、現社屋はこの取得不動産が負担となり、売掛金の回収遅れも加わって支え切れなかった。営業は続行する。

東京商工リサーチ
1991/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)村上組[小樽市]

販売不振

土木工事の村上組(小樽市若松1丁目8番3号)は12月2日と10日、拓銀小樽支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

原因は設備負担に加え、受注の減少から資金繰りが悪化したため。

東京商工リサーチ
1991/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

篠崎紙器工業(株)[札幌市]

赤字累積

紙器・塩ビ製品製作販売の篠崎紙器工業(札幌市豊平区豊平6条3丁目5番7号)は12月2日と10日、北陸銀行豊平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

原因は赤字累積に加え、借入金の負担から資金繰りが悪化したため。営業は続行する予定。

東京商工リサーチ
1991/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月 9日 (月)

(有)音更陸送運輸[音更町]

和議申請

運送業の音更陸送運輸(河東郡音更町木野大通東13丁目1番地)は12月2日、十勝信組北支店で1回目の不渡りを出した後、9日に釧路地裁帯広支部に和議を申請し、事実上倒産した。負債総額は3億円内外の見込み。

原因は収益面低調から資金繰りが悪化していたところへ、旭川方面の業者に多額の被害を受け資金難に拍車がかかったため。

東京商工リサーチ
1991/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)スギモトソイル[美唄市]

焦げ付き発生

ピートモス・肥料・樹木販売のスギモトソイル(美唄市字茶志内29番地)は12月2日と9日、北洋銀美唄支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約2億5000万円。

収益性が低く三期連続赤字が続いていたところへハナブサの倒産で焦げ付きの発生が加わり、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1991/12/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月 5日 (木)

釧路港運送(株)[釧路町]

既往のシワ寄せ

運送業の釧路港運送(釧路郡釧路町中央4丁目7番地)は9月30日と12月5日、釧路信金武佐支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7500万円。

原因は既往のシワ寄せから資金ショートしたもの。赤字経営から厳しい状況が続いていた。

東京商工リサーチ
1991/12/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月 4日 (水)

(株)共同保険センター[札幌市]

関連会社に連鎖

保険代理業の共同保険センター(札幌市中央区南16条西15丁目1番7号)は経営難に陥って事務所を閉鎖した。負債総額は約8000万円。

原因は多角経営の失敗による後遺症と関連会社のビー・パーク
の行き詰まりで保証債務を負ったため。

東京商工リサーチ
1991/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ビー・パーク[札幌市]

赤字累積

コンピューター機器販売のビー・パーク(札幌市中央区北5条西6丁目1番地)は事務所を閉鎖し、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億9000万円。

原因はダンピング販売から赤字が累積し、商品を引き揚げられたため。12月4日債権者会議を開催して善後策を協議したが、見るべく資産はなく整理入りとなる見込み。

東京商工リサーチ
1991/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年12月 3日 (火)

ハマノ自動車(株)[札幌市]

札幌 自動車販売会社倒産 重いつけ 10数人納車されず 被害総額4千万円「返金か車を…」

札幌市北区の自動車販売整備会社「ハマノ自動車」が今月初め、資金繰りの悪化で事実上倒産したあおりで、同社に新車の購入代金を支払ったのにまだ車の引き渡しを受けていない客が「金を返すか、車を渡してもらえるようにしてほしい」と札幌市消費者センターなどに駆け込んでいる。同センターなどによると、被害者は十数人に上り、被害額は一人平均約二百万円とみられている。

民間の信用調査機関などによると、同社は今月二、三日の両日、手形の不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は三億円の見込み。同社は昭和二十九年に設立され、当初は自動車整備を主体にしていたが、近年は自動車販売に力を入れ、ディーラーより安値との評判で、売り上げを伸ばしていたという。

被害者らがこれまでに連絡を取り合って調べたところでは、十数人が車の購入代金を支払ったにもかかわらず車の引き渡しを受けていないことが判明、被害総額は四千万円前後になる、としている。被害者の中には、代金全額を現金で支払った人のほか、頭金だけを支払い残金はクレジット会社とローン契約を結んだ人もいる。

被害者の一人は「私の場合、今年の春ごろに約二百万円の新車購入契約を結び、現金で支払った。納車が遅れていたので、何度か催促したが、結局車は届かず、お金をだまし取られた思いだ」と憤っている。

被害の全容はつかみ切れておらず、札幌市消費者センターは、被害者は中古車を購入した人を含めると、二十人を超えるのではないかと見ている。

被害者らは「被害者の会」を組織し、損害の回復に取り組む動きを見せている。被害者の中には弁護士に相談した人もおり、札幌弁護士会消費者保護委員会も支援を検討している。

同社は「都合により、当分の間休ませていただきます」との張り紙が張られ閉鎖されている。社長は同市内の病院に入院中で面会謝絶中。元社員の一人は「客をだますつもりはなかったが、会社の経営が苦しく結果的に迷惑をかけた。社員も夏のボーナスが支給されず苦しかった。客に被害を及ぼさないように協力したい」と話している。

北海道新聞
1991/12/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1991年12月 2日 (月)

カネタ一釧路運輸(株)[釧路市]

カネタ一釧路運輸 イワシ不漁で倒産

【釧路】釧路市内の水産運輸業・カネタ一釧路運輸(資本金一千万円)は三日までに、二回目の不渡りを出し事実上倒産した。負債総額は約五億円。

帝国データバンク釧路支店によると、同社は釧路市内では水産物輸送の中堅で、三年度決算では二億一千万円の売り上げがあったが、イワシの水揚げ減による収入減や、平成元年に同市内に建設した賃貸マンションの借入金の負担が加わったことで資金繰りが悪化した。

北海道新聞
1991/12/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

あぜくら(株)[札幌市]

札幌の呉服販売「あぜくら」が倒産 負債総額12億円

帝国データバンク札幌支店によると、京呉服販売のあぜくら(本社・札幌)は二日、札幌地裁から破産宣告を受けた。負債総額は十二億九千八十万円。

同社は八二年に設立され、京呉服のほか宝石・貴金属、毛皮などを販売し、九〇年九月決算では八億六千万円の売上高があった。しかし、昨年十一月から札幌市内に立て続けに五店舗を展開した結果、金利負担や広告宣伝費がかさみ、資金繰りに行き詰まった。

同社は十一月二十七日、札幌地裁に自己破産を申請し事実上倒産、二十九日から営業を停止している。

北海道新聞
1991/12/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1991年11月 | トップページ | 1992年1月 »