« (有)道都建装[釧路市] | トップページ | 北一電設(株)[札幌市] »

1991年8月 1日 (木)

村井産業(株)[留辺蘂町]

留辺蘂の村井産業倒産 関連4社含め会社整理 負債230億円

【留辺蘂】民間信用調査機関の帝国データバンクと東亜興信所(北見)によると、北見市と網走管内留辺蘂町に拠点を持つ「村井グループ」の中核、村井産業(資本金四億五千万円、本社・留辺蘂町温根湯)と木材関連の四社は一日、釧路地裁北見支部に商法三百八十一条に基づく会社整理を申請、二日に受理され事実上倒産した。

整理申請をしたのは村井産業と、村井合板、村井木材工業、美園林産(いずれも本社・北見)、北見パーケット(本社・留辺蘂)の計五社、負債総額は五社で約二百三十億円。年間売り上げは約百億円。従業員は計三百五十人。

村井産業は大正4年(一九一五年)創業。合板や製材の本業に加え、留辺蘂町温根湯の温根湯ホテル、温根湯ゴルフ場などリゾート関連にも進出。グループ企業は現在二十七社。ピーク時には二百七十億円の売り上げがあり、最近はソ連・サハリンでの合板や自動車整備工場の合弁計画を進めていた。

社長は五十一歳。一九八〇年には日本青年会議所(JC)副会頭を務め、同年にはソ連敵視を進め、冷静な日本の安全保障を説いた「東京発 北方脅威論」を出版して話題になった。

北海道新聞
1991/08/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

村井産業 再建を断念 関連四社 整理手続き続行

【留辺蘂】昨年八月に事実上倒産し、釧路地裁に会社整理の申し立てをしていた村井産業(本社・網走管内留辺蘂町)は十六日までに再建を断念、今月中にも同地裁に自己破産申し立てを行う方針を固めた。整理に入っている村井グループ木材関連四社については再建のため会社整理手続きを続行する。

同地裁北見支部が任命した検査役の報告によると、同社は負債総額百十六億七千万円に対し資産は三十一億円しかなく、再建資金の調達が難しいとされた。関連四社のうち、村井合板(北見)についてはテーオー小笠原(函館)との間で資金面などの提携により再建を目指す話が進んでいる。

村井社長はリゾート部門の留辺蘂町温根湯ホテル、温根湯ゴルフ場についても撤退、グループ解体の方向を明らかにしている。

北海道新聞
1992/01/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

釧路地裁 村井産業(留辺蘂)に破産宣告 負債総額は115億円

昨年八月に事実上倒産し、釧路地裁北見支部に自己破産の申し立てをしていた木材、ホテル経営の村井産業(本社・網走管内留辺蘂町)は三十一日、同地裁支部から破産宣告を受けた。

それによると、同社の負債総額は百十五億円余り。債権者は三月十日までに破産管財人に届け出しなければならない。

第一回債権者集会は四月二十日に北見経済センターで開かれる。

同社は昨年八月に会社整理の申し立てをしていたが、同地裁支部が任命した検査役の報告によると資産が三十一億円しかなく、再建資金の調達が難しいとして、一月二十八日に申し立てを取り下げたうえ、改めて自己破産を申し立てていた。

北海道新聞
1992/02/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (有)道都建装[釧路市] | トップページ | 北一電設(株)[札幌市] »

11 網走」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/35990509

この記事へのトラックバック一覧です: 村井産業(株)[留辺蘂町]:

« (有)道都建装[釧路市] | トップページ | 北一電設(株)[札幌市] »