« 1991年5月 | トップページ | 1991年7月 »

1991年6月

1991年6月25日 (火)

(有)北鎮メディカルサービス[旭川市]

業績不振

歯科医院設備賃貸の北鎮メディカルサービス(旭川市春光五区3条3丁目219番地)は6月3日と25日、旭川信金春光支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

歯科医師を雇い、歯科医院の経営を行っていたものの近時、歯科医師の確保が難しくなり、春先から休業状態となっていた。

東京商工リサーチ
1991/07/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)マルセイスーパー[北見市]

大手スーパーとの競合から

食料品販売のマルセイスーパー(北見市光西町188番地)は4月22日と6月25日、網走信金北進支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約6000万円。

原因は大手スーパーの進出などで客足が大幅に減り、加えて管理面の甘さから採算割れとなり資金繰りが圧迫されたため。

東京商工リサーチ
1991/07/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)鳳商会[札幌市]

放漫経営

菓子原材料卸の鳳商会(札幌市白石区栄通15丁目1番62号)は1月10日と6月25日、札幌中央信組南郷支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

原因は過小資本と取引先に焦げ付きが発生したため。融手が焦げ付き資金繰りが悪化、その後取引先の支援を受けながら営業を継続していた。

東京商工リサーチ
1991/07/08
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)上春別車輌整備工場[別海町]

設備投資負担と保証債務から

自動車整備・販売の上春別車輌整備工場(野付郡別海町上春別旭町22番地)は5月31日に根室信金中標津支店、6月25日に釧路商工信組中標津支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約1億7000万円。

原因は昭和58年8月、中標津に営業所を解説し事業拡大を図ったが、これが負担となり累積欠損を内包、加えて本年3月、保証債務が発生して支え切れなかった。代表者は家族とともに所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1991/07/08
http://www.tsr-net.co.jp/

大廣工業(株)[札幌市]

既往のシワ寄せ

土木工事の大廣工業(札幌市西区発寒6条7丁目573番地8)は6月18日と25日、専和信組発寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億200万円(2年3月期決算時)。

原因は既往の累積欠損を内包していたところに、経費負担などが重なり資金繰りが悪化したため。閑散期のい資金手当てができず、借入などで凌いでいたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1991/07/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年6月17日 (月)

アサヒバイオ(株)[札幌市]

美唄の進出企業 操業2年で倒産 アサヒバイオ

【美唄】美唄市内の空知中核工業団地に野菜粉末製造工場を進出させたアサヒバイオ(本社・札幌、資本金四千万円)が、このほど二回目の不渡り手形を出して銀行取引停止となり、操業二年で事実上倒産した。同団地には昭和六十二年以降、五社が進出したが、倒産は初めて。

同市と民間信用調査機関によると、負債総額は約八億円。投資額の割に業績が伸びなかったとみられる。従業員十九人の賃金は六月分が未払いのままで、社長の所在は分かっていない。

北海道新聞
1991/07/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1991年6月15日 (土)

小林産業(株)[余市町]

既往のシワ寄せ

建設資材卸の小林産業(余市郡余市町大川町5丁目63番地)は4月30日と6月15日、北海信金本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

原因は長期にわたる業績不振によりジリ貧を余儀なくされたため。ベテラン社員の退職もあって拍車をかけた。金融機関以外からの資金調達、仕入先への手形ジャンプ要請などで凌いでいたが、遂に支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1991/07/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年6月13日 (木)

(有)松田建設[釧路市]

低採算から

土木工事の松田建設(釧路市鶴野58番地1444)は5月10日と6月13日、釧路商工信組西港支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約3000万円。

原因は下請工事が主体のため低採算を余儀なくされ、資金面が圧迫されたため。

東京商工リサーチ
1991/07/01
http://www.tsr-net.co.jp/

道東開発産業(株)[音更町]

放漫経営

とび・土工工事の道東開発産業(河東郡音更町新通12丁目10番地8)は6月13日、帯広信金音更支店で2回目の不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

原因は前代表者の失跡など、放漫経営がたたったため。今後は完全整理の見込み。

東京商工リサーチ
1991/07/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年6月12日 (水)

(有)ケー・ティー・オム[帯広市]

放漫経営

紳士服小売のケー・ティー・オム(帯広市西2条南9丁目1番地ホシビル)は6月10日と12日、拓銀帯広支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

原因は放漫経営によるもので、派手な経営ぶりから資金面が圧迫されたため。

東京商工リサーチ
1991/06/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年6月10日 (月)

(株)御幸電子[旭川市]

御幸電子(旭川)が倒産 負債は約8億円

【旭川】旭川市内の家庭用電気機器卸売会社、御幸電子(資本金一千万円)は十日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は約八億円とみられる。

帝国データバンク旭川支店によると、同社は昭和三十八年に設立、家庭用電気機器の中間卸しを主力に電子部品も扱っていた。三年三月期には年商十二億七千三百万円をあげたが、収益面低調のほか、取引小売店の倒産で焦げ付きが多発し、信用不安を招いていた。

北海道新聞
1991/06/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1991年6月 6日 (木)

(株)鳴商[札幌市]

不動産不況から

不動産業の鳴商(札幌市中央区南1条西7丁目1番地3)は6月4日と6日、北洋銀美園支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約3億円。

原因は不動産不況から物件が動かず業績が低迷、繰越欠損もかかえ資金繰りが圧迫されたため。

東京商工リサーチ
1991/07/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年6月 5日 (水)

(株)ホクニチ[余市町]

業績不振

飼料販売・養豚のホクニチ(余市郡余市町黒川町10丁目3番地)は6月3日と5日、北洋銀余市支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億3500万円。

原因は昭和63年に倒産した阪神鶏卵に不良債権が発生したこと、養豚業に進出し豚舎を新築したが負担となったこと、豚価の大幅下落による採算割れなど。

東京商工リサーチ
1991/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

共同建設(株)[北見市]

大幅赤字から

建築・土木工事の共同建設(北見市東相内町524番地1)は5月7日と6月5日、札銀北見支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約2億2000万円。

原因は昭和63年度に大幅赤字を計上したことから資金繰りが悪化、仕入先に手形ジャンプを要請したものの不調に終わったため。資金管理担当の共同代表者が所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1991/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年6月 4日 (火)

(有)ボデイセンター[函館市]

破産宣告(平成3年(フ)第3号)

(有)ボデイセンター(函館市西桔梗町316番地の20)は6月4日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山本啓二弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成3年7月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成3年7月23日午前10時30分。

1991/06/20
函館地方裁判所

1991年6月 3日 (月)

(有)明星アルミ工業[芽室町]

ずさんな資金運用から

ガラス・サッシ工事の明星アルミ工業(河西郡芽室町東2条南1丁目1番地16)は5月30日と6月3日、道銀芽室支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約6000万円。

原因は旧債負担に加え、ずさんな資金運用がたたったため。当初から資金的には苦しく、ぎりぎりの資金運用を強いられていた。

東京商工リサーチ
1991/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1991年5月 | トップページ | 1991年7月 »