« 1991年1月 | トップページ | 1991年3月 »

1991年2月

1991年2月28日 (木)

(株)ハガックスコーポレーション[札幌市]

本道でスキー製造70年余「ハガ」倒産、負債22億円 輸入品攻勢、暖冬も響く

ハガスキーで知られ、七十余年の伝統を持つ道内スキーメーカーの最大手、ハガックス・コーポレーション(本社・札幌、資本金四千九百八十万円)が二十八日までに札幌地裁に和議を申請、事実上倒産した。負債総額は推定二十二億五千万円。本州の大手スポーツ用品販売店の本道進出に、ゴルフ用品卸など経営多角化で対抗するため、今年一月、長年の社名「ハガスキー」を変更、再出発したばかりだった。

帝国データバンク札幌支店と東京商工リサーチ札幌支店によると、同社は大正六年(一九一七年)後志管内倶知安町でスキー製造を開始。戦後の一時期には米国、スイスなどへもスキーを輸出し、世界的にも高い技術を評価され業績を伸ばした。

しかし、昭和四十年代に入り外国メーカーが日本へ輸出を始めて以来、国内市場で苦戦。その後の円高進行で輸出も不振に陥った。六十年代に入ると、東京の大手スポーツ販売店の進出で取引先の地場販売店が次々と倒産。売掛金の焦げ付きで借金が膨れ上がった。

このため、ここ数年はゴルフ、テニス用品卸を手がけるなど多角化を図り、今年一月には社名から「スキー」を外してイメージアップ、再出発を期した。しかし、今シーズンの暖冬で売り上げが落ち込み、資金繰りに詰まった。平成二年度の売り上げは十六億円(見込み)で、前年より一億五千万円の減。従業員は三十三人。

和議申請代理人によると、昨年二月期決算で、実際にはその一年間に推定五億円の赤字が出ていたのを黒字と記載するなどの「粉飾決算」があった、という。

道内のスキーメーカーは札幌オリンピック(昭和四十七年)の最盛期には三十五社以上あったが、ハガックス同様、外国メーカーや国内大手との競争に破れ、現在は七、八社が残るだけとなった。芳賀社長は「北海道のスキー“ハガ”の名前をなんとか残せるよう手段を尽くしたい」と再建への希望を託している。

北海道新聞
1991/03/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

きょう自己破産申請 ハガックス再建を断念

今年二月に和議を申請し、再建の道を探ってきた道内スキーメーカー最大手、「ハガックス・コーポレーション」(本社・札幌、資本金四千九百八十万円)は四日、再建を断念し、五日午前中に札幌地裁に自己破産を申請することを明らかにした。同社は「ハガスキー」で知られる道内スキーメーカーのしにせ。資金借り入れを保証してくれる提携先が見つからず、再建のための資金の手当ができなかった。負債総額は約十五億円の見込み。

同社は一九一七年、後志管内倶知安町で創業。最盛時には年間二十億円近い売り上げがあったが、スキー量販店の進出や輸入スキーのブランド攻勢に敗れて経営が行き詰まり、今年二月二十六日、札幌地裁に和議を申請していた。

再建策として(1)人員削減と在庫整理(2)本社ビル売却弁済や運転資金の借り入れの保証を得られる有力企業との提携―を目指してきたが、人員削減が進んだほかはいずれも難航。このため、自己破産申請を決めた。破産管財人には、札幌の弁護士、伊東孝氏が任命される見込み。

社長は「私の経営の失敗から、多くの方々にご迷惑をかけた。今後は管財人のもとで在庫整理のお手伝いをさせていただく」と話している。

北海道新聞
1991/06/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

メイショク企画(株)[札幌市]

業績不振

海産物・食肉販売のメイショク企画(札幌市豊平区美園9条6丁目3番14号)は1月31日と2月28日、北洋銀美園支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

業績不振から利益は伴わず、欠損を抱えていた。

東京商工リサーチ
1991/03/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年2月27日 (水)

(株)山輝[札幌市]

放漫経営

衣料品販売の山輝(札幌市北区新琴似7条15丁目5番8号)は2月27日、道銀麻生支店で2回目の不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5200万円。

原因は売り上げの伸び悩みから採算が伴わず、資金繰りが圧迫されたため。業績の低迷からかなりの累積欠損を抱えていたもよう。

東京商工リサーチ
1991/03/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年2月26日 (火)

(株)丸福馬場商事[函館市]

丸福馬場商事が倒産 須田食品の連鎖 負債総額5億円

【函館】民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両函館支店によると、函館市富岡二ノ六十ノ十八、水産珍味卸業、丸福馬場商事(資本金二千万円)は二十六日までに二回目の不渡りを出し、事実上倒産。負債総額は五億円前後の見込み。

同社は昭和四十九年設立、従業員数十三人。珍味卸売業では中堅。昭和六十一年には年商八億七千八百万円を計上したが、その後資金繰りが悪化したのに加え、二月十二日の水産加工会社、一井須田食品=渡島管内上磯町=の倒産で販路がなくなり行き詰まった。

北海道新聞
1991/02/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1991年2月20日 (水)

(株)早坂綜合設計[札幌市]

本業外への進出が裏目

建築設計の早坂綜合設計(札幌市白石区菊水6条2丁目1番34号)は2月18日と20日、小樽商工信組札幌西支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

原因は昨年から本業外の不動産売買に着手したが、支払い先行となり資金繰りが圧迫されたため。なお、営業は続行されている。

東京商工リサーチ
1991/03/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年2月18日 (月)

(株)北成水産[札幌市]

不良債権発生が響く

水産物卸の北成水産(札幌市中央区北13条西19丁目1番地3)は2月12日と18日、道銀中央市場支店・石狩中央信金札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

原因は業績不振と不良在庫の発生から資金繰りが圧迫されたため。

東京商工リサーチ
1991/03/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)山石 石山商店/岩内遠洋漁業生産組合/北栄水産(株)[岩内町]

岩内の山石石山倒産 系列2社含め負債15億円

【岩内】後志管内岩内町の水産加工、山石石山商店(本社・岩内町、資本金一千二百万円)は十八日、二回目の不渡り手形を出し、倒産した。

これに伴って、系列会社の岩内遠洋漁業生産組合、北栄水産(いずれも同町)も倒産、三社合計の負債総額は十五億六千万円の見込み。

帝国データバンク小樽支店、東京商工リサーチ小樽支店によると、石山商店は一八九七年(明治三十年)の創業でカズノコ、身欠きニシンを手掛ける岩内のしにせ水産加工会社。

もともと収益率が低かったうえ、昭和天皇の逝去に伴う自粛ムードでカズノコ売り上げが急激したのが打撃になり、過剰在庫から資金繰りを圧迫してきた。また、系列の岩内遠洋漁業への一億円を超える資金援助の負担を抱え、行き詰まった。

三社の従業員七十人は一月中に全員解雇された。各社の負債総額は石山商店六億六千万円、岩内遠洋漁業七億八千万円、北栄水産一億二千万円。

北海道新聞
1991/02/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1991年2月15日 (金)

風連製箸(株)[風連町]

会社整理

割箸製造の風連製箸(上川郡風連町大町10番地)は1月16日と2月15日、名寄信金風連支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円(うち金融債務1億300万円)。債権者会議の結果、整理に入った。

新工場建設による資金負担に加え、業績は輸入割箸に押されて減少傾向をたどり、資金面は圧迫されていた。

東京商工リサーチ
1991/03/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)白川建材興業[札幌市]

赤字累積

運送・土木工事の白川建材興業(札幌市白石区川下1条7丁目1番24号)は2月12日と15日、道銀北都支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

欠損を内包しての運営であったところに、昨年12月取引先に不良債権が発生し資金繰りが圧迫された。

東京商工リサーチ
1991/03/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年2月12日 (火)

(有)ニューテクノ[苫小牧市]

業績不振と設備過大

飲食店・肉小売のニューテクノ(苫小牧市双葉町2丁目2番7号)は1月25日と2月12日、室蘭信金苫小牧中央支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

63年9月「焼肉ハウスさるふつ」を開業、さらに肉の直販も併業したが、売り上げが当初の目算通りとはいかず、店舗設備などの負担も加わり支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1991/03/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ビッグヒット[札幌市]

過小資本から

店舗設計・施工のビッグヒット(札幌市中央区南10条西9丁目743番地15)は1月21日と2月12日、北洋銀山鼻支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

資金力が乏しかったうえ、完工増に伴い資金需要が活発となり、多忙な資金繰りを余儀なくされていた。1回目の不渡り後、現代表者が所在を絶ち今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1991/02/25
http://www.tsr-net.co.jp/

一井須田食品(株)[上磯町]

一井須田食品が倒産 負債14億円強

【上磯】民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両函館支店によると、渡島管内上磯町久根別三九ノ一、水産珍味加工業、一井須田食品(資本金三千万円)は十二日までに二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は十四億円強に上る見込み。

同社は昭和三十六年設立、従業員約六十人。イカ珍味を主体とした中堅水産加工会社で、昭和五十四年には年商十二億七千万円を計上したが、その後資金繰りが悪化、行き詰まった。

北海道新聞
1991/02/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1991年2月 7日 (木)

山三猿田産業(株)[三笠市]

破産宣告(平成3年(フ)第1号)

山三猿田産業(株)(三笠市幾春別町3丁目188番地)は2月7日、札幌地裁岩見沢支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成3年3月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成3年4月18日午後2時。

1991/03/02
札幌地方裁判所岩見沢支部

1991年2月 5日 (火)

(有)マルヒロ中川鮮魚店[釧路市]

販売不振から

鮮魚販売のマルヒロ中川鮮魚店(釧路市富士見2丁目3番1号)は12月10日と2月5日、釧路商工信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

近年売上高は低迷、資金面は多忙であった。

東京商工リサーチ
1991/03/04
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)良和[旭川市]

赤字累積に冬物不振が追い打ち

履物卸の良和(旭川市9条通19丁目)は1月7日に道銀旭川銀座通支店、2月5日に留萌信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約3億2400万円。

既往の赤字に加え、平成元年に入り業績は低迷し、特に暖冬の影響で冬物販売の不振が追い打ちとなり更に赤字が増加、資金面を支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1991/02/25
http://www.tsr-net.co.jp/

1991年2月 1日 (金)

コジマ自動車販売(株)[札幌市]

資金弱体から

中古車販売のコジマ自動車販売(札幌市厚別区厚別西2条4丁目1番)は1月31日と2月1日、札幌信金北都支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

従来から資金弱体のところ、急激な売り上げ増に伴い資金需要が盛んとなり、未収金の発生もあって資金が追いつかなかった。

東京商工リサーチ
1991/02/11
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1991年1月 | トップページ | 1991年3月 »