« (株)北海道石材興業[札幌市] | トップページ | (株)総和[札幌市] »

1990年7月26日 (木)

干場船具(株)[釧路市]

だ捕漁船事件で資金繰り悪化 船具会社が倒産−釧路

【釧路】船具・漁具卸の干場船具(本社・釧路)は二十六日、累積債務の返済めどが立たないことを理由に会社を任意整理することを決め、事実上倒産した。負債総額は推定約二億五千万円。同社は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)旗漁船だ捕事件に関連し、日本船団に日用雑貨や船具一式を卸していた。

同社は一九六九年に設立、サケ・マス北転船、巻き網漁業各社を取引先に漁船用の各種資材を販売してきた。本州への積極的な売り込みで年商二億九千万円ほどの売上高を維持。しかし、八八年に倒産した天洋漁業(石巻市)に四千万円近い焦げつきを生じ、漁業の低迷も重なって資金繰りが悪化。自転車操業を続け、六月中旬には一回目の不渡りを出し、厳しい状態が続いていた。

今回のだ捕事件関連では総額四千万円の船具類を卸し、半分の二千万円が売掛金として残っていたが、今月中旬、船団の窓口となった照宝漁業(釧路市)関係者が完済。それでも事実上、倒産したことについて社長は「六月初めに船団第一陣が釧路港に戻り、水揚げした代金で返済してもらえるはずだった。しかし事件が起きて、資金繰りに困った」と話している。

北海道新聞
1990/07/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (株)北海道石材興業[札幌市] | トップページ | (株)総和[札幌市] »

13 釧路」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/36304532

この記事へのトラックバック一覧です: 干場船具(株)[釧路市]:

« (株)北海道石材興業[札幌市] | トップページ | (株)総和[札幌市] »