« 1990年6月 | トップページ | 1990年8月 »

1990年7月

1990年7月31日 (火)

(株)浮橋産業[旭川市]

信用低下で大幅減商

建具製作の浮橋産業(旭川市東6条9丁目1番15号)は7月6日と31日、旭川商工信組新旭川支店で不渡りを出し、8月3日銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円(内金融債務2000万円)。

59年5月期に不良債権が発生し資金繰りを圧迫し一度不渡りを出し、以後信用低下で大幅減商となった。

東京商工リサーチ
1990/09/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)丸勝[旭川市]

保証債務響く

日用品雑貨・金物卸の丸勝(旭川市東光8条7丁目)は7月2日と31日、旭川信金東光東支店・拓銀旭川二条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約4500万円。

原因は業績不振から財務内容が弱まっていたところに保証債務が加わり、資金繰りが圧迫されたため。

東京商工リサーチ
1990/09/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)丸一石材[札幌市]

赤字が累積し資金破綻

石材卸の丸一石材(札幌市豊平区月寒東3条19丁目11番15号)は5月2日と7月31日、道央信金豊平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

多額の赤字を内包し、手形の依頼返却を要請するなど苦しい資金操作が続いていた。

東京商工リサーチ
1990/08/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)野口石材工業所[芦別市]

北海道石材興業に連鎖

石材加工の野口石材工業所(芦別市北1条東1丁目)は7月20日と31日、北門信金芦別支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。営業は続行する意向を表明している。負債総額は約7000万円。

原因は大口販売先である北海道石材興業に多額の不良債権が生じたため。

東京商工リサーチ
1990/08/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)三和建設工業[旭川市]

経営管理の甘さと受注減から

建築工事の三和建設工業(旭川市神居4条3丁目3番3号)は5月31日と7月31日、旭川信金神居支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。最悪時の負債総額は約1億8000万円。

管理の甘さから業績は低調に推移、今年に入り受注減も加わり大口仕入先に手形ジャンプを要請するなどして凌いできたが、支援が得られず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1990/08/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月30日 (月)

(株)釧路自販[釧路市]

業績不振

中古車販売の釧路自販(釧路市鶴野58番地1739)は7月30日、根室信金西港支店・道銀鳥取支店で不渡りを出し、代表者は所在を絶ち経営の手詰まりが表面化した。負債総額は約8000万円。

近年ディーラー系中古車の積極的販売で競争は激化し採算が大幅に悪化、このため代表者は失踪し、その後取引先から在庫車両を引き揚げられ、7月中旬頃から休業していた。

東京商工リサーチ
1990/08/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月26日 (木)

(有)滝本商店[旭川市]

同業他社との競合から

理美容機器販売の滝本商店(旭川市8条通17丁目左4号]は7月24日と26日、旭川商工信組四条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約5200万円。

同業他社との競合および得意先の減少から減収を余儀なくされたため。

東京商工リサーチ
1990/09/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)総和[札幌市]

競合から業績悪化

葬儀用品卸の総和(札幌市西区西野2条1丁目2番26号)は7月25日と26日、小樽信金西野支店で不渡りを出し、事実上倒産した。事務所は既に閉鎖されており、整理入りの模様。負債総額は約2000万円。

原因は同業者との競合から収益性が悪化するなど業績不振に陥り、営業続行が困難となったため。

東京商工リサーチ
1990/08/20
http://www.tsr-net.co.jp/

干場船具(株)[釧路市]

だ捕漁船事件で資金繰り悪化 船具会社が倒産−釧路

【釧路】船具・漁具卸の干場船具(本社・釧路)は二十六日、累積債務の返済めどが立たないことを理由に会社を任意整理することを決め、事実上倒産した。負債総額は推定約二億五千万円。同社は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)旗漁船だ捕事件に関連し、日本船団に日用雑貨や船具一式を卸していた。

同社は一九六九年に設立、サケ・マス北転船、巻き網漁業各社を取引先に漁船用の各種資材を販売してきた。本州への積極的な売り込みで年商二億九千万円ほどの売上高を維持。しかし、八八年に倒産した天洋漁業(石巻市)に四千万円近い焦げつきを生じ、漁業の低迷も重なって資金繰りが悪化。自転車操業を続け、六月中旬には一回目の不渡りを出し、厳しい状態が続いていた。

今回のだ捕事件関連では総額四千万円の船具類を卸し、半分の二千万円が売掛金として残っていたが、今月中旬、船団の窓口となった照宝漁業(釧路市)関係者が完済。それでも事実上、倒産したことについて社長は「六月初めに船団第一陣が釧路港に戻り、水揚げした代金で返済してもらえるはずだった。しかし事件が起きて、資金繰りに困った」と話している。

北海道新聞
1990/07/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1990年7月25日 (水)

(株)北海道石材興業[札幌市]

赤字が累積し資金難

石材販売の北海道石材興業(札幌市白石区東札幌2条6丁目4番8号)は7月2日と25日、北門信金札幌東支店ほかで不渡りを出し、事実上倒産した。整理入りの公算大。負債総額は約1億5000万円。

同業者間の競合は激しく収益面は低調で、累積赤字を内包し多忙な資金操作を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
1990/08/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月23日 (月)

(有)戸舘工務店[札幌市]

管理面の甘さから

建築工事の戸舘工務店(札幌市北区篠路町上篠路64番地48)は7月13日と23日、北門信金篠路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。

原因は経営管理の甘さから、不動産売買に絡み手形を振出した分が決済不能となったため。営業は続行中。

東京商工リサーチ
1990/08/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月20日 (金)

(株)織田施工管理事務所[札幌市]

破産宣告(平成2年(フ)第105号)

(株)織田施工管理事務所(札幌市北区北23条西3丁目19番地287)は7月20日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は林裕司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成2年9月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成2年10月12日午後1時30分。

1990/08/06
札幌地方裁判所民事第4部

(有)鴻永運輸[阿寒町]

業績不振

運送業の鴻永運輸(阿寒郡阿寒町10線55番地)は7月16日と20日、拓銀釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

本州方面での稼働が低調に終わり、資金繰りは多忙化、今期も売上高は低調で遂に支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1990/08/06
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月17日 (火)

(有)サニーマート[函館市]

設備投資負担から

スーパー経営のサニーマート(函館市湯浜町2番21号)は7月16日と17日、函館商工信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約1億3000万円。

58年6月にオープンした宇賀浦店が軌道に乗らず1年余りで閉鎖、更に元年春に出店した人見店の設備投資が重荷となり、資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
1990/07/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月10日 (火)

(株)奥村札幌店[札幌市]

役員の死亡響く

ネクタイ卸の奥村札幌店(札幌市中央区北2条東10丁目)は6月25日と7月10日、みちのく銀行札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約1億円。

経営の全般を把握していた専務が3月に入院、6月に死亡したことから資金繰りに狂いが生じたため。

東京商工リサーチ
1990/07/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月 5日 (木)

(株)東洋ホーム[室蘭市]

放漫経営から

建築工事の東洋ホーム(室蘭市高砂町1丁目44番9号)は7月2日と5日、室蘭商工信組イースト前支店・室蘭信金高砂支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約1億円。

原因は元来からの資力弱体に加え、当初より不明朗な資金操作、更にクレーム発生などが重なり資金繰りが圧迫されたため。

東京商工リサーチ
1990/07/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月 3日 (火)

ふじ北王工業(株)[札幌市]

資力弱体から

建築工事・建設機械リースのふじ北王工業(札幌市中央区北2条西27丁目222番地)は7月2日と3日、北門信金札幌東支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約1億3000万円。

設立当初から自己資本は乏しかったうえ、収益性も低調なことから資金操作は多忙に推移していた。最近は手形も乱発気味で、大口受注から資金需要も旺盛で、資金悪化に拍車がかかっていた。事務所は閉鎖され、代表者は所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1990/07/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1990年7月 2日 (月)

(株)泰建[札幌市]

手形乱発し破綻

土木工事・採石販売の泰建(札幌市北区篠路2条4丁目5番11号)は6月25日と7月2日、道央信金白楊支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約1億円。

原因は一部役員の手形乱発。

東京商工リサーチ
1990/07/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)本間工業[釧路町]

資金繰り圧迫

鉄骨工事の本間工業(釧路郡釧路町桂3丁目4番地)は6月26日と7月2日、釧路商工信組桂木支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約4000万円。

原因はずさんな経営振りから収益面は低調な結果を余儀なくされ、資金繰りが圧迫されたため。

東京商工リサーチ
1990/07/23
http://www.tsr-net.co.jp/

日幌輸送(有)[札幌市]

手詰まりが表面化

運送業の日幌輸送(札幌市白石区菊水元町6条1丁目10番1号)は7月2日、道央信金白石支店で不渡りを出し、代表者は所在を絶っている。負債総額は約3000万円。

当初の計画通りに売上は伸びず、結果的に設備過大となり多忙な資金操作を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
1990/07/23
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1990年6月 | トップページ | 1990年8月 »