« 1989年11月 | トップページ | 1990年1月 »

1989年12月

1989年12月28日 (木)

(株)八光家具工芸[旭川市]

旭川 八光家具工芸が倒産

【旭川】旭川市内の家具メーカー・八光家具工芸(資本金一千二百万円)は、五日までに二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、負債総額は三億二千万円程度。

同社は六十三年、約一億円をかけて本店と工場の移転を行ったが、この設備投資が経営を圧迫、経営者の病気もあり、昨年末から営業を中止していた。

北海道新聞
1990/01/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1989年12月20日 (水)

(有)神谷工務店[旭川市]

旧債響く

建築工事の神谷工務店(旭川市末広東1条1丁目)は12月11日と20日、道銀旭橋支店で不渡りを出し銀行取引停止処分となった。負債総額は約3000万円。

過去の倒産から旧債を抱え、資金力に乏しかった。

東京商工リサーチ
1990/02/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1989年12月18日 (月)

(有)福士興業[岩見沢市]

福住砂利工業に連鎖

運送業の福士興業(岩見沢市南町7条2丁目70番地)は12月15日と18日、空知信金四条支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約4800万円。

以前から過小資本であったところへ、12月8日に和議を申請して事実上倒産した福住砂利工業に多額の不良債権が生じ、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1990/01/15
http://www.tsr-net.co.jp/

1989年12月15日 (金)

札幌医療生活(協)[札幌市]

和議申請

病院経営の札幌医療生活協同組合(札幌市豊平区里塚324番地63)は12月15日、札幌地裁に和議法の適用を申請した。負債総額は約18億円。

ずさんな運営から経営危機を伝えられる「札幌台病院」の運営母体で、病院建設に際し12億円内外の融資を受けたものの、約定通り返済が行われないため、破産の申し立てが行われており、今回の和議申請は破産を避け再建へ向けたもの。

東京商工リサーチ
1989/12/25
http://www.tsr-net.co.jp/

1989年12月12日 (火)

福住砂利工業(株)[滝川市]

福住砂利工業が倒産 負債約20億円

【滝川】滝川市江部乙町一八二五、砂利採取販売業、福住砂利工業(資本金二千五百万円)が十二日までに札幌地裁滝川支部に和議を申請、事実上倒産した。

民間の信用調査機関・東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は最終的に二十億円前後に達する見込みで、空知管内では最大規模の倒産。申請代理人の宮西政信弁護士(滝川市)によると、同支部から既に財産の保全命令が出ている。

同社は社長が経営していた福住運輸の破産に伴って砂利採取部門を分離独立させ、昭和四十六年四月に創業。しかし再三、経営危機に見舞われ、今年初めに砂川市内の大口取引先が倒産、一億二千万円の不良債権を背負ったことが大きな痛手となって行き詰まった。従業員は三十人。滝川市や近隣市町の関係先への影響が懸念されている。

北海道新聞
1989/12/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1989年12月11日 (月)

(株)本別フードセンターニュー銀[本別町]

競合に敗れ売り上げ低下

食料品スーパーの本別フードセンターニュー銀(中川郡本別町北1丁目4番地10)は12月8日と11日、拓銀本別支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約3億5000万円。

近年は同業他社との競合が激しく、特に62年6月に管内最大手スーパーの進出により売り上げはダウン、店舗改築費などが重荷となっていた。

東京商工リサーチ
1989/12/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1989年12月 8日 (金)

(株)品田商店[浦河町]

破産宣告(平成元年(フ)第1号)

(株)品田商店(浦河郡浦河町大通3丁目18番地)は12月8日、札幌地裁浦河支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は壬生賢哉弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成2年1月16日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成2年2月15日午後1時。

1990/01/04
札幌地方裁判所浦河支部

 

強制和議認可(平成元年(フ)第1号)

本件につき、破産者の別紙和議条件をもってする本件強制和議を認可する。

1990/03/15
札幌地方裁判所浦河支部

« 1989年11月 | トップページ | 1990年1月 »