« 1988年10月 | トップページ | 1988年12月 »

1988年11月

1988年11月30日 (水)

浩登(株)[札幌市]

過小資本から資金ショート

建築工事の浩登(札幌市豊平区里塚492番地)は11月29日と30日、札幌中央信組北郷支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約2000万円。

害虫依存度の高い業者で収益面も低調なことから過小資本の域を脱せず、多忙な資金操作を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
1988/12/26
http://www.tsr-net.co.jp/

大洋電気工事(株)[室蘭市]

既往のしわ寄せと受注不振

電気工事の大洋電気工事(室蘭市寿町1丁目1番12号)は9月12日と11月30日、室蘭信金東町支店・拓銀輪西支店で不渡り事故を起こし、銀行取引停止処分となった。負債総額は約5000万円(内金融債務2500万円)。

市況の低迷もあって受注減少傾向となり、59年から60年にかけて発生した不良債権のしわ寄せもあって今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/12/12
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月28日 (月)

(株)北海道セコン[旭川市]

過小資本から資金破綻

システム販売の北海道セコン(旭川市曙1条8丁目3番地第二新東ビル)は10月17日と11月28日、旭川商工信組西支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。営業は続行している。負債総額は約5000万円。

電話交換システム販売を行い、札幌や釧路に営業所を設置するなど積極的な営業展開をしていたが、元々過小資本であったうえ回収金の遅延もあり、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1988/12/12
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月26日 (土)

(株)宇井建設[札幌市]

赤字工事から資金破綻

土木工事の宇井建設(札幌市東区北20条東16丁目1番9号)は11月25日と26日、拓銀光星支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約1億5000万円。

業容拡大を図った土木工事部門が不慣れなため赤字工事が多かったうえ、元々自己資本が弱体であったことから資金操作は多忙化していた。

東京商工リサーチ
1988/12/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月25日 (金)

(有)丸友アオキ商事[室蘭市]

業績不振と既往のしわ寄せ

仕出し業の丸友アオキ商事(室蘭市高砂町1丁目46番5号)は11月24日と25日、室蘭信金高砂支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約1億円。

原因は当地区の人口減少から業績不振に陥ったことと、58年まで手掛けていた薬の宅配部門の赤字の後遺症。

東京商工リサーチ
1988/12/26
http://www.tsr-net.co.jp/

昭和建築設備設計(株)[札幌市]

真狩羊蹄園疑惑から代表逮捕

建築設計・監理の昭和建築設備設計(札幌市中央区北3条西24丁目27番地)は11月25日、拓銀円山支店で不渡りを出し、経営の手詰まりが表面化した。

原因は代表者が「真狩羊蹄園」に絡んだ一連の疑惑から11月4日に逮捕され、資金繰りがつかなかったため。

東京商工リサーチ
1988/12/12
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月22日 (火)

(株)アイオ設計工房[札幌市]

業績不振から

店舗設計・内装工事のアイオ設計工房(札幌市中央区南5条西1丁目)は11月10日と22日、北洋相銀すすきの支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約2000万円。

62年度は受注不振に陥り資金操作は多忙化、このため本年4月20日に一度不渡りを出し、対外信用度は失墜したうえ、今期に入っても業績は好転せず、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/12/12
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月19日 (土)

(株)新保板金製作所[小樽市]

整理廃業

ストーブ製造の新保板金製作所(小樽市豊川町3番5号)は11月19日、事後を弁護士に一任し整理廃業を決定した。なお11月21日小樽商工信組手宮支店で不渡りを出した。負債総額は約8600万円(内金融債務7200万円)。

東京商工リサーチ
1988/12/19
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月15日 (火)

藤田建設総業(株)[札幌市]

過小資本と未収金発生

建築工事の藤田建設総業(札幌市東区北18条東17丁目3番30号)は11月5日と15日、拓銀美香保支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約6000万円。

諸経費の圧迫もあり収益面は低調で資金繰りに余裕はなく、他人資本依存度の高い状態を余儀なくされていた。更に最近未収金発生もあったことから遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1988/12/05
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月11日 (金)

帝国化工(株)[小樽市]

赤字経営で破綻

プラスチック製品製造の帝国化工(小樽市奥沢4丁目22番23号)は11月5日と11日、北陸銀行奥沢支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は4500万円。

収益面は低調で毎期欠損金を計上、累積欠損金を抱えて苦しい経営状態に陥り、遂に支え切れず今次事態となった。なお、代表者は不渡りと同時に所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1988/11/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)きめや[北見市]

破産宣告(昭和63年(フ)第19号)

(有)きめや(北見市美山町42番地の2)は11月11日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は荻原怜一弁護士(北見市)。

債権届出の期間は昭和63年12月26日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和64年1月25日午後1時30分。

1988/11/22
釧路地方裁判所北見支部

1988年11月10日 (木)

(有)丸谷表装店[旭川市]

破産宣告(昭和63年(フ)第71号)

(有)丸谷表装店(旭川市緑が丘1条4丁目3番地の25)は11月10日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は岡部博弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は昭和63年11月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和63年12月22日午後1時30分。

1988/11/22
旭川地方裁判所

1988年11月 8日 (火)

(株)ウイルホーム[札幌市]

回収が狂い資金ショート

建築工事のウイルホーム(札幌市白石区厚別中央1条2丁目13番20号)は7月28日と11月8日、協和銀行札幌支店で不渡り事故を起こし、銀行取引停止処分となった。営業は続行する。負債総額は約3000万円。

トラブルの発生などから欠損金を抱えていたところへ、工期の遅れから回収に狂いを生じ、資金ショートした。

東京商工リサーチ
1988/11/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月 5日 (土)

(株)北海道測量コンサルタント[札幌市]

業績不振から破綻

測量業の北海道測量コンサルタント(札幌市白石区北郷5条4丁目)は10月20日と11月5日、北陸銀行札幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約4000万円。

近年は受注が減少し業績不振に陥っていたうえ、62年に発生した多額の不良債権が尾を引いて資金操作は悪化、以後も業績は回復せず遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/11/21
http://www.tsr-net.co.jp/

開成建機(有)[旭川市]

業績不振から

建設機械リース・販売の開成建機(旭川市永山4条16丁目)は10月5日と11月5日、秋田銀行旭川支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約5500万円(内金融債務2500万円)。

当初から資力弱体で多忙な資金繰りを余儀なくされていたところへ、今期にはいいてからは売り上げ不振が続いて赤字が累積していた。

東京商工リサーチ
1988/11/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年11月 4日 (金)

北海道商事(株)[小樽市]

北海道商事が倒産 道内今年2番目の大型 負債21億円

【小樽】北海道通信電設(本社・小樽)の関連会社である北海道商事(本社・小樽、資本金四千二百万円)は四日午前、札幌地裁小樽支部に商法四百三十一条による特別清算を申し立て事実上、倒産した。

民間信用調査機関の帝国データバンク小樽支店によると、負債総額は二十一億円で、今年に入ってからは六月のマネジメントワーク(札幌)の二十二億円に次ぐ道内二番目の大型倒産。

同社は親会社でNTTの指名業者である北海道通信電設およびその下請け業者への電設資材納入と小樽国際ホテル、北海ホテルへの食料品の納入を主たる業務としていた。NTTの民営化に伴い通信事業関連グループ各社の受注が大幅に減り、五十八年に十九億六千二百万円あった売り上げも六十三年三月期決算で十二億円まで減少。欠損金を出した。

加えて、かねてから資金援助を続けてきた北海建設(本社・室蘭)が六十二年四月に倒産、約十三億円の焦げ付きが発生、取引金融機関の支援があったものの資金繰りは苦しくなっていた。なお、負債のうち銀行借り入れなど金融債務七億五千万円、一般債務約十三億円だが、一般債務のほとんどは社長をはじめとする経営者側からの借受金で一般の取引先の債権は少ない。

北海道新聞
1988/11/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1988年11月 1日 (火)

隆東電機(株)[函館市]

任意整理

電機・電動工具類販売の隆東電機(函館市西桔梗町589番地108)は10月31日、拓銀ききょう支店で1回目の不渡りを出し、11月1日当座解約を行い任意整理入りを決定した。負債総額は3億6400万円。

収益面は低調で欠損金を計上するなど業態は悪化の傾向で、主力取引先の支援を受け業容回復を図っていたが、遂に今回の措置に至った。

東京商工リサーチ
1988/11/07
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1988年10月 | トップページ | 1988年12月 »