« 1988年5月 | トップページ | 1988年7月 »

1988年6月

1988年6月30日 (木)

(株)テクノビジョン研究所[札幌市]

信用低下し不渡り

電子応用機器設計製作のテクノビジョン研究所(札幌市白石区厚別町下野幌31番地34)は6月30日、拓銀円山支店で1回目の不渡りを出し、経営の手詰まりが表面化した。負債総額は約2億円。

系列会社マネジメントワークが6月25日に和議を申請したため、当社の信用力も低下し、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)西島商店[帯広市]

ジリ貧を辿り倒産

教材・文具販売の西島商店(帯広市大通南6丁目2番地)は6月8日と30日、富士銀行帯広支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円。

営業基盤は軟弱であったうえ同業他社との競合から売り上げはジリ貧を辿り、資金繰りは多忙化し遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)マル裕宮崎建設[釧路市]

放漫経営で破綻

建築工事のマル裕宮崎建設(釧路市白樺台5丁目6番12号)は3月30日と6月30日、釧路信金桜ケ岡支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約1億5000万円。

従来から経理面の杜撰さが指摘され、最近は取引先の信用低下を招き、自己資金の弱体もあって今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/18
http://www.tsr-net.co.jp/

丸昇自動車興業(株)[釧路市]

融手操作とトラブル発生から

中古車販売の丸昇自動車興業(釧路市鳥取大通8丁目2番13号)は6月25日と30日、根室信金西港支店・釧路商工信組西港支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約1億円。

原因は、融手操作の破綻と重機売買に際してトラブルが発生したため。

東京商工リサーチ
1988/07/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)光電舎[函館市]

破産宣告(昭和62年(フ)第57号)

(株)光電舎(函館市北浜町8番12号)は6月30日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は菅原憲夫弁護士(函館市)。

債権届出の期間は昭和63年7月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和63年8月31日午後3時。

1988/07/16
函館地方裁判所

(株)徳山榮養食品[札幌市]

破産宣告(昭和63年(フ)第61号)

(株)徳山榮養食品(札幌市西区八軒9条西10丁目447番地25)は6月30日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小田勝弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和63年8月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和63年9月2日午後2時。

1988/07/16
札幌地方裁判所民事第4部

1988年6月27日 (月)

(有)弘陽工業[石狩町]

過小資本と放漫経営

鉄筋工事の弘陽工業(石狩郡石狩町花川北1条5丁目333番地)は6月16日と27日、札幌信金花川支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約1500万円。

元々過小資本で余力にかけていたうえ、貸手形もあった模様で、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/18
http://www.tsr-net.co.jp/

丸建工業(株)[釧路市]

放漫経営から借入金膨張

設備工事の丸建工業(釧路市春採4丁目27番31号)は6月25日と27日、釧路信金春採支店・厚岸信金西港支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約9000万円。

資金管理が甘く事業外への資金流出などで借入金が膨らみ苦しい資金操作を余儀なくされていた。更に冬期間、採算割れの工事を行ったことから、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1988/07/11
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月25日 (土)

エクセルホームセンター(株)[札幌市]

急激な拡大で失敗

建築工事のエクセルホームセンター(札幌市北区北37条西4丁目)は5月31日と6月25日、旭川信金栄町支店・北洋相銀美香保支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約1億1000万円。

資金力以上の工事拡大策をとったため、収支のバランスが崩れたのが原因。営業は手張り気味で終始サイトのズレもあり資金ショートした。

東京商工リサーチ
1988/07/11
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月21日 (火)

(株)エスピー警備センター[札幌市]

債務過多から

警備保障のエスピー警備センター(札幌市白石区本郷通6丁目北5番21号)は6月20日と21日、共同信組白石支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。すでに休業している。負債総額は約1500万円。

前代表者時代からの債務が思ったより多く、以後の資金繰りが狂い今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)マルケン山田組[札幌市](6年ぶり2回目)

和議再建ならず

土木工事のマルケン山田組(札幌市南区北ノ沢1727番地)は6月15日と21日、札幌信金川沿支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約6000万円。

57年9月に業績不振と大口焦げ付きから和議法の適用を申請、認可され再建に向かったが、その後は収益性も低調で苦しい資金操作を余儀なくされていた。このため61年から開始した和議債権の返済も思うにまかせず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月15日 (水)

(有)マル互三中井商店[釧路市]

売掛金の回収難から

酒類・食料品販売のマル互三中井商店(釧路市白金町4番13号)は1月20日と6月15日、釧路商工信組愛国支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は5000万円。

近年は業績はジリ貧を辿り、更に飲食店への売掛金が遅延気味となり資金面を圧迫し操作は多忙化、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/04
http://www.tsr-net.co.jp/

トキワ合板(株)[旭川市]

旭川 トキワ合板が倒産 負債総額は12億円

【旭川】合板製造のトキワ合板(本社・旭川、従業員百十三人)は十五日、旭川地裁に自己破産を申請、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ、帝国データバンク両旭川支店によると、負債総額は十二億円余にのぼる見込み。

今年に入ってから、阪神鶏卵の連鎖倒産となった札幌チクサン総合リース、安達兄弟商店に次ぐ道内三番目の倒産規模。

トキワ合板は昭和九年四月に設立され、道内では屈指の老舗(しにせ)合板メーカー。年間三百万平方メートルの生産能力を持ち、道産シナ材の合板製造が主力。ピーク時には十六億円の年間売上高があったが、安価な輸入合板の攻勢を受け、円高のあおりもあって六十年四月以降から連続して赤字に転落。六十二年四月期で累積欠損金は一億九千万円になった。

今年になってからも外材攻勢は変わらず、製品価格の低迷もあって、業況回復の見通しの立たない中で、倒産に追い込まれた。

北海道新聞
1988/06/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1988年6月14日 (火)

(株)札幌央都[札幌市]

転業に失敗し破綻

雑貨販売の札幌央都(札幌市豊平区平岸4条3丁目5番地)は6月13日と14日、道相銀平岸支店で不渡りを出し、事実上倒産した。店舗は閉鎖され、代表者は所在を絶っている。負債総額は約1億円。

当初中古車販売を主業としていたが休業、雑貨販売に転業したが、競合激化もあり安値販売による採算割れ、無計画な資金運用から今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月13日 (月)

(株)野付牛旅館[北見市]

売り上げ不振と過大設備

ビジネスホテルの野付牛旅館(北見市北1条東1丁目8番地)は6月6日と13日、道銀北見支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は3億5000万円。

54年1月にビジネスホテルに転換を図ったが、同業他社との競合が激しく低迷、更に設備投資が重荷となり資金面を圧迫、遂に資金手詰まりを起こし今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/04
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)小西建工[札幌市]

採算性低く借財かさむ

土木工事の小西建工(札幌市西区手稲山口434番地)は6月10日と13日、道相銀手稲あけぼの支店で不渡り事故を起こし、16日銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

自己資金の弱体に加え採算性が低く、恩借などで繰り回してきたが、回収遅れもあって今次事態となった。なお、近く債権者に協力を要請し、営業続行の意向。

東京商工リサーチ
1988/06/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月10日 (金)

(株)岩渕商会[札幌市]

解散後不渡り

宝石・貴金属販売の岩渕商会(札幌市豊平区月寒東4条7丁目8番18号)は5月10日と6月10日、道央信金白石支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分となった。負債総額は約1000万円。

売掛金回収難から資金繰りが悪化し、先行き見通しが立たなくなり、会社解散を決議し清算を進めていたが、一部手違いもあり不渡りを出した。

東京商工リサーチ
1988/06/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)三元[札幌市]

開店が遅れ資金繰り狂う

パチンコ店経営の三元(札幌市中央区南6条西3丁目)は4月30日と6月10日、拓銀薄野支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3億3000万円内外とみられる。

小樽市銭函でパチンコ店を建設し、当初63年1月の開店を計画していた。しかし完成が大幅に遅れて3月にズレ込んだため、その間予定外の出費がかさむなどで資金ショートした。

東京商工リサーチ
1988/06/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月 8日 (水)

(有)北海運輸[共和町]

放漫経営から倒産

自動車整備・ドライブイン経営の北海運輸(岩内郡共和町梨野舞納2番地106)は6月3日と8日、北洋相銀岩内支店・岩内信金本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5000万円。

業績はジリ貧を辿り、資金繰りは多忙化し市中金融の利用、融手操作を行うなど経営は放漫方に流れて遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/06/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月 7日 (火)

(株)丸い中山藤太郎商店[小樽市]

ジリ貧を辿り倒産

金物・荒物雑貨卸の丸い中山藤太郎商店(小樽市色内1丁目15番11号)は6月6日と7日、道銀小樽支店・拓銀小樽支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。弁護士と善後策を協議中。負債総額は約2億5000万円。

競合するスーパー、ホームセンターの台頭による小売店の不振が原因で業績はジリ貧を辿り、この間本社不動産の売却で債務の軽減化を図ったものの、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1988/06/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月 6日 (月)

長島建設(株)[旭川市]

業績不振に焦げ付き重なる

土木工事・砂利採取の長島建設(旭川市旭町2条14丁目297番地)は5月6日と6月6日、富良野信金旭川北支店・旭川信金本店で不渡りを出し、事実上倒産した。営業を停止しており整理入りの公算。負債総額は約4億円。

原因は業績不振から赤字経営に転落、多額の不良債権発生、経営面の杜撰、元請先の協力を絶たれたことなど。

東京商工リサーチ
1988/06/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月 2日 (木)

(有)三保電化センター[紋別市]

赤字経営で破綻

家電販売の三保電化センター(紋別市大山町2丁目50番地50)は4月1日と6月2日、紋別信金本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1200万円。

業績は低下の一途を辿り、収益性は悪化し赤字経営となり、遂に資金手詰まりを起こし今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/07/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)松新木材[札幌市]

売上減と旧債圧迫

木材・建材販売の松新木材(札幌市豊平区平岡3条3丁目85番地)は5月31日と6月2日、拓銀清田支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約5000万円。

昨今の住宅建設増大を反映し商品の確保が困難となり売り上げは減少し、旧債圧迫と資金調達力に欠けるため多忙操作を余儀なくされていた。このため新たな仕入先を確保すべく努力中であったが、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1988/06/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年6月 1日 (水)

(株)総合リホームサービス[札幌市]

放漫経営で破綻

建築工事の総合リホームサービス(札幌市東区北36条東23丁目)は5月31日と6月1日、拓銀栄町支店・札幌信金元町支店で不渡りを出し倒産した。負債総額は約9000万円。

自社開発による融雪機販売に取り組み、コマーシャルを流すなど宣伝に務めたが、暖冬で売れ残って大量の在庫を抱えたほか、事業外に資金が流出した。

東京商工リサーチ
1988/06/20
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1988年5月 | トップページ | 1988年7月 »