« 1988年1月 | トップページ | 1988年3月 »

1988年2月

1988年2月29日 (月)

熊谷ガラス建商(有)[旭川市]

焦げ付き発生から

ガラス工事の熊谷ガラス建商(旭川市末広2条9丁目)は2月1日と29日、北陸銀行四条支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約4000万円。

倒産した増子組(恵庭)に多額の不良債権が生じ、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1988/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)村井食品[名寄市]

設備投資過大から

食品製造の村井食品(名寄市字大橋7番地11)は2月29日、道銀名寄支店で不渡りを出し当座預金は強制解約され、事実上倒産した。代表者は2月27日から所在不明となっており、営業続行は不可能。負債総額は約1億2000万円。

自己資本過小なところに設備投資が相次ぎ、大半を銀行借入、リース契約で賄ったため、返済に追われる状態が続いていた。

東京商工リサーチ
1988/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

丸三三伸興業(有)[札幌市]

二回目の不渡り

重機賃貸の丸三三伸興業(札幌市南区石山2条2丁目)は12月31日と2月29日、札幌信金川沿支店で不渡り事故を起こし、銀行取引停止処分となった。負債総額は約3000万円。

設備投資が負担となっていたところへ、冬場の売上減少で資金ショートした。なお、営業は続行している。

東京商工リサーチ
1988/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

三英コーポレーション(株)[札幌市]

二回目の不渡り

食品・雑貨販売の三英コーポレーション(札幌市中央区南3条西12丁目)は2月25日と29日、道央信金中の島支店で不渡りを出し倒産した。負債総額は8000万円内外の見込み。

原因は放漫経営。関東、関西、中部から仕入れして手形を振出していたが、不渡り後は連絡が取れなくなっている。

東京商工リサーチ
1988/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年2月26日 (金)

丸日北日本企業(株)[札幌市]

ハウザー商会の関連

日用雑貨販売の丸日北日本企業(札幌市中央区北6条西19丁目)は2月26日、拓銀琴似支店で不渡りを出し、連絡が取れなくなっている。

関連企業のハウザー商会が摘発を受けた頃から連絡が取れなくなり、破綻が表面化した。

東京商工リサーチ
1988/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)グロリアール藤森[札幌市]

不渡りで整理入り

建築工事のグロリアール藤森(札幌市南区南33条西10丁目)は2月26日、道相銀藻岩支店・拓銀石山通支店で不渡りを出し、同日の債権者会議で整理入りを決めていた。負債総額は約7000万円。

既往の繰越欠損を抱えていたため資金繰りは苦しく、受注低迷もあり先行き見通し難から今回の措置となった。

東京商工リサーチ
1988/03/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年2月23日 (火)

東洋自動車振興(株)[札幌市]

設備過大と焦げ付きから

中古車販売の東洋自動車振興(札幌市白石区北郷4条2丁目1番1号)は2月22日と23日、協和銀行札幌支店で不渡りを出し倒産した。代表者はすでに所在を絶っている。負債総額は約6億円(内金融債務2億円)。

原因は、社屋新築など設備投資過大と不良債権の発生によるもの。

東京商工リサーチ
1988/03/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年2月18日 (木)

(株)丸智畠山建設[旭川市]

破産宣告(昭和63年(フ)第4号)

(株)丸智畠山建設(旭川市東旭川町下兵村174番地の1)は2月18日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は昭和63年3月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和63年4月18日午後1時30分。

1988/03/15
旭川地方裁判所

1988年2月15日 (月)

(株)キタイチ技建工業[札幌市]

採算性悪化から

外壁工事のキタイチ技建工業(札幌市豊平区平岸4条13丁目2番3号)は2月12日と15日、札幌中央信組平岸支店・道銀東札幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約5000万円。

競合が激しく採算面は低調なうえ、回収サイトの長期化で運転資金が不足、労務者不足で賃金が上昇したことも収益性悪化の要因となっていた。

東京商工リサーチ
1988/02/29
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年2月12日 (金)

ニチリン北海道販売(株)[札幌市]

特別清算開始(昭和63年(ヒ)第201号)

ニチリン北海道販売(株)(札幌市豊平区旭町2丁目1番6号)は2月12日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

1988/03/05
札幌地方裁判所民事第四部

1988年2月10日 (水)

飛田食品(株)[札幌市]

二回目の不渡り

製麺業の飛田食品(札幌市豊平区真栄205番地)は8月13日と2月10日、北洋相銀平岸支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

原因は、62年3月に自宅兼事務所を新築したものの、これが重荷となり資金操作が狂ったため。

東京商工リサーチ
1988/03/07
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)増子組[恵庭市]

不渡りで事務所閉鎖

建築工事の増子組(恵庭市相生町78番地)は2月10日、札幌信金恵庭支店で不渡りを出し事務所を閉鎖、代表者は所在を絶っており経営の行き詰まりが表面化した。負債総額は約7000万円。

業績不振により資金悪化に拍車がかかり、最近は市中金融の利用で凌いでいた模様で、遂に今事態となった。

東京商工リサーチ
1988/02/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年2月 9日 (火)

久末建設(株)[石狩町]

久末建設(石狩)が連鎖倒産 ハウザー商会取り込み詐欺 道内約30社が関連

【石狩】建設業の久末建設(本社・石狩管内石狩町)は十二日までに、二度目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は三億円。同社は今月八日、大がかりな取り込み事件で警視庁から摘発されたハウザー商会に連鎖し決済不能に陥ったもので、道内での同商会関連の倒産は、摘発後これが初めてとみられる。

久末建設は五十一年に設立され、六十二年三月期には一億一千万円余の完工高をあげていた。しかし、収益性が低く、苦しい経営が続いていたところを同商会を中心とする取り込み詐欺グループにつけ込まれ、昨年秋以降、手形の入手先として利用されていた。同商会では同建設の手形を乱発、住宅設備機器の仕入れなどを行っていたが、取引先の警戒感が強まる中で、今回の詐欺事件が発覚、決済不能となった。

帝国データバンク同支店によると、今回のハウザー商会に関連する道内企業は約三十社に上るとみられている。

北海道新聞
1988/02/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)山洋[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第158号)

(株)山洋(札幌市北区北35条西4丁目2番11号)は2月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山口均弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和63年3月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和63年4月12日午後3時。

1988/03/01
札幌地方裁判所民事第四部

1988年2月 5日 (金)

総合土木技研(株)[岩見沢市]

業績不振と焦げ付きから

土木・建築資材販売の総合土木技研(岩見沢市6条東10丁目21番地4)は1月30日と2月5日、道相銀岩見沢支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約2500万円。

62年12月に不良債権が発生したことから資金繰りは多忙化し、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/02/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ボイラークリニックサービス[釧路市]

二回目の不渡りで整理入り

管工事のボイラークリニックサービス(釧路市光陽町20番24号)は2月1日と5日、釧路信金愛国支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約1億円。

原因は、既往の焦げ付きの影響と収益性の悪化による。

東京商工リサーチ
1988/02/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)シービーエム[旭川市]

業績不振で

車輌販売のシービーエム(旭川市豊岡12条2丁目)は2月1日と5日、留萌信金旭川支店で不渡りを出し倒産した。負債総額は約1億1000万円(内金融債務4800万円)。

原因は、業績不振が続いて赤字が累積した事と、不明瞭な経理内容から取引先の支援が断たれたこと。

東京商工リサーチ
1988/02/22
http://www.tsr-net.co.jp/

サンワ・エーコー販売(株)[札幌市]

三和ハンソウの影響

自動車用品販売のサンワ・エーコー販売(事実上=札幌市東区東苗穂3条3丁目、登記上=札幌市東区丘珠町755番地)は2月1日と5日、石狩中央信金菊水支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約1億円。

当社と一体化した運営を行っていた三和ハンソウが2月5日に倒産したことから、当社の資金繰りも続かなくなった。更に引き継いだエーコーの一部債務も重荷となっていた。

東京商工リサーチ
1988/02/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)黒岩建設[鵡川町]

放漫経営

土木工事の黒岩建設(勇払郡鵡川町字生田251番地)は12月30日と2月5日、苫小牧信金鵡川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億9040万円。

杜撰な資金計画から借入過多で金利負担増により資金面を圧迫したもの。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)三和ハンソウ[札幌市]

阪神総業の影響

包装資材・バッテリー液製造の三和ハンソウ(札幌市東区東苗穂3条3丁目1番31号)は2月1日と5日、北陸銀行苗穂支店・拓銀栄町支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約8億円。

系列会社阪神総業(大阪)が2月2日和議を申請し倒産したため、当社の信用も失墜し主力取引先も支援を打ち切り、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)河野営繕工業[苫小牧市]

二回目の不渡り

営繕・曳家工事の河野営繕工業(苫小牧市光洋町3丁目6番5号)は2月1日と5日、室蘭信金苫小牧支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約8000万円。

既往の焦げ付きが尾を引いて資金繰りが悪化したため。代表者は1月29日頃に家族と共に所在不明となっていた。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年2月 4日 (木)

(株)マルコ札幌[札幌市]

販売不振で倒産

衣料品販売のマルコ札幌(札幌市豊平区豊平4条5丁目1番19号)は2月1日と4日、札幌信金澄川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円。

婦人矯正下着メーカーの販売店として、訪問販売方式で営業を行っていたが、最近は訪問販売に対して警戒心を強める風潮が広まり、事業不振に陥り資金面を圧迫、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/02/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)七戸重機[室蘭市]

不良債権発生で

重機賃貸の七戸重機(室蘭市元町16番3号)は2月1日と4日、室蘭信金中島支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1200万円。

受注量は低下し、業績は低迷していたところに、不良債権が発生し資金繰りに狂いが生じ、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/02/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1988年2月 2日 (火)

(株)アウトバーン[札幌市]

拡大策に失敗

中古車販売のアウトバーン(札幌市東区東苗穂6条1丁目18番1号)は2月1日と2日、札幌信金豊平支店ほかで不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約2億5000万円(内一般債務8000万円)。

2支店を開設するなど急激な拡大策に資金面が伴わなかったもの。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ニユージヤパン[室蘭市]

特別清算開始(昭和63年(ヒ)第1号)

(株)ニユージヤパン(室蘭市輪西町2丁目4番18号)は2月2日、札幌地裁室蘭支部から特別清算開始決定を受けた。

1988/03/05
札幌地方裁判所室蘭支部

1988年2月 1日 (月)

(有)愛山製作所[愛別町]

整理入りへ

合板製造の愛山製作所(上川郡愛別町愛山678番地)は1月27日、旭川信金愛別支店で1回目の不渡りを出し、2月1日債権者会議を開催し整理入りを決定した。負債総額は約1億円。

原因は、原料高の製品安で採算割れの状態から多額の累積欠損金を抱え、業容が極度に悪化し遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

フジ電業(株)[帯広市]

不渡りで破綻が表面化

防災設備・電気工事・消火器販売のフジ電業(帯広市東13条南4丁目1番地)は2月1日、帯広信金東支店で1回目の不渡りを出して代表者が連絡を絶ち、破綻が表面化した。負債総額は約1億円。

原因は、赤字累積と恩借などの借財がかさんだため。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)北綜販[札幌市]

過小資本から破綻

日用品・雑貨販売の北綜販(札幌市中央区北1条西21丁目札幌合同ビル)は1月30日と2月1日、道央信金円山支店で不渡りを出し倒産した。

当初から自己資本は弱体であったうえ、収益面も低調で、拡大策に資金がついて行かず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)カープラザメロス[札幌市]

放漫経営

自動車販売のカープラザメロス(札幌市中央区南30条西10丁目)は1月18日と2月1日、北洋相銀北郷支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約4500万円。

12月31日に倒産したカープラザアルト(札幌)に融手が焦げ付いたもの。なお営業は関係筋の協力を得て続行中である。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

島菱商事(株)[札幌市]

二回目の不渡り

計測機器販売の島菱商事(札幌市中央区北4条西13丁目ナムスビル)は1月30日と2月1日、拓銀札幌南支店・北門信金札幌支店で不渡りを出し倒産した。負債総額は約1億8000万円。

繰越欠損を抱え資金不足が慢性化して、取引先の支援が限界に達したため。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)板東自動車販売[苫小牧市]

二回目の不渡り

中古車販売の板東自動車販売(苫小牧市柏木町6丁目20番3号)は11月30日と2月1日、道銀糸井支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約9000万円。

採算性を度外視した販売もあって、多額の累積欠損を抱え不安定な運営となっていた。

東京商工リサーチ
1988/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1988年1月 | トップページ | 1988年3月 »