« 1987年10月 | トップページ | 1987年12月 »

1987年11月

1987年11月30日 (月)

(有)上山組建設[帯広市]

不渡り出し連絡絶つ

建築工事の上山組建設(帯広市西16条南4丁目55番地1)は11月30日、道銀西五条支店で一回目の不渡りを出し、代表者は金策に出たまま連絡を絶っている。負債総額は5000万円の見込み。

近年は同業者間の競合が激しく、採算性が悪化して累積欠損金を抱え、資金面は逼迫状態にあった。

東京商工リサーチ
1987/12/28
http://www.tsr-net.co.jp/

早坂商事(株)[札幌市]

計画の失敗

不動産業の早坂商事(札幌市中央区北3条東5丁目)は10月31日と11月30日、道相銀札幌西支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5000万円の見込み。

市内中央区円山に確保した造成済みの宅地約800坪が予定通りに売却できず、資金繰りに狂いを生じて今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

田家造船鉄工(株)[根室市]

受注不振から破綻

船舶建造・修理の田家造船鉄工(根室市千島町1丁目57番地)は10月31日と11月30日、根室信金本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円に達する見込み。

近年は漁業界の不振から減船を余儀なくされ受注量は大幅に落ち込み、この間不良債権の発生、債務保証等から資金繰りは多忙化の一途を辿り、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年11月25日 (水)

(株)カーポートスズキ[留萌市]

二回目の不渡り

車輌販売のカーポートスズキ(留萌市千鳥町1丁目4番地)は11月20日と25日、留萌信金本店および拓銀留萌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。代表者は所在を絶っており、営業も停止している。

元々過小資本であったことから在庫負担増が資金繰りを圧迫していたうえ、無理した売上確保に伴い採算性は悪化、市中金融に依存し切り抜けていたものの、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

広江建材(有)[芦別市]

行き詰まりが表面化

建材販売の広江建材(芦別市北1条西1丁目19番地)は11月25日、決済資金不足に陥り、27日在庫商品を引き揚げられ、行き詰まりが表面化した。負債総額は2500万円の見込み。

元来過小資本であったところに売上高の急伸に資金力が伴わず操作は多忙化した。更に関係筋の同意を得られないまま来春に向けての大型設備投資を計画するなど放漫もみられ、遂に決済資金に詰まり今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

アイゼントレーディング(株)[札幌市]

設備投資の過大で

飲食店経営のアイゼントレーディング(札幌市中央区南3条西4丁目)は11月24日と25日、道相銀札幌北支店・三和銀行札幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は約1億5000万円。

最近はクラブ、スナックを3店経営していたが、自己資金の弱体にもかかわらず、昭和61年には店を移転、更に62年に入ってから相次いで2店を新規開店するなど設備投資を続け、借財が膨らんでいた。

東京商工リサーチ
1987/12/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年11月24日 (火)

三栄印刷(株)[小樽市]

業績低迷から

印刷業の三栄印刷(小樽市富岡1丁目3番11号)は10月20日と11月24日、北海信金小樽支店・拓銀小樽支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外(内金融債務1300万円)の見込み。

業績面が悪化し、資金操作は悪化の一途を辿り、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)桜井金蔵商店[室蘭市]

二回目の不渡り

酒類・米穀・食品販売の桜井金蔵商店(室蘭市輪西町1丁目12番13号)は11月20日と24日、室蘭信金輪西支店・道銀輪西支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外(内金融債務3500万円)の見込み。

不良債権の発生や飲食店部門の不振もあって資金繰りが悪化し、市中金融を利用して凌いできたものの、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年11月21日 (土)

常磐木材(株)[芦別市]

芦別 常磐木材が倒産 負債は11億円

【芦別】帝国データバンク、東京商工リサーチの調べによると、芦別市の有力な地場企業、常磐木材(資本金一千万円)は二十一日、札幌地裁滝川支部に和議を申請、事実上倒産した。負債額約十一億円。工場はすでに十五日から操業を停止している。

同社はフローリング用、ピアノ用各単板製造、製材卸など年商十一億七千万円(六十一年九月期)、従業員六十人の老舗(しにせ)企業。昨年秋、愛知県小牧市の商品納入先が倒産し、一億九千万円の焦げつきが出たことと過大な設備投資が重荷になり、資金繰りに窮し、いき詰まった。

北海道新聞
1987/11/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年11月16日 (月)

(株)テイアンドワイ[札幌市]

資金ショート

婦人服卸売のテイアンドワイ(札幌市中央区南3条西12丁目326番地)は11月9日と16日、札幌中央信組本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2500万円内外の見込み。

市況低迷から業績不振だったうえ、知己筋に小切手類を貸したものの、決済不能に陥り資金ショートした。

東京商工リサーチ
1987/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)サン・オート[札幌市]

和議開始(昭和62年(コ)第6号)

(株)サン・オート(旧商号東札幌安全自動車工業(株)、札幌市白石区東札幌5条4丁目4番地)は11月16日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は坂本彰弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年12月26日まで、債権者集会の期日は昭和63年1月26日午後1時30分。

1987/11/28
札幌地方裁判所民事第四部

1987年11月14日 (土)

(株)エルムケミカル[札幌市]

業績低迷し破綻

化学薬品販売のエルムケミカル(札幌市西区前田4条10丁目7番10号)は10月16日と11月4日、札幌中央信組発寒支店・北洋相銀手稲前田支店ほかで不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外の見込み。

小規模経営の域を脱せず業績不振に陥り、元々資金力が弱かったうえ資金多忙化に拍車がかかり、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年11月10日 (火)

(株)帯広ホームセンター[帯広市]

業績低迷し破綻

塗装・営繕工事の帯広ホームセンター(登記上=帯広市西6条南16丁目、事実上=帯広市西17条北1丁目)は10月30日と11月10日、道相銀帯広南支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円の見込み。

元々自己資本は弱体で資金操作は多忙に推移していたところ、最近は業績面不振で、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/12/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年11月 9日 (月)

(株)北海油機[旭川市]

不良債権の発生と赤字累積から

機械工具販売の北海油機(旭川市4条通20丁目右5号)は10月5日と11月9日、旭川信金東支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外の見込み。

昭和60年12月から大口の焦げ付きが相次ぎ資金面を圧迫、このため取引先の支援を受ける一方、合理化を図ってきたものの収益低迷から赤字経営を余儀なくされ、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年11月 7日 (土)

(株)クボタ通商[札幌市]

二回目の不渡り

日用雑貨販売のクボタ通商(札幌市豊平区豊平1条13丁目)は12月5日と7日、道央信金東札幌支店で不渡りを出し倒産した。負債総額は約1億円が見込まれるが、さらに増加の公算もある。

日用雑貨、健康食品、洗剤ほかを扱い、9月以降は本州・九州方面から積極的に商品仕入を行い、不渡り前に店舗を閉鎖して連絡が取れなくなっていた。

東京商工リサーチ
1987/12/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)新晃[札幌市]

焦げ付きが尾を引く

とび土工工事の新晃(札幌市西区二十四軒3条2丁目6番17号)は10月13日と11月7日、道銀八軒支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

費用がかさみ資金面弱体であり、更に昭和61年、名古屋で不良債権が生じ、以後苦境に陥ったいたうえ、業績面も不振で遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

北南野性生物園(株)[七飯町]

大沼のスバルパークが倒産

【七飯】渡島管内七飯町東大沼一一五の動物園「大沼国定公園スバルパーク」を経営する北南野性生物園(本社・七飯町、資本金三千六百万円)は二十四日までに二度の不渡り手形を出し事実上倒産した。

民間調査機関の東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約三億八千万円。同社は六十年、東京の動物商らが中心となって設立、六万六千平方メートルの敷地に二百五十種六百頭・羽の動物を集めて開園したが、冬季の入場者減などで、資金繰りが悪化した。

同園は四日から冬季休業中で、リースの動物を除き八割を飼育中。「債権者から再建協力の約束を取り付けたので来年四月、営業を再開したい」(同社)としている。

北海道新聞
1987/11/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年11月 6日 (金)

(株)谷内機械[室蘭市]

業績低迷と代表者の事故死で

とび土工・重機賃貸の谷内機械(室蘭市中島町4丁目1番5号)は11月5日と6日、室蘭信金東室蘭支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円内外の見込み。

市況の低迷や同業他社との競合から受注量伸び悩みに加え、重機類の設備過大もあって資金繰りが逼迫していた。

東京商工リサーチ
1987/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年11月 5日 (木)

中澤建設工業(株)[千歳市]

手形乱発で破綻

建築工事の中澤建設工業(千歳市花園1丁目3番10号)は10月30日と11月5日、道相銀千歳富丘支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円内外の見込み。

自己資金軟弱であったうえ、買収した会社の旧債を引き継いでいたことが重荷となり資金繰りは多忙化。一時凌ぎに市中金融を利用、更に手形を乱発するなど資金繰りは悪化の一途を辿り、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

ペーテル販売(株)[札幌市]

業種転換後も売上伸びず

水処理装置販売のペーテル販売(札幌市白石区東札幌2条5丁目3番15号)は10月5日と11月5日、道銀豊平支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は8000万円内外の見込み。

当初は化粧品類の販売を行っていたが昭和61年夏頃からウォーターシステムの販売に切り替えたが売上は予定通り伸びず業績面は低調で、元々他人資本依存度の高い経営から、遂に今次事態に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1987/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)マルワワーク[札幌市]

焦げ付き相次ぎ資金ショート

建築資材販売のマルワワーク(札幌市東区東苗穂390番地10)は11月4日と5日、道相銀栄町支店・札幌信金栄町支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億5200万円内外(内金融債務8370万円)の見込み。

1986年以降、不良債権の発生が相次ぎ、更に同年11月に本社ビルを新築したことで、資金悪化に拍車がかかり、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)釧路排水工業[釧路市](2年ぶり2回目)

旧債重く再度倒産

管・土木工事の釧路排水工業(釧路市中園町1番9号)は9月30日と11月5日、拓銀鳥取支店・釧路信金鳥取支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

採算無視の受注と社屋への設備投資負担から昭和59年11月30日に和議を申請、その後現代表者が事業を継承し、一応回復基調にあったが、旧債返済の圧迫は重く、再度倒産したものである。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

アサヒ鋼建(株)[小樽市]

受注不振で破綻

アルミサッシ取付工事のアサヒ鋼建(小樽市オタモイ1丁目9番10号)は10月26日と11月5日、小樽信金長橋支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2000万円内外(内金融債務1500万円、一般債務500万円)の見込み。

近年は同業他社との競合が激しく、受注不振で低迷し、資金面も多忙化の様相を呈していたところへ、代表者の健康状態もすぐれず経営意欲も喪失、資金手詰まりを起こし今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)ベリービック[小樽市]

過年度の焦げ付きが響く

仕出し弁当のベリービック(小樽市桂岡町4番9号)は10月27日と11月5日、小樽商工信組銭函支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4500万円内外(一般債務1000万円、金融債務3500万円)の見込み。

当初は仕出し弁当と内装工事の二部門でスタート、しかし昭和61年1月に新美建に焦げ付きが発生、同部門から撤退したが、過年度の焦げ付きが尾を引き、資金面は自転車操業を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)ヨシダ金属工業[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第148号)

(有)ヨシダ金属工業(札幌市東区北34条東23丁目4番8号)は11月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山本行雄弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年12月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和63年1月19日午後2時。

1987/11/19
札幌地方裁判所民事第四部

1987年11月 4日 (水)

(株)新谷工務店[札幌市]

赤字累積し破綻

建築工事の新谷工務店(札幌市南区澄川5条6丁目2番33号)は10月31日と11月4日、北洋相銀澄川支店・札幌中央信組澄川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外(内金融債務7500万円)の見込み。

従来から収益面は低調で多忙な資金操作を余儀なくされ、昭和61年5月に一度不渡り事故を起こした。この時には大口仕入先がジャンプ要請に応じ最悪の事態は回避した。しかし累積欠損は減らず、入金のズレも生じたことから、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1987年10月 | トップページ | 1987年12月 »