« 1987年9月 | トップページ | 1987年11月 »

1987年10月

1987年10月31日 (土)

(有)光雄興業[帯広市]

二回目の不渡り

土木工事・土砂運搬の光雄興業(帯広市西18条北2丁目27番地3)は10月12日と31日、帯広信金西支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外の見込み。

収益面の低調から繰り回しの多忙を余儀なくされていたところ、第一化研工業所(帯広)の倒産で焦げ付きが発生したため今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)大安産業[札幌市]

回収ズレと不手際から

運送業の大安産業(札幌市豊平区月寒東1条17丁目1番15号)は10月3日と31日、道銀西岡支店で不渡りを出し、5日銀行取引停止処分となった。負債総額は4000万円内外の見込み。

今回入金の手違いおよび回収のズレ込み等が重なり今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)光明堂商産[帯広市]

旧債の重圧と業績不振

仏壇・仏具販売の光明堂商産(帯広市西5条南13丁目18番地)は6月1日と10月31日、帯広信金南支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

過去の倒産による旧債と業績不振から業容は悪化、資金繰りは多忙化し、一時凌ぎとして市中金融の導入で切り抜け策を図っていたが、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)エスパーデンキ[札幌市]

売上げジリ貧と代表者入院で

家電小売のエスパーデンキ(札幌市北区北31条西4丁目3番3号)は9月30日と10月31日、北海信金札幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外(内金融債務2500万円)の見込み。

近年は売上げジリ貧傾向を辿り、また在庫過多から資金繰りが苦しかったところへ、代表者が交通事故で入院したため、先行き見通しが立たなくなり、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)岡本工業[札幌市]

業績不振から

土木工事の岡本工業(札幌市豊平区月寒西1条9丁目16番39号)は10月30日と31日、札幌信金月寒支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は6000万円内外の見込み。

元々資金余力に欠けていたうえ、今期は春先から受注不振に陥り、当面の資金操作のため赤字工事も受注、更に機械類の設備投資負担もあり、資金悪化に拍車がかかり、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

酒井商事(株)[札幌市]

ジリ貧を辿り破綻

履物卸売の酒井商事(札幌市中央区南13条西8丁目561番地)は10月26日と31日、道銀創成支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

昭和59年夏頃に不動産を処分して債務の軽減化を図り、経営立て直しを行ったが、業績は更に悪化し、遂に今次事態に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

開成工業(株)[広島町]

焦げ付きが尾を引く

土木工事の開成工業(札幌郡広島町字大曲119番地47)は10月26日と31日、札幌信金北都支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

昭和61年6月に不良債権が生じ、資金面が悪化していた。更に重機類の設備投資負担も大きく、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)どん底チェーン[札幌市]

二回目の不渡り

飲食業のどん底チェーン(札幌市中央区南8条西21丁目)は10月30日と31日、拓銀薄野支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は恩借を含め2億円内外に達する見込み。

近年はススキノでスナックや居酒屋など6店を経営、しかし最近は不況の影響で客足が伸び悩み、特に9月に入ってから極端な売り上げ不振が続き、先行き見通し難から10月20日に残存店を閉鎖し、休業していた。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月27日 (火)

古川造園(株)[札幌市]

負債が膨らみ破綻

造園工事の古川造園(札幌市豊平区豊平3条3丁目2番25号)は10月16日と27日、北陸銀行豊平支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外の見込み。

昭和51年11月に倒産、休眠していた扶桑造園が60年12月に再開したもので、再開当初から資金面は弱体、借入金依存の資金操作が続いたうえ、回収ズレ込みもあり、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月24日 (土)

(株)マルイ丸藤[札幌市]

過小資本から

日用雑貨・衣料品販売のマルイ丸藤(札幌市西区八軒5条東4丁目5番52号)は10月20日と24日、北洋相銀八軒支店・拓銀琴似支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

設立当初から自己資金は弱体であったうえ、資金調達力に欠け、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)青山建設[室蘭市]

動揺を表面化

土木工事の青山建設(室蘭市知利別町2丁目13番7号)は10月24日、経営不振から代表者が所在を絶ち、動揺が表面化した。負債総額は7000万円内外の見込み。

本業以外への資金流出や受注量の伸び悩みから資金面は多忙推移を余儀なくされ、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月22日 (木)

大苫興業(株)[苫小牧市]

赤字累積し破綻

運送業の大苫興業(苫小牧市緑町1丁目28番3号)は8月31日と10月22日、苫小牧信金美園支店・千歳信組苫小牧支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3200万円内外の見込み。

以前から経営不振が続いており、累積欠損から遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/11/09
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月21日 (水)

渡食材(株)[函館市]

過年度の焦げ付きと販売不振から

食品添加物販売の渡食材(函館市高盛町18番10号)は10月15日と21日、北洋相銀函館支店・拓銀函館支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円内外の見込み。

昭和59年6月に中野海産に発生した大口焦げ付きが尾を引き、資金繰りは他人資本依存型となり余裕のない操作を余儀なくされた。加えて業績は低迷し資金繰り悪化に拍車がかかり、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月20日 (火)

イザワ工業(株)[帯広市]

旧債の重圧と関係会社の連鎖

防水工事のイザワ工業(帯広市西16条南6丁目6番地)は7月10日と10月20日、帯広信金駅前支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5500万円内外(融手債務含む)の見込み。

昭和55年9月にイザワ防水が倒産したため、同年11月に第二会社として設立、旧債を抱えて繰り回しが苦しかったところへ、関連会社の第一化研工業所が10月20日に倒産したため連鎖倒産に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1987/11/09
http://www.tsr-net.co.jp/

農事組合法人産栄舎農場/沼田商事(株)[伊達市]

卵価の低迷で倒産 伊達の産栄舎と販売の沼田商事

【伊達】ニワトリ約三千羽の放し飼いで鶏卵生産や鶏肉製品を手がけていた農事組合法人産栄舎(うめや)農場と、鶏卵、飼料卸の沼田商事(いずれも伊達市北黄金四九)が二十一日、和議や自己破産の手続きをとり、事実上倒産した。帝国データバンクの調べによると、負債総額は合わせて約九億六千万円。産栄舎農場は四十年三月設立、資本金九百三十九万円、従業員四十八人。沼田商事は五十六年二月設立、資本金二百万円、従業員十一人。今年三月期の年商は産栄舎農場が三億八千二百万円、利益六百二十万円、沼田商事が五億七千八百万円の売上高で利益百万円だったが、ここにきて卵価の低迷が続いたことで借入金が膨張、金利負担に耐えきれなかった。

北海道新聞
1987/10/23
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年10月19日 (月)

(有)丸正原建設[札幌市]

手詰まりが表面化

建築工事の丸正原建設(札幌市東区北21条東14丁目10番地)は10月19日、道銀美香保支店で不渡り事故を起こし、経営の手詰まりが表面化した。負債総額は5000万円内外の見込み。

従来から収益面も低調で厳しい資金繰りを余儀なくされ、業績はパッとせず最近は休業状態に陥っていた。

東京商工リサーチ
1987/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)いしがき商会[札幌市]

大口納入先失い破綻

事務機・用品販売のいしがき商会(札幌市南区川沿8条4丁目4番14号)は10月16日と19日、共同信組藻南支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

最近になり、売上の70〜80%を占めていた大口得意先が合理化から別の納入業者に変更、同業他社との競合から新規開拓も思うに任せず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

遠藤建設(株)[札幌市]

積極策が裏目

土木・建築・舗装工事の遠藤建設(札幌市豊平区美園6条3丁目2番5号)は10月16日と19日、札幌信金美園支店・拓銀発寒支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は9000万円内外の見込み。

元々過小資本であったところへ工事高が急増、結果的に資金悪化を招き、更に機械、車輛等の設備負担め大きかったことから、遂に支え切れず今次事態となった。代表者は所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月15日 (木)

(株)ライフ宅建[札幌市]

拡大策に失敗

建築工事・不動産管理のライフ宅建(札幌市中央区宮の森2条5丁目2番1号)は9月30日と10月15日、道銀鳥居前支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億3000万円内外の見込み。

設立後日は浅いが拡大策をとり、資金需要は旺盛化したのに対し、元々自己資本は弱体のうえ、借入能力も低く、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月13日 (火)

(株)札幌航空サービス[札幌市]

手詰まりが表面化

旅行代理店の札幌航空サービス(札幌市中央区大通西9丁目3番地)は10月13日、札幌中央信組本店で不渡りを出し、手詰まりが表面化した。すでに休業している。

収益面は低調で資金面は多忙操作を余儀なくされ、更に昨年10月に不良債権が生じ、営業続行困難に追い込まれ休業状態にあった。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月12日 (月)

(株)マルサワ[札幌市]

資金流出から

洋服縫製加工のマルサワ(札幌市西区八軒5条東2丁目2番40号)は10月7日と12日、道相銀新川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外の見込み。

代表者の住宅ローンおよび交通事故の示談に会社の資金が流出した模様で資金操作は逼迫化、遂に支え切れなかった。代表者一家は10月初旬から所在を絶っており、整理入りの公算大。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ニューメディアサービス[札幌市]

二回目の不渡り

雨具製造・通信機器販売のニューメディアサービス(札幌市東区北21条東20丁目3番地)は9月21日と10月12日、道銀元町支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

設立当初から対外信用度、資金力が弱く多忙な資金操作を余儀なくされていたところへ、9月に不良債権が加わり今次事態に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

新成土木(株)[江別市]

連鎖倒産

土木工事の新成土木(江別市弥生町35番地)は7月10日と10月12日、石狩中央信金本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円内外の見込み。

受注はジリ貧傾向で資金面は逼迫状態、近年は茨城方面で稼働していたものの、1月に茨城の業者に多額の不良債権が発生したことから、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/11/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月 8日 (木)

藤森左官工業(株)[江別市]

業績不振から

左官工事の藤森左官工業(江別市幸町26番地3)は7月10日と10月8日、石狩中央信金野幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2500万円内外の見込み。

完工高減少と以前の住居が立ち退きとなったため新築したものの、資金負担が大きく遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/10/26
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)サンエス[旭川市]

手詰まりを表面化

電化製品・雑貨販売のサンエス(旭川市3条通21丁目右4号)は10月8日、道相銀旭川支店で不渡り事故を起こし、手詰まりが表面化した。在庫商品は引き揚げられ営業を休止した。一旦整理の公算大。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

収益面は低調で余力に欠ける資金操作を余儀なくされていたうえ、9月に不良債権が発生、その後手形ジャンプを要請したものの不調に終わり、債権者会議でも結論が出ず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/10/26
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月 7日 (水)

(株)今製材所[瀬棚町]

工場火災で欠損金計上

製材・建材販売の今製材所(瀬棚郡瀬棚町字本町800番地)は9月5日と10月7日、渡島信金瀬棚支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円内外の見込み。

昭和60年度の工場火災による損害と操業一時停止から業績は落ち込み、以来資金繰りは多忙化の様相を呈し、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/10/19
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月 6日 (火)

協和工業(株)[札幌市]

焦げ付きが尾を引く

木材・建材販売・サッシ加工取付の協和工業(札幌市白石区東札幌1条4丁目2番地)は10月5日と6日、道相銀豊平支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4億6000万円内外の見込み。

昭和62年3月に野田建設に不良債権が生じ資金面は悪化、一部支払手形ジャンプで切り抜けたが、その影響で対外信用度は低下、取引条件は厳しくなり、これに資金面は追従できず遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/10/19
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月 5日 (月)

(株)旭川ユニホーム[旭川市]

業績不振から信用不安招く

作業衣・事務服販売の旭川ユニホーム(旭川市9条通13丁目左7号)は9月30日と10月5日、富良野信金旭川北支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は1500万円内外の見込み。

市況の低迷から業績は伸び悩み、繰り回しの多忙を余儀なくされ、最近は信用不安を招き、商品を引き揚げられたことから、営業不能となり、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/10/26
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年10月 3日 (土)

シアソン貿易(株)[札幌市]

札幌 シアソン貿易が閉鎖 先物取引でトラブル多発

コーヒー豆などの海外先物取引に客を勧誘、金を預かりながら解約の求めに応じないなど客との間にトラブルが目立っていたシアソン貿易(札幌市中央区北一条西七丁目)がこのほど一回目の不渡りを出し、事務所を閉鎖、事実上経営が破たんしていることが三日わかった。「客から集めた金は二億円以上」との情報があるため、信用不安を引き起こす恐れも出ている。

帝国データバンク札幌支店によると、同貿易は五十八年三月、名古屋市内で海外先物取引業を開業、六十年ごろ札幌に本拠を移した。年商二億円程度の収入を見込んだが、契約獲得が思わしくなく、昨年秋から委託保証金などをめぐり、わかっているだけで二件の訴訟が起き信用が低下、業績が伸び悩んでいた。

シアソン貿易については、五十九年ごろから、道消費者協会に「無断で売買され、解約したい」「お金がないと断ると、サラ金を紹介され無理に契約させられた」などの苦情、問い合わせが相次いでおり、札幌南署などが詐欺の疑いもあるとみて、これまでに森本社長ら幹部六人を事情聴取していた。

北海道新聞
1987/10/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年10月 1日 (木)

(株)北産工芸[札幌市]

二回目の不渡り

内装工事・プラスチック加工の北産工芸(札幌市西区八軒9条西1丁目)は9月30日と10月1日、北洋相銀大学北支店・札幌信金琴似支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

競合から収益面の低調を余儀なくされ、自己資本の弱体もあって繰り回しは多忙、回収のズレが加わり、金策も不調に終わったため、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/10/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)札幌重機興業[札幌市]

二回目の不渡り

重機賃貸の札幌重機興業(札幌市東区北丘珠4条3丁目2番9号)は9月30日と10月1日、拓銀伏古支店・道銀北栄支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。代表者は所在を絶ち、重機類もすでに引き揚げられている。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

既往の焦げ付きおよび重機類の設備投資が資金操作を圧迫、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/10/19
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1987年9月 | トップページ | 1987年11月 »