« 1987年6月 | トップページ | 1987年8月 »

1987年7月

1987年7月31日 (金)

(有)道東観光[帯広市]

売上低迷が響き不渡り

不動産業の道東観光(帯広市公園東町1丁目1番地)は7月31日、帯広信金本店で不渡り事故を起こし、経営の手詰まりが表面化した。代表者は所在を絶っている。負債総額は5000万円内外の見込み。

市況低迷から業績は伸び悩み、この間昭和59年にはグリーンパークホテル大一館を設立し旅館業に進出したが、同部門への資金流出を招いたうえ、本業の不動産業も冴えず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/09/07
http://www.tsr-net.co.jp/

北創電気工事(株)[苫小牧市]

赤字累積し資金ショート

電気工事の北創電気工事(苫小牧市新中野町3丁目19番6号)は6月4日と7月31日、北洋相銀苫小牧支店・道相銀苫小牧支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。営業は続行中。負債総額は4500万円内外の見込み。

収益面は低調で多額の累積欠損金を内包し、資金面は多忙化していた。一部仕入筋への債務棚上げ等で凌いでいたものの、業況は好転せず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/08/24
http://www.tsr-net.co.jp/

鋼友産業(株)[札幌市]

ジリ貧を辿り破綻

機械・工具・軍手他販売の鋼友産業(札幌市東区北42条東12丁目)は7月10日と31日、道銀北栄支店・北洋相銀北栄支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外とみられる。

ここ数年間の業績はジリ貧傾向を辿って繰越欠損を抱え、資金繰りが悪化していた。昭和61年から起死回生をかけて開発を進めた昆布乾燥機の売れ行きも冴えず、取引先に再建協力を要請したが不調に終わり、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/08/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)寿建業[札幌市]

焦げ付きと業績不振で倒産

骨材販売の寿建業(札幌市白石区北郷2367番地19)は7月28日と31日、北洋相銀白石支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

昭和60年11月に大口の不良債権が発生、売上高の低下を招いていた。業績回復に努めていたが、資金面は緩和されず、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/08/17
http://www.tsr-net.co.jp/

北海ファーム(株)[札幌市]

収益性悪化で破綻

飼料販売の北海ファーム(札幌市白石区本通5丁目南24番地)は6月30日と7月31日、空知信金白石支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

販売競争の激化から収益性は低下し累積欠損を抱え苦しい経営状態に陥った。元来自己資本が軟弱で資金繰りは多忙化の一途を辿り、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/08/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ホクイリース[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第101号)

(株)ホクイリース(札幌市中央区北1条西9丁目3番28号)は7月31日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐藤哲之弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年9月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年10月9日午後1時30分。

1987/08/11
札幌地方裁判所民事第4部

1987年7月27日 (月)

北海道産業開発(株)[札幌市]

焦げ付き累積し資金破綻

農機具補修用品販売の北海道産業開発(札幌市中央区南1条西9丁目6番地1)は7月15日と27日、石狩中央信金菊水支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5700万円内外(内金融債務3000万円)の見込み。

昭和60年10月に不良債権が生じたほか、その後も焦げ付きが相次いだ。元々自己資本が弱体だったうえ、収支のアンバランスもあり支え切れなかった。一旦整理の後、営業続行の予定。

東京商工リサーチ
1987/08/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月25日 (土)

(有)佐藤産業[釧路市]

業績不振から赤字累積

不動産業の佐藤産業(釧路市鳥取北4丁目4番17号)は6月30日と7月25日、釧路信金鳥取支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

最近は市況低迷から年商は落ち込み、収益面も低調で多忙な資金操作を強いられていた。一時市中金融を利用し凌いでいたものの、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)オーダーガラスフカイ[帯広市]

赤字累積し破綻

ガラス工事のオーダーガラスフカイ(帯広市西17条南4丁目1番地)は4月6日と7月25日、帯広信金緑ヶ丘支店・北見信金しらかば支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外(内金融債務4500万円)の見込み。

不況の影響から完工高はジリ貧を辿り、収益面も安価受注から毎期赤字を計上、資金面は逼迫状態に陥った。1回目の不渡り後は債務棚上げで営業続行してきたが、大口債権者の支援打ち切りで、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月23日 (木)

(株)丸食[稚内市]

減船で原魚不足が響く

水産物加工の丸食(稚内市末広1丁目3番22号)は6月15日と7月23日、稚内信金本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3億3000万円内外(一般債務1500万円、金融債務3億1500万円)の見込み。

200カイリ規制以降は底曳漁業低迷から原魚不足が続き、更に近年は相次ぐ減船で追い打ちをかけられていた。このため操業短縮や一時休業などで切り抜けてきたが、スリ身市況の低迷も加わって、今次事態に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1987/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月20日 (月)

(株)真鍋組[札幌市]

業績不振と焦げ付きから

建築工事の真鍋組(札幌市東区北26条東1丁目778番地)は7月15日と20日、拓銀光星支店・道銀北二十四条支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3億円内外の見込み。

市況低迷、同業他社との競合から業績不振に陥り、資金面は多忙化していた。更にヨシケイ札幌に不良債権が生じたほか、エムケイ実業丸建工業だいもくが相次いで倒産、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

北王家具(株)[旭川市]

赤字経営で破綻

特注家具取付工事の北王家具(旭川市大町3条6丁目2397番地)は6月22日と7月20日、旭川信金北星支店・士別信金旭川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

受注単価も厳しく赤字経営を余儀なくされ、累積欠損を内包するなど業態は悪化、資金繰りが多忙化し遂に今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/07/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月15日 (水)

(株)三鈴商会[札幌市]

多額の焦げ付きで破綻

内装工事の三鈴商会(札幌市白石区栄通20丁目2番21号)は6月30日と7月15日、道相銀白石支店・北洋相銀東月寒支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

近年は業績が低迷し、更に多額の不良債権が発生し資金面を圧迫、恩借や高利資金で切り抜けを図っていたが、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月10日 (金)

(有)川上組[苫小牧市]

放漫経営から倒産

土木工事の川上組(苫小牧市沼ノ端67番地124)は6月30日と7月10日、苫小牧信金沼の端支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外の見込み。

元々ドンブリ勘定的経営で資力は弱体であるなど、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/08/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月 9日 (木)

大坂開建(株)[江別市]

破産宣告(昭和62年(フ)第89号)

大坂開建(株)(江別市一番町18番地の2)は7月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小田勝弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年8月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年9月10日午後3時。

1987/07/23
札幌地方裁判所民事第4部

1987年7月 7日 (火)

(株)北海信和技建[札幌市]

行き詰まりを表面化

管工事の北海信和技建(札幌市中央区南1条西14丁目)は4月6日と7月7日、北海信金札幌支店・札幌信金円山支店で不渡り事故を起こし、経営の行き詰まりを表面化した。営業は続行の意向。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

昭和59年に倒産した武藤建設とミズホ建材の焦げ付きが尾を引いていたほか、回収遅れも加わり資金繰りが悪化していた。4月以降は手形ジャンプを要請して切り抜けてきたが、一部同調が得られず、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/07/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月 6日 (月)

(株)ナガモリ[札幌市]

業績低迷し倒産

不動産業のナガモリ(札幌市西区西野7条8丁目8番地)は1月31日と7月6日、北洋相銀琴似支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。

分譲マンションの成約が不調で売上高は落ち込んでいたうえ、元々自己資本に乏しく、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/07/27
http://www.tsr-net.co.jp/

鳴海産業(株)[江別市]

二回目の不渡り

清掃・鋼構造物工事の鳴海産業(江別市東野幌町13番地1)は6月30日と7月6日、道銀野幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

収益面や自己資本は弱体の域を出ず、傍系と目される企業の倒産で、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/07/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)現代巧匠[札幌市]

工場火災が追い打ち

内装工事・家具製造の現代巧匠(札幌市中央区北21条西15丁目1番47号)は6月5日と7月6日、札幌信金桑園支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億2000万円内外の見込み。

既往の大口不良債権と累積欠損を抱え、資金面は多忙化していた、更に6月4日、工場内部が火災に遭い機械類が消失、先行き目途立たず、遂に今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/07/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月 3日 (金)

(有)紅梅屋[札幌市]

業績不振から

呉服販売の紅梅屋(札幌市中央区南15条西13丁目)は7月2日と3日、道銀西線支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2500万円内外の見込み。

市況の低迷による販売不振と、住宅新築による資金の固定化から、昭和59年頃に一度内整理を行った。その後も業績は好転せず、販売不振が続き、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/07/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)エス・アイ・ピー清水インテリアプロダクト[釧路市]

赤字累積し破綻

内装工事のエス・アイ・ピー清水インテリアプロダクト(釧路市中園町24番8号)は6月1日と7月3日、釧路信金愛国支店・網走信金北支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。営業は規模を縮小し継続する意向。負債総額は8500万円内外の見込み。

ここ数年は多額の欠損計上を余儀なくされ、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年7月 1日 (水)

(株)山十ほくせん[帯広市]

帯広の呉服、寝具販売 山十ほくせん倒産

【帯広】呉服、寝具販売の山十ほくせん(本社・帯広)はこのほど、二度目の不渡り手形を出し事実上倒産した。帝国データバンク帯広支店によると、負債総額は約四億八千万円。

同社は二十六年、北繊興業として設立、四十六年に現社名に変更した。店頭販売と外販による積極的営業を展開。ピーク時の五十八年に約三億円の売り上げを計上したが、他業者の進出などで伸び悩み、六十一年には六千四百万円まで落ち込んだ。このため外販専業に切り替え、商品の多様化と札幌、東京での売り込みを図ったが好転せず、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
1987/07/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1987年6月 | トップページ | 1987年8月 »