« (株)浜名建設[端野町] | トップページ | 三栄コンクリート工業(株)[釧路市] »

1987年6月 3日 (水)

(株)橋本土木[室蘭市]

「氷室計画」の橋本土木倒産 負債総額約2億円

【室蘭】農作物の貯蔵保存システムである「氷室(ひむろ)」の研究開発を手がけてきた橋本土木(本社・室蘭、資本金二千五百七十万円)は三日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。東京商工リサーチ室蘭支店によると、負債総額は約二億円。

同社は五十五年、土木工事請負を目的に設立され、その後、土木工事積算・原価管理システムや伝熱素子ヒートパイプ、氷室などソフト部門の研究開発に取り組み、売上高も六十年度約四千五百万円、六十一年度約一億二千万円と業績を伸ばしていた。

特に、同社長がアイデアを出した氷室計画がきっかけとなって、日鋼室蘭製作所が雪を氷に変える雪氷変換機(SIC)を開発、また今年一月、氷室の実用プラント第一号が胆振管内壮瞥町の果樹園に開設されるなど地域活性化に弾みをつける、と期待を集め、胆振支庁も後押ししていた。

北海道新聞
1987/06/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (株)浜名建設[端野町] | トップページ | 三栄コンクリート工業(株)[釧路市] »

06 胆振」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/36485849

この記事へのトラックバック一覧です: (株)橋本土木[室蘭市]:

« (株)浜名建設[端野町] | トップページ | 三栄コンクリート工業(株)[釧路市] »