« 1987年5月 | トップページ | 1987年7月 »

1987年6月

1987年6月30日 (火)

(株)北海道ハガネ建築事務所[札幌市]

手詰りを表面化

建築設計の北海道ハガネ建築事務所(札幌市中央区大通西14丁目3番地14)は6月30日、北洋相銀中央区民センター支店で不渡りを出し手詰りを表面化した。1986年12月末で休業し整理に入っていた。負債総額は8000万円内外の見込み。

過当競争および諸経費増から収益面は悪化し、資金操作は多忙化していた。これらの影響と内部的問題から退職者が相次ぎ、休業に追い込まれ、整理に入っていた。

東京商工リサーチ
1987/07/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)佐々木工業[静内町]

資金ショート

重機賃貸・自動車板金塗装の佐々木工業(静内郡静内町目名18番地)は6月10日と30日、北洋相銀静内支店・苫小牧信金厚賀支店で不渡り事故を起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は7500万円内外の見込み。

昭和61年9月に岩本林業(門別町)が倒産、600万円内外が焦げ付いたことから資金面が悪化、過年度の設備投資負担もあって資金ショートした。営業は続行している。

東京商工リサーチ
1987/07/20
http://www.tsr-net.co.jp/

衛研工業(株)[旭川市]

採算割れと融手禍

配管工事の衛研工業(旭川市豊岡10条6丁目64番地63)は6月1日と30日、旭川信金あたご支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4570万円内外(内金融債務1270万円)の見込み。

採算性の低調に加え、前期は大幅な赤字を出し、一部融手操作もあった模様で、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

大信建設工業(株)[札幌市]

回収遅延が尾を引く

建築工事の大信建設工業(札幌市東区北47条東10丁目)は1月31日と6月30日、道銀元町支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は6000万円内外(内金融債務3000万円)の見込み。

売掛金の回収遅延から1月末日に1回目の不渡り事故を起こし、その後取引先の協力で切り抜け策を図ったが、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)江別美装[江別市]

連鎖倒産

清掃業の江別美装(江別市東野幌町13番地1)は6月22日と30日、拓銀野幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

営業面は比較的平調に推移していたが、丸建工業エムケイ実業が相次いで自己破産、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)大雄工業[函館市]

回収遅れから破綻

建築工事の大雄工業(函館市昭和3丁目13番11号)は6月30日と7月4日、青森銀行函館支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億2000万円内外の見込み。

低収益を余儀なくされて欠損金を抱え、資金繰りは多忙化の様相を呈した。更に昭和62年5月には多額の工事代金の回収遅延があって資金面を圧迫。一部手形ジャンプを行い切り抜けを図っていたが、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/


和議開始(昭和62年(コ)第3号)

(株)大雄工業(函館市昭和3丁目13番11号)は4月11日、函館地裁から和議開始手続決定を受けた。

管財人は前田健三弁護士(函館市)。

債権届出の期間は昭和63年5月9日まで、債権者集会の期日は昭和63年6月9日午後3時。

1988/04/28
函館地方裁判所

1987年6月26日 (金)

(株)だいもく[札幌市]

焦げ付きが相次ぎ倒産

木材・建材販売のだいもく(札幌市中央区北3条東10丁目)は6月25日と26日、北洋相銀白石本郷支店・北陸銀行白石支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4億5000万円内外(内金融債務2億4000万円)の見込み。

近年は市況の低迷から売上は低調に推移、ジリ貧を辿っていた。更に6月11日に倒産した
ヨシケイ札幌
と、6月19日に倒産した丸建工業に相次いで焦げ付きが発生、資金面を極度に悪化させて、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/07/06
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年6月25日 (木)

函館工機(株)[函館市](7年ぶり2回目)

更生計画途中の函館工機が破産

【函館】函館地裁(福岡右武裁判長)は二十五日までに函館市若松町一〇、船舶関連機器製造、函館工機(本社・函館)に対し破産の決定をした。

決定によると、負債は商工中金など債権者百八十三人で総額三十一億七千万円。函館市内では今年最大規模。同社は函館ドックの代表的な下請けとして三十一年創業したが、造船不況で五十五年、同地裁に会社更生手続きを申し立て、十一億六千万円の負債を十六年間で弁済する更生計画がスタートし、再建途上にあった。

しかし、業績は低迷し、この三月、取引先倒産のあおりを受け、更生手続き廃止が決まり、同日の破産決定となった。

北海道新聞
1987/06/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)宝福電気工事部[小樽市]

破産宣告(昭和62年(フ)第20号)

(株)宝福電気工事部(小樽市入船2丁目7番4号)は6月25日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は関口正雄弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年7月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年9月2日午前10時30分。

1987/07/13
札幌地方裁判所民事第4部

1987年6月23日 (火)

(有)庄内モータース[帯広市]

業績不振で倒産

自動車整備の庄内モータース(帯広市東2条南10丁目8番地)は6月22日と23日、帯広信金東支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

近年は同業他社との競合から売上不振に陥り、資金繰りは多忙化の様相を呈し、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/07/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)アスカ建設[札幌市]

過小資本から破綻

土木工事のアスカ建設(札幌市北区新川711番地4)は6月22日と23日、道相銀新琴似支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外の見込み。

設立後日が浅く自己資本は弱体の域を脱せず、資金面は余力に欠けていた。更に受注基盤も安定せず、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年6月22日 (月)

有明興産(株)[札幌市]

整理入りの見込み

肥料製造の有明興産(札幌市豊平区有明160番地)は6月22日、共同信組清田支店で不渡り事故を起こし、すでに休業しており整理入りの見込み。負債総額は5000万円内外の見込み。

昭和61年7月に一度不渡り事故を起こしたが、関係筋の協力で営業は続行していたものの、先行き見通し難から今春から休業状態にあり、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)阿部工務店[札幌市]

赤字累積し破綻

建築工事の阿部工務店(札幌市白石区)は6月17日と22日、道銀平岸支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外の見込み。

採算割れ工事もあったことから赤字は膨張し、多忙な資金操作を強いられていた。更に密接な関係先が6月に破綻したことから、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/07/06
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年6月19日 (金)

(株)大信[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第77号)

(株)大信(札幌市西区西野10条8丁目14番1号)は6月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は鷹野正義弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年7月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年8月27日午後2時30分。

1987/07/09
札幌地方裁判所民事第4部

小柳建設(株)[函館市]

和議開始(昭和60年(コ)第9号)

小柳建設(株)(函館市高松町190番地の1)は6月19日、函館地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は嶋田敬昌弁護士(函館市)。

債権届出の期間は昭和62年7月20日まで、債権者集会の期日は昭和62年8月20日午後1時30分。

1987/07/11
函館地方裁判所

丸建工業(株)[江別市]

江別の中堅建築業 丸建工業が倒産 負債総額は17億円

中堅建築業の丸建工業(本社・江別市、資本金五千万円)は十九日、札幌地裁に自己破産を申請、事実上倒産した。民間の信用調査機関の信用交換所道支社の調べによると、負債総額は約十七億円の見込み。

同社は四十八年七月、金内社長が設立、建築工事請負業として年商二十億円近い売り上げをあげていたが、今月中旬倒産したヨシケイ札幌に系列会社のエムケイ実業が資金援助をしていて連鎖倒産、その結果多額の焦げつきが生じ資金繰りが悪化し丸建工業も連鎖倒産に至った。

北海道新聞
1987/06/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年6月17日 (水)

エムケイ実業(株)[江別市]

エムケイ実業(江別)倒産 負債総額10億円

不動産売買、金融業のエムケイ実業(本社・江別、資本金千五百万円)は十七日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約十億円。

同社は五十九年十二月に設立、ことし四月期には六千万円の売上高があった。しかし、今月中旬に倒産した札幌市内の家庭用夕食材料販売会社などに多額の不良債権が発生し行き詰まった。

北海道新聞
1987/06/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年6月15日 (月)

中央砂利工業(有)[札幌市]

赤字と事業停止処分が響く

砂利採取・販売の中央砂利工業(札幌市北区太平7条2丁目42番地)は6月1日と15日、北洋相銀八軒支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7500万円内外の見込み。

採算性を無視した販売があったことから、累積欠損で資金操作は多忙化、更に砂利の無許可採取が発覚し、道から3ヶ月の事業停止処分を受け、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/06/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)みちのく食品[札幌市]

和議開始(昭和62年(コ)第3号)

(株)みちのく食品(札幌市東区北37条東15丁目498番9)は6月15日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は山口均弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年7月20日まで、債権者集会の期日は昭和62年8月19日午後1時30分。

1987/07/04
札幌地方裁判所民事第四部

北村モータース(株)[滝川市]

破産宣告(昭和62年(フ)第5号)

北村モータース(株)(滝川市幸町3丁目3番14号)は6月15日、札幌地裁滝川支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年7月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年9月3日午後1時30分。

1987/07/04
札幌地方裁判所滝川支部

1987年6月12日 (金)

(株)ヨシケイ札幌[札幌市]

ヨシケイ札幌が倒産

日替わりの夕食のおかずを宅配するアイデア商法を展開していた中堅総菜業ヨシケイ札幌(本社・札幌、資本金二千万円)が十二日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上、倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチの調べによると、負債総額は約十億円。道内約七千五百件の契約のうち、約三百五十件から料金の前払いを受けていたが、同社は返済を最優先するとしている。

同社は加藤社長が静岡県で創業したヨシケイ富士の札幌営業部を五十五年八月、現地法人として独立、札幌、恵庭両市内に五営業所を開き、夕食を宅配サービスしていた。最盛期には年間十二億円の売上高があった。

北海道新聞
1987/06/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年6月10日 (水)

総合ビルド(株)[札幌市]

回収ズレ込みで資金ショート

建築工事の総合ビルド(札幌市中央区南10条西14丁目)は6月5日と10日、空知信金札幌北支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外とみられる。

業歴浅く資金力弱体であったところへ、工事代金の回収がズレ込み1回目の不渡りを出し、さらに代表者の金策中に交通事故で入院、資金繰りの目途が立たなくなった。

東京商工リサーチ
1987/06/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ロリーポップ[札幌市]

過小資本から行き詰まる

婦人服卸のロリーポップ(札幌市北区新琴似1条10丁目6番13号)は6月1日と10日、拓銀札幌南支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

表面上は黒字決算であったが実情は競合激化から収益面は低調の模様で、過小資本から苦しい資金操作を余儀なくされ、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/06/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年6月 8日 (月)

(有)一柳建設[静内町]

破産宣告(昭和62年(フ)第64号)

(有)一柳建設(静内郡静内町こうせい町1丁目39番地)は6月8日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋剛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年7月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年8月7日午後1時30分。

1987/06/29
札幌地方裁判所民事第4部

1987年6月 6日 (土)

(株)モダン[広島町]

回収不調から資金ショート

紳士服販売のモダン(登記上=札幌郡広島町里見町1丁目5番地7、事実上=札幌市中央区北2条西28丁目)は6月1日と6日、共同信組山鼻支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2000万円内外の見込み。

回収面はクレジットの利用が大半を占めていたものの、回収不調であった。設立後日が浅く自己資本も乏しかったことから、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/06/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年6月 4日 (木)

北成建設(株)[釧路市]

融手禍でつまずく

建築工事の北成建設(釧路市旭町22番3号)は1月16日と6月4日、厚岸信金釧路支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

収益面は低調で、1986年度に入ってからは受注伸び悩み状態となり、このため貸手形の決済に窮し、今次事態となった。営業は続行の意向。

東京商工リサーチ
1987/06/15
http://www.tsr-net.co.jp/

芙蓉工業(株)[釧路市]

赤字累積し破綻

上下水道工事・土木工事の芙蓉工業(釧路市材木町21番27号)は12月31日と6月4日、網走信金釧路支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

昭和44年に赤字累積と不良債権発生から内整理を行い、その後も事業は続行していたが採算面は低調に推移、完工高は落ち込み累積欠損から、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/06/15
http://www.tsr-net.co.jp/

三栄コンクリート工業(株)[釧路市]

和議開始(昭和61年(コ)第7号)

三栄コンクリート工業(株)(釧路市昭和41番地3)は6月4日、釧路地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は塚田渥弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和62年6月30日まで、債権者集会の期日は昭和62年7月15日午後1時30分。

1987/06/20
釧路地方裁判所

1987年6月 3日 (水)

(株)橋本土木[室蘭市]

「氷室計画」の橋本土木倒産 負債総額約2億円

【室蘭】農作物の貯蔵保存システムである「氷室(ひむろ)」の研究開発を手がけてきた橋本土木(本社・室蘭、資本金二千五百七十万円)は三日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。東京商工リサーチ室蘭支店によると、負債総額は約二億円。

同社は五十五年、土木工事請負を目的に設立され、その後、土木工事積算・原価管理システムや伝熱素子ヒートパイプ、氷室などソフト部門の研究開発に取り組み、売上高も六十年度約四千五百万円、六十一年度約一億二千万円と業績を伸ばしていた。

特に、同社長がアイデアを出した氷室計画がきっかけとなって、日鋼室蘭製作所が雪を氷に変える雪氷変換機(SIC)を開発、また今年一月、氷室の実用プラント第一号が胆振管内壮瞥町の果樹園に開設されるなど地域活性化に弾みをつける、と期待を集め、胆振支庁も後押ししていた。

北海道新聞
1987/06/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年6月 2日 (火)

(株)浜名建設[端野町]

受注減が響く

建築工事の浜名建設(常呂郡端野町字三区440番地)は5月30日と6月2日、網走信金北見支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は9000万円内外の見込み。

完工高は近年減少傾向を辿って、赤字経営から資金難に陥っていた。

東京商工リサーチ
1987/06/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年6月 1日 (月)

門馬建設(株)[北見市]

受注不振で行き詰まる

建築工事の門馬建設(北見市公園町113番地35)は5月1日と6月1日、網走信金北見支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

近年は受注低迷が続いて完工高はジリ貧を辿り、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/07/06
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)デザインコア[札幌市]

任意整理入りの模様

内装工事のデザインコア(札幌市白石区南郷通21丁目)は6月1日、道銀流通センター前支店・札幌信金豊平支店で不渡り事故を起こし、先行き見通し立たず整理入りの模様。負債総額は1億円内外(内金融債務3500万円)の見込み。

不良債権発生から収益性は悪化、累積欠損金を抱え業績不振に陥っていたが、昭和62年5月に再度焦げ付きが発生して資金難に陥り、先行き見通しが立たず遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/06/29
http://www.tsr-net.co.jp/

森川建設(株)[北見市]

受注低迷し破綻

建築工事の森川建設(北見市北光249番地6)は5月30日と6月1日、網走信組北見支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

近時は市況低迷から年間完工高は低調に推移、業績不振から脱しきれず、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/06/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)和田工務店[札幌市]

赤字累積と不良債権から

管工事の和田工務店(札幌市北区新琴似10条14丁目984番地)は4月30日と6月1日、札幌信金新琴似支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。整理入りの見込み。負債総額は6000万円内外の見込み。

収益面は低調で多額の累積欠損金を内包し、多忙な資金操作を余儀なくされていた。更にに主力稼働先である宮永工務所が昭和61年8月に倒産したことから多額の不良債権が生じ、資金悪化に拍車がかかっていた。今期に入っても稼働先開拓が思うにまかせず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/06/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)手稲住設[札幌市]

未収が生じ不渡り

建築工事の手稲住設(札幌市西区手稲宮の沢195番地)は6月1日、道銀琴似支店で不渡り事故を起こし、代表者は所在を絶ち、行き詰まりが表面化した。負債総額は6000万円内外の見込み。

完工高は最近は低迷、更に収益面も低調で自己資本は弱体の域を脱せず、余力に欠ける資金操作を余儀なくされていた。また、今年に入りアパート工事で未収金が生じたため、遂に資金ショートした。

東京商工リサーチ
1987/06/15
http://www.tsr-net.co.jp/

北海ジーエム(株)[帯広市]

業績不振で破綻

自動車販売・整備の北海ジーエム(帯広市西15条南1丁目7番地)は4月30日と6月1日、北見信金帯広支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円内外の見込み。

資金操作に余裕はなく、資金繰り対策としてダンピングを行った結果、赤字膨張の起因するところとなり、資金面は更に悪化して遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/06/15
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1987年5月 | トップページ | 1987年7月 »