« 1987年3月 | トップページ | 1987年5月 »

1987年4月

1987年4月30日 (木)

(株)協和産業[旭川市]

融手で連鎖

繊維製品販売の協和産業(旭川市1条通9丁目右5号)は4月15日と30日、拓銀二条支店・道相銀旭川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外の見込み。

過年度の焦げ付きおよび回収遅延から資金繰りは多忙化の傾向を呈していたところ、4月に倒産した佐古木(名古屋)に融手債を負い、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/06/01
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)フレッシュキクチ[旭川市]

業績不振で再度倒産

婦人服・呉服販売のフレッシュキクチ(旭川市宮下通9丁目)は4月15日と30日、旭川信金駅前支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1500万円内外の見込み。

昭和61年3月に倒産した菊地繊維の再建会社として設立したが、年商は当初の目標額を下回っていた。更に需要取引先で支援を受けていた名古屋市の企業が62年4月に倒産したため協力先を失い、遂に支えきれず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/05/25
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)イツトミ[旭川市]

業績不振から倒産

ボンベボックス製造のイツトミ(旭川市秋月1条2丁目6番8号)は3月31日と4月30日、旭川信金南六条支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2000万円内外の見込み。

近年は需要が低迷し業績不振に陥っていた。このため資金操作は逼迫状態となり、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/05/25
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)大五物産[札幌市]

業績不振で破綻

遊技場経営の大五物産(札幌市白石区北郷3条5丁目13番22号)は4月20日と30日、北海商銀信組本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外の見込み。

パチンコ店「北郷会館」の商号で運営、近年は出玉規制などから客足は伸びず採算割れに陥り、資金面も多忙化、遂に支え切れず今次事態に陥った。なお、営業は続行中である。

東京商工リサーチ
1987/05/25
http://www.tsr-net.co.jp/

燃焼機器サービス(株)[釧路市]

二回目の不渡り

配管工事の燃焼機器サービス(釧路市中島町13番23号)は3月31日と4月30日、北陸銀行釧路支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外の見込み。

採算面は低調であったことから、近年は信用不安説も流れ、仕入先筋の取引条件は厳しく、支払先行の操作を余儀なくされ、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

弥生工業(株)[札幌市]

手形詐取され事業意欲失う

管工事の弥生工業(札幌市東区北15条東9丁目16番地)は4月25日と30日、秋田銀行札幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

完工高はジリ貧傾向を辿り、累積欠損金を内包、この間個人資産の売却で借入金返済に充当してきたが、一部手形詐取されるなどのアクシデントも起こり、経営意欲も喪失して遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)大城産業[室蘭市]

支払い遅延で信用不安招く

医療材料・事務用機器販売の大城産業(室蘭市宮の森町1丁目8番15号)は4月28日と30日、北洋相銀室蘭支店・伊達信金室蘭支店で不渡り事故を起こし、銀行取引を停止された。関係先と善後策を検討中であるが、新会社により6月1日から営業再開の予定。負債総額は6000万円内外の見込み。

自己資金不足もあって売上増加に資金が追随せず、そのため恩借や街金融から調達してきた。最近は支払い遅延から信用不安が広がり、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)中央部品[旭川市]

本業以外でつまずく

自動車部品用品卸の中央部品(旭川市宮下通16丁目左1号)は4月13日と30日、秋田銀行旭川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億3000万円内外の見込み。

昭和58年頃から寝具類・健康器具の販売にも着手したが、60年後半に寝具類の仕入メーカーが事実上壊滅したことで同部門は大打撃となり、返品、在庫負担などで資金面は多忙化した。更に62年2月、札幌市の寝具業者に不良債権が発生し、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)鉄南信用商事[帯広市]

ジリ貧を辿り倒産

パチンコ店「こせんばしパチンコ」経営の鉄南信用商事(帯広市大通南15丁目15番地)は3月25日と4月30日、帯広信金大通支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。整理廃業の模様。負債総額は5000万円内外の見込み。

不況および同業他社との競合から近年はジリ貧傾向を辿り、余力に欠ける資金操作を余儀なくされていた。このため昭和61年9月に代表者が交替し、経営の立て直しを図ったものの、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月28日 (火)

(有)岡工務店[静内町]

赤字累積し倒産

建築工事の岡工務店(静内郡静内町緑町6番81号)は1月30日と4月28日、北洋相銀静内支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3500万円内外の見込み。

従来から収益面は低調で、資金操作は多忙化の一途を辿ったうえ、その後も業容は好転せず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/06/08
http://www.tsr-net.co.jp/

マルヒサ木工(株)[旭川市]

欠損金を抱え売上減が響く

家具製造のマルヒサ木工(旭川市末広5条4丁目316番地5)は4月25日と28日、旭川信金末広北支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億2600万円内外の見込み。

繰越欠損金を抱えて資金面は多忙に推移、加えて主力販売先の規模縮小から月産減少を余儀なくされ、業績はジリ貧を辿っていた。このため今年3月に債権者の参集を得て再建を要請したものの、全員の協力が得られず、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月27日 (月)

(有)石井スポーツ[苫小牧市]

整理廃業

スポーツ用品小売の石井スポーツ(苫小牧市双葉町3丁目10番7号)は4月30日に北洋相銀苫小牧支店で1回目の不渡り事故を起こしたが、すでに27日に店舗を閉鎖し整理廃業を決めていた。60%の配当を予定している。負債総額は5000万円内外の見込み。

大型店の進出からジリ貧を辿り、赤字を抱えていた。

東京商工リサーチ
1987/06/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月25日 (土)

北海道防災(株)[札幌市]

業績不振から資金ショート

消防設備工事の北海道防災(札幌市北区新川2条5丁目6番8号)は4月20日と25日、小樽商工信組札幌西支店・道銀新川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

不況の影響もあり売上は伸び悩んでいたうえ、同業他社との競合および外注工事の費用負担も加わり収益面は低調で、多忙な資金操作を余儀なくされていた。元々自己資金が弱体であったことから、遂に支え切れず今次事態に陥った。なお、仕入先の支援を得て営業は続行している。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)丸研青果[札幌市]

赤字経営から倒産

青果卸売の丸研青果(札幌市中央区北12条西23丁目2番地)は4月20日と25日、道央信金中央市場支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。なお代表者は所在を絶っている。負債総額は5000万円内外の見込み。

拡大策が不調に終わったことから、最近は規模を縮小していたが、収益面は低調で赤字経営から資金操作は多忙化し、恩借などで切り抜けていたものの、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

五洋砿業(株)[札幌市]

二回目の不渡り

砂利採取の五洋砿業(札幌市豊平区月寒西1条10丁目)は3月25日と4月25日、共同信組本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

プラントの設備買収資金の固定化、更に資金繰りに余裕のなかったところから資金操作は多忙化し、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/05/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ハウジングほんま[札幌市]

過小資本から破綻

建築工事のハウジングほんま(札幌市豊平区清田2条2丁目14番47号)は4月6日と25日、札幌信金清田支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は6000万円内外の見込み。

下請け工事が多いことから収益面は低調で自己資本は弱体の域を脱しておらず、余力に欠ける資金操作を余儀なくされていた。更に一時的に仕事が途切れたこともあり、資金操作に狂いが生じ、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/05/11
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)北海道型枠[旭川市]

旭川の北海道型枠が倒産 負債5億9千万円

【旭川】コンクリート型枠メーカー、北海道型枠(本社・旭川市永山、資本金二千万円)は二十五日、二回目の不渡り手形を出して事実上倒産した。帝国データバンク旭川支店の調べによると、負債総額は五億九千二百万円。

同社は四十七年、渡辺工機として設立され、五十七年に現社名に変更後、コンクリート型枠や建築金物を中心に業績を伸ばし、六十年度は年間売り上げ十一億九千百万円を記録した。しかし、相次ぐ設備投資で資金繰りが悪化して行き詰まった。

北海道新聞
1987/04/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年4月24日 (金)

ワールドモーター(株)[小樽市]

破産宣告(昭和62年(フ)第11号)

ワールドモーター(株)(小樽市有幌町3番12号)は4月24日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は山崎博弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年6月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年7月8日午後1時30分。

1987/05/09
札幌地方裁判所小樽支部

1987年4月22日 (水)

(有)ウエト[平取町]

任意整理を決定

建材・雑貨・食品販売のウエト(沙流郡平取町字振内町26番地1)は4月15日、苫小牧信金振内支店・拓銀富川支店で不渡り出し、22日債権者会議を開き任意整理を決定した。負債総額は1億5700万円内外(内金融債務6000万円)の見込み。

当地区の人口減少に伴い売上はジリ貧傾向を辿り、在庫過多から資金操作は多忙化していた。この間不動産売却で打開策を講じたが不調に終わり、先行き見通しが立たず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/05/04
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月20日 (月)

(有)佐藤建設工業[留萌市]

業績不振と資金流出から

建築工事の佐藤建設工業(留萌市末広町2丁目23番地1)は3月31日と4月20日、留萌信金本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

不況の影響から受注不振に陥り年々業績は低下、また社屋兼住宅を建設、更に留萌市内と札幌市内にアパート、マンションを所有するなど設備負担に加え、会社資金流出もあって経営悪化に拍車がかかっていた。関係筋の支援も限界に達したことから、遂に支え切れず今次事態に陥った。なお、一旦整理の後、事業再開の模様。

東京商工リサーチ
1987/05/04
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)キタハラ[小樽市]

赤字累積に焦げ付き重なる

木材販売・内装工事のキタハラ(小樽市勝納町8番6号)は4月15日と20日、拓銀奥沢口支店・道銀入船支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億6500万円内外の見込み。

従来から経営不振で業績は好転せず、多忙な資金操作を余儀なくされていた。更に今年4月、取引先である大内商会が自己破産したことから不良債権が発生し、内容悪化に拍車がかかり、遂に支え切れず今次事態となった。なお、営業は続行中で工場売却後、業種転換して再スタートを予定している。

東京商工リサーチ
1987/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

北海建設(株)[室蘭市]

室蘭の北海建設倒産 道内今年最大 負債総額39億円余

【室蘭】港湾土木で道内大手の北海建設(本社・室蘭市築地町、資本金五千万円、従業員百十人)は二十日、札幌地裁室蘭支部に自己破産を申請して受理され、事実上倒産した。

東京商工リサーチ室蘭支店、帝国データバンク室蘭支店によると負債総額は三十九億七千二百万円。

同社は昭和四十五年設立。電気通信工事から港湾土木に進出した五十四年、水中投石による基礎工事の特許を得て、五十六年度は官公庁や大手ゼネコンなどからの受注で二十七億四千万円の売り上げがあった。その後は業績が低迷し、特殊作業船などの過剰設備で赤字が累積、経営が行き詰まった。

負債総額は室蘭市内の企業倒産で史上最高、道内でも、ことしに入って最大の規模である。

北海道新聞
1987/04/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

三浦木材工業(株)[札幌市]

札幌の三浦木材倒産 負債額約10億円

製材、木製品製造の三浦木材工業(本社・札幌、資本金一億円)は二十日、札幌地裁に自己破産を申請して事実上倒産した。民間信用調査機関の信用交換所道支社、帝国データバンク札幌支店によると、負債額は約十億円。

同社は昭和二年に網走管内西興部村で創業。その後、本社を札幌に移し、静岡県藤枝市に支店、工場を設立するなどして営業内容を拡大、六十一年三月期決算では二十八億五千万円の売上高があった。しかし、売り上げの伸び悩みに加え、不振の系列会社への資金流出で経営が悪化し、今年二月に藤枝の土地、建物を売却して資金繰りに充てていた。

北海道新聞
1987/04/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年4月18日 (土)

(株)日報[札幌市]

任意整理入りの模様

看板製作・内装工事の日報(札幌市白石区平和通2丁目南6番26号)は4月1日、北洋相銀本店で不渡り事故を起こし、18日債権者会議を開催、先行き見通し立たず任意整理入りの模様。負債総額は1億円内外(内金融債務3400万円)の見込み。

近年は受注量は減少傾向を辿り、更に受注単価の厳しさも加わり、赤字経営に陥り多額の累積欠損金を内包した。このため代表者を交替し経営の立て直しを図ったが、業績は回復せず遂に資金繰りに手詰まりを起こし、行き詰まりが表面化した。

東京商工リサーチ
1987/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月17日 (金)

丸建成田建設(株)[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第46号)

丸建成田建設(株)(札幌市東区本町2条3丁目7番15号)は4月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年5月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年6月25日午後1時30分。

1987/05/02
札幌地方裁判所民事第四部

1987年4月16日 (木)

(株)岩間電工[釧路市]

業績不振から破綻

計装工事の岩間電工(釧路市星が浦南4丁目1番15号)は3月31日と4月16日、道銀西港支店で不渡り事故を起こし、銀行取引停止処分を受け事実上倒産した。負債総額は7300万円内外の見込み。

市況悪化から受注状況は急速に低下し、多額の欠損金を出し資金操作は逼迫状態に陥った。この間、内部的には規模縮小などの対策を計画したが思うにまかせず、加えて得意先の支援も限界に達し、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月15日 (水)

(株)山ツ津島商店[網走市]

設備過多で倒産

水産物加工の山ツ津島商店(網走市海岸町6番10号)は4月14日と15日、道銀網走支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4億円内外の見込み。

低調な収益率であり、更に不良債権の発生などもあって赤字経営を余儀なくされていた。しかし昭和61年11月に業容の拡大を図るべくホタテ工場を建設したが、資金調達が不調に終わり、遂に支え切れず今次事態となった。すでに別法人で津島食産を設立し業務を移行して営業続行の意向。

東京商工リサーチ
1987/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

第光興業(株)[札幌市]

オリジナル設計工務に連鎖

建設資材販売の第光興業(札幌市中央区南1条西10丁目)は3月20日と4月10日、北陸銀行白石支店で不渡り事故を起こし、15日銀行取引停止処分を受け、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

経営振りに計画性が欠けていたうえ、資金力も弱体であったところにオリジナル設計工務が倒産して焦げ付きが発生し、資金繰りに狂いを生じて今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月10日 (金)

(株)北宣[札幌市]

既往の焦げ付きが響く

看板製作の北宣(札幌市中央区北1条東6丁目)は4月8日と10日、北陸銀行苗穂支店・道相銀札幌東支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。代表者は所在不明である。負債総額は2億円内外とみられる。

昭和60年頃に不良債権が発生して尾を引いていたうえ、その後も焦げ付きを生じて資金繰りが悪化し、市中金融を利用するなど凌いできたが、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)エーエス開発構造[札幌市]

代表者急死で倒産

外壁工事のエーエス開発構造(札幌市豊平区豊平3条4丁目)は3月31日と4月10日、札幌信金豊平支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

昭和52年2月に不良債権の発生などで資金ショートを起こしたが、主要取引先の支援により近年は業容も安定していた。しかし、代表者が急死したことにより事業継続が困難となり、遂に今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月 9日 (木)

北央建設(株)[小樽市]

ジリ貧を辿り破綻

土木工事・運送業の北央建設(小樽市新光5丁目7番2号)は3月31日と4月9日、北陸銀行小樽支店・小樽商工信組朝里支店で不渡り事故を起こし、銀行取引停止処分を受け事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

市況低迷もありジリ貧傾向を辿り、累積欠損から多忙な資金操作を余儀なくされ、融手操作で凌いでいた。加えて今年3月、税金未払いから差押え処分を受け、金融筋の支援も絶たれて遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/04/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ホテルもなみ[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第42号)

(株)ホテルもなみ(札幌市南区川沿9条1丁目2番1号)は4月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は尾崎定幸弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年5月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年6月12日午後1時30分。

1987/04/25
札幌地方裁判所民事第4部

1987年4月 7日 (火)

日勝建設工業(株)[美唄市]

赤字経営で破綻

建築工事の日勝建設工業(美唄市字美唄79番地389)は4月6日と7日、北洋相銀美唄支店・空知商工信組本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7億円内外の見込み。

表面上は利益金を計上していたが、内実は赤字経営を余儀なくされ資金繰りは多忙化して、遂に今次事態に陥った。なお代表者は所在を絶っており、整理入りの模様。

東京商工リサーチ
1987/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

オリジナル設計工務(株)[札幌市]

手張り経営で失敗

建築工事のオリジナル設計工務(札幌市東区北24条東16丁目)は4月6日と7日、太陽神戸銀行札幌支店・道銀中央市場支店で不渡りを出し、11日債権者会議を開いて整理入りを決めた。負債総額は3億円内外の見込み。

昭和61年度は中央区の店舗兼マンションを受注、業容の拡大を図ったが、本格的なビル建設の経験がなく、経費が嵩んで赤字を出したほか、その他の工事でもクレームがついて多額の未収が発生、先行き見通し難に陥って今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)北都サービス[札幌市]

業績不振から倒産

外壁工事の北都サービス(札幌市南区石山2条6丁目1番3号)は3月28日と4月3日、道銀真駒内支店で不渡り事故を起こし、7日銀行取引停止処分を受け、事実上倒産した。負債総額は3500万円内外の見込み。

市況低迷もあり業績不振に陥り、実質的に赤字経営を余儀なくされていた。以後も業績は回復せず、資金操作も多忙化し、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年4月 6日 (月)

森田ステンレス(株)[札幌市]

業績低迷し破綻

厨房器具製造の森田ステンレス(札幌市西区発寒13条12丁目4番5号)は3月25日と4月6日、北洋相銀発寒支店・道銀琴似支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億4000万円内外(内金融債務1億円)の見込み。

不況および企業としての活力に欠けることから、業績は伸び悩んでいた。更に収益面も低調で、設備投資負担もあり資金操作は多忙化を余儀なくされ、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)札幌中央調査事務所[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第35号)

(株)札幌中央調査事務所(札幌市中央区南2条西10丁目6番地)は4月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は澤野正明弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年5月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年6月23日午後2時。

1987/04/25
札幌地方裁判所民事第四部

(株)大内商会[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第43号)

(株)大内商会(札幌市東区北24条東1丁目304番地)は4月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は斎藤正道弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年5月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年6月23日午後1時30分。

1987/04/22
札幌地方裁判所民事第四部

1987年4月 3日 (金)

(株)北海道十勝製菓[札幌市]

回収不順で倒産

製菓業の北海道十勝製菓(札幌市白石区中央3条6丁目46番地)は3月31日と4月3日、北洋相銀白石本郷支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

収益率は低調で赤字経営を余儀なくされ資金繰りは多忙化の様相を呈していたところに、売掛金の回収難で決済資金に詰まり、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/04/20
http://www.tsr-net.co.jp/

ゴールドベル(株)[函館市]

函館工機の子会社ゴールドベル倒産

【函館】五十五年に会社更生法を申請、再建中の船舶工作物製造の函館工機(本社・函館、資本金千五百万円)の不動産管理をする子会社、ゴールドベル(本社・函館、成田修司社長、資本金二百五十万円)は三日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。東京商工リサーチ函館支店調べでは、六億八千九百万円にのぼる見込み。

同社の債権が、函館工機の再建計画に影響を与えるのは必至。函館地裁は二十四日、利害関係人集会を開いて、今後の更生計画を協議する。

北海道新聞
1987/04/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年4月 1日 (水)

大空建設(株)[旭川市]

手張り経営で破綻

建築工事の大空建設(旭川市旭町1条11丁目)は3月31日と4月1日、富良野信金旭川北支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4500万円内外の見込み。

寄宿舎やマンション建設など手張り経営を行い、資金面を圧迫していた。本業の建築業務においても受注高は減少傾向を呈し、資金繰りは多忙化、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/04/13
http://www.tsr-net.co.jp/

誠建設興業(株)[札幌市]

過小資本で破綻

建築工事の誠建設興業(札幌市豊平区月寒東1条3丁目)は3月31日と4月1日、苫小牧信金札幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億5000万円内外の見込み。

自己資本の軟弱さから資金量が伴わず多忙な操作を余儀なくされ、遂に支え切れず今次事態に陥った。なお代表者は不渡りと同時に所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1987/04/13
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1987年3月 | トップページ | 1987年5月 »