« 1987年1月 | トップページ | 1987年3月 »

1987年2月

1987年2月28日 (土)

三信建材(有)[美瑛町]

二回目の不渡り

建設機械販売・運搬の三信建材(登記上=上川郡美瑛町字美瑛原野761番地、事実上=旭川市神居町台場167番地)は2月5日と28日、名寄信金旭川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は8000万円内外の見込み。

仕振りの放漫と業績の不冴えから赤字が累積し、資金の多忙化を招き、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)松本商事[釧路市]

ジリ貧を辿り倒産

暖房器具販売・修理の松本商事(釧路市新川町15番14号)は2月25日と28日、釧路信金鳥取支店・道銀鳥取支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外(内金融債務2300万円)の見込み。

業績はジリ貧傾向を辿り、資金操作は多忙化していた。更に借入金は限度に達していたうえ、今年に入り代表者が入院するというアクシデントが加わり、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

宮崎興産(株)[釧路町]

火災が尾を引く

飼料製造の宮崎興産(釧路郡釧路町大字昆布森村字深山番外地)は12月5日と2月28日、根室信金東支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は9000万円内外の見込み。

昭和59年9月に工場が焼失、60年に新工場を建設、再開したが、元来の資力弱体に加え、火災事故による損失は大きく、遂に支えきれなかった。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

長栄建設(有)[帯広市]

累積欠損金を抱え破綻

建築工事の長栄建設(帯広市西4条南24丁目15番地)は2月25日と28日、帯広信金東支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

過年度からの欠損金を抱えて業容は悪化の傾向を呈し、資金繰りは多忙化していた。このため一時凌ぎに高利資金の導入で切り抜け策を図っていたが、遂に支え切れず今次事態となった。なお代表者は不渡りと同時に所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)岩間製作所[函館市]

二回目の不渡り

空調工事の岩間製作所(函館市港町3丁目8-30)は1月31日と2月28日、函館商工信組亀田支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

昭和60年に自己破産を申請した三協設備に焦げ付いたほか、その後も不良債権の発生があって、銀行借入で切り抜けてきたが、金利負担の増大から収益面の低下を招き、資金繰りが悪化して今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ニコー[札幌市]

店舗を閉鎖し整理入り

コピーサービスのニコー(札幌市中央区南2条東2丁目18番地)は2月28日、北陸銀行札幌支店で不渡り出し、店舗は既に閉鎖し、関係筋に事情説明し整理に入った。負債総額は4000万円内外の見込み。

小規模経営であったうえ、代表者の入院が長引き、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

道扇プラスチック工業(株)[札幌市]

二回目の不渡り

プラスチック加工の道扇プラスチック工業(札幌市北区篠路町篠路361番地)は2月25日と28日、札幌信金光星支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は8000万円内外の見込み。

最近は不況による需要の落ち込みが大きく、売上はジリ貧を辿り低迷していた。更に収益面においても競合の激化から低調で、資金面は多忙操作を余儀なくされ、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)電販[釧路市]

二回目の不渡り

家電販売の電販(釧路市愛国東1丁目24番3号)は10月20日と2月28日、根室信金釧路支店・拓銀釧路支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外(内金融債務3700万円、一般債務6300万円)の見込み。

採算面は資金管理の甘さもあり、銀行借入金の膨張から金利負担増となり一部知己からの恩借で切り抜け策を図ったが、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/09
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)金生堂[北見市]

二回目の不渡り

包装資材販売の金生堂(北見市常盤町6丁目3番15号)は2月25日と28日、北見信金寿支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は6000万円内外の見込み。

同業者間の競合が激しく収益面は低調、累積欠損金を抱えて苦しい資金操作を余儀なくされていたが、今期に入っても業績の低迷が続き、遂に支え切れず今次事態に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1987/03/09
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)協同美工社[札幌市]

二回目の不渡り

とび工事の協同美工社(札幌市豊平区清田7条3丁目)は2月23日と28日、札幌信金清田支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は9000万円内外の見込み。

市況低迷から業績は下降線を辿り、資金操作は多忙化していた。今期に入っても業績は回復しなかったうえ、2月23日に倒産した札幌宣広に融手債が生じたことから、遂に今次事態に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1987/03/09
http://www.tsr-net.co.jp/

内外設備機工(株)[小樽市]

赤字累積で資金ショート

配管工事の内外設備機工(小樽市花園4丁目15番3号)は1月31日と2月28日に北海信金小樽支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。代表者は所在不明。負債総額は3億円(一般債務6525万円、金融債務2億3475万円)に達する。

設立以来収益難が続いて、実質赤字経営となっていたため合理化を図ったものの、ジリ貧を辿って資金面を圧迫していた。最近は金融機関と取引先の支援を得て経営の立て直しを進めてきたが、業績は依然として低迷を続け、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/09
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年2月26日 (木)

野田建設(株)[札幌市]

受注減で破綻

建築工事の野田建設(札幌市白石区中央3条4丁目24番地3)は2月25日と26日、道央信金苗穂支店・北陸銀行苗穂支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億2000万円内外の見込み。

近年は建築業界の不振から下請け業務は低下し、受注先を一般個人住宅に向けたが、業績は回復せず、資金面も多忙化の様相を呈し、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)建生電気工業社[札幌市]

破産宣告及び破産廃止(昭和61年(フ)第172号)

(株)建生電気工業社(札幌市東区北40条東8丁目10番地)は2月26日、札幌地裁から破産宣告・破産廃止決定を受けた。

1987/01/24
札幌地方裁判所民事第四部

1987年2月25日 (水)

三照木材(株)[小樽市]

焦げ付きの発生が響く

木材販売の三照木材(小樽市松ヶ枝1丁目26番5号)は1月31日と2月25日、道銀小樽支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

市況の低迷などから売上はジリ貧傾向を辿り、加えて1月に主要取引先であった三喜に2400万円内外の不良債権が発生、資金繰りに狂いを生じ、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)永谷乳販[室蘭市]

事業外に資金流出

乳製品・清涼飲料販売の永谷乳販(室蘭市東町4丁目24番8号)は2月17日と25日、拓銀東室蘭支店で不渡り事故を起こし、銀行取引停止処分となった。営業は続行している。負債総額は浴場部門を含め1億9000万円内外の見込み。

代表者個人で「汐見湯」を経営してきたが、昭和60年12月に総工費1億2000万円内外を投入した改装が負担となり、当社の資金繰りも悪化し、今次事態に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1987/03/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)彩召[旭川市]

二回目の不渡り

呉服販売の彩召(旭川市5条通7丁目右3号)は2月13日と25日、遠軽信金旭川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。再建へ向け営業は続行している。負債総額は6000万円内外の見込み。

近年は消費低迷から売上が伸び悩んでいたうえ、元来の過小資本でもあり苦しい資金操作を強いられていたため、一部仕入先との融手操作で凌いできたものの、1月31日に融手先の福一(京都)の倒産により、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/09
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年2月23日 (月)

(株)札幌宣広[札幌市]

融手介在し倒産

看板、ネオン取付工事の札幌宣広(札幌市白石区厚別西3条1丁目37番1号)は2月20日と23日、拓銀北都支店ほかで不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4億6000万円内外(内金融債務2億円)の見込み。

業績の上昇に伴い資金需要は多忙化、更に昭和60年5月に社屋の新築で資金の固定化を招き資金繰りは悪化の一途を辿った。一時凌ぎとして融手操作に走り、融手先の倒産で資金手詰まりを起こし、遂に今次事態となった。代表者はすでに所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1987/03/02
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)昭和ネオン社[札幌市]

破産宣告(昭和62年(フ)第23号)

(株)昭和ネオン社(札幌市中央区南10条西21丁目89番地の1)は2月23日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は松浦正典弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和62年3月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年4月21日午後1時30分。

1987/03/11
札幌地方裁判所民事第四部

1987年2月20日 (金)

(株)ケーケー社[札幌市]

札幌宣広に連鎖

看板製作のケーケー社(札幌市白石区厚別西3条2丁目5番14号)は2月17日と20日、協和銀行札幌支店・埼玉銀行札幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。

低収益率で推移していたうえ、系列の札幌宣広が資金破綻を来たし、その影響を受けて資金繰りは多忙化、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/09
http://www.tsr-net.co.jp/

協和興産(株)[帯広市]

手詰まりが表面化

建売住宅販売の協和興産(帯広市西1条南16丁目6番地)は1月31日、帯広信金大通支店ほかで不渡りを出し、2月20日債権者会議を開き、手詰まりが表面化した。負債総額は2億8200万円内外の見込み。

市況低迷から売上は減少、赤字を内包し資金操作は逼迫状態に陥った。このため仕入先に手形ジャンプを要請したものの、話し合いは不調に終わり今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/03/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年2月18日 (水)

(株)新田建材店[厚真町]

任意整理入りの模様

建材・住設機器販売の新田建材店(勇払郡厚真町表町99番地)は2月18日、在庫商品を引き揚げられ営業続行不可能となり、任意整理入りの模様。負債総額は5000万円内外の見込み。

近年は市況悪化からジリ貧を辿り、更に不良債権も発生して累積欠損金を抱えて業績は悪化した。このため仕入筋に商品を引き揚げられて見通しが立たず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年2月17日 (火)

不二測量設計(株)[北見市]

二回目の不渡り

測量業の不二測量設計(北見市常盤町5丁目13番10号)は2月16日と17日、北見信金西支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億2000万円内外の見込み。

最近の年商は低迷を続け、加えて放漫経営から資金面の多忙化を余儀なくされ、高利資金の導入や恩借などで繰り回していたため債務が膨らみ、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/03/02
http://www.tsr-net.co.jp/

石山工業(株)[広島町]

二回目の不渡り

土木工事の石山工業(札幌郡広島町字共栄9番地6)は2月10日と2月17日、道相銀広島支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円内外の見込み。

下請け工事が多かったうえ経費もかさみ、収益面は低調で資金操作は多忙化していた。このため融手操作で切り抜けていたものの、遂に破綻を来たし今次事態となった。代表者は2月10日頃から所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1987/03/02
http://www.tsr-net.co.jp/

太田建設(株)[室蘭市]

室蘭の太田建設が倒産

【室蘭】太田建設(本社・室蘭市、資本金六千万円)は十七日、札幌地裁室蘭支部に自己破産を申請して受理され、倒産した。帝国データバンク室蘭支店、東京商工リサーチ室蘭支店によると負債総額は約十六億円。

同社は六十年度の売上高二十九億千三百万円の中堅建設会社。受注の五割は官公庁から受ける安定経営だったが、六十年十一月に札幌での工事で約三億円の焦げ付きを生み、信用不安から業績が落ち込んでいた。

北海道新聞
1987/02/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年2月14日 (土)

新札幌建設(株)[札幌市]

任意整理へ

建築工事の新札幌建設(札幌市西区山の手5条9丁目3番25号)は2月14日、債権者会議を開き、伊藤信賢弁護士に一任して整理入りを表明した。なお、2月10日に拓銀琴似支店で不渡りを出している。負債総額は3億円内外(内金融債務1億5000万円)の見込み。

昭和59年、大谷地マイホームセンターにモデルハウスを開設したが、維持費が大きく負担となっていたため、今期に入りアパート建築に進出する一方、マイホームセンターから撤退、経営の立て直しを図っていたが代表者が倒れ入院、後継者がなかったことから今回の措置となった。

東京商工リサーチ
1987/02/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年2月12日 (木)

丸王切留水産(株)[函館市]

連鎖倒産

水産物仲介の丸王切留水産(函館市豊川町10番15号)は1月31日と2月12日、青森銀行函館支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億4000万円内外の見込み。

主要取引先の豊物産(函館)、木村水産(上ノ国)が相次いで倒産したことから、1月28日に取引先に支援を要請したものの不調に終わり、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/03/02
http://www.tsr-net.co.jp/

北開商事(株)[北見市]

破産宣告(昭和62年(フ)第27号)

北開商事(株)(北見市美山町68番地4)は2月12日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は今泉賢治弁護士(北見市)。

債権届出の期間は昭和62年3月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和62年4月21日午後2時。

1987/03/09
釧路地方裁判所北見支部

1987年2月10日 (火)

星勝運輸(有)[釧路市]

設備過大と焦げ付きから

運送業の星勝運輸(釧路市星が浦北2丁目1番29号)は1月12日と2月10日、北見信金釧路支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億5000万円内外の見込み。

砂利、砂の運搬を主体に営業し、積極的な増車で業容を拡大した。しかし、この設備投資が負担となっていたところへ、焦げ付きが発生したため資金面が急速に悪化し、冬場の閑散期による売上減も手伝って、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/02/23
http://www.tsr-net.co.jp/

東建工業(株)[旭川市]

【旭川】土木・重機賃貸業の東建工業(本社・旭川、資本金二千五百七十万円)は十日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は八億円前後の見込み。帝国データバンク旭川支店によると七億円。

同社は当初、石狩管内のほ場整備を行っていたが、六十年から関東地方に重点を移し、翌年には茨城県笠岡市に事業所を設け、主にゴルフ場造成などの下請け工事をしていた。六十一年三月期は四億六千万円、今期は七億円(見込み)と売り上げを伸ばしたが、借入金も急増し、さらに不良債権を抱え、行き詰まった。

北海道新聞
1987/02/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年2月 9日 (月)

(有)函館ウインド[函館市]

和議申請

内装工事・ショーケース販売の函館ウインド(函館市新川町27番2号)は1月16日、拓銀昭和通支店で不渡り事故を起こし、2月9日函館地裁に和議開始を申請し、同日財産保全命令が出され、事実上倒産した。負債総額は1億4000万円内外(内金融債務8300万円)の見込み。

近時は市況の停滞と競合からジリ貧を辿り、収益性も低下して赤字経営を余儀なくされていた。この間に不良債権も発生、資金繰りは多忙化し、主仕入先に手形ジャンプを要請するも不調に終わり、遂に支え切れず今回の措置となった。なお、和議条件として60%カット、40%は10年返済を予定している。

東京商工リサーチ
1987/02/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年2月 5日 (木)

(有)丸十産業[札幌市]

二回目の不渡り

折箱製造の丸十産業(札幌市豊平区月寒中央通2丁目4番12号)は1月5日と2月5日、北洋相銀月寒支店・札幌信金月寒支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

昭和59年4月に夕張に工場を新設したが、採算ラインに乗らないため、61年には工場、機械を賃貸していた。しかし、設備投資が負担となっていたうえ、最近不良債権が生じ、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/02/23
http://www.tsr-net.co.jp/

北海道コーキング(有)[札幌市]

二回目の不渡り

防水工事の北海道コーキング(札幌市北区太平9条2丁目53番地)は1月5日と2月5日、拓銀篠路支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

昨今の不況もあり受注状況は伸び悩んでいたうえ、元々過小資本であったことから資金操作は多忙化していた。加えて業績不振から対外信用度も低下し、資金調達にも支障を来たし、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1987/02/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)横山建装[帯広市]

業績不振で不渡り

内装工事の横山建装(帯広市西9条南13丁目1番地)は2月5日、北見信金しらかば支店で1回目の不渡り事故を起こし、代表者は所在を絶ち整理入りの模様。負債総額は9000万円内外の見込み。

昭和59年度には不良債権の発生、受注不振などで欠損金を計上、60年度も業績は回復せず連続して欠損金を計上し資金繰りは多忙化、遂に支え切れず不渡り事故を起こした。

東京商工リサーチ
1987/02/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)キムラ商行[網走市]

二回目の不渡り

機械工具・資材販売のキムラ商行(網走市南2条西2丁目19番地1)は1月31日と2月5日、北洋相銀網走支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は6000万円内外(内金融債務1000万円)の見込み。

収益面が低調であったことと自己資本不足から多忙な資金操作を強いられていた。更に今期は売上減少もあって、高利資金導入で切り抜けていたものの、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/02/16
http://www.tsr-net.co.jp/

山城工研産業(株)[札幌市]

多額の欠損金を抱え倒産

建築工事の山城工研産業(札幌市白石区栄通16丁目4番48号)は1月31日と2月5日、北陸銀行白石支店で不渡り事故を起こし、銀行取引停止処分を受け、経営の行き詰まりが表面化した。負債総額は1億9500万円内外(内金融債務5800万円)の見込み。

近時はマンション工事を手掛けるなど業容の拡大を目論んだが、代表者の計画の甘さから累積欠損金を抱え、資金繰りは悪化の一途を辿り、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/02/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年2月 4日 (水)

クラウン商販(株)[札幌市]

家具、事務用品卸のクラウン商販が倒産

スチール家具、事務用品卸のクラウン商販(本社・札幌)は四日、札幌地裁から破産宣告を受け、倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店、信用交換所北海道支社によると、負債総額は十―十二億円。

同社は三十八年十一月に設立。スチール家具やインテリア用品などを販売し、ピーク時の五十六年九月期には十七億一千二百八万円の売上高があった。しかし、五十八年に倒産した納入先の砂利販売会社(札幌)に一億二千百九十万円の焦げつきが発生したのに加え、ここ数年の売り上げの伸び悩みなどで行き詰まった。

北海道新聞
1987/02/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

小林漁業(株)[紋別市]

紋別の小林漁業が倒産 負債7億円

【紋別】底引き網漁業の紋別市南が丘町二、小林漁業(資本金一千万円)は四日、二回目の不渡り手形を出して銀行取引停止処分となり、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク北見支店によると、負債総額は七億円。

同社は三十三年に設立され、六十年度の水揚げ高は三億円。しかし、五十五年に三億六千万円をかけて建造した大進丸(一二四トン)が昨年、減船対象となったことから、水揚げがなくなり、累積赤字が膨らんでいた。網走管内の減船倒産は二社目。

北海道新聞
1987/02/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1987年2月 3日 (火)

稲積自動車販売(株)[札幌市]

二回目の不渡り

中古車販売の稲積自動車販売(札幌市西区前田6条6丁目1番13号)は1月31日と2月3日、北洋相銀手稲前田支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3600万円内外(内金融債務500万円)の見込み。

設立後日が浅く、収益面も低調であったことから過小資本の域を脱せず、余力に欠ける資金操作を余儀なくされていた。更に最近になっても業績は好転せず、経営の多角化を開始したが、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1987/02/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1987年2月 2日 (月)

札幌マツバラ(株)[札幌市]

焦げ付きから破綻

貴金属・事務用品販売の札幌マツバラ(札幌市中央区南10条西10丁目)は1月31日と2月2日、札幌信金山鼻支店・北洋相銀中央区民センター支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5000万円内外(内金融債務7000万円)の見込み。

昭和60年10月に不良債権が発生、以来資金繰りは多忙化していた。加えて今年度に入り、業績は低調に推移、資金面は悪化の一途を辿り、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/02/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)華の湯ホテル[弟子屈町]

川湯温泉 華の湯ホテルが和議申請

【弟子屈】川湯温泉の中堅ホテル「華の湯ホテル」(釧路管内弟子屈町川湯市街地屈斜路通一一、資本金二千六百五十万円)は二日、釧路地裁に和議申請をし事実上倒産した。民間信用調査機関、東京商工リサーチ釧路支店によると、負債額は約四億円。

三日までに同地裁から保全命令が出され、営業は続行する。

同ホテルは昭和三十七年、個人営業から法人に改組。客室六十七室、定員三百人の中堅ホテル。

北海道新聞
1987/02/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1987年1月 | トップページ | 1987年3月 »