« 1986年8月 | トップページ | 1986年10月 »

1986年9月

1986年9月30日 (火)

(有)はやしタイル商会[札幌市]

破産宣告(昭和61年(フ)第164号)

(有)はやしタイル商会(札幌市豊平区中の島1条7丁目1番1-713号)は9月30日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋剛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和61年11月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年12月8日午後1時30分。

1986/10/18
札幌地方裁判所民事第四部

(株)マルゼン商販[札幌市]

不渡りを出し事実上倒産

呉服販売のマルゼン商販(札幌市豊平区月寒東3条3丁目)は、昭和60年10月頃より休業状態であったが、9月30日に道銀白石支店で不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

昭和60年9月頃、社員の不祥事により多額の損害を被り、資金面を圧迫して営業不能に陥り休業状態にあった。更に仕入先である中専の倒産により遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/11/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)雷電運輸[岩内町]

資金ショート

運送業の雷電運輸(岩内郡岩内町字敷島内2番地)は3月31日と9月30日、岩内信金本店・小樽商工信組岩内支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7000万円内外の見込み。

設備投資負担に不良債権の発生も加わって多額の欠損金を抱え、資金繰りを圧迫していたもので、今次事態となったが、営業は続行中である。

東京商工リサーチ
1986/10/27
http://www.tsr-net.co.jp/

道北鋳造(株)[旭川市]

整理入りへ

鋳造業の道北鋳造(旭川市永山町7丁目8番地)は9月30日、旭川信金流通団地支店で不渡り事故を出し、従業員を解雇して整理に入っている。負債総額は5000万円内外の見込み。

受注の60%を占めていた道北機械が9月16日に和議を申請したことから、営業続行が不可能となり、連鎖倒産に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1986/10/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)岩本林業[門別町]

二回目の不渡り

木材販売の岩本林業(沙流郡門別町字清畠89番地1)は9月10日と30日、苫小牧信金厚賀支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

需要の低迷などから年商は落ち込み、在庫負担と採算性の低下から資金面は悪化していた。このため恩借などで繰り回していたが、その後も業況は回復せず、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/10/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)マルシン平井鉄工[札幌市]

資金調達に失敗し破綻

鉄工業のマルシン平井鉄工(札幌市東区東苗穂15条3丁目686番地)は9月29日と30日、道銀札苗支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

今年に入り設備投資を行ったものの、一部資金調達に失敗し資金操作は多忙化した。打開策として未払金を長期分割手形に切り替えたものの、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1986/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)菅原左官工務店[滝川市]

赤字経営で融手介在

左官工事の菅原左官工務店(滝川市朝日町東2丁目4番1号)は7月31日と9月30日、道央信組黄金支店・北空知信金滝川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は8500万円内外の見込み。

近年は市況悪化から業績は低調に推移し、毎期のごとく不良債権が発生して累積欠損金を内包、資金繰りは多忙化していた。このため融手操作で切り抜けを図っていたが融手先も倒産。融手債を負い遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

アルプス工芸(株)[中標津町]

受注不振が響く

店舗設計のアルプス工芸(標津郡中標津町字俵橋18番地)は9月1日と30日、根室信金中標津支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3200万円内外の見込み。

今期に入ってからは受注の伸び悩みで、資金繰りは多忙に推移、恩借などで凌いでいたものの、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

益子板金工業(株)[室蘭市]

整理入りへ

板金工事の益子板金工業(室蘭市宮の森町3丁目10番4号)は9月30日、北洋相銀東室蘭支店で不渡りを出し、代表者は所在を絶ち整理入りとなった。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

昨今の不況から完工高は減少したうえ、最近2年間は不良債権も続発して多忙な資金操作を余儀なくされていた。加えて昭和58年9月に代表者個人で新築した工場兼賃貸マンションも重荷となり、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

蛋白産業(株)[網走市]

計画の失敗で

飼料原料加工の蛋白産業(網走市能取港町3丁目5番地2)は9月30日、二回目の不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5億円内外(一般債務1億5000万円、金融債務3億5000万円)内外の見込み。

肉食動物用の飼料原料を製造していたが、へい死獣の確保に変動があり予期した売上が得られず、設備投資が重荷となっていた。このため昭和60年5月、肥料の生産販売のため白老町の工場を買収、資金を投下したが、これが資金面逼迫に拍車を掛ける結果となり、稼働の目途も立たないまま、融手操作などで繰り回し、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/10/13
http://www.tsr-net.co.jp/

ゴーリカ(株)[札幌市]

汚水処理のゴーリカ倒産、負債19億円

汚水処理プラント販売業のゴーリカ(本社・札幌、資本金一千万円)は九月三十日、札幌地裁に和議を申請し、事実上、倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社調べで、負債総額は約十九億円。

同社は昭和四十六年、汚水処理プラントを中心に各種建設用機械、生コンの販売を目的に設立。その後、系列会社の協力を得て省電力設備の開発、販売などにも乗り出し、売上高は六十一年三月期で二十四億九千万円に上った。しかし、省電力設備の販売を機に多額の設備投資を行ったが、採算割れを強いられ、一部取引先との取引減少もあって、行き詰まった。

北海道新聞
1986/10/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)中専[札幌市]

中専が任意整理 呉服卸

呉服卸の中専(本社・札幌)は三十日までに任意整理を決めた。民間信用調査機関の信用交換所道支社によれば、負債総額は十二億円。十月二日に債権者会議を開く。同社は四十七年の創業で、六十一年三月期の売り上げは十億一千万円。呉服離れによる売り上げ減と貸し倒れの発生などで資金繰りが悪化していた。

北海道新聞夕刊
1986/09/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年9月26日 (金)

(株)北陽塗装工業[札幌市]

破産宣告(昭和61年(フ)第165号)

(株)北陽塗装工業(札幌市北区北28条西5丁目884番地)は9月26日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は長谷川英二弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和61年11月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年12月5日午後3時。

1986/10/18
札幌地方裁判所民事第四部

(株)知床観光センター[斜里町]

二回目の不渡り

ドライブイン経営の知床観光センター(斜里郡斜里町大字遠音別村字ウトロツクシ1番地)は9月25日と26日、網走信金斜里支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3億円内外(一般債務1億円、金融債務2億円)の見込み。

昭和61年1月期は、当初予定した売上高を下回ったことから赤字経営が続き、設備投資が負担となっていた。このため高利資金を利用して繰り回してきたものの、業績は回復せず遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/10/06
http://www.tsr-net.co.jp/

小田鋼業建設(株)[室蘭市]

日鋼関連会社が倒産 室蘭の小田鋼業建設 合理化提案後で初

【室蘭】日鋼室蘭製作所の関連建設業、小田鋼業建設(本社・室蘭市茶津町三八ノ一、資本金三千五百万円)は二十六日、札幌地裁室蘭支部に商法に基づく整理を申し立て、保全命令が出たことから事実上、倒産した。負債総額は約五億円。

民間の信用調査機関、東京商工リサーチ室蘭支店によると、日鋼構内の造改築工事を請け負っていた同社は、日鋼からの受注が減少、五十九年、室蘭市内でスイミングスクールを開業するなど事業多角化を図ったが、軌道に乗らなかった。六十年六月期の売り上げ三億六千万円から六十一年六月期には二億四千万円に急落、当期損失一億三千万円に上って資金繰りが悪化し行き詰まり、二十五日に第一回の不渡り手形を出した。

日鋼が八月、合理化を提案した後、関連会社が倒産したのは初。合理化案では小田鋼業建設も二人を受け入れることになっていた。

北海道新聞
1986/09/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年9月25日 (木)

(株)学研映画配給社[札幌市]

販売不振でつまずく

映画フィルム教材販売の学研映画配給社(札幌市東区北27条東13丁目)は9月10日と25日、拓銀美香保支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外の見込み。

今年度に入り同業他社との競合から極度の販売不振に陥り、元来過小資本であったことから資金繰りは多忙化、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1986/10/20
http://www.tsr-net.co.jp/

釧都漁類(株)[釧路市]

親会社の連鎖

水産物加工の釧都漁類(釧路市星が浦6丁目6番12号)は9月16日と25日、釧路商工信組鳥取支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億円内外の見込み。

豊島興運の子会社として設立されたが、最近は休業状態にあった。昭和61年にミール工場、汚水処理工場、飼肥料工場が完成し、営業開始の運びとなっていたが、資金調達の失敗と親会社の倒産で、先行きの見通しが立たないまま、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/10/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1986年9月24日 (水)

(株)松浦組[帯広市]

ビル建設型枠工事 帯広の松浦組倒産

【帯広】ビル建設の型枠工事では十勝管内最大手の松浦組(本社・帯広、資本金一千万円)は二十四日、二度目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ帯広支店によると負債は三億五千万円、帝国データバンク帯広支店によると五億円。同社は昭和九年の創業。ピーク時の五十六年には年間八億円の工事高があったが、ここ数年、大型工事の減少で業績不振に陥り、資金繰りが行き詰まった。

北海道新聞
1986/09/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年9月22日 (月)

永和食品(株)[札幌市]

二回目の不渡り

珍味販売の永和商事(札幌市東区北15条東8丁目)は9月16日と22日、札幌中央信組本店で不渡り事故を起こし、26日銀行取引停止処分となり、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外(内金融債務1000万円)の見込み。

昭和61年3月期において、札幌市内および千歳方面の市場内に相次いで小売部を開設して権利金、商品在庫などに資金を固定化したほか、手形を詐取されるというハプニングが加わり資金繰りは悪化、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/10/06
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)ソトザキ印刷[釧路市]

設備投資が重荷となる

印刷業のソトザキ印刷(釧路市城山1丁目8番17号)は9月18日と22日、釧路商工信組本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は6500万円内外の見込み。

市況の低迷および過当競争から年商は減少、このため昭和59年に導入した印刷機械の設備が資金圧迫を招き、資金操作は悪化、この間一部市中金融で手形を割引き切り抜けていたものの、採算性は更に悪化し、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1986/10/06
http://www.tsr-net.co.jp/

豊島興運(有)[釧路市]

多角経営に失敗

運送業の豊島興運(釧路市星が浦南6丁目6番12号)は9月16日と22日、釧路商工信組鳥取支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億8000万円内外の見込み。

昭和61年度に入り、別会社として隣接地に水産物を原料とした飼料工場を新設し拡大を図った。しかし、当初から資金計画は甘く、事前に手形を振出したが、資金手当てがつかず、遂に今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1986/10/06
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)北海道ソフトサービス[札幌市]

二回目の不渡り

ソフト販売の北海道ソフトサービス(札幌市北区北7条西2丁目)は9月16日と22日、拓銀札幌駅北口支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は7700万円内外の見込み。

ミロク経理(東京)、日本インテリジェントターミナル(東京)を主取引先にソフトウエア開発を行なっていたが、両者は昨年8月に倒産、融手関係もあったことから、連鎖倒産に追い込まれた。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

牧内木材工業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和61年(フ)第157号)

牧内木材工業(株)(札幌市中央区北5条西13丁目1番地)は9月22日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和61年10月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年11月28日午後3時。

1986/10/06
札幌地方裁判所民事第四部

1986年9月17日 (水)

広栄装備(株)[室蘭市]

和議開始(昭和61年(コ)第1号)

広栄装備(株)(室蘭市祝津町1丁目5番21号)は9月17日、札幌地裁室蘭支部から和議手続開始決定を受けた。

管財人は芝垣美男弁護士(室蘭市)。

債権届出の期間は昭和61年10月24日まで、債権者集会の期日は昭和61年11月5日午前10時。

1986/10/03
札幌地方裁判所室蘭支部

(株)エンタープライズ建設工業[札幌市]

二回目の不渡り

内装・営繕工事のエンタープライズ建設工業(登記上=札幌市南区川沿7条3丁目、事実上=札幌市中央区南2条西10丁目)は9月11日と17日、道相銀藻岩支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

昭和59年春に未収金が生じ、同5月に一度不渡り事故を起こしたが、以後、関係筋の協力で乗り切り、体制の立て直しを図ってきたが、資金面は依然として多忙に推移していた。更に60年度の完工高は低下、遂に支え切れず今次事態に陥った。

東京商工リサーチ
1986/10/06
http://www.tsr-net.co.jp/

1986年9月16日 (火)

(株)ビホロ自動車サービスセンター[美幌町]

二回目の不渡り

中古車販売のビホロ自動車サービスセンター(網走郡美幌町字栄町1丁目13番地)は9月1日と16日、北見信金美幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。代表者を交代して営業続行の意向。負債総額は4500万円内外(一般債務1500万円、金融債務3000万円)の見込み。

ピーク時の昭和54年12月期以後はジリ貧傾向を辿り、累積欠損を抱えて苦しい資金操作を余儀なくされていた。その間手形ジャンプなどで切り抜けてきたものの、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/10/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)三ツ野商店[小樽市]

販売不振で行き詰まる

経木・割箸・包装資材販売の三ツ野商店(小樽市色内1丁目15番4号)は9月5日と16日、道銀小樽支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1000万円内外の見込み。

市況の悪化と同業他社との競合から業績はジリ貧を辿り、加えて過小資本から資金繰りは多忙化、遂に支え切れず今次事態に陥った。なお、商品はすでに返品されており、最終的には負債総額は縮小される見込み。

東京商工リサーチ
1986/10/06
http://www.tsr-net.co.jp/

道東冷機(株)[釧路市]

二回目の不渡り

冷凍ケース販売・据付の道東冷機(釧路市白金町23番19号)は9月5日と16日、道銀鳥取支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

業績面は低調で資金面は悪化していた。このため支援を要請すべく関係筋と折衝していたが不調に終わり、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)三立綜合鉄工[釧路市]

二回目の不渡り

機械製作・修理の三立綜合鉄工(釧路市星が浦北4丁目2番3号)は9月5日と16日、道銀鳥取支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。

収益面は低調であったことから自己資本は弱体の域を脱せず、多忙な資金操作を余儀なくされていた。一時凌ぎとして関係筋から手形を借りるなどで乗り切りを図っていたが、遂に支え切れず今次事態となった。

負債総額は7000万円内外の見込み。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)西館家具店[旭川市]

ジリ貧を辿り破綻

家具販売の西館家具店(旭川市5条通7丁目右5号)は9月10日と16日、商工中金旭川支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億3000万円内外の見込み。

近年は市況の低迷と同業他社との競合から売上高はジリ貧傾向を辿り収益性も悪化、累積欠損金を内包していた。更に今年度も売上減少が一段と強まり、資金繰りは多忙化し遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)建システムズ[札幌市]

鉄北木材に連鎖

不動産企画・設計の建システムズ(札幌市中央区宮ケ丘434番地24)は9月10日と16日、北洋相銀西線支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億8000万円内外の見込み。

経理面を担当していた鉄北木材の代表者が、当社の手形を振出し流用していたものである。鉄北木材は9月8日に倒産、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)山一北陵建設[札幌市]

破産宣告(昭和61年(フ)第140号)

(株)山一北陵建設(札幌市豊平区豊平3条4丁目17番地福島ビル)は9月16日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は坂本彰弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和61年10月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年11月28日午後1時30分。

1986/09/29
札幌地方裁判所民事第四部

道北機械(株)[旭川市]

旭川の道北機械倒産 負債25億

【旭川】各種産業機械の製作・工事業の道北機械(本社・旭川、資本金四千万円)は十七日までに旭川地裁に和議を申請、事実上倒産した。民間の信用調査機関、東京商工リサーチ、帝国データバンクなどによると、負債総額は約二十五億円。

同社は二十二年に一般産業機械の製作・工事、修理業として設立。道内から道外にも販路を開き、最近は一般産業機械を中心に、水処理機械・公害防止機械などにも拡大していた。五十五年以降、毎年二十億円台の年商をあげ道北でトップの位置を占めていたが、多額の不良債権を抱えるなどして五十九年十二月からは赤字に転落。支援を要請していたマルホン興産(本社・横浜)が九月十日、東北機械工業(本社・一関)が同十六日に相次いで倒産したため、経営が行き詰まった。

北海道新聞
1986/09/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年9月12日 (金)

(有)早川重機[札幌市]

破産宣告(昭和61年(フ)第155号)

(有)早川重機(札幌市豊平区月寒西1条10丁目3番4チユリス月寒409、登記簿上札幌市豊平区月寒西1条9丁目464番地1)は9月12日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は坂原正治弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和61年10月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年11月18日午後1時30分。

1986/09/29
札幌地方裁判所民事第四部

1986年9月11日 (木)

ふじ興産(株)[厚真町]

厚真町 砂利採取、販売のふじ興産倒産

【厚真】砂利を採取、販売しているふじ興産(胆振管内厚真町、資本金三千万円)は十一日午後、札幌地裁室蘭支部に自己破産を申請し、事実上倒産した。帝国データバンク苫小牧支店によると、負債総額は約七億六千万円、東京商工リサーチ苫小牧支店によると同約七億円。

北海道新聞
1986/09/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年9月10日 (水)

(株)カネサほくしん[札幌市]

二回目の不渡り

内装工事・組立ハウス販売のカネサほくしん(登記上=札幌市東区苗穂町12丁目1番地、事実上=札幌市豊平区清田4条1丁目153番地)は7月31日と9月10日、道銀創成支店で不渡り事故を起こし、銀行取引停止処分を受け、事実上倒産した。負債総額は6億5000万円内外の見込み。

販売先の倒産から不良債権が発生するなど苦しい資金操作を余儀なくされていたところへ、最近は回収遅延も加わり、資金面は逼迫状態に陥っていた。この間恩借などで切り抜けていたものの、、事態は好転せず遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/10/06
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)山梨堂[札幌市]

二回目の不渡り

印章販売・印刷の山梨堂(札幌市北区北19条西5丁目)は8月26日と9月10日、空知信金札幌北支店で不渡り事故を起こし、銀行取引を停止された。営業は続行している。負債総額は1億6000万円内外の見込み。

今年の春に、市内北区新琴似8条12丁目に3階建てのビルを土地共買収し、事実上の本社兼印刷工場としていたが、売上不振も加わって今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)東伸[札幌市]

手詰まりを表面化

原木・製材販売の東伸(札幌市西区稲穂2条7丁目)は9月10日、道銀手稲支店で不渡り事故を起こし、経営の手詰まりを表面化した。一旦整理の模様。負債総額は2億円内外の見込み。

設立後日が浅く元々自己資本が乏しかったところへ、主取引先である鉄北木材が倒産し不良債権が生じ、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

1986年9月 9日 (火)

北栄ホンダ(株)[釧路町]

二回目の不渡り

中古車販売の北栄ホンダ(釧路郡釧路町国誉4丁目4番地5)は9月3日と9日、根室信金東支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は1億5000万円内外の見込み。

不況の浸透で年商は落ち込み、今年に入ってからは規模を縮小するなどの合理化で対処していたが、業績は好転せず、8月中旬に代表者が所在不明となり、破綻を表面化させていた。すでに事務所および工場は閉鎖されており、車輌在庫は引き揚げられている。

東京商工リサーチ
1986/09/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1986年9月 8日 (月)

(有)かとう食品[江別市]

二回目の不渡り

仕出し給食弁当のかとう食品(江別市2条5丁目3番地)は9月5日と8日、石狩中央信金本店・道銀野幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は9000万円内外の見込み。

同業他社との競合激化もあり販売不振に陥り、収益面も低調に推移していた。打開策として合理化に着手していたものの、内部的な問題もあった模様で、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)三興木材[枝幸町]中頓別加工(株)・中頓別木材(株)[中頓別町]

中頓別、枝幸でも

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチと信用交換所旭川支局によると、事実上倒産した木材問屋「鉄北木材」(本社・札幌)に連鎖して宗谷管内枝幸町と中頓別町の製材業者や木材問屋三社が八日までに一回目の不渡り手形を出し、経営が行き詰まった。負債総額は三社で十九億八千万円にのぼる見込み。

経営が悪化したのは原木・製材仕入れ販売業「三興木材」(本社・枝幸町)、「中頓別加工」(同・中頓別町)、「中頓別木材」(同・同)の三社。各社はいずれも鉄北木材と製品供給や資金面でつながりが深かった。

北海道新聞
1986/09/09
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年9月 6日 (土)

(株)北海道コール[札幌市]

二回目の不渡り

石炭販売北海道コール(札幌市中央区南1条西7丁目)は9月5日と6日、室蘭信金札幌支店・旭川信金札幌支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は6000万円内外の見込み。

空知管内栗沢町の万字炭山にズリ山から石炭を採取するプラントを設置し操業していたが、延べ払いとしていたプラント設備の決済に追われて、資金繰りは多忙を余儀なくされ、恩借で切り抜けてきたものの、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/09/22
http://www.tsr-net.co.jp/

フジタ木材(有)[津別町]

津別でフジタ木材

【津別】製材、チップ生産の網走管内津別町のフジタ木材(資本金一千万円)は六日、釧路地裁網走支部に和議を申請、八日までに財産保全命令が出て事実上倒産した。東亜興信所によると、負債総額は七億四千五百万円にのぼる見込み。

同社は二十八年設立、ピークの六十年度には六億四千万円の売り上げがあった。しかし、工場建設など設備投資が重なって資金繰りが苦しいところへ、八日に経営が行き詰まった鉄北木材に多額の焦げ付きが発生し、連鎖倒産した。

北海道新聞
1986/09/09
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年9月 5日 (金)

オガワ(有)[江別市]

二回目の不渡り

贈答品販売のオガワ(江別市4条7丁目6番地)は9月1日と5日、北洋相銀江別支店・石狩中央信金本店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は8000万円内外の見込み。

当初は婦人洋服店を手掛け、一時は量販店にも支店を開設するなど業容を拡大していた。しかし婦人服の伸び悩みから贈答品販売を併営したが、依然として婦人服部門は伸び悩み撤退、贈答品販売に絞って経営の立て直しを図ったものの、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/09/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)北伸設備工業[札幌市]

二回目の不渡り

管工事の北伸設備工業(札幌市西区前田8条10丁目6番21号)は9月3日と5日、道相銀手稲支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は2億円内外の見込み。

不良債権の散発もあり、自己資本は弱体の域を出ず、更に昭和60年4月に井村建設、61年1月に丸和建設に大口の不良債権が相次ぎ、関係筋の支援で切り抜けていたものの、業績は好転せず、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/09/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ゴム産業[室蘭市]

行き詰まりが表面化

工業用ゴム製品加工のゴム産業(室蘭市東町2丁目6番7号)は9月5日、北洋相銀輪西支店・道銀輪西支店で不渡りを出し、経営の行き詰まりが表面化した。負債総額は8000万円内外の見込み。

十川商事のゴム部門を分離して設立されたが、不況の影響で赤字経営となっていた。9月初めに代表者が交通事故で入院したことから資金手当ができず、親会社の十川商事と共に不渡り事故を起こし、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)長谷川木材店[美幌町]

美幌の長谷川木材が不渡り

【美幌】製材、建材販売の網走管内美幌町美禽、長谷川木材店(資本金八百万円)は五日、一回目の不渡り手形を出し、商品の引き揚げで休業状態となった。民間信用調査機関の東亜興信所によると、負債総額は八億二千万円にのぼる見込み。

同社は五十四年に設立。六十年度は三億五千万円の売り上げがあったが、同日行き詰まった札幌の鉄北木材と連鎖、行き詰まった。

北海道新聞
1986/09/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

鉄北木材(株)[札幌市]

札幌の鉄北木材 経営行き詰まる

原木、製材卸の鉄北木材(本社・札幌)は五日、一回目の不渡り手形を出し、経営が行き詰まった。主力の岩見沢工場は三日までに債権者が機械設備を引き揚げ、休業状態となっている。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によれば、負債総額は約四十億円にのぼる見込み。

同社は中堅木材問屋で、六十年度の売り上げは四十億円。積極策で販売を伸ばしながらも、木材・建築不況のあおりで収益性が落ちていた。今年五月に岩見沢工場を一億三千万円で買収したが、資金繰りに苦しみ、一部取引先との融通手形操作で不足資金の穴埋めを行ってきた。

北海道新聞
1986/09/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

鉄北木材が倒産 連鎖広がる

経営が行き詰まっていた原木、製材卸の鉄北木材(本社・札幌)は八日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。帝国データバンク札幌支店、東京商工リサーチ道支社によると負債総額は約四十億円。道内一円の木材店を得意先としていた。

北海道新聞
1986/09/09
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)十川商事[室蘭市]

整理入りの模様

産業機械・工業用ゴム製品販売の十川商事(室蘭市東町2丁目6番7号)は9月5日に北洋相銀輪西支店・道銀輪西支店で不渡りを出し、10日債権者会議を開いた結果、整理入りとなる模様で、債権委員5名を選出する運びとなっている。負債総額は7億円内外に達する見込み。

鉄鋼不況により業績の低迷を余儀なくされ、このため昭和58年に新築した社屋兼マンションの設備投資が負担となって財務内容が硬直化していたところへ、9月に入って代表者が交通事故で入院したため、資金繰りができなくなり、今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1986年9月 4日 (木)

(株)由桐[札幌市]

由桐自動車に連鎖

自動車用品販売の由桐(札幌市白石区大谷地779番地)は9月1日と4日、北陸銀行白石支店・札幌信金大谷地支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は5000万円内外の見込み。

親会社の由桐自動車が販売不振に陥り、資金難で在庫車輌は引き揚げられて休業状態となり、遂に当社も支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/22
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)市来富国産業[札幌市]

和議申請

土木工事・重機賃貸の市来富国産業(札幌市豊平区西岡2条1丁目)は9月4日、札幌地裁に和議開始を申請し、同日財産保全命令が出され、事実上倒産した。負債総額は6億5000万円内外の見込み。

完工高の低下で欠損金を計上し、昭和60年度に白石重機・吉富興業、61年度は大山機械工業・丸共重機工業と不良債権の発生が相次ぎ、加えて大量の重機類の購入、モータープールの土地購入、工場の新築など設備投資が相次いだことで資金繰りは多忙化、金利負担増に陥った。更に一時凌ぎとして取引先との融手操作を行い、資金繰り悪化に拍車がかかり、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/15
http://www.tsr-net.co.jp/

1986年9月 2日 (火)

(株)丸う森山[札幌市]

破産宣告(昭和61年(フ)第151号)

(株)丸う森山(札幌市豊平区平岸2条3丁目57番地)は9月2日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は矢吹徹雄弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和61年10月6日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年11月6日午後2時30分。

1986/09/17
札幌地方裁判所民事第四部

1986年9月 1日 (月)

泉暖房工業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和61年(フ)第147号)

泉暖房工業(株)(札幌市中央区南21条西6丁目1番12号)は9月1日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐藤允弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和61年10月6日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年11月6日午後1時30分。

1986/09/17
札幌地方裁判所民事第四部

(株)臼井サンクロス商事[室蘭市]

ジリ貧で破綻

作業服卸売の臼井サンクロス商事(室蘭市海岸町2丁目1番14号)は8月25日と9月1日、道銀室蘭支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外の見込み。

近年は喫茶店も併営していたが、市況停滞から業績はジリ貧傾向を辿り、加えて代表者が病気入院したこともあって、遂に手詰まりを起こし今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)興拓鉄工[帯広市]

資金計画の失敗

農業機械修理業の興拓鉄工(帯広市稲田町南9銭西5番地)は8月30日と9月1日、道相銀帯広南支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

業績の回復を目論み3年前より営業用の焼肉プレートの研磨剤の開発に着手、昭和61年より本格的に製造を行った。しかし、自己資本が軟弱なところから研究開発費を高利資金に依存したことで資金面は多忙化し、更に未収金、商品の返品などが相次いだため資金繰りは更に悪化、遂に支え切れず今次事態となった。なお、代表者は不渡りと同時に所在を絶っている。

東京商工リサーチ
1986/09/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)池田管工[旭川市]

出血工事で行き詰まる

管工事の池田管工(旭川市旭町1条13丁目)は8月20日と9月1日、富良野信金旭川北支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は4000万円内外の見込み。

代表者の計数などの甘さから出血工事が相次ぎ資金面は多忙化、今期の受注状態は比較的順調であったが、資金面は以前として緩和せず、遂に支え切れず今次事態となった。

東京商工リサーチ
1986/09/08
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)北光車輛興業[北見市]

行き詰まりが表面化

自動車整備・板金塗装の北光車輛興業(北見市花園町613番地)は9月1日、網走信金北見支店で不渡りを出し、代表者は所在不明となって経営の行き詰まりが表面化した。負債総額は9000万円内外(一般債務3000万円、金融債務6000万円)の見込み。

既往の設備投資負担に加え、近年は業績低迷が続いて借入金が膨張し資金面を圧迫していた。最近は市中金融の利用や融手操作などで繰り回していたが、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/09/08
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)丸さ沢村漁業[釧路市]

釧路の沢村漁業が倒産 負債四億七千万円

【釧路】「有限会社・丸さ沢村漁業」(釧路市入舟七ノ一、資本金二百万円)は二日までに二回目の不渡り手形を出し事実上、倒産した。民間信用調査機関、東京商工リサーチ釧路支店によると、負債額は約四億七千万円。

同社は「第18勇勢丸」(一一七トン)を保有してサケ・マス、イカ、マグロ漁を長年行ってきたが、昨年、同船の改修に伴う操業停止で経営が悪化、今年はさらにトン数規制のため出漁出来なかった。夏イカ漁も不振に終わって資金不足に陥り七月三十日に一回目の不渡り手形を出していた。

北海道新聞
1986/09/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

茶王観光(株)[札幌市]

平相銀事件の大野が会長 茶王観光(札幌)が倒産

平和相銀の不正融資事件で七月六日、東京地検特捜部に商法の特別背任の容疑で逮捕された不動産業大野伸幸(四二)=札幌市中央区円山西町九=が取締役会長を務める茶王観光(本社・札幌、佐藤勲社長)が一日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は十億円。

茶王観光は大野屋不動産を中核とする「大野屋グループ」の飲食部門として五十四年に設立され、札幌市東区北十東七の「レストラン茶王」をはじめ同市内に郊外型のレストラン七店舗を所有。六十年九月期は約十二億円の売り上げがあった。営業資金は大野とともに特別背任で逮捕された平和相銀の伊坂重昭前監査役を通じて同相銀から導入していたため、不正融資事件の発覚によって経営が悪化した。

七店舗とも三月から六月にかけて閉鎖され、一部の店舗は既に営業権が売却されている。十億円の負担の大半は平和相銀からの借入金で、このほかにも従業員への未払い賃金などの労務債がある模様だ。大野屋グループは同社を含め十社(うち五社が本社・札幌)だが、葬儀会社を除きいずれも休業状態になっている。

北海道新聞
1986/09/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1986年8月 | トップページ | 1986年10月 »