« 1986年3月 | トップページ | 1986年5月 »

1986年4月

1986年4月30日 (水)

清和工業(株)[札幌市]

整理入り

建築工事の清和工業(札幌市西区西野1条1丁目6番11号)は4月30日に不渡り事故を起こし、整理に入った。負債総額は1億3000万円内外の見込み。

無理受注もあった模様で、繰越欠損を抱え資金面は多忙化、加えて経営の甘さと事務所の設備負担も重なり、一時は手形ジャンプで切り抜けたものの、先行き見通し立たず、遂に今次事態となった。

東京商工リサーチ
1987/05/26
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)野口電気商会[旭川市]

焦げ付きが響く

電気工事の野口電気商会(旭川市忠和3条5丁目7番地2159)は4月23日と30日、道相銀旭川支店・遠軽信金新町支店で不渡りを出し倒産した。負債総額は3400万円内外(一般債務3000万円、金融債務400万円)の見込み。

過去に近藤木材建設(昭和56年12月)、扇組(59年12月)ほかに焦げ付きが発生し繰越欠損を抱え、恩借等で繰り回していたところへ昨年12月に不良債権が発生、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/05/26
http://www.tsr-net.co.jp/

1986年4月28日 (月)

(株)北光油脂[札幌市]

栗山で洗剤製造 北光油脂倒産 本州大手に押される

道内唯一のせっけん、洗剤メーカーの北光油脂(本社・札幌、資本金三千五百万円)は、二十八日、和議申請していた札幌地裁から財産保全命令が出て事実上、倒産した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は五億三千万円。

同社は昭和二十一年五月設立。「ネージュ石けん本舗」のブランドでせっけん、洗剤を製造していた。五十四年六月に、一億三千万円を投入して工場を札幌から空知管内栗山町に移転したが、最近は大手メーカーに押されて売り上げが伸びず、設備投資の返済にも窮していた。

北海道新聞
1986/04/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年4月25日 (金)

北城産業(株)[旭川市]

北城産業が倒産 東洋端子の連鎖

【旭川】家具製造業の北城産業(本社・旭川、資本金千二百万円)は四月三十日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチの両旭川支店によると、負債総額は七億五千万円。

四月二日に事実上倒産した東洋端子(本社・横浜市、資本金二十億円)と取引があったため、資金繰りが急に苦しくなった。

北海道新聞
1986/05/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年4月23日 (水)

(有)サンケイシューズ[札幌市]

二回目の不渡り

靴小売のサンケイシューズ(札幌市西区琴似2条2丁目)は4月16日と23日、空知信金琴似支店で不渡り事故を起こし、事実上倒産した。負債総額は3000万円内外の見込み。

今冬は冬物の過大在庫を抱えていたほか、売上不振に陥って資金面が急速に悪化、遂に支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1986/05/26
http://www.tsr-net.co.jp/

1986年4月15日 (火)

(株)たんざき屋[岩見沢市]

「たんざき屋」倒産 負債は6億円

【岩見沢】岩見沢市の大手のファミリーデパート「たんざき屋」(本社・岩見沢市、資本金二千万円)が十五日、札幌地裁岩見沢支部から破産宣告を受け、倒産した。信用交換所道支社によると負債総額は約五億九千万円。

同社は四十一年に設立され、衣料品中心の販売で、六十年八月決算の売り上げは約八億七千万円だったが、店舗移転などで経営が行き詰まった。

店内では現在、十一店舗がテナント営業している。

北海道新聞
1986/04/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1986年4月11日 (金)

(株)イシツキ住研[旭川市]

破産宣告(昭和61年(フ)第18号)

(株)イシツキ住研(旭川市緑が丘5条3丁目3番地の39)は4月11日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は須田保幸弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は昭和61年5月26日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年6月12日午後1時30分。

1986/04/28
旭川地方裁判所

1986年4月 7日 (月)

山友興業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和61年(フ)第55号)

山友興業(株)(札幌市北区北34条西11丁目3番10号)は4月7日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は武田誠章弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和61年5月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年6月9日午後3時。

1986/04/24
札幌地方裁判所民事第四部

旭薬品(株)[旭川市]

医薬品卸の旭薬品倒産 旭川 負債4億3千万円

【旭川】医薬品卸売業の旭薬品(本社・旭川市、資本金五百万円)は七日までに二回目の不渡り手形を出し事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ、帝国データバンク両旭川支店によると、負債総額は四億三千万円。

同社は四十五年に創業、道央と道北の病院、一般開業医に医薬品を卸し、昨年四月期には年商六億八百万円を上げていた。しかし、昨年四月に系列のアサヒデンタル(本社・旭川市、資本金二百万円)が倒産、その影響などのほか昨年夏ごろには主力医薬品メーカーの支援が後退し、資金繰りが苦しくなっていた。

北海道新聞夕刊
1986/04/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)ケイシン[旭川市]

破産宣告(昭和61年(フ)第27号)

(株)ケイシン(旭川市近文町22丁目2886番地の5)は4月7日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は八重樫和裕弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は昭和61年5月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和61年6月2日午後2時30分。

1986/04/28
札幌地方裁判所民事第4部

« 1986年3月 | トップページ | 1986年5月 »