« 1985年8月 | トップページ | 1985年10月 »

1985年9月

1985年9月30日 (月)

(株)ふこくわた[東川町]

ふこくわたが和議申請

【旭川】寝具類の製造、卸売業のふこくわた(本社・上川管内東川町、資本金一千万円)は九月三十日、旭川地裁に和議を申請、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ、帝国データバンク両旭川支店、信用交換所旭川支局によると、負債総額は十億円。

同社は四十四年九月に設立。各種寝具類の製造を主体に五十九年十二月期には十一億一千四百万円の売上高があった。しかし、大手同業者との競合から収益が圧迫、昨年に発生した多額の焦げ付きなどが原因で資金繰りに詰まった。

北海道新聞
1985/10/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年9月26日 (木)

共和産業機械(株)[釧路市]

共和産業が倒産 負債三億、和議申請

【釧路】釧路市内の産業機械修理、部品販売会社、共和産業機械(本社・釧路市、資本金二千万円)は二十六日、釧路地裁に和議を申し立て、同地裁は財産保全を命じた。民間信用調査機関の帝国データバンク釧路支店によると負債総額は三億三千万円。

同社は昭和三十四年に自動車整備会社として設立された。ブルドーザーなど産業機械の修理と部品販売で、五十五年度には年商五億九千万円を記録した。昨年十二月の関連部品会社(釧路)の倒産で貸し倒れとなり行き詰まった。

北海道新聞
1985/09/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年9月21日 (土)

(株)ストアーエージエンシー[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第215号)

(株)ストアーエジエンシー(札幌市豊平区中の島1条1丁目7番14-201号)は9月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は本城孝一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年11月3日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年12月10日午後1時30分。

1985/10/07
札幌地方裁判所民事第四部

1985年9月20日 (金)

(株)湯谷商会[苫小牧市]

住設の湯谷商会倒産

【苫小牧】配管資材、住宅設備機器販売業の湯谷商会(資本金六百万円、苫小牧市汐見町四六)は、一日までに二回の手形不渡り出し、事実上倒産した。負債総額は約三億三千万円。

同社は四十年に創業し、五十年株式会社に改組した。苫小牧、日高、千歳の管工事業者を対象とした卸・小売りで、昨年後半に焦げ付きを発生させて資金繰りが悪化、経営が行き詰まった。

北海道新聞
1985/10/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年9月18日 (水)

大和薬品(株)[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第213号)

大和薬品(株)(札幌市北区北28条西10丁目859番地)は9月18日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は品川吉正弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年10月29日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年11月29日午後1時30分。

1985/10/02
札幌地方裁判所民事第四部

1985年9月 6日 (金)

マリナー商会(株)[札幌市]

時計卸のマリナー商会倒産 取引先破産に連鎖

時計、宝石卸のマリナー商会(本社・札幌、資本金一千五百万円)は五日、一回目の不渡り手形を出し、六日までに任意整理に入り、事実上、倒産した。帝国データバンク札幌支店の調べによると、負債総額は七億円。

同社は腕時計、宝石を全道の専門店、デパートに卸していた。しかし、売り上げが伸び悩んだため、同業者間の取引を増やしたが、八月十二日に取引先の新和信商事が自己破産したのに続き、グループ三社が相次いで倒産したために連鎖した。

北海道新聞
1985/09/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年9月 5日 (木)

三桜建設興業(株)[旭川市]

土木工事の三桜建設興業が倒産 旭川、負債5億円

【旭川】土木工事業の三桜建設興業(本社・旭川、資本金二百万円)は五日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、負債総額は約五億円にのぼる見込み。

同社は築堤復旧工事を主体に四十五年五月に設立。五十四年以降連続の赤字決算で、累積欠損は一億数千万に達し、経営が悪化したところに、融通手形交換先が先月十五日に倒産したことで、資金繰りが行き詰まった。

北海道新聞
1985/09/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)原田商事[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第205号)

(株)原田商事(札幌市西区手稲本町1条3丁目2番地13)は9月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は浅野元広弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年10月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年11月15日午後3時。

1985/09/21
札幌地方裁判所民事第4部

入銀観光(株)[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第204号)

入銀観光(株)(札幌市西区手稲本町1条3丁目2番地13)は9月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は浅野元広弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年10月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年11月15日午後1時30分。

1985/09/20
札幌地方裁判所民事第4部

1985年9月 3日 (火)

オーシャンマリン(株)[函館市]

オーシャンマリン倒産 道南石油に連鎖

【函館】負債九十億円を抱えて倒産した道南石油の子会社、オーシャンマリン(本社・函館、資本金五百万円)は三日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上、倒産した。民間の信用調査機関、東京商工リサーチ、帝国データバンクの両函館支店によると、負債総額は六億円にのぼる見込み。

同社は道南石油の海運部門を担当。道南石油所有の多目的冷凍船三隻を運航してきたが、海運不況のあおりで多額の累積赤字を抱えた。

道南石油の直接連鎖倒産は同社が第一号だが、道南石油から燃料油の供給を受けていた漁業、マスニ水産(渡島管内戸井町)が累積した代金の決済が出来ずに和議を申請したほか、同じく漁業の駒木漁業部(渡島管内戸井町)、可香漁業部(渡島管内松前町)なども代金の決済が出来ず、三日までに二回目の不渡り手形を出して事実上、倒産した。

北海道新聞
1985/09/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年9月 2日 (月)

大東ブロック工業(株)[旭川市]

大東ブロックが倒産

【旭川】旭川市一ノ五、土木工事・ブロック製造業の大東ブロック工業(資本金二千四百万円)は二日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間の信用調査機関、帝国データバンク、東京商工リサーチの両旭川支店によると、負債額は三億五千万円と見られている。

同社は建築用ブロックの製造・販売を目的に四十二年設立され、五十五年十二月期には八億六千万円の売上高を上げた。しかし、五十八年十月に倒産した早勢建設工業の系列だったため、多額の焦げつきが発生、資金繰りが行き詰まった。

北海道新聞
1985/09/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1985年8月 | トップページ | 1985年10月 »