« 1985年6月 | トップページ | 1985年8月 »

1985年7月

1985年7月31日 (水)

(株)バメロス北海道[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第179号)

(株)バメロス北海道(札幌市白石区平和通3丁目北3番1-204号)は7月31日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐藤允弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年9月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年10月7日午後3時。

1985/08/13
札幌地方裁判所民事第四部

(株)鈴木金物商事[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第186号)

(株)鈴木金物商事(札幌市西区西野6条2丁目4番30号)は7月31日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は川村昭範弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年9月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年10月7日午後1時30分。

1985/08/13
札幌地方裁判所民事第4部

1985年7月30日 (火)

道南石油(株)[函館市]

道南石油が倒産 道南最大の負債90億円

【函館】 道南最大の石油卸、道南石油(本社・函館、資本金五千四百万円、従業員百七十七人)は三十日、函館地裁に和議を申請し、事実上倒産した。帝国データバンク函館支店によると負債総額は九十億円にのぼる見込みで、道南地方としては過去最大の負債。

同社は昭和三十五年に中野社長が設立した。函館市内を中心に七店のガソリンスタンドを経営しているほか、多目的船舶三隻を所有、東京と室蘭に支店を置き、海上給油を行っており、六十年三月期には百七十三億八千九百万円の売上高をあげた。

破たんの直接の引きがねは、香港で海上給油業務を行っている同社の子会社、ドーナンホンコン(本社・香港)が約三億五千万円の不良債権を発生させた上、同じく子会社で船舶貸し付けを行っているオーシャンマリン(本社・函館)に多額の累積赤字があり、親会社の資金繰りを悪化させた。

すでに、ガソリンスタンド部門は取引先の共同石油が設立したきょうほく石油が経営を引き継いでいる。

北海道新聞
1985/07/31
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年7月18日 (木)

(有)多田塗料店[釧路市]

和議開始(昭和60年(コ)第4号)

(有)多田塗料店(釧路市城山1丁目5番2号)は7月18日、釧路地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は福岡定吉弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年9月17日まで、債権者集会の期日は昭和60年10月16日午後1時30分。

1985/08/02
釧路地方裁判所

1985年7月16日 (火)

網走観光物産(株)[網走市]

道内大手ドライブイン 網走観光物産が倒産 負債総額15億円

【網走】道内ドライブイン経営大手、網走観光物産(本社・網走市藻琴二六、資本金四千八百万円)は十六日、釧路地裁網走支部に自己破産を申請した。十七日にも同支部から財産保全命令が出される。手続き代行した弁護士によると、負債総額は五月末日で約十五億円。

同社は本社のほかに網走管内小清水町、千歳市にもドライブインを持ち、観光客相手の土産品、食料品販売など六十年三月期決算では十五億八千万円の売り上げを記録した。しかし、五十七年に出した千歳支店の設備投資負担、経営不振などから欠損金がふくらんだ。加えて六月十七日には、捕獲禁止の小型、メス毛ガニを大量に隠し持ち、道海面漁業調整規則違反の疑いで社長らが網走署に逮捕されたことから信用不安が一気に広がり、十五日に第一回の不渡り手形(三千百万円)を出した。

社長は七月初旬から姿をかくし、十二日からは営業をストップしていた。食料品、土産物品の納入業者が網走市内を中心にかなりあることから、影響が心配されている。

北海道新聞
1985/07/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年7月15日 (月)

(株)曽川共栄建築事務所[札幌市]

和議開始(昭和60年(コ)第4号)

(株)曽川共栄建築事務所(札幌市西区西野6条7丁目564番地2)は7月15日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は八幡敬一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年8月31日まで、債権者集会の期日は昭和60年10月1日午後1時30分。

1985/04/26
札幌地方裁判所民事第4部

1985年7月12日 (金)

(資)ホシスキー製作所[小樽市]

〜ノルディック競技支え50余年〜「野村スキー」のれん降ろす 外国製攻勢に抗し切れず

【小樽】「野村スキー」のブランドで親しまれたホシスキー製作所(本社・小樽)が十二日、廃業を決めた。外国製品の攻勢で市場を圧迫され、経営不振に陥り、十五日決済分の資金手当てに見通しがつかないための措置で、事実上の倒産。同社はわが国最古のスキーメーカーで、戦前、戦後を通じ、競技用ノルディックスキーのほとんどを生産してきた。

民間の信用調査機関、東京商工リサーチ小樽支店によると、同社は一日に一回目の不渡り手形を出し、十五日にも手形決済を迫られているが、資金手当ての見通しが立たず、銀行取引停止となるのは確実。負債総額は約六千万円で、今後の市況好転が望めないことから十二日までに主な債権者に事情を説明するとともに、廃業を決めた。従業員七人全員解雇すると同時に操業を中止している。

同社は昭和七年の創業。競技用ノルディックスキーでは国内のトップメーカーで最近は年間六千五百台を生産。戦前、戦後の名選手のほとんどが同社製の「野村スキー」を使用した。また、現在、国内でジュニア用のジャンプスキーを生産しているのは同社だけだった。

時代の流れには勝てず

社長の話 創業以来、全日本スキー連盟など各方面からかわいがってもらった。残念だが、時代のすう勢だ。機会があれば、今後もノルディックスキー発展の手伝いをしたい。

北海道新聞
1985/07/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年7月10日 (水)

(有)ホリエ音響[釧路市]

破産宣告(昭和60年(フ)第47号)

(有)ホリエ音響(釧路市治水町6番33号)は7月10日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は稲澤優弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和60年8月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年9月18日午後1時30分。

1985/08/05
釧路地方裁判所

1985年7月 9日 (火)

(株)糸万[室蘭市]

破産宣告(昭和60年(フ)第43号)

(株)糸万(室蘭市輪西町1丁目32番16号)は7月9日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は昭和60年8月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年9月5日午後1時30分。

1985/00/05
札幌地方裁判所室蘭支部

(株)不二企画設計事務所[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第162号)

(株)不二企画設計事務所(札幌市中央区南2条西7丁目4番地の1)は7月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋秀夫弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年8月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年9月20日午後3時。

1985/07/31
札幌地方裁判所民事第四部

(有)釧路排水工業[釧路市]

和議開始(昭和59年(コ)第10号)

(有)釧路排水工業(釧路市中園町1番9号)は7月9日、釧路地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は組村真平弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和60年9月2日まで、債権者集会の期日は昭和60年10月1日午後1時30分。

1985/07/26
釧路地方裁判所

1985年7月 4日 (木)

イチイ工業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第104号)

イチイ工業(株)(札幌市西区発寒1134番地97)は7月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は田中宏弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年8月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年9月12日午後3時。

1985/07/27
札幌地方裁判所民事第4部

1985年7月 2日 (火)

(株)押切カーサービス[釧路市]

和議開始(昭和59年(コ)第12号)

(株)押切カーサービス(釧路市星が浦南3丁目4番14号)は7月2日、釧路地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は稲澤優弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和60年8月26日まで、債権者集会の期日は昭和60年9月24日午後1時30分。

1985/07/20
釧路地方裁判所

1985年7月 1日 (月)

北星企業(株)[赤平市]

「四次元農法」の北星企業が倒産 負債総額30億円

【赤平】露天掘りの跡地を利用した「四次元農法」で注目された北星企業(本社赤平市、資本金二千百六十万円)が一日、札幌地裁滝川支部に和議を申請、二日、同支部から財産保全命令を受け、事実上倒産した。負債総額は三十億円。

同社は空知炭鉱、北炭幌内炭鉱の下請けや三笠、歌志内での露天掘りをする石炭採掘業者。最近は露天掘りの跡地を利用、「四次元農法」と呼ばれる循環農法で肉牛、シメジを生産しており、六十年三月期決算では、三千万円の利益を上げていた。

倒産の直接の原因は、先月死亡した先代社長が知人の砂利採掘業者に融資した約十億円がこげついたため。五日で期限切れになる手形の決済が困難になり、和議申請に踏み切った。

北海道新聞
1985/07/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1985年6月 | トップページ | 1985年8月 »