« 1985年4月 | トップページ | 1985年6月 »

1985年5月

1985年5月31日 (金)

(有)戸倉商事[帯広市]

紳士服の戸倉が和議申請 負債総額6億円に

【帯広】紳士婦人服卸の戸倉商事(本社・帯広市、資本金一千五百万円)は三十一日午前、釧路地裁帯広支部に和議を申請して受理され、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両帯広支店によると、負債総額は六億円、グループ四社を含めると十六億円に上る見込み。

同社は明治四十二年(一九〇九年)の創業のしにせで、四十年五月に販売部門を分離、現在は仕入れ部門と不動産管理を担当、小売り部門として「とくら」(本社・帯広市、資本金八千三百万円)を設立、帯広四店、旭川二店に店舗を展開、昨年は約二十八億円の売り上げを記録したが、店舗の新設による設備過剰、消費者の物離れ、競争激化により最近は売り上げが低迷し、行き詰まった。

北海道新聞
1985/05/31
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年5月29日 (水)

(株)みた家具店[岩見沢市]

「みた家具」が倒産

【岩見沢】取引先の倒産で経営不安を招いていた「みた家具店」(本社・岩見沢、資本金二千万円)は、札幌地裁岩見沢支部に申請した和議が二十九日に受理され、事実上倒産した。負債総額は約四億七千万円。

北海道新聞
1985/05/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年5月23日 (木)

(株)木島科学[札幌市]

破産宣告(昭和60年(フ)第134号)

(株)木島科学(札幌市東区北19条東10丁目9番地)は5月23日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は藤本明弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和60年7月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年8月27日午後3時。

1985/06/04
札幌地方裁判所民事第四部

1985年5月22日 (水)

小野自動車工業(株)[函館市]

和議開始(昭和60年(コ)第1号)

小野自動車工業(株)(函館市千歳町17番14号)は5月22日、函館地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は山形道文弁護士(函館市)。

債権届出の期間は昭和60年6月29日まで、債権者集会の期日は昭和60年7月24日午後1時30分。

1985/06/10
函館地方裁判所

1985年5月21日 (火)

(有)文化食品[滝川市]

破産宣告(昭和60年(フ)第3号)

(有)文化食品(滝川市新町2丁目4番24号)は5月21日、札幌地裁滝川支部から破産宣告を受けた。

債権届出の期間は昭和60年6月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年6月17日午後1時30分。

1985/06/03
札幌地方裁判所滝川支部

1985年5月16日 (木)

日建工業(株)[網走市]

破産宣告(昭和60年(フ)第7号)

日建工業(株)(網走市北3条東1丁目7番地)は5月16日、釧路地裁網走支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は今泉賢治弁護士(北見市)。

債権届出の期間は昭和60年6月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年7月30日午前10時30分。

1985/05/29
釧路地方裁判所網走支部

1985年5月15日 (水)

プラント技販工業(株)[札幌市]

プラント技販が事実上倒産 負債額四億五千万円

生コン関連機械販売のプラント技販工業(本社・札幌)は十五日、札幌地裁に和議を申請、事実上倒産した。民間信用調査機関の信用交換所道支社などによると、負債額は約四億五千万円。同社の五十九年三月期の売上高は五億八千万円。今春、胆振管内の生コン業者に納入したプラント代金一億二千万円が回収不能となり、行き詰まった。

北海道新聞夕刊
1985/05/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年5月 7日 (火)

(株)神出組[千歳市]

千歳の神出組が倒産

建築工事業の神出組(資本金三千百万円、千歳市幸町六ノ二〇)は七日、同社で債権者集会を開き、神出社長が内整理に入ることを表明、事実上倒産した。負債総額は、民間の信用調査機関、東京商工リサーチ苫小牧支店によると、約四億三千万円、帝国データバンク苫小牧支店によると約五億円に上る。

同社は、千歳市内で大手の総合建築業者で、従業員は十人。五十七年に五億九千万円の売り上げがあったが、最近は需要の低迷から業績がダウン。累積赤字が膨らみ、経営が行き詰まった。同社は四月三十日に一回目の不渡り手形を出していた。

北海道新聞
1985/05/09
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1985年5月 1日 (水)

十勝コンクリート工業(株)[音更町]

破産宣告(昭和60年(フ)第44号)

十勝コンクリート工業(株)(河東郡音更町新通18丁目3番地3)は5月1日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は松浦護弁護士(帯広市)。

債権届出の期間は昭和60年5月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和60年6月10日午後1時30分。

1985/05/14
釧路地方裁判所帯広支部

« 1985年4月 | トップページ | 1985年6月 »