« 1984年6月 | トップページ | 1984年8月 »

1984年7月

1984年7月31日 (火)

岡田電機工業(株)[札幌市]

札幌の岡田電機工業が自己破産 負債総額は約20億円

道内の天気工事業の中堅、岡田電機工業(本社・札幌、資本金六千二百万円)が七月三十一日、札幌地裁に自己破産を申請した。

信用交換所道支社、東京商工リサーチ道支社によると負債総額は約二十億円にのぼる見込み。同社は電気工事、同設計施工、電気資材、配線材料の販売を手がけ、昭和四年北見市で創業。網走、札幌両開発建設部を中心とする官公需を主体にここ三年間ほど毎年三十億円以上の年商を計上していたが、設備投資に対する金利負担、昨年から今年にかけての大口不良債権の発生で資金繰りが悪化、先行きのメドが立たず破たんしたものと見られている。

北海道新聞
1984/08/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年7月30日 (月)

(株)丸サ福沢製作所[浦幌町]

バットの福沢製作所が会社整理

【浦幌】東京商工リサーチ帯広支店によると、十勝管内浦幌町寿町一一〇、バット製造・福沢製作所(資本金二千万円)は経営に行き詰まり、三十日までに従業員十八人を全員解雇、自己整理を決めた。負債額は四億円を超える見込み。

同社は木製バットメーカーとして、主に本州方面に製品を出荷していたが、五十四年ごろから金属バットの普及により業績が低迷し、昨年九月、石川県内の漆(しっ)器メーカーの二次加工を手掛けたが失敗、二十八日に手形の決済がつかず、経営が危ぶまれていた。

北海道新聞
1984/07/31
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年7月27日 (金)

(有)北東興業[札幌市]

破産宣告(昭和59年(フ)第466号)

(有)北東興業(札幌市豊平区平岡8番地10)は7月27日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は中田克之弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年9月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年10月5日午後2時。

1984/08/11
札幌地方裁判所民事第四部

1984年7月26日 (木)

(有)たにまん商事[上川町]

上川のたにまん商事が事実上倒産

【上川】上川管内上川町の寝具、呉服小売りの「たにまん商事」(資本金五百万円)は二十六日までに、二度の手形不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は約一億五千万円。

民間の信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、同社は四十二年に設立、寝具、ふとん綿、呉服などを販売し五十四年十二月期で一億二千万円の売り上げがあったが、その後業績が振るわず、赤字の累積から行き詰まった。

北海道新聞
1984/07/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年7月25日 (水)

(有)桜田道路工業[札幌市]

破産宣告(昭和59年(フ)第474号)

(有)桜田道路工業(札幌市南区石山2条5丁目7番29号)は7月25日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐藤哲之弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年9月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年10月12日午後1時30分。

1984/08/11
札幌地方裁判所民事第4部

1984年7月24日 (火)

(株)豊年建設工業[白老町]

豊年建設が和議を申請

【白老】建築工事の豊年建設工業(豊年正美社長、資本金百十万円、胆振管内白老町北吉原九八)は二十四日、札幌地裁室蘭支部に和議を申請、同日付で財産保全命令が出され、事実上倒産した。負債総額は二億五千万円。

民間の信用調査機関の東京商工リサーチによると、同社は五十八年三月期で二億六千二百三十八万円の年商をあげ、業績は順調だったが、先に倒産した北陽観光(同町竹浦)の債務保証や、事務所新築などで資金的につまずいた。

北海道新聞
1984/07/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年7月17日 (火)

(株)池粧[札幌市]

池粧が和議申請

地場結婚式場の大手、池粧(本社・札幌、資本金一千五百万円)は十七日、札幌地裁に和議適用を申請、同日保全命令が出され事実上倒産した。負債総額は約十億円に上るとみられる。営業活動は同日以降も行う。

同社は四十八年十二月、貸結婚衣装業としてスタートし、五十三年から結婚式場を開設、五十八年九月期決算で年商三億二千四百万円をあげる地場大手に成長した。しかし五十六年、五億円をかけて現在の三階建ての結婚式場を建設したのが裏目に出てその金利負担が重荷となり、さらに今年三月に倒産した武藤建設(札幌)への債権(五千五百万円)が焦げつき、行き詰まった。

北海道新聞
1984/07/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年7月16日 (月)

(有)丸石石島電気[函館市]

破産宣告(昭和59年(フ)第39号)

(有)丸石石島電気(函館市追分町2番10号)は7月16日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は嶋田敬弁護士(函館市)。

債権届出の期間は昭和59年8月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年9月13日午後1時30分。

1984/08/06
函館地方裁判所

1984年7月13日 (金)

三心建材(株)[札幌市]

破産宣告(昭和59年(フ)第452号)

三心建材(株)(札幌市西区二十四軒2条1丁目1番68号)は7月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は坂原正治弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年9月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年10月8日午後1時30分。

1984/08/06
札幌地方裁判所民事第4部

1984年7月 5日 (木)

(有)小野薬品[苫小牧市]

ポリ袋材料の小野薬品倒産

【苫小牧】ポリ袋の原材料となるポリエチレンチューブの製造会社小野薬品(従業員五人=苫小牧市表町二ノ一)は、五日までに二度の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間の信用調査機関・東京商工リサーチによると、負債総額は約三億円。

同社は三十四年十月に資本金二百五十万円で設立された有限会社。五十八年九月期決算では一億八千八百六十八万円の年商があり、業績は順調だったが、先に倒産した札幌の取引先との間で二千万円内外の融通手形操作があったため、連鎖倒産を招いた。

北海道新聞
1984/07/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)北進プラスチック[札幌市]

破産宣告(昭和59年(フ)第424号)

(株)北進プラスチック(札幌市北区新琴似6条11丁目511番地2)は7月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は鷹野正義弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年8月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年9月18日午後1時30分。

1984/08/07
札幌地方裁判所民事第四部

1984年7月 4日 (水)

(株)中央アドバタイジング[札幌市]

破産宣告(昭和59年(フ)第423号)

(株)中央アドバタイジング(札幌市中央区南4条西10丁目1004番地)は7月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高崎良一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年8月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年9月21日午後3時。

1984/08/06
札幌地方裁判所民事第四部

(有)西川広告制作室[札幌市]

破産宣告(昭和59年(フ)第422号)

(有)西川広告制作室(札幌市中央区南4条西10丁目1004番地)は7月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高崎良一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年8月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年9月21日午後2時。

1984/08/06
札幌地方裁判所民事第四部

(有)山本博昭石材店[札幌市]

和議開始(昭和59年(コ)第8号)

(有)山本博昭石材店(札幌市中央区南27条西14丁目471番地)は7月4日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は大井相石弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年8月7日まで、債権者集会の期日は昭和59年9月7日午後2時。

1984/07/21
札幌地方裁判所民事第四部

ミリオンビデオ(株)[札幌市]

破産宣告(昭和59年(フ)第418号)

ミリオンビデオ(株)(札幌市東区北31条東6丁目783番地)は7月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年8月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年9月4日午後1時30分。

1984/07/27
札幌地方裁判所民事第四部

1984年7月 2日 (月)

(有)マツウラ商事[旭川市]

家具資材卸のマツウラ商事倒産

家具資材卸のマツウラ商事(本社・旭川、資本金三百万円)は二日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、負債総額は二億円。

同社はベニヤ、化粧合板などを販売し、五十八年七月期には二億九千五百万円の売り上げがあったが、主力販売先の高丸産業が五月三十一日に倒産したために多額の不良債権が発生し行き詰まった。

北海道新聞
1984/07/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

叶建設工業(株)[札幌市]

札幌の叶建設倒産

建設業の叶建設工業(本社・札幌、資本金千八百五十万円)は二日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間の信用調査機関、帝国データバンク札幌支店、信用交換所道支社によると、負債総額は約四億円にのぼる見込み。

同社は五十三年設立。五十八年十二月期決算では完工高九億六千百万円を計上したが公共事業の伸び悩み、民間投資の減少などで受注不振に陥った。

北海道新聞
1984/07/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1984年6月 | トップページ | 1984年8月 »