« 大洋コンクリート工業(株)[栗山町] | トップページ | 函館バルブ工業(株)[函館市] »

1984年5月23日 (水)

(学)釧路佐藤学園/(学)釧路明星学園[釧路市]

「釧路佐藤総合学園」倒産へ 負債総額三十億円 一両日中に和議申請

【釧路】経理乱脈などから経営が行き詰まっていた釧路市昭和四一、釧路佐藤総合学園(学校法人・佐藤学園、同・明星学園)の前田康徳理事長代行は二十二日夜、同学園で北海道新聞記者に対し、一両日中にも釧路地裁に和議申し立てをする考えを明らかにした。同学園は事実上倒産する見通しとなった。民間信用調査機関の帝国データバンク釧路支店によると負債総額は約三十億円にのぼるとみられ、道内の学校法人の倒産としては最大である。

前田理事長代行は「十五日から学園を引き継ぎ、経理内容を調べてきたが、思った以上に負債が大きく、和議申し立てしなければならなくなった。母校のない卒業生はつくりたくないので、この方向で再建を図りたい」と語った。同学園の再建の柱になるはずの外部資本との交渉がどうなったか、申し立て日などについては一切説明を避けた。二十二日までに小口(十二万円、三十六万円)ながら二枚の不渡り手形を出しており、外部資本との交渉前に厳しい経営状況にあることを裏付けている。

同学園では、和議申請しても(1)経営再建(2)教育継承(3)体質改善を三本の柱に授業は支障をきたさないよう進めて行く方針。しかし、同学園の前途には多額の負債に加え、現在、学校債を含む未払い賃金が約五千八百万円に上り、難問が山積、職員はじめ父母などに大きな動揺を与えそうだ。

同学園は昭和二十九年に佐藤之彦前理事長が釧路市内で珠算塾を開いたのが始まり。釧路佐藤、釧路明星の二つの学校法人の下に、北海道釧路高等経済商業学校、同釧路保育専門学校、札幌経営経理専門学校の三校と、釧路鳥取など六つの幼稚園を経営するほか、佐藤前理事長の個人経営の形をとる釧路予備校など四校を傘下に持つ道東最大級の私立学校で、四月末現在、生徒、園児一千六十四人、職員五十六人を抱えている。

北炭の倒産以降、道内の大型倒産をみると、昨年八月のミツウマ(本社・小樽市)の負債総額八十二億円がトップ。今年に入ってからは北見市内の北見サッシ工業の同三十二億円などがあり、同学園の負債総額はこれに次いでいる。

北海道新聞
1984/05/23
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
一両日中に和議を申し立てる釧路佐藤総合学園の本部
【写真説明】一両日中に和議を申し立てる釧路佐藤総合学園の本部 掲載 1984/05/23

 

« 大洋コンクリート工業(株)[栗山町] | トップページ | 函館バルブ工業(株)[函館市] »

13 釧路」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/41146520

この記事へのトラックバック一覧です: (学)釧路佐藤学園/(学)釧路明星学園[釧路市]:

« 大洋コンクリート工業(株)[栗山町] | トップページ | 函館バルブ工業(株)[函館市] »