« 1983年12月 | トップページ | 1984年2月 »

1984年1月

1984年1月31日 (火)

(株)田村商会[旭川市]

ツキ板メーカーの草分け 田村商会が倒産 負債8億円

【旭川】ツキ板、化粧合板製造の田村商会(本社・旭川市、田村武雄社長、資本金二千五百万円)は三十一日、旭川地裁に自己破産を申請し、事実上倒産した。民間の信用調査機関・東京商工リサーチ、帝国データバンクの両旭川支店によると、負債総額は八億―九億円。

同社は三十一年、法人に改組、ツキ板メーカーの草分け的存在として販路を拡大、五十七年十二月期には、八億三千八百万円の売り上げを出したが、取引先の倒産などで多額の焦げつきが発生、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
1984/02/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

北成産業(株)[名寄市]

名寄「北成産業」が事実上倒産 負債2億円

【名寄】集成材、木材加工の北成産業(本社・名寄市、資本金千二百万円)は一月三十一日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、負債総額は約二億円。

同社は五十六年七月に設立、五十八年六月期には一億一千五百万円の売り上げを計上。一月三十一日、旭川地裁に自己破産を申請したツキ板、化粧合板製造の田村商会から資材の供給を受け、製品を納入していたが、販売が計画通りに進まず行き詰まった。

北海道新聞
1984/02/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月30日 (月)

山岡商事(株)[札幌市]

繊維の山岡商事 事実上の倒産 負債総額約10億円

毛糸、下着など繊維卸しの山岡商事(本社・札幌、資本金五千二百万円)は三十日、札幌の厚生年金会館で債権者会議を開き、任意整理の意向を示して事実上倒産した。民間の信用調査機関・帝国データバンク札幌支店によると負債総額は約十億円になるとみられる。

同社は、昭和三年に小樽で創業。二十三年に法人化して四十二年に営業主体を札幌に移した。五十三年三月、大晃(本社・札幌)の事実上の倒産で約一億五千万円がこげつき、大手商社の兼松江商の支援も受けたが業績は低迷。ピークの五十一年三月期には十七億三千万円あった売り上げが昨年三月期には十五億一千万円まで落ちた。その後も好転しなかったうえ、社長が病気で入院したこともあり同会議を開いた。配当などについては今後さらに詰める模様である。

北海道新聞
1984/01/31
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月25日 (水)

(株)増岡組[釧路市]

釧路の増岡組 資金難で倒産 負債約4億円

【釧路】釧路市鶴野五八、土木・重機賃貸業、増岡組(資本金一千万円)は二十五日夕、釧路地裁に和議申請し、同夜財産保全命令を受けて事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両釧路支店によると負債総額は約四億円。

同組は昭和四十四年の創業で年間売上高約三億円の中堅企業だが、長期不況の中で不良債権が累増、さらに先ごろ倒産した釧路管内釧路町の土建業、八州産業に連鎖して資金繰りに詰まった。

北海道新聞
1984/01/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月19日 (木)

北陽観光(株)[白老町]

虎杖浜温泉の北陽観光が倒産

【白老】胆振管内白老町竹浦で温泉旅館経営の北陽観光(蛎崎敏秋社長、資本金二千万円)は、十九日までに札幌地裁室蘭支部へ和議申請を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ苫小牧支店によると負債総額は約十一億円。

同社は四十一年三月に「まるびん観光」として発足、翌四十二年現在の社名に変更し、国道36号線沿いの虎杖浜温泉街の中核ホテルとして経営を続けていた。だが、五十七年から五十八年にかけて約四億円で内装や増築を行い、過大な投資に売り上げの伸びが追いつかなかった。

北海道新聞
1984/01/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月17日 (火)

(株)ジヤンプ・アソシエイツ[苫小牧市]

破産宣告(昭和58年(フ)第192号)

(株)ジヤンプ・アソシエイツ(苫小牧市桜木町4丁目15番22号)は1月17日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は壬生賢哉弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は昭和59年2月29日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年3月15日午後1時30分。

1984/01/28
札幌地方裁判所室蘭支部

1984年1月14日 (土)

北開産商(株)[札幌市]

破産宣告(昭和59年(フ)第18号)

北開産商(株)(札幌市白石区厚別町旭町432番地)は1月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は矢吹徹雄弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年2月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年3月30日午後4時。

1984/01/27
札幌地方裁判所民事第四部

(株)ダイレン[北見市]

北見「ダイレン」倒産 負債32億円 北日本サッシの余波

【北見】生コン、土木資材卸の北見市四ノ東七、ダイレン(谷津哲弥社長、資本金二千二百万円)は十四日、釧路地裁北見支部に自己破産を申請し、事実上倒産した。帝国データバンク北見支店によると、負債総額は約三十二億円にのぼる見込み。

同社は四十二年に設立され、生コン、ハウス・農業用コンテナなどを取り扱い、売上高は本社七五%、札幌支店二五%の比率。五十七年三月期には二十七億二千六百七十七万円、五十八年三月期には二十九億九千九百十六万円と売上高を伸ばしたが、主力取引先の北日本サッシ工業(本社・北見市)がこの六日、同支部に和議を申請し事実上倒産したため、多額の焦げ付きが発生し、経営が行き詰まり連鎖倒産となった。従業員は十八人。

北海道新聞
1984/01/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月13日 (金)

北海金属工業(株)[北見市]

北海金属も倒産 北日本サッシに連鎖

【北見】金属製外壁材加工、窓枠製造の北見市東相内町一七一、北海金属工業(林繁社長、資本金七百五十万円)は十三日夕、釧路地裁北見支部に和議を申請し、事実上倒産した。帝国データバンク北見支店によると、負債総額は約五億円。

同社が設立されたのは四十七年。五十六年三月期には三億八千四百八十三万円の売り上げがあったが、この六日、事実上倒産した北日本サッシ工業(本社北見市)に約五千二百万円の焦げ付きが発生し、経営が行き詰まった。北日本サッシ工業の倒産による連鎖は五陽興業(本社札幌市)に次いで二社目。

北海道新聞
1984/01/14
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月12日 (木)

(株)吉見組[札幌市]

負債5億円 吉見組倒産

建築工事業の吉見組(本社・札幌市、資本金千百六十万円)は、十三日までに札幌地裁に自己破産を申請し、事実上倒産した。先に同地裁に自己破産申請して事実上倒産した富士特殊土木(本社・札幌)に連鎖したものとみられる。民間の信用調査機関・信用交換所道支社、帝国データバンク札幌支店、東京商工リサーチ道支社によると負債総額は約五億円。

同社は四十五年五月に設立。昨年三月期決算では四億六千五百万円の年商をあげた。しかし、このところ業績不振に陥っていたうえ、富士特殊土木の事実上の倒産で多額の貸し倒れが生じた。同地裁は同社の管財人に伊藤信賢弁護士を選任した。

北海道新聞
1984/01/14
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月11日 (水)

(株)丸聰萬田[札幌市]

丸聰萬田が倒産 急速な店舗展開響く

ミニ・スーパーを多店舗展開していた丸聰萬田(本社・札幌、資本金八千万円)は十一日までに不渡り手形を二回出し、事実上倒産した。負債総額は民間の信用調査機関・帝国データバンク札幌支店が約十一億円、東京商工リサーチ道支社が約九億円とみている。

同社は五十二年創業。当初は薬局を経営していたが、五十六年六月に札幌市豊平区中の島に生鮮食料品を中心としたミニ・スーパーを開店した。その後、五十七年六月から一年間に札幌市内九店、恵庭市一店の計十店、同様のスーパーを開店させ昨年七月の決算では十六億九千三百万円の売り上げをあげた。しかし、資金不足にもかかわらず急速な店舗展開をしたことが響き、昨年十月末には、全店をいったん閉鎖。その後、比較的業績の良かった二店を再開したがこれも年末には閉鎖していた。

北海道新聞
1984/01/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

五陽興業(株)[札幌市]

五陽興業が倒産 「北日本サッシ」に連鎖

産業機械製作の五陽興業(本社・札幌市中央区北三西二八、資本金二千五百万円、従業員二十一人)は十一日、札幌地裁に和議を申請、事実上倒産した。民間の信用調査機関、帝国データバンク札幌支店、信用交換所道支社の調べによると、負債総額は約八億円にのぼる見込み。

同社は五十年六月、札幌市内の鉄鋼加工業者十社(現在八社)の共同出資で設立。鉄骨継ぎ手や排水処理施設、ゴミ破砕機など産業用機械の製作と付帯工事の受注で、五十八年三月期売上高は八億九千百万円を計上していた。しかし今年に入り、北日本サッシ工業など北見市内の取引先が事実上倒産したのに連鎖した。

北海道新聞
1984/01/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月10日 (火)

(株)富士特殊土木[札幌市]

富士特殊土木が倒産

土木、ボーリング工事の中堅、富士特殊土木(本社・札幌市中央区南九西一七、資本金千六百万円、従業員五十五人)は十日、札幌地裁に自己破産を申請し、事実上倒産した。負債総額は信用交換所道支社によると十五億円、東京商工リサーチ道支社によると二十億円にのぼる見込み。

同社は昭和三十六年六月に創業。薬液注入によるボーリング工事を主体に成長、近年は下水道工事なども手がけ、道内はじめ東北、関東まで手広く営業を続けてきた。五十七年度の売上高は十四億四千三百万円を計上したものの、昨年二月に購入した賃貸ビルの入居状況が思わしくなかった上、同年五月に本社ビルを新築、資金事情が悪化した。

北海道新聞
1984/01/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月 6日 (金)

北日本サツシ工業(株)[北見市]

北日本サッシ倒産 負債32億円

【北見】アルミサッシの製造、販売では道内大手の北見市東相内町二八八、北日本サッシ工業(林繁男社長、資本金五千万円)は六日、釧路地裁北見支部に和議を申請し事実上倒産、七日、財産保全命令が出された。民間信用調査機関の帝国データバンク北見支店によると、負債総額は三十二億円。

同社は四十年十月の設立。アルミサッシ、玉ネギコンテナの組み立て、加工を主に、四十七年に恵庭工場、四十九年に札幌、五十年に旭川、釧路各営業所を開設し、五十七年度の年間売上高は三十一億円に上った。しかし、長引く不況によるサッシの需要不振と昨年五月に北海建設(北見市)が倒産したことで大口の焦げつきが発生し経営が悪化した。再建に向けて、恵庭工場の分離計画などを進めていたが、累積欠損が十億円前後に膨れ上がったため、和議申請に踏み切った。

北海道新聞
1984/01/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1984年1月 4日 (水)

(株)飯坂建設[旭川市]

旭川の飯坂建設倒産 負債2億5千万円

【旭川】土木建築業の飯坂建設(本社・旭川市、資本金一千八十万円)は五日までに二度の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、負債額は二億五千万―二億六千万円。

同社は四十四年の設立。建築工事のほか、土木、とび職作業なども手がけ、五十五年十二月期には四億六千万円の完工高を示したが、その後受注減から行き詰まった。

北海道新聞
1984/01/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1983年12月 | トップページ | 1984年2月 »