« 1983年11月 | トップページ | 1984年1月 »

1983年12月

1983年12月31日 (土)

政和興業(株)[士別市]

士別の政和興業が倒産 負債3億円

【士別】土木工事業の政和興業(本社・士別市、資本金五百万円)は、十二月三十一日までに二度の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、負債額は三億円。

同社は昭和五十四年の設立。重機作業請け負いも兼ね、五十七年十二月期には三億六百万円の売上高を記録した。しかし工事現場が本州にまでまたがって約四十台の重機の管理が十分でなく、さらに本州での工事が出血工事となったため、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
1984/01/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月28日 (水)

タケダ製菓(株)[札幌市]

和議開始(昭和58年(コ)第22号)

タケダ製菓(株)(札幌市北区新琴似12条6丁目8番2号)は12月28日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は浅野元広弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年2月16日まで、債権者集会の期日は昭和59年3月16日午後2時。

1984/01/23
札幌地方裁判所民事第四部

(株)勝谷国彦商店[札幌市]

和議開始(昭和58年(コ)第17号)

(株)勝谷国彦商店(札幌市東区北6条東4丁目8番地)は12月28日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は難波隆一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年2月13日まで、債権者集会の期日は昭和59年3月13日午後2時。

1984/01/23
札幌地方裁判所民事第四部

1983年12月27日 (火)

(株)高岡家具センター[上磯町]

上磯町の高岡家具センターが倒産

【上磯】民間の信用調査機関、東京商工リサーチ函館支店の調べによると、渡島管内上磯町の家具販売・高岡家具センター(同町昭和町二、資本金百万円、高岡孝社長)は業績不振から二十七日までに函館地裁に和議を申請、同地裁から財産保全命令が出され、倒産した。負債総額は約一億六千万円。

同社は五十二年の設立で、和洋家具、敷物販売のほか、畳替え、建具工事も請け負い、五十五年三月期には売上高一億八千万円を計上した。しかし立地条件の悪さや函館への大型店進出のあおりで、五十八年は九千万円と売り上げがダウン。設備投資負担も重なって経営が悪化した。

北海道新聞
1983/12/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月26日 (月)

丸宗森建設(株)[札幌市]

破産宣告(昭和58年(フ)第453号)

丸宗森建設(株)(札幌市北区北31条西4丁目276番地)は12月26日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は岩城弘侑弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年2月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年3月16日午後3時。

1984/01/18
札幌地方裁判所民事第四部

旭科学工業(株)[旭川市]

旭川の旭科学工業が倒産

【旭川】管工事業の旭科学工業(旭川市神居五ノ六、資本金八百万円)は二十六日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、負債総額は一億三千万円。

五十一年三月に設立した同社は、無臭便槽装置を中心に、今年六月期には一億八千二百万円の売り上げがあった。しかし、今年九月に倒産した札幌市内の取引先に多額の焦げ付き債権が発生し、倒産に追い込まれた。

北海道新聞
1983/12/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月23日 (金)

(株)アンネル[札幌市]

ベッド販売のアンネル倒産 倒産の泉製作所子会社

「アンネル・ベッド」で知られるベッド販売のアンネル(本社・札幌市、資本金三千万円)は、二十三日までに商法に基づく会社整理を札幌地裁に申請し、事実上倒産した。同社は十一月三十日に和議申請し、事実上倒産した泉製作所(本社・札幌市)の子会社で、同製作所に連鎖したもの。民間の信用調査機関・東京商工リサーチ道支社と帝国データバンク札幌支店によると負債総額は約七億円に上ると見られる。

同社は、泉製作所と安田ベッド工業(本社・札幌市)の共同出資で四十九年八月に設立され、当初は泉製作所の「アンネル・ベッド」、安田ベッド工業の「マーシャル・ベッド」を扱っていたが、五十四年春からアンネル専売となった。道内のデパート、家具・寝具店をはじめ青森方面へも販路を伸ばし、一時は年商二十二億円をあげたが、このところ売り上げは下降線をたどり、五十八年三月期の年商は十七億円強、累積赤字も二千七百万円に上っていた。

北海道新聞
1983/12/24
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月21日 (水)

(株)函館ユニオンスクエア[函館市]

九ヶ月で破たん 文化人商法 函館ユニオン・スクェア 事実上の倒産 負債1億数千万

【函館】旧函館郵便局=函館市豊川町一一=の保存再生のため、若手工芸家ら文化人が今年六月末に開店させたユニークな買い物広場「函館ユニオン・スクェア」(本社・函館、資本金一千万円)が二十一日、二度目の不渡り手形を出して事実上倒産した。負債額は一億数千万円と見られている。

ユニオン・スクェアは今年四月に設立されたばかり。明治末期に建造された赤レンガの旧郵便局舎を、街並み保存のため再生活用しようと、オーナーの食品会社から借り受け、約一億四千万円をかけて内部を大改装した。この中には若手工芸家グループの協同組合クラフトマン・ユニオンによる陶芸やガラス工芸などの共同工房をはじめ、テナントとして喫茶店やレストランなどが入っていた。

民間信用調査機関の東京商工リサーチ函館支店の調べによると、今月十二日にユニオン・スクェアてクラフトマン・ユニオンの手形計六枚(額面約六百五十万円)が不渡りになったのに続き、二十一日午前にも両者の手形計五枚(同千三百三十三万円)が不渡りとなった。同支店によると、工事費用のうち自己資金は三千万円しかなく、あとは支援企業や金融機関からの借入金だった。しかし工事費用が当初見込みを大幅に上回ったのに加え、テナント入居が思うように進まず、金融機関融資も申請通りには受けられないなど資金繰りは苦しく、“文化人商法”はあっけなく破たんした。

街並み保存のシンボル的存在

「ユニオン・スクェア」は函館の街並み保存運動のシンボル的存在だった。民間の力を結集、旧函館郵便局舎を市民の財産として再生させた市民運動的な色彩が濃く、今回の破たんに市民や市当局は大きなショックを受けている。

同局舎は木骨レンガ造り二階建て延べ約二千七百平方メートルで、明治四十四年(一九一一年)に建てられた。昭和三十六年の払い下げで処分後、所有者が転々とし、函館市北洋資料館に改造する候補になったこともある。株式会社函館ユニオン・スクェアの設立には、同市内の医師らが奔走、傷みが目立つ同局舎を多目的に活用しながら保存を図ることにした。

オープン後、街並み講演会やユニークな音楽会場として活用され、個性的なテナントが人気を集めていたが、夢半ばにして挫折した。各テナントは同局舎存続のためにも営業の続行を希望しており、建物所有者の魚長食品(函館)の柳沢勝社長は「建物は市民の財産でもあるのでテナントの営業続行には協力したい」と話している。

社長は「私は今、何も申し上げられない」と言っており、会長は「実質的運営には深くタッチしていなかったが、街づくりの夢をかけた建物だけに、残念だ」と言っている。

北海道新聞
1983/12/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)松村工務店[札幌市]

破産宣告(昭和58年(フ)第452号)

(株)松村工務店(札幌市東区北42条東1丁目814番地)は12月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐藤太勝弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年2月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年3月12日午後3時。

1984/01/12
札幌地方裁判所民事第四部

1983年12月20日 (火)

アベ機械商事(株)[旭川市]

アベ機械商事が自己破産を申請

【旭川】産業機械販売のアベ機械商事(本社・旭川市永山二ノ一五、高井修一社長、資本金千百九十万円)は二十日、旭川地裁に自己破産を申請、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、負債総額は約五億円。

同社は四十二年に創業。製材、木工、搬送荷役機械などを主体に販売していたが、五十五年四月期の八億三千五百万円をピークに不況の影響で年々、売り上げが低下。加えて、今月十二日に柿川繁雄前社長が急死したため、営業を続けることを困難と判断、自己破産に踏み切った。

北海道新聞
1983/12/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月16日 (金)

(株)北海道高砂[札幌市]

破産宣告(昭和58年(フ)第436号)

(株)北海道高砂(札幌市中央区南5条西13丁目1302番地 大原ビル)は12月16日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は八幡敬一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年2月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年3月12日午後1時30分。

1984/01/07
札幌地方裁判所民事第四部

(株)エイチ・テイ・ビー建設[札幌市]

エイチ・ティ・ビー建設倒産 負債11億円超す

旧岩沢グループのエイチ・ティ・ビー建設(本社・札幌、資本金一億円)は十五日、札幌地裁に自己破産を申請し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店と東京商工リサーチ道支社によると、負債総額は十一億円から十三億円に上る見込み。

同社は四十七年八月、すでに発足していたエイチ・ティ・ビー不動産(本社・札幌、資本金二億円)の建築住宅を施工する目的で発足したが、その後、公共事業などにも手を伸ばし、最盛時の五十六年三月期には二十一億八千七百万円の売上高を挙げた。しかし、五十六年三月に表面化した岩沢事件以降、同不動産などからの受注が激減したほか、公共事業落ち込みの影響を受けて行き詰まった。

同建設はかつてHTB(北海道テレビ放送)グループの一員だったが、五十三年HTBが同建設の株式を売却して以来関係はない。

北海道新聞
1983/12/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月14日 (水)

クロバー産業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和58年(フ)第248号)

クロバー産業(株)(札幌市中央区北1条西20丁目1925番地)は12月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山口均弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年1月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年2月20日午後4時。

1984/01/05
札幌地方裁判所民事第四部

(株)山サ丸信建材[札幌市]

和議開始(昭和58年(コ)第16号)

(株)山サ丸信建材(札幌市北区新川645番地)は12月14日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は田中燈一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年1月27日まで、債権者集会の期日は昭和59年2月27日午後3時。

1984/01/04
札幌地方裁判所民事第四部

1983年12月13日 (火)

紀元設備工業(株)[札幌市]

札幌の紀元設備工業が倒産 負債額約13億円

管工事中堅の紀元設備工業(本社・札幌、資本金四千六百五十万円)は十三日、札幌地裁に自己破産を申請、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社の調べによると、負債額は約十三億円の見込み。

同社は昭和三十六年に創業、三十八年に法人化したが、五十年代に入り市況低迷から受注不振に陥り、ダンピング受注に走った。このため採算ベースに乗らず、昨年一月期に十三億円だった売上高も今年一月期には十億円に落ち込み、資金繰りが悪化していた。

北海道新聞
1983/12/14
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月12日 (月)

札幌外線工事(株)[札幌市]

和議開始(昭和58年(コ)第20号)

札幌外線工事(株)(札幌市豊平区中の島1条11丁目3番12号)は12月12日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は林裕司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年1月20日まで、債権者集会の期日は昭和59年2月20日午後2時。

1984/01/04
札幌地方裁判所民事第四部

1983年12月 9日 (金)

北央砂利工業(株)[栗山町]

和議開始(昭和58年(コ)第2号)

北央砂利工業(株)(夕張郡栗山町字継立279番地)は12月9日、札幌地裁岩見沢支部から和議手続開始決定を受けた。

管財人は浅野元広弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年1月6日まで、債権者集会の期日は昭和59年1月31日午後1時30分。

1983/12/21
札幌地方裁判所岩見沢支部

1983年12月 8日 (木)

(株)イマイ[旭川市]

鉄骨のイマイ倒産 負債総額2億円

【旭川】鉄骨工事業のイマイ(旭川市忠和七ノ七、資本金三百万円)は八日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約二億円。

同社は四十二年六月に創業、昨年十二月期には二億一千万円の工事高を計上したが、受注不振からダンピングなどにより、資金繰りが苦しくなった。

北海道新聞
1983/12/09
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月 7日 (水)

(株)丸克手稲ガラス[札幌市]

破産宣告(昭和58年(フ)第360号)

(株)丸克手稲ガラス(札幌市西区手稲本町2条1丁目3番2号)は12月7日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は郷路征記弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和59年2月6日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和59年3月6日午後3時。

1984/01/05
札幌地方裁判所民事第4部

1983年12月 6日 (火)

栗中工業(株)[沼田町]

沼田の栗中工業倒産 負債は4億5千万円

【沼田】砂、砂利採取業の栗中工業(本社・空知管内沼田町、資本金八百万円)は十二日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、負債総額は四億五千万円の見込み。

同社は昭和二十三年創業、四十七年に法人に改組。砂、砂利採取業として業績を上げ、五十八年三月期には二億九千六百万円の売上高を計上したが、公共事業の減少と、過当競争などから収益が落ちたうえに、焦げ付き債権などが重なり、資金繰りが行き詰まった。

北海道新聞
1983/12/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月 5日 (月)

(株)吉澤木工場[旭川市]

旭川 吉沢木工場倒産

【旭川】製材販売の吉沢木工場(旭川市永山町一、吉沢亀吉社長、資本金七百万円)は五日までに旭川地裁に和議を申請し、財産保全命令が出されて事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ、帝国データバンク両旭川支店によると、負債総額は三億円の見込み。

同社は二十四年創業、三十五年から五年間休業後、三十九年に営業を再開、建築材主体の販売で五十八年三月期には三億九千八百万円の売上高を計上したが、乾燥工場新築などの過剰設備投資のほか不良債権を抱えて資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
1983/12/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月 3日 (土)

トレンチヤー技研(株)[札幌市]

トレンチャー技研が倒産 農業土木不振、負債15億

土木工事のトレンチャー技研(本社・札幌市西区手稲、資本金五千万円)は三日午前、札幌地裁に和議を申請し、事実上倒産した。民間の信用調査機関・信用交換所道支社によると負債総額は十五億円に上るとみられる。

同社は四十一年六月に設立。道内の農業土木工事を中心に経営してきた。年商はここ数年十五、六億円で低迷していたが、不況のあおりで資金回収が悪化したうえ、十一月末に本州の取引先の倒産で多額のこげつきが発生した。

北海道新聞
1983/12/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月 2日 (金)

(株)小沢商店[留萌市]

留萌の小沢商店が倒産 負債12億5千万円

【留萌】セメント、鋼材卸売業の小沢商店(留萌市栄町一ノ三、小沢博社長、資本金二千万円)は二日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店、信用交換所旭川支局によると、負債額は十二億五千万円。

同社は明治三十七年(一九〇四年)に設立。売り上げは五十四年十二月期の二十億五千五百二十万円をピークに下降線をたどり、ことし四月の留萌鉄工などの倒産で多額の不良債権が発生したため、資金繰りが悪化した。

北海道新聞
1983/12/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年12月 1日 (木)

羽田建設(株)[旭川市]

旭川の羽田建設は負債が約2億円か

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、建設工事業羽田建設(旭川市神楽岡四ノ一三、資本金一千万円)は一日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は二億円の見込み。

同社は三十八年に創業。四十五年に法人に改組、建売住宅建築請負を主体に、一般住宅建設も手がけ、五十六年二月期には約三億九千万円の完工高を上げたが、その後資金繰りが苦しくなった。

北海道新聞
1983/12/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

北海観光(株)[留萌市]

ホテル経営の北海観光も

【留萌】ホテル経営を主体とした北海観光(留萌市末広町四ノ四、牧野良治社長、資本金三百六十万円)は一日、旭川地裁に和議を申請、事実上倒産した。民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、負債総額は八億円の見込み。

同社は三十七年、金融業として創設、その後建材販売業に転じ、四十六年からホテルなどを経営、建材販売も含めて五十八年三月期決算で二億六百万円の売り上げを計上したが、不況で売り上げが伸び悩み、ホテル建設の返済資金が行き詰まった。

北海道新聞
1983/12/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1983年11月 | トップページ | 1984年1月 »