« 1983年3月 | トップページ | 1983年5月 »

1983年4月

1983年4月30日 (土)

(有)佐々木建設工業[苫小牧市]

佐々木建設工業が倒産

【旭川】佐々木建設工業(本社・苫小牧市)は四月三十日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は五億円前後に達する見込み。

民間の信用調査機関、東京商工リサーチ苫小牧支店によると、同社は四十四年に設立。地元中堅建設業者の下請け土木工事を行っていたが、不況による受注落ち込みと、設備投資による経営圧迫で行き詰まった。

北海道新聞
1983/05/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

留萌鉄工(株)[増毛町]

留萌鉄工が倒産

【留萌】民間信用調査機関の帝国データバンクと東京商工リサーチ両旭川支店によると、留萌管内増毛町阿分二二八、鉄骨工事業留萌鉄工(資本金二千六百万円)は三十日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は四億二千万円から五億円の見込み。

同社は昭和十五年十二月に設立、港湾水産業界などを対象に産業機械などを製造販売し、その後は札幌に進出して鉄骨組み立て工事などを行い、五十七年十二月期は五億六千八百万円の売り上げを計上していたが、経営悪化で資金繰りがつかなくなり、行き詰まった。

北海道新聞
1983/04/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年4月20日 (水)

(株)大二鷹巣金物店[旭川市]

旭川の大二鷹巣金物が倒産

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、旭川市流通団地二ノ四、建築・家庭金物卸業の大二鷹巣金物店(資本金・二百万円)は二十日、二回目の不渡り手形を出し事実上倒産した。負債総額は二億一千万円から二億八千万円の見込み。

北海道新聞
1983/04/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

豊富町漁業(協)[豊富町]

和議開始(昭和57年(コ)第6号)

豊富町漁業(協)(天塩郡豊富町字稚咲内6379番地)は4月20日、旭川地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は菅沼文雄弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は昭和58年6月13日まで、債権者集会の期日は昭和58年7月11日午後1時30分。

1983/05/04
旭川地方裁判所

1983年4月12日 (火)

北邦建機(株)[札幌市]

破産宣告(昭和58年(フ)第43号)

北邦建機(株)(札幌市中央区南2条西12丁目324番地)は4月12日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は向井諭弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和58年5月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年6月6日午後3時。

1983/04/23
札幌地方裁判所民事第四部

1983年4月11日 (月)

(株)オートロマン札幌[札幌市]

破産宣告(昭和58年(フ)第38号)

(株)オートロマン札幌(札幌市中央区北3条東8丁目38番地)は4月11日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は上野八郎弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和58年5月6日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年6月6日午後1時30分。

1983/04/23
札幌地方裁判所民事第四部

富士科学(株)[旭川市]

動物医薬卸の富士科学倒産

【旭川】民間信用調査機関、帝国データバンク旭川支店によると、旭川市一〇ノ二一、動物用医薬品卸、富士科学(中島富士雄社長、資本金六百万円)は、十一日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は三億二千万円の見込み。

同科学は昭和五十二年八月に設立、動物用の医薬品卸などを中心に、旭川や札幌、北見などの農協、農業共済組合などを対象に販売を拡大し、五十七年三月期は三億三千八百万円の売り上げを計上した。だが、昨年十二月に新社屋を建て、営業所を増設するという積極的な経営方針が裏目に出て資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
1983/04/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年4月 5日 (火)

(有)フジワ営繕[江別市]

破産宣告(昭和58年(フ)第37号)

(有)フジワ営繕(江別市幸町24番地の14)は4月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は冨田茂博弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和58年4月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年5月31日午後1時30分。

1983/04/16
札幌地方裁判所民事第4部

(株)栄順洋行[札幌市]

栄順洋行が和議を申請 負債8億円余

民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社、帝国データバンク札幌支店によると、機械工具販売の中堅、栄順洋行(本社・札幌、資本金千二百万円)は五日、札幌地裁に和議を申請し、事実上倒産した。三月末に事実上倒産した道東農機(本社・北見)の連鎖で、負債総額は東京商工リサーチ調べでは八億五千万円(帝国データ調べでは八億円)。

同社は機械工具やチェーンを取り扱う中堅企業。四十一―四十四年に大口貸し倒れが出た後は慎重な経営方針をとったが、売り上げ伸び悩みなどから一億円内外の累積赤字を抱えた。さらに主取引先の道東農機の倒産で約三千五百万円の焦げつきを出して資金繰りが悪化、五、六両日の支手決済資金七千二百万円の調達が不能になった。

北海道新聞
1983/04/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

豊島食品(株)[旭川市]

ボンゴ豆の豊島食品も

【旭川】東京商工リサーチ旭川支店によると、旭川市の菓子製造業、豊島食品(豊島定雄社長、資本金六百万円)は五日までに、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は一億五千万円にのぼる見込み。

同食品は昭和二十年に個人創業で設立、四十二年に法人組織に改組した。四十年に売り出した人気商品の「ボンゴ豆」が当たり、業績を伸ばしたが、五十七年に類似品が出回ったことから、売り上げが落ち込んだ。さらに、商品開発による出資がかさみ、採算割れ状態のところに、昨年末、大量の返品が生じたため、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
1983/04/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

北海重機工業(株)[広島町]

北海重機工業が“親子倒産” 子会社支援が重圧に

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、重機販売・修理の北海重機工業(本社・石狩管内広島町、加藤国男社長、資本金二千五百万円)は五日までに札幌地裁に和議を申請、財産保全命令が出され、事実上倒産した。負債総額は三億円。

同社は昭和三十三年設立。大手重機メーカーの指定修理工場として重機修理、中古機械の販売を手がけて来たが、販売業務が膨らんだため、子会社の北海重機車輌(本社・同、其田勝弘社長、資本金二千万円)に修理を外注していたが、同車輌が二月中旬、受注難などから手形不渡りを出し事実上倒産、その資金援助していた同工業も債務を背負う形で“親子倒産”した。

北海道新聞
1983/04/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年4月 4日 (月)

(株)旺英金属[留萌市]

留萌の旺英金属倒産

【留萌旭川】帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、留萌市の板金資材卸、旺英金属(資本金五百万円)は四日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は二億から三億五千万円に達する見込み。

同金属は五十一年一月設立、板金資材卸、冷暖房設備工事などを手掛け、五十七年十二月期には二億四千万円の売り上げを計上したが、累積赤字を抱えたうえに、資金繰り難から融通手形がふくれ上がり、行き詰まった。

北海道新聞
1983/04/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年4月 1日 (金)

道東農機(株)[北見市](16年ぶり2回目)

道東農機が倒産 負債8億円

【北見】民間信用調査機関の帝国データバンク北見支店、東亜興信所によると、北見市小泉四七四、農機具製造、道東農機(小山勝広社長、資本金三千三百万円)は、一日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は八億円。

同社は昭和三十四年に設立されたが、工場の建設など設備投資が重荷となり、四十二年に負債十一億円を抱えて会社更生法の適用を申請。その後は、四十五年に更生計画を変更したものの、順調に業績を伸ばし、五十四年には年間八億六千万円の売上高を示した。

しかし、五十五年以降は需要の落ち込みによる在庫の増加で、三たび行き詰まり、三月二十五日に釧路地裁北見支部で関係人集会が開かれ、更生会社の廃止を決定していた。

北海道新聞
1983/04/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1983年3月 | トップページ | 1983年5月 »