« 1983年2月 | トップページ | 1983年4月 »

1983年3月

1983年3月31日 (木)

(株)実組[旭川市]

12件目の長谷川農林連鎖 旭川・実組、負債3千5百万円抱え

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、旭川市東旭川町本町一三六、土木建築業、実組(資本金二百万円)は三月三十一日に二回目の不渡り手形を出し事実上倒産した。負債額は三千五百万円内外。

実組は昭和四十六年設立、木造建築と内装工事を主体に年完工高九千万円を計上していたが、二月十四日に倒産した同市内の長谷川農林産業に融通手形と一般債権合わせて八百万円が焦げ付き、経営が行き詰まった。長谷川農林産業の連鎖倒産はこれで十二件目。

北海道新聞
1983/04/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年3月25日 (金)

(有)中田家具産業[旭川市]

旭川の中田家具産業が倒産

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、旭川市豊岡三ノ六、げた箱製造の中田家具産業(資本金・三百万円)は二十五日、二回目の不渡り手形を出し事実上倒産した。負債総額は二億円の見込み。二月に倒産した長谷川農林産業(旭川)の連鎖倒産で、これで十件目。

北海道新聞
1983/03/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

大東資材(株)[北見市]

破産宣告(昭和58年(フ)第1号)

大東資材(株)(北見市東相内町15番地51)は3月25日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は今泉賢治弁護士(北見市)。

債権届出の期間は昭和58年4月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年4月28日午後3時。

1983/04/04
釧路地方裁判所北見支部

1983年3月22日 (火)

日管機工(株)[札幌市]

和議開始(昭和57年(コ)第15号)

日管機工(株)(札幌市白石区北郷2条4丁目2番17号)は3月22日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は渡辺英一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和58年4月22日まで、債権者集会の期日は昭和58年5月23日午後1時30分。

1983/04/04
札幌地方裁判所民事第四部

美園産業(株)[札幌市]

和議開始(昭和57年(コ)第11号)

美園産業(株)(札幌市白石区栄通1丁目1番30号)は3月22日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は高嶋智弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和58年4月16日まで、債権者集会の期日は昭和58年5月20日午後1時30分。

1983/04/04
札幌地方裁判所民事第四部

1983年3月15日 (火)

スズキ工業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和58年(フ)第24号)

スズキ工業(株)(札幌市白石区川下741番地)は3月15日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は村田栄作弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和58年4月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年5月16日午後3時30分。

1983/03/25
札幌地方裁判所民事第四部

1983年3月14日 (月)

(有)大伸商事[苫小牧市]

破産宣告(昭和57年(フ)第11号)

(有)大伸商事(苫小牧市日新町1丁目6番24号)は3月14日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は昭和58年5月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年5月12日午前10時。

1983/04/16
札幌地方裁判所室蘭支部

1983年3月10日 (木)

(有)北海道トレラー輸送[札幌市]

和議開始(昭和57年(コ)第14号)

(有)北海道トレラー輸送(札幌市西区発寒8条11丁目2番43号)は3月10日、札幌地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は小黒芳朗弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和58年3月30日まで、債権者集会の期日は昭和58年4月28日午後3時。

1983/03/22
札幌地方裁判所民事第4部

1983年3月 7日 (月)

北海道海苔販売(株)[札幌市]

道海苔販売が倒産 負債額は六億五千万円

民間の信用調査機関、帝国データバンク札幌支店によると道内大手のノリ、シイタケ卸売、北海道海苔販売(資本金三千五百万円、本社・札幌市白石区本通一八)は七日までに札幌地裁に和議開始の申請をし、事実上倒産した。負債総額は六億五千万円になる見込み。

同社は、ノリの仕入れ強化のため、四十七年八月に道内外の同業者出資でスタート。乾燥・味付けノリ八〇%、シイタケ二〇%の割合で、スーパーや国鉄など大口納入先向けの卸売りに努め、五十四年四月には珍味卸しの北海道珍味センターも同住所に併設。五十五年九月期は約十億円の年商をあげた。しかし、その後の消費停滞と市況低迷が響き、五十六年九億五千万円、五十七年八億五千七百万円と売り上げはダウン。さらに、ノリの海外相場変動の差損や約一億円にのぼる不良債権を抱え、経営が悪化していた。

北海道新聞
1983/03/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年3月 5日 (土)

丸建小林(株)[旭川市]

丸建小林が倒産 負債二億円

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、旭川市内の建具製造業「丸建小林」(資本金七百万円)は五日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は約二億円の見込み。

同社は昭和十三年創業、板張りふすま、ガラス戸など建具製造を中心に五十五年十二月期には年商二億円を挙げたが、景気の低迷から五十七年十二月期には一億六千万円まで落ち込んだ。そのうえ、二月十四日に倒産した長谷川農林産業(旭川)との間に、多額の不良債権が発生、営業続行が不能となり、連鎖倒産に追い込まれた。

北海道新聞
1983/03/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年3月 3日 (木)

(株)インテリアメーク[旭川市]

インテリア・メーク倒産 負債総額三億円

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、旭川市南四ノ二二、家具製造業、インテリア・メーク(資本金・三百万円)は二十四日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は二億円の見込み。二月に倒産した長谷川農林産業(旭川)の連鎖倒産で、これが九件目。

同社は旭川市内の既存の家具製造メーカーを五十七年三月に買収して営業を始め、リビング家具、民芸調タンスなどを生産、販売し五十八年一月期は一億六千九百万円の売り上げを計上していたが、販売先の長谷川農林産業が倒産したため、大口の焦げ付きが発生、行き詰まった。

北海道新聞
1983/03/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年3月 2日 (水)

(株)旭東工芸社[東川町]

旭東工芸社も倒産 長谷川農林産業の連鎖

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、上川管内東川町西六、旭東工芸社(長谷川将八郎社長、資本金九千八百万円、従業員六十人)は二日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は七億五千万円から八億円に上る見込み。二月十四日に倒産した長谷川農林産業(旭川)の連鎖倒産はこれで八件目。

同社は昭和二十八年創業、四十一年二月に法人改組し、五十一年六月に総工費一億四千四百万円で工場を新築した。しかし、設備機器のトラブルが多く、生産販売が軌道に乗らず、五十三年三月に内整理に入り、同産業の実質的な系列会社となった。

北海道新聞
1983/03/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1983年3月 1日 (火)

滝上木材加工(資)[滝上町]

滝上木材加工が事実上倒産 負債額8億円

【滝上】民間信用調査機関の帝国データバンク北見支店によると、網走管内滝上町オシラネップ原野一五七九ノ五、滝上木材加工(草野敏一社長、資本金五百五十万円)は一日、旭川地裁に自己破産を申し立て、事実上倒産した。負債額は九億三千万円にのぼる見込み。

同社は、二十一年にマサ製造業として設立され、その後、割りばし、つまようじ、農作物加工に転換、五十七年九月期には売上高十一億二千二百四万円を計上し、同町内ではトップクラスの業績を誇っていた。しかし、昨年十二月、草野社長が監査役をしていた滝上林産工業が倒産、このあおりで経営が行き詰まり、一日に五千五百万円の手形決済が出来なくなったことから、自己破産に踏み切った。

北海道新聞
1983/03/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1983年2月 | トップページ | 1983年4月 »