« 1982年10月 | トップページ | 1982年12月 »

1982年11月

1982年11月29日 (月)

広島運輸(株)[広島町]

負債30億抱え倒産 砂利販売の広島運輸 過大投資が命とり

民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社によると、砂、砂利販売の広島運輸(石狩管内広島町、資本金三千二百万円、田中清一社長、従業員約百人)は二十九日、札幌地裁に和議を申請、財産保全命令が出され、事実上倒産した。負債総額は三十億七千万円。(帝国データバンク札幌支店の調べでは約三十六億円)。

同社は前身の東栄運輸を田中氏が買収して五十一年三月に発足。一時休業したが、五十二年十一月に同じ田中氏経営の広島砂利興業が倒産。その債権、債務を引き継いで営業を再開した。積極的な設備拡大で売り上げ増を図り、五十七年三月期は年商十八億七千六百万円を計上した。

しかし、ここ二年間で八億円を超える過大投資に走ったことが命とりとなり、融手操作で切り抜けを図ったが取引先の倒産などもあって破たんに追い込まれた。三十億円を超える大型倒産は今年道内で六番目。

北海道新聞
1982/11/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年11月25日 (木)

栄光印刷(株)[釧路市]

破産宣告(昭和57年(フ)第11号)

栄光印刷(株)(釧路市星ヶ浦北4丁目2番地4号)は11月25日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は組村真平弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和58年1月20日まで、第1回の債権者集会の期日は昭和57年12月22日午後1時30分、債権調査の期日は昭和58年2月9日午後1時30分。

1982/12/04
釧路地方裁判所

(株)三雄鉄工[札幌市]

三雄鉄工が倒産 負債12億円、受注減響く

民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社、帝国データバンク札幌支店の調べによると、鉄鋼機械製作修理の中堅、三雄鉄工(本社・札幌、資本金八千万円)は受注不振から二十五日までに札幌地裁に和議を申請、財産保全命令が出され、事実上倒産した。負債総額は十二億円に上る見込み。

同社は昭和三十七年に個人企業として発足。四十二年に法人化。五十五年十月には道内で初めてカーシュレッダー装置を導入した。五十七年二月期の売り上げは十億五千九百万円。スクラップ販売、機械事業部(ごみ処理プラントの製作修理)が各四五%、フェンス工事一〇%の割合。今年に入って機械事業部の受注が大幅に減少、土地・建物や設備の売却などで切り抜けを図ったが、累積赤字もあって乗り切れなかった。

北海道新聞夕刊
1982/11/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年11月12日 (金)

(有)ホテル湖山荘[弟子屈町]

和議開始(昭和57年(コ)第1号)

(有)ホテル湖山荘(川上郡弟子屈町字川湯東2条通1丁目4番地2)は11月12日、釧路地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は加藤義明弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和57年12月28日まで、債権者集会の期日は昭和58年1月26日午後1時30分。

1982/11/20
釧路地方裁判所

1982年11月11日 (木)

中央美装興業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和57年(フ)第76号)

中央美装興業(株)(札幌市中央区南14条西1丁目1番地)は11月11日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は曾根理之弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和57年12月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年1月31日午後3時。

1982/11/20
札幌地方裁判所民事第四部

1982年11月10日 (水)

(有)瑞穂興業[札幌市]

破産宣告(昭和57年(フ)第75号)

(有)瑞穂興業(札幌市白石区厚別中央3条1丁目12番33号)は11月10日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣川清英弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和57年12月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年1月31日午後1時30分。

1982/11/19
札幌地方裁判所民事第四部

1982年11月 8日 (月)

(株)三雄[千歳市]

破産宣告(昭和57年(フ)第71号)

(株)三雄(千歳市春日町4丁目6番地)は11月8日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大萱生哲弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和57年12月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和58年1月17日午後3時。

1982/11/15
札幌地方裁判所民事第4部

1982年11月 4日 (木)

岡久鉄工(株)[美幌町]

岡久鉄工が倒産 負債総額四億円超す

【美幌、北見】民間信用調査機関の帝国データバンク北見支店と東亜興信所によると、網走管内美幌町高野一〇三ノ三、岡久鉄工(岡久修社長、資本金千二百万円、従業員十三人)は、さきに釧路地裁網走支部に自己破産を申請していたが四日、財産保全命令が出され、事実上倒産した。負債総額は、同支店調べで四億四千万円、同興信所調べで四億九千万円。

同社は昭和十四年に創業、最近は、農業用の簡易ハウスを作ってきたが、受注の落ち込みなどで資金繰りが悪化していた。

北海道新聞
1982/11/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年11月 1日 (月)

樫山土木(株)[札幌市]

破産宣告(昭和57年(フ)第68号)

樫山土木(株)(札幌市中央区南29条西11丁目1165番地)は11月1日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は田中燈一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和57年12月1日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和57年12月20日午前10時。

1982/11/09
札幌地方裁判所民事第四部

« 1982年10月 | トップページ | 1982年12月 »