« 1982年8月 | トップページ | 1982年10月 »

1982年9月

1982年9月30日 (木)

(有)清水金物店[旭川市]

旭川の清水金物店が事実上倒産

【旭川】帝国データバンク旭川支店によると、旭川市南五ノ二二、鋼製建具製作、取り付けの清水金物店(資本金九百万円)は四日までに二回の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債額は一億一千万円。

同社は二十二年に鋼材、金物販売業を開業。四十五年に法人に改組し、五十年ごろから鋼製階段、ベランダなどの製作、取り付けを併営し、業績を拡大した。しかし、五十三年に多額の不良債権が発生、立て直しを図ったが、五十六年度以降売り上げがダウン。加えて主力仕入れ先から取引を打ち切られたのがきっかけとなり、行き詰まった。

北海道新聞
1982/10/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年9月29日 (水)

札幌通商(株)[札幌市]

不動産需要低迷で札幌通商が倒産 負債総額13億円

民間の信用調査機関、帝国データバンク札幌支店の調べによると不動産売買、別荘地分譲の札幌通商(資本金三千万円、札幌市中央区南五西二二、水谷幸三代表取締役、従業員三十四人)が二十九日、二度目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は約十三億円。

同社は四十年九月に設立。札幌で宅地造成、分譲、住宅建て売りをはじめ、四十七年、後志管内蘭越町湯の里に別荘分譲地「ニセコ・ハイグレードヴィラ」(貸し別荘三十五棟、大型ロッジ、レストラン各一棟、テニスコートなど併設)の開発に着手。不動産投資ブームに乗って四十九年三月期決算で十九億二千万円の当期利益を上げたこともあった。

その後、不動産需要の冷え込みがたたり、ことし三月期決算では三千三十五万円の欠損を出していた。

北海道新聞
1982/09/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年9月17日 (金)

やまもと食品(株)[札幌市]

破産宣告(昭和57年(フ)第51号)

やまもと食品(株)(札幌市東区北17条東7丁目369番地)は9月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は田中宏弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和57年10月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和57年11月25日午後1時30分。

1982/10/04
札幌地方裁判所民事第四部

1982年9月 2日 (木)

トータス電気(株)[千歳市]

トータス電気が事実上倒産 千歳

【千歳】千歳市の家電、家庭用品小売業者、トータス電気(資本金二千五十万円)=千歳市幸町三ノ六=は二日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債額は約四億五千万円の見込み。

民間の信用調査機関、帝国データバンク苫小牧支店によると、同社は四十年五月、家電製品販売でスタート、事業拡大を図って今年四月、同市新富町三に家庭用品全般を扱う大型店を開店したが、設備資金の大半を借入金に依存し、売り上げも伸び悩んだため行き詰まった。

北海道新聞
1982/09/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1982年8月 | トップページ | 1982年10月 »