« 1982年7月 | トップページ | 1982年9月 »

1982年8月

1982年8月27日 (金)

金ト斉藤木材(株)[上磯町]

斎藤木材が倒産 上磯

【函館】製材と木材防腐加工では道南大手の斎藤木材(本社・渡島管内上磯町、資本金二千二百万円)は、資金繰りの悪化から二十七日に函館地裁に商法に基づく会社整理を申請して事実上倒産、同地裁は二十七日、財産保全処分を決定した。負債総額は十五億千三百九十万円にのぼる見込み。

同社は大正五年(一九一六年)の創業。特に電柱用木材に強みを発揮し、一時は道内の電柱材の四割強を供給するなど業績を伸ばした。しかしここ数年は建築不況に伴う市況の悪化で、膨大な在庫と製品の値くずれなどから経営が悪化。五十五、五十六年度の二年間に五億二千万円近い累積欠損金を出し、行き詰まった。

同社は道南に宅地や山林などの資産があることから、それらの売却や不採算部門の閉鎖などにより「年商十億円程度の売り上げを確保し、数千万ずつ返済していくことは可能」としているが、業界では連鎖倒産を心配する声もあがっている。

北海道新聞
1982/08/31
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年8月24日 (火)

北洋建設(株)[旭川市]

旭川の北洋建設が倒産 傍系の霊園事業不振で

【旭川】帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、旭川市豊岡七ノ一の土木工事業、北洋建設(資本金五百万円)は二十五日までに二回の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は二億三千五百万円。

同社は三十六年に創業、四十八年からは家族ぶろ経営も手がけ、五十六年度は二億八千五百万円の年商をあげた。しかし、五十二年に設立した傍系の「北海道セントラル観光開発」による霊園事業が不振で、同社に多額の資金が流出、行き詰まった。

北海道新聞
1982/08/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年8月10日 (火)

(有)植田家具センター[富良野市]

植田家具センター倒産

【富良野】帝国データバンク旭川支店によると富良野市栄町一、家具小売り「植田家具センター」(資本金三百万円)は十日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は一億三千五百万円。

同社は昭和三十九年に創業、五十五年に法人に改組した。五十四年、分譲マンションを建設したが、売れ行き不振で本業の家具小売りの資金繰りが苦しくなり、主仕入れ先の管理下にあったが、この仕入れ先が倒産したことで経営が行き詰まった。

北海道新聞
1982/08/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1982年7月 | トップページ | 1982年9月 »