« 1982年5月 | トップページ | 1982年7月 »

1982年6月

1982年6月30日 (水)

(有)トザワ家具製作所[小樽市]

トザワ家具が倒産

【小樽】民間の信用調査機関、東京商工リサーチ小樽支店によると、道内中堅の家具メーカーである有限会社・トザワ家具製作所(本社・小樽市新光五、資本金三百万円、斗沢通泰社長)は六月三十日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は約五億三千万円とみられる。

同社は大正十年創業。四十四年に現在地の小樽木工団地に移転したが、カップボード、サイドボードの専門メーカーとして定評があり、五十七年五月期には年商約六億円を見込んでいた。

しかし、家具業界全体の低迷で売れ行きが落ち、赤字幅を広げた。関連倒産はない模様。

北海道新聞
1982/07/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年6月 5日 (土)

三和商事(株)[旭川市]

機械部品卸の三和商事倒産 負債総額は約四億円

【旭川】東京商工リサーチ、帝国データバンク両旭川支店によると、旭川市の機械部品卸「三和商事」(資本金八百万円、同市東二ノ四)は十一日までに二回の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は約四億円とみられている。

同社は四十五年に設立され、四十六年に北見支店、五十二年に稚内支店を開設。建設機械、農機具、自動車の各部品や工具のほか最近は小型建設機械の販売も手がけていた。しかし、ここ三年ほどは年商が三億六千万円程度と横ばい状態のうえ、在庫負担が重なっていたところへ昨年から今年にかけて連続三件、多額の焦げ付きが発生し、行き詰まった。

北海道新聞夕刊
1982/06/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年6月 1日 (火)

(株)工和造船所[小樽市]

小樽の工和造船所倒産

【小樽】民間の信用調査機関、東京商工リサーチ小樽支店によると、小樽の造船会社、工和造船所(小樽市高島一ノ八、橋本龍幸社長)は一日までに、札幌地裁小樽支部に自己破産を申請し、事実上倒産した。負債総額は一億一千万円とみられる。

同社は昭和二十三年設立。漁船を中心に船舶の建造、修理などを行い、ピークの五十五年には年間一億二千五百万円の売り上げがあった。しかし、二百カイリ施行以後の減船で受注が減り、経営不振に陥っていた。小樽市内の造船所は現在、同社を含めて三社しか残っていない。

北海道新聞
1982/06/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1982年5月 | トップページ | 1982年7月 »