« 1982年4月 | トップページ | 1982年6月 »

1982年5月

1982年5月20日 (木)

(株)三研設備[旭川市]

冷暖房工事の三研設備倒産 旭川

【旭川】冷暖房、空調設備工事の三研設備(辻順吾社長、資本金一千二百万円、旭川市末広一ノ四)が二十日、旭川地裁に和議の申し立てをし、事実上倒産した。民間の信用調査機関帝国データバンク旭川支店によれば負債総額は約六億六千五百万円。

同社は三十七年六月、板金業としてスタート、四十九年六月に株式会社、空調工事から冷暖房工事にウエートを移し、五十六年十二月期には七億八千五百万円の完工高を示した。しかし、工事量の割には利益が伴わず、資金繰りに窮して、四月十七日に第一回の不渡りを出し、その後再建を図っていたが、債権者などの足並みがそろわず行き詰まった。

北海道新聞
1982/05/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1982年5月11日 (火)

(株)恵本工作所|(有)本多工作所|旭東工業(株)[旭川市]|(株)小西鉄工所[東神楽町]|(有)本多鉄工所[当麻町]

さらに五社、事実上倒産 負債合計二億四千五百万円 上川鋼機に連鎖

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、四月末に倒産した旭川市永山の鋼材卸、上川鋼機に連鎖して新たに五社が十一日までに事実上倒産した。同社の連鎖倒産はこれで六社になった。

上川鋼機は上川管内の農機具、鉄工業者が鋼材などを共同仕入れする目的で昭和十四年に協同組合として設立され、四十五年に会社組織に改めたものの得意先の大半は株主で、同社への依存体質が強く、連鎖倒産も資材納入業者ではなく得意先という特異なケースとなっている。

同支店の調べによると、新たに事実上倒産したのは農機具修理、鋼製ガレージ製作の小西鉄工所(上川管内東神楽町、資本金百五十万円)、農業用倉庫、鉄骨建物下請け加工の恵本工作所(旭川市神楽岡一四、同六百万円)、軽量鉄骨工事、建築金物製作組み立ての本多鉄工所(上川管内当麻町中央一区、同三百万円)、鉄骨階段など製作工事の本多工作所(旭川市豊岡四ノ五、同二百万円)、ガレージ製作の旭東工業(旭川市永山六ノ三、同六十万円)で、それぞれ四―五千万円の負債で五社の負債総額は二億四千五百万円となっている。

北海道新聞
1982/05/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

札幌臨港鉄道(株)[札幌市]

札幌臨港鉄道が 倒産 不動産の不振響く 負債は十億円前後

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、マンション分譲と不動産売買の札幌臨港鉄道(札幌市中央区、資本金四千万円、従業員二十五人)は十日と十一日に豊平東部農協で不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は十億円内外が見込まれる。

同社は昭和三十一年、石狩・札幌間の鉄道経営を目的に設立された石狩鉄道が前身で、三十九年現商号に変更。不動産仲介・あっせんから売買へと事業を拡大し、建売住宅、連棟式住宅を手はじめに五十三年からは分譲マンションも手がけた。

五十四年三月期決算は三十三億円の売上高となったが、その後の需要不振で業況は下降、さらに最近土地売買をめぐるトラブルで約二億円が未収となり、資金ショートした。

負債総額十億円以上の道内不動産会社の倒産は昨年七月の相互宅建(札幌、負債額二十二億円)以来である。

北海道新聞
1982/05/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)丸善測量[苫小牧市]

破産宣告(昭和57年(フ)第1号)

(有)丸善測量(苫小牧市字糸井5番地79)は5月11日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は昭和57年6月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和57年7月8日午後1時15分。

1982/05/19
札幌地方裁判所室蘭支部

1982年5月10日 (月)

泰成工業(有)[釧路市]

破産宣告(昭和57年(フ)第2号)

泰成工業(有)(釧路市大楽毛1丁目7番地の8)は5月10日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小笠原寛弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和57年8月31日まで、第1回の債権者集会の期日は昭和57年6月9日午後1時30分、債権調査の期日は昭和57年9月22日午後1時30分。

1982/05/22
釧路地方裁判所

1982年5月 7日 (金)

(株)麻生商店[弟子屈町]

和議開始(昭和56年(コ)第2号)

(株)麻生商店(川上郡弟子屈町字川湯市街地東1条28番地)は5月7日、釧路地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は加藤義明弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和57年6月30日まで、債権者集会の期日は昭和57年7月21日午後1時30分。

1982/05/15
釧路地方裁判所

1982年5月 6日 (木)

(有)酒井鉄工所[旭川市]

酒井鉄工所が倒産 旭川

【旭川】帝国データバンク、東京商工リサーチ両旭川支店によると、旭川市東旭川町の鉄骨組立工事業、酒井鉄工所(資本金二百万円)は六日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債額は約一億二千万円。

同社は四十三年の創業で、五十六年の工事高は二億一千万円。

北海道新聞
1982/05/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

重富建設(株)[北見市]

重富建設、自己破産申し立て

【北見】帝国データバンク北見支店、東亜興信所によると北見市美山町五九、土木建築工事の重富建設(重富政義社長、資本金二千四百万円)は六日、釧路地裁に自己破産を申し立て、事実上倒産した。負債総額は約三億六千万円。

同社は四十一年設立。民間工事主体に年間の工事高が六億円ほどだったが、ホテル工事代などの回収難や建設不況から資金繰りが悪化していた。

北海道新聞
1982/05/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1982年4月 | トップページ | 1982年6月 »