« (株)中井工務[旭川市] | トップページ | (有)マルキヨウ昭和[北見市] »

1981年10月20日 (火)

北海食品工業(株)[真狩村]

北海食品が倒産 冷害で原料野菜が不足

【小樽】民間信用調査機関、東京商工リサーチ小樽支店によると、後志管内の中堅漬物メーカー、北海食品工業(本社・真狩村泉、資本金二千万円)は一回目の不渡り手形を出し、二十日内整理入りを決めて事実上倒産した。冷害による原料野菜の不足で減産を強いられたのが原因で、負債総額は四億八千万円余り。債権者の協力で債務は棚上げし、営業は続行する。

同社は四十八年五月、過疎地振興もねらって小樽市の食品商社などの手で設立された。真狩村とその周辺町村で作られるダイコン、カブなどを買い上げて、漬物を生産し、全道各地へ卸していた。不良債権の発生や原料高で一時経営不振に陥ったが、五十五年夏から設備更新による省力化、増産を図って再建。年商は三億二千万円(五十六年一月期)に上った。

しかし、今春からの天候不順で原料野菜は作況不良となり、入手難に―。六月から大幅な減産を余儀なくされて資金不足に陥り、九月末に一回目の不渡り手形を出し、内整理に追い込まれた。

ただ、廃業は地域経済、雇用に大きな打撃を与えることから、この日開かれた債権者会議で債務を一時凍結、営業を続行し“第二会社”を作って再建を目指すことが認められた。

北海道新聞
1981/10/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (株)中井工務[旭川市] | トップページ | (有)マルキヨウ昭和[北見市] »

03 後志」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/37636713

この記事へのトラックバック一覧です: 北海食品工業(株)[真狩村]:

« (株)中井工務[旭川市] | トップページ | (有)マルキヨウ昭和[北見市] »