« 1981年9月 | トップページ | 1981年11月 »

1981年10月

1981年10月31日 (土)

平和車輌(株)[旭川市]

旭川の平和車輌が和議申請 負債十三億円

【旭川】民間信用調査機関、帝国データバンク旭川支店によると、道北地方の大手建設機械販売・修理業、平和車輌(資本金三千万円=旭川市神楽四ノ一〇)はこのほど旭川地裁へ和議を申請、三十一日に財産保全命令を受け事実上倒産した。負債総額は十三億円にのぼるものとみられている。

同支店の調べでは同社は四十六年四月、倒産した平沢車輌整備工場の債権者が同社の設備一切を継承して発足。主に林業・建設機械の修理、販売を手がけ、札幌陸運局の指定、認定工場となったほか、小松製作所、愛知車両などの代理店を引き受け、五十五年三月期には年間七億千四百六十七万円を計上、配当も例年八%を続けてきた。

ところがその後、不況の影響から五十六年三月期は約五千万円のこげつき債権が発生したほか、昨年から回収遅延や不良債権が重なり、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
1981/11/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1981年10月29日 (木)

(株)いしくろ[札幌市]

破産宣告(昭和56年(フ)第47号)

(株)いしくろ(札幌市中央区南9条西6丁目258番地)は10月29日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は菊地克保弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和56年11月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和56年12月25日午後1時30分。

1981/11/10
札幌地方裁判所民事第四部

1981年10月22日 (木)

(有)マルキヨウ昭和[北見市]

破産宣告(昭和56年(フ)第3号)

(有)マルキヨウ昭和(北見市美芳町10丁目4番19号)は10月22日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は今泉賢治弁護士(北見市)。

債権届出の期間は昭和56年11月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和56年11月30日午後1時。

1981/10/31
釧路地方裁判所北見支部

1981年10月20日 (火)

北海食品工業(株)[真狩村]

北海食品が倒産 冷害で原料野菜が不足

【小樽】民間信用調査機関、東京商工リサーチ小樽支店によると、後志管内の中堅漬物メーカー、北海食品工業(本社・真狩村泉、資本金二千万円)は一回目の不渡り手形を出し、二十日内整理入りを決めて事実上倒産した。冷害による原料野菜の不足で減産を強いられたのが原因で、負債総額は四億八千万円余り。債権者の協力で債務は棚上げし、営業は続行する。

同社は四十八年五月、過疎地振興もねらって小樽市の食品商社などの手で設立された。真狩村とその周辺町村で作られるダイコン、カブなどを買い上げて、漬物を生産し、全道各地へ卸していた。不良債権の発生や原料高で一時経営不振に陥ったが、五十五年夏から設備更新による省力化、増産を図って再建。年商は三億二千万円(五十六年一月期)に上った。

しかし、今春からの天候不順で原料野菜は作況不良となり、入手難に―。六月から大幅な減産を余儀なくされて資金不足に陥り、九月末に一回目の不渡り手形を出し、内整理に追い込まれた。

ただ、廃業は地域経済、雇用に大きな打撃を与えることから、この日開かれた債権者会議で債務を一時凍結、営業を続行し“第二会社”を作って再建を目指すことが認められた。

北海道新聞
1981/10/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1981年10月16日 (金)

(株)中井工務[旭川市]

中井工務店が事実上倒産 旭川

【旭川】民間信用調査機関、帝国データバンク旭川支店と、東京商工リサーチ旭川支店によると、道北の中堅マンション業、中井工務店(資本金・一千万円)=旭川市東七ノ三=は、十六日に一度目の不渡り手形を出したあと整理に入った。負債総額は帝国調べで約八億円、リサーチ調べで十二億五千万円。近く債権者会議が開かれる予定。

同支店の調べでは、同工務店は四十年に創業、主に一般住宅、ビルなどの建設を手がけ、最近はマンションを主体にピークの昨年3月期では十五億千七十七万円の完工高を上げていた。その後、昨年来の不況で業績が次第に低下し九、十月と多額の不良債権が発生、信用不安が拡大したため、現在市内豊岡に建設中のマンションを有力同業者へ引き渡して任意整理を決定。

北海道新聞夕刊
1981/10/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1981年10月13日 (火)

斎藤(株)[札幌市]

破産宣告(昭和56年(フ)第44号)

斎藤(株)(札幌市東区北6条東5丁目1番3)は10月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は岩本勝彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和56年11月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和56年12月18日午後1時30分。

1981/10/22
札幌地方裁判所民事第四部

1981年10月 5日 (月)

(株)クラヤマ綜合開発[旭川市]

クラヤマ綜合開発が倒産 負債額五億四千九百万円

【旭川】民間信用調査機関の帝国データバンク旭川支店によると、道北地方の中堅土木工事業、クラヤマ綜合開発(資本金一千万円、庫山桂三社長、旭川市神居五ノ一三)は、九月七日に続き十月五日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債額は五億四千万円になる見込み。

同社は、四十八年三月創業。道路改良工事、宅地造成工事などを手がけ、五十五年三月期には五億七千七百万円の完工高を上げた。しかしその後、無理な受注を続けたため、昨年十一月に不渡り手形を出し、十億九千五百万円の負債を抱えた。この時は債権者会議で負債を五億六千七百万円まで縮め、再建を図っていたが、五十五年の不況と信用度の弱まりから五十六年三月期の完工高は四億三千万円まで落ち込み、旧債の圧力もあって資金繰りが苦しくなり行き詰まった。

北海道新聞
1981/10/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1981年10月 3日 (土)

内田畜産(株)[紋別市]

紋別の内田畜産が倒産

【紋別】網走管内の畜肉販売業界では最大手の内田畜産(紋別市幸町六、従業員四十人、資本金三千万円)が、茨城県内の取引先に対する売掛代金一億円余が回収不能に陥ったため、三日、二回目の不渡り手形を出して事実上倒産した。帝国データバンク北見支店の調べによると、負債は十億円。

同社は四十一年十一月に設立され、今年一月期決算の売上高は三十九億九千二百万円余で、同管内の畜肉卸売業界では最も大きい。しかし、今年八月から取引を始めた茨城県内の食肉販売会社が営業不振で、同社に売った畜肉の代金一億百万円が回収困難になったため、資金繰りが悪化、二日と三日の両日で計一千七十万円の不渡り手形を出した。連鎖倒産はないとみられ、同社は会社整理したあと。再建に乗り出す方針という。

北海道新聞
1981/10/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1981年10月 1日 (木)

日新総業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和56年(フ)第10号)

日新総業(株)(札幌市中央区南8条西5丁目)は10月1日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は村田栄作弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和56年11月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和56年12月2日午後1時30分。

1981/10/13
札幌地方裁判所民事第四部

« 1981年9月 | トップページ | 1981年11月 »