« 1980年5月 | トップページ | 1980年7月 »

1980年6月

1980年6月21日 (土)

(有)伸和商事[札幌市]

破産宣告(昭和55年(フ)第13号)

(有)伸和商事(札幌市西区発寒4条4丁目371番地)は6月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は新川晴美弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和55年7月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和55年8月28日午後1時30分。

1980/07/02
札幌地方裁判所第四部

1980年6月19日 (木)

(株)リョーユウ[札幌市]

リョーユウ倒産 負債総額90億円の大型

建設用骨材、資材卸しと施工の道内中堅企業、リョーユウ(資本金三千五百万円、本社・札幌市東区北一〇東三)は十九日午前、札幌地裁に和議開始を申し立て、事実上倒産した。民間信用調査機関の調べによると、負債総額は九十億円に達するとみられ、道内では五十一年十一月に倒産したユーアンドアイ・マツザカに次ぐ二番目の大型倒産になる。

同社は二十四年、北見菱雄石炭販売として設立、三菱系の石炭販売をしていたが、その後、石油やセメント、生コンなどの建設資材、骨材も扱い、五十二年六月、本社を札幌に移した。売上高は公共事業関連の建設需要の上伸と東北、名古屋方面にまで営業網を広げた拡販体制で五十三年度は八十億七千万円、五十四年度百八億八千万円と順調に伸ばした。

しかし、今年に入って道内建設業者に数件の不良債権が発生し、コゲつきを出したほか、五月に倒産した日本度量衡器(東京)に六億一千五百万円、今月には和議を申し立てた名古屋の貝沼建設にも多額の貸し倒れが発生、これが致命傷になった。

負債総額は帝国興信所札幌支店によると九十億円内外、東京商工リサーチ道支社によると八十二億円を上回る見込み。関連会社も道内、宮城県、山形県に八社あり、影響が注目される。

北海道新聞
1980/06/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1980年6月18日 (水)

(株)進藤商店[釧路市]

進藤商店が自己破産

【釧路】釧路市の大手鋼材卸し、進藤商店(本社・釧路市南大通四、進藤忠義社長、資本金二千四百万円)は商圏縮小などで(約三十億円の負債を抱え)行き詰まり、十八日、釧路地裁に自己破産の申し立てを行うと同時に、財産保全命令を申請する。同社は明治時代に創業された老舗。負債総額は二十九億八千万円で、今年に入っては釧路・根室地方では水産加工業、北市(釧路市)の六十億円に次ぐ大型負債。

民間信用調査機関などの調べによると、同社は五十五年一月期決算で三十四億四千二百万円の売り上げ。しかし競争激化による商圏縮小などで、零細建設業者との取引が多くなり、売掛金回収が遅れたほか、貸し倒れも多くなった。この間、商社など買い入れ先への支払いは、金融機関からの借入金で済ませていたため、金利負担分が赤字となる状態が続いていた。申し立て代理人の泉敬弁護士によると、同社の売り上げから耐え得る金利負担は四千万円前後なのに、九千万円にものぼっているという。

一方、このような経営破たんから実質経営者の進藤忠嗣専務が姿をくらまし、事情を知った納入業者らが、資材差し押えなどに出たこともあって、自己破産の申し立てを決意、十七日、取引先や金融機関に説明した。

泉代理人によると、貸借対照表での資産は二十三億三千九百万円あるが、資産には不良債権がかなりあり、自己破産の道をとったという。

北海道新聞
1980/06/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1980年6月16日 (月)

(株)村田工業所[旭川市]

村田工業所が倒産

【旭川】旭川で上位の管工事業者、村田工業所(旭川市忠和五ノ七、資本金一千万円、従業員三十七人)は十六日、二度目の不渡り手形を出して銀行取引停止となり、事実上倒産した。負債総額は約十億円とみられている。

東京商工リサーチ旭川支店の調べによると、同社は官公庁主体の配管設備、水道工事を行い、ことし四月期で約八億五千万円の完工高を計上していた。しかし、最近の資材高騰で工事管理の甘さから出血工事が相次ぎ、さらに社屋新築に多額の資金を要したことも加わって急速に経営内容が悪化した。

北海道新聞
1980/06/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

本間水産[留萌市]

本間水産が事実上倒産 「北商」関連では道内初

【留萌】先に倒産した「北商」への“カズノコ債権”焦げつきで、四月初めから休業状態だった留萌市花園町三、水産加工会社「本間水産」(資本金一千万円、本間忍社長)は十六日、二度目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。「北商」関連の倒産は道内初めてで、同社納入負債総額は約七億円とみられている。全国のカズノコ生産の約五割を占める地元、水産加工業界では大きなショックを受けており、同社の倒産は今後取引信用不安の引き金にもなると見て不安の色を濃くしている。

同社は昭和二十九年に創業。主に塩カズノコ、タラコの魚卵を主体に身欠きニシンなどを生産し、東京、神戸、名古屋などに出荷しており、五十四年度の年商は二十一億四千万円と、同市内二十水産加工業者の中では、中堅どころといわれている。

帝国興信所札幌支店と東京商工リサーチ旭川支店によると、同社は昨年暮れ「北商」に四億円分の製品カズノコを売ったが、「北商」が今年一月末に倒産。これにより代金四億円のうち二億円分(約十五億トン)引き上げたものの、一億九千六百万円の約束手形が焦げつき、資金繰りに行き詰まった。

このため、同社では四月以降、休業し、在庫減らしにつとめたが、道漁連に対する原魚買掛残の手形五千七百万円を決済できず、十四、十六日の両日にわたって、それぞれ一千万円の不渡り手形を発行してしまった。

同社の負債規模は四月時点で約十億円、その後在庫処分で現在の負債は約七億円、うち銀行債務が五億六千三百万円に達している。

北海道新聞
1980/06/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1980年6月13日 (金)

(株)長谷川工務所[白老町]

破産宣告(昭和55年(フ)第2号)

(株)長谷川工務所(白老郡白老町字白老258番地)は6月13日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は昭和55年6月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和55年7月9日午後3時。

1980/06/21
札幌地方裁判所室蘭支部

1980年6月12日 (木)

(株)北藤企画[札幌市](5年ぶり2回目)

破産宣告(昭和55年(フ)第12号)

(株)北藤企画(旧商号(株)北地連)(札幌市中央区南5条西11丁目1287番地)は6月12日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は難波隆一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和55年7月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和55年7月9日午後1時30分。

1980/06/21
札幌地方裁判所第四部

1980年6月 9日 (月)

太陽自動車工業(株)[標茶町]

和議開始(昭和55年(コ)第1号)

太陽自動車工業(株)(川上郡標茶町標茶23番地)は6月9日、釧路地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は今重一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は昭和55年8月6日まで、債権者集会の期日は昭和55年9月10日午後2時。

1980/06/19
釧路地方裁判所

1980年6月 2日 (月)

東洋毛織(株)[函館市]

東洋毛織(函館)が倒産 負債総額9億円

【函館】民間信用調査機関の東京商工リサーチ函館支店によると、不動産、ビル管理業の東洋毛織(本社・函館市松風町三ノ一七、後藤修社長、資本金五千万円)は、二日までに二回の不渡りを出し、事実上倒産した。同支店では過大な設備投資と放漫経営が原因とみている。負債総額は約九億円。

同社は十九年六月、紳士服などの販売会社として資本金五十万円で設立された。その後、増資を重ねて事業を拡大し、四十五、六年ごろには紳士服、呉服などの小売業者として函館市内のトップを誇った。四十七年十二月、約六億円を投資して同市内にボウリング場を建てたが、ボウリングブームが下火になっていたことから業績不振に陥り、運転資金の不足を招いた。

五十年十二月には繊維部門を小会社として独立させたが、昨年十二月、同市内に約二億六千万円で七階建ての飲食店ビルを建て、これによって借金返済のテコ入れにしようとしたが、テナントが集まらず、資金繰りが一段と悪化していた。東京商工リサーチ函館支店では、負債総額は最終的に十億円に達する、とみている。

北海道新聞
1980/06/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1980年5月 | トップページ | 1980年7月 »