« 1979年2月 | トップページ | 1979年4月 »

1979年3月

1979年3月28日 (水)

大成貴金属(株)[札幌市]

金の取引会社が倒産 投機者押しかける 札幌

地金の取引をしている札幌の貴金属会社が、二度の不渡り手形を出し二十八日までに事実上倒産した。この会社は道内各地に支店を置き、各家庭を回って「金は値上がりするので投資するのに絶好」と持ちかけ、金を買った人には預かり証を発行して現物は手渡していなかった。帝国興信所、東京商工リサーチの調べによると、こうした一般投資家は道内で数百人、被害金額は四億円近くに上るとみられ、予約金を返済してもらえないことを心配した投資家が支店などに詰めかけている。

この会社は札幌市中央区大通西一四、電光ビル内に本社を置く大成貴金属(資本金五百万円)。同社が設立されたのは五十二年四月で函館、釧路、旭川、帯広、苫小牧に支店を開き、この年は約一億三千万円の金の地金を売りさばいた。昨年は折からの金ブームに乗って、客を増やし、ざっと六億円の商いにも達していた。

この金の売買は一キロ単位で行い、客が取引額の二〇%の予約金を預け、半年後に地金を渡すか、相場の変動に応じて現金で決済するやり方。客の大半は地金目当てではなく、投資が主体のため、事実上、金の先物取引と同じ形になっていた。会社は、半年間自由に使える予約金が入ることから、その資金を不動産や郊外レストラン経営に回していたという。

ところが手を出した不動産業が失敗した上、今年に入ってから各支店のセールスが不振に陥り、十日に札幌市内の信金支店で小切手百七万円、約束手形二百万円の不渡りを出し、さらに二十日は同じ支店で小切手、約束手形合わせて二百五十七万円が不渡りとなり、銀行取引停止となり、事実上倒産、同社長は会社に姿をみせなくなった。

北海道新聞
1979/03/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1979年3月14日 (水)

(株)アイシン[虻田町](2年連続2回目)

破産宣告(昭和54年(フ)第1号)

(株)アイシン(虻田郡虻田町字洞爺湖温泉町7番地の9)は3月14日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は村上弘弁護士(室蘭市)。

債権届出の期間は昭和54年3月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和54年4月13日午前10時。

1979/03/20
札幌地方裁判所室蘭支部

1979年3月 6日 (火)

北海道中央薬品(株)[旭川市]

道中央薬品が倒産 医薬品の中堅卸業者 負債総額は三億円

【旭川】中堅の医薬品卸業者の北海道中央薬品(旭川市東光一ノ三、安道繁信社長、資本金九百万円)は二度の不渡り手形を出して六日、銀行取引停止処分を受けた。同社は一日、旭川地裁に自己破産を申し立て二日に財産保全命令が出ている。負債総額は約三億二百万円。

東京商工リサーチ旭川支店などの調べによると、同社は四十六年に設立され。道内各地の病院に医薬品を卸し、年商三億円の売り上げをあげていたが、五十一年ごろから業績が悪化、高利の借入金に頼ったり、無理な資金投下が足を引っ張って行き詰まった。系列会社のアンドー産商(安道繁信社長、資本金五十万円)も約八千万円の負債を出して連鎖倒産した。

北海道新聞
1979/03/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1979年3月 5日 (月)

日本ゼオライト化学工業(株)[余市町]

日本ゼオライトが事実上倒産 設備投資響き負債3億円

【小樽】ゼオライト(沸石)一〇〇%のクレンザー、脱臭剤を製造販売していた日本ゼオライト化学工業(本社・後志管内余市町大川町、伊藤勝美社長、資本金六百万円)は、五日までに二回目の不渡りを出し事実上倒産した。民間の信用調査機関・東京商工リサーチ小樽支店の調べでは負債総額は三億五千万円にのぼっている。

五十年末、同管内仁木町砥の川で、天然ゼオライトの鉱床が発見されたのがきっかけで、同社は五十一年三月に設立された。同地の採掘権を得て、採掘したゼオライトを利用して、クレンザー、脱臭剤、乾燥剤、土壌改良剤に商品化しようと、一昨年十月、余市町栄町に工場を新設、クレンザーと脱臭剤については製品化に成功、日本生活協同組合連合会を通じて全国の生協で販売していた。

ところが、ゼオライト工業そのものがあまり開拓されていない分野のうえ、工場への設備投資が過大だったことなどもあって資金不足が解消できないまま倒産した。

北海道新聞
1979/03/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

更生手続開始(昭和55年(ミ)第1号)

日本ゼオライト化学工業(株)(余市郡余市町大川町8丁目32番地)は3月1日、札幌地裁小樽支部から更生手続開始決定を受けた。

管財人は札幌市中央区南6条西11丁目第二さつしんビル、坂原正治弁護士。

更生債権及び更生担保権の届出期間は昭和57年5月11日まで、第1回関係人集会の期日は昭和57年4月27日午後1時当裁判所会議室、更生債権及び更生担保権調査の期日は昭和57年6月1日午後1時。届出期間は昭和57年4月20日まで。

1982/03/12
札幌地方裁判所小樽支部 

五十川石材工業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和54年(フ)第3号)

五十川石材工業(株)(札幌市豊平区里塚464番地13)は3月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は藤原栄二弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和54年5月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和54年5月31日午後1時。

1979/03/12
札幌地方裁判所第四部

1979年3月 2日 (金)

北見フリーザー食品(株)[北見市]

更生手続開始(昭和53年(ミ)第1号)

北見フリーザー食品(株)(北見市桜町6丁目1番地1)は3月2日、釧路地裁北見支部から更生手続開始決定を受けた。

更生債権及び更生担保権の届出期間は昭和54年3月17日まで、第一回関係人集会の期日並びに更生債権及び更生担保権調査の期日は昭和54年3月26日午後1時30分釧路地方裁判所北見支部において。

1979/03/08
釧路地方裁判所北見支部

1979年3月 1日 (木)

誠和工業(株)[札幌市]

破産宣告(昭和54年(フ)第2号)

誠和工業(株)(札幌市豊平区月寒東2条7丁目8番地)は3月1日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は後藤徹弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は昭和54年4月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は昭和54年5月24日午後1時。

1979/03/08
札幌地方裁判所第四部

« 1979年2月 | トップページ | 1979年4月 »