« (有)カネシメ角野水産[砂原町] | トップページ | 川上機械製造(株)[札幌市] »

1979年1月31日 (水)

トーヤ食品(株)[札幌市]

洞爺村が誘致、農民430人出資 トーヤ食品 更生法申請 負債13億円 米国産品に押される

胆振管内洞爺村が地元農業の振興のために誘致した食品加工業の「トーヤ食品」(本社・札幌市中央区南三西九、工場・洞爺村洞爺町四〇〇、資本金約六千万円)が約十三億円の負債を抱えて経営が行き詰まり、三十一日、札幌地裁に会社更生法の適用を申請、同地裁の村重慶一裁判長は同日、財産保全命令を出すとともに、保全管理人に宮永廣弁護士(札幌)を選任した。円高ドル安で、米国産の安いスイートコーンに押されたことが直接のきっかけだが、近隣農家四百人以上が株主となっており、同地方への影響は大きい。

申請書などによると同社は、三十七年に村ぐるみで誘致し、日本冷蔵、兼松江商、同村のほか近隣町村の農民四百三十人余が出資して設立され、地元産のアスパラガス、スイートコーン、カボチャのほかパイナップルなどのかん詰めを製造。工場では二十八人の職員、技術者のほか季節工ら約百五十人の工員を使って順調に発展して、ここ数年は年商約十億円のフル操業を続け、道内のほか東日本一帯に販路を広げてきた。

ところが五十三年になって、円高の影響で米国産の安いスイートコーンが大量に輸入されて、これを原料とする製品に押されたこと、原料仕入れ計画を間違ったなどの悪条件が重なって、資金繰りに行き詰まった。

同社は洞爺村内で唯一の近代的な工場で村民の期待を集めていたが、代理人の藤井正章弁護士(札幌)は「主力のアスパラは順調で地元に増資してくれる人のあてもあるので再建の見通しは決して暗くない」と語っている。

北海道新聞
1979/02/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (有)カネシメ角野水産[砂原町] | トップページ | 川上機械製造(株)[札幌市] »

0010 札幌市中央区」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/37695313

この記事へのトラックバック一覧です: トーヤ食品(株)[札幌市]:

« (有)カネシメ角野水産[砂原町] | トップページ | 川上機械製造(株)[札幌市] »